2010年8月13日金曜日

安値

奥さんと出先に出てたんでまるっきり相場見てないけど、雲行き怪しくなってきた。まだしたがありそうでんな。


しかしまあ下がったら欲しい株を買うだけだ。潰れない株を買うか、潰れるかもわからない株を買うときは銘柄を分散して買うかだ。下がってみんながもうどう仕様も無い、とおもって売りに出るところこそ最大の買い場所なのは古今東西変わらない。大事なのはその場面で自分が「どうしようもない」という状態にないことだ。自分より心理的経済的に弱くなった人間から徹底的に巻き上げるのが必勝法。そうでなければマーケットには自分よりうまい人間はゴマンといるのだからその人に巻き上げられるだけだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて奥様が株をやりたいというのですこし教えてあげたのだが・・。

「やくじょうってなに」

からはじめております・・。先は長い。下げティックの↓やじるしみつけては「これはなんか意味があるの?」
とか。いや意味はいっぱいあるんだけど(たとえば空売り規制とか)それを説明しようったってその前提の空売り規制からはじめなきゃならんわけで。。。。まずはどうやって株の売買が成立するかからですね。株式部で新人教育を任されていた頃が懐かしい。

でもそのうち奥さんのほうが儲けるようになったりしてw。なんでこんなかんたんなことこいつ(新天地)から教わっていたのか、と思う日が来たり・・・。(新天地さんは自分が株を教えた後輩に半年で売買益を抜かれたことがあります・・。)

2010年8月12日木曜日

Dozen Roses(ダズン・ロージス)

テレビとか見てると、昔入ったことのあるお店とか出てくる。そのたびに、ああここ入ったことある!とかいうと奥様は「自慢ばっかしてないで私もつれてってよ(怒)」と。

そりゃあそうだな。幸い、ボーナスも入ったことだし、知っているお店に一緒に行くことにした。なずけて知っている美味しいお店を紹介しましょう!のコーナー。今日はDozen Roses(ダズン・ロージス) に行ってきました。

っていっても別に常連さんだったわけではないのです。もう7,8年近く前に行ったのが最後ですが、何気なく引き寄せられて入ってた食べたコートレットや牛肉のたたき、牛のワイン煮込みがめちゃめちゃうまかったのです。こじんまりとしてテーブルが三個、あとはカウンターという小さなお店。決して超人気店というわけではないと思うのですが、個人的には僕が知る中では「一番美味しい洋食屋さん」です。人形町とか銀座とか有名な洋食屋さんにも行きましたが、ここが一番と断言します。

場所は京橋の消防署の向かい。京橋駅から歩いてすぐ。少し外れたところにあります。おそらく夫婦ふたりでやられている、静かなお店。叩きとかカルパッチョとか少し塩味濃ゆいかなあ、とは思いましたがそれでも絶品ぶりは健在でした。コースで1万円弱(お酒なし)とそこそこお高めのお値段ですが場所や雰囲気、そしてなにより「おいしい」。取っておきの時間を過ごすためには素晴らしいお店。おすすめです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夏のメニューという桃のビシソワーズ。久しぶりにたべたコートレット、バーニャカウダ、奮発して頼んだヒレのステーキ(300グラムで一万円超えたかなw)。どれもこれもむちゃくちゃ美味しかった。とくステーキは多分これよりうまいお店は思いつかない、そりゃああらかわとかうまいけどあんなとこ自分のお金出してはぜったいいかないもんね。

とどめはクリームブリュレ。世界一うまいと断言します。
量は極小wなのですが死ぬほど美味しい。おくさまはお腹いっぱいで動けないといいながら、このプリンだけおかわりできないか、と悩んでおりました。


ランチはハヤシライスおすすめです。