2010年4月24日土曜日

相場がわからなくなったら売ってみろ


これは、今でも最も尊敬する先輩ディーラーに言われたアドバイス。先物(あるいは任意の銘柄)の方向感がわからなくなったら、少ない枚数でいいからとりあえず売りから入って感覚を持ってみろ、という話。

精神論に近い話なのですが、買いから入って相場を感じるよりも売りから入って相場を感じる方が体感的によく相場を感じ取ることができるんですな。

今週の相場はそんな感じでした。売り方であったために相場がよく見えた。海外の値上がりと言うベクトルが日本の弱さを隠していたけど、本質的に今週の日経平均は「下げトレンド」にあった事がよくわかった。


さて、そこそこいい感じで下げました。欲しい銘柄がある人はお押し目をかっていいところかもしれません。売り方で利が乗っている人はぜんぶとは行かないまでも利益を現実化するところでしょう。こっから売り乗せするのは不正解。売るんだったら先週までに売っておくべきです。もしこっから下がることがあっても(もちろん下がっても全然不思議ではないですが)先週売ってるのに比べれば勝率はぐっと低くなる。そういう細かな差があとからのトータルの勝率に響いてくると思うのです。

2010年4月22日木曜日

東レ。押し目買いで

最近、自転車物色で気がついたこと。それはカーボンがアルミに「勝利」したということ。


実は80年代後半、一度カーボンがせっけんしたあと、アルミがそれを上回る勢いで流行した。アルミの加工技術が進んで非常に軽い車体が作れるようになったからだ。このままアルミが「最終回答」かなあと思っていたのだが、最近になって再度カーボンが完全勝利という感じになってきた。


で、材料の大元の供給元は東レ。自転車でさえカーボンだから、自動車とかもこのままカーボンの時代が・・・・って30年前から言ってますけどねw
(実際に世界中の車がカーボンFRPを使って作られるようになったら、廃車になった時の大量の廃棄物をどうするんだっていう問題が出てくるけれど。そして大口の消費者を失う鉄鋼業はかなり辛いものがあるでしょうね)


チャートもよさげ。次の押し目は絶好の拾い場所になってくんでしょうね。財産株として数年間寝かしておける株だと思います。

2010年4月20日火曜日

まさかとは思うけど

韓國、やっぱり北朝鮮の仕業ということで固まりつつあります。


思うに北朝鮮は韓國が攻撃してくるのを待っているのではないのかな?と。
外部から攻撃を受ければ、どんな組織でも一致団結できる。そして我々をなめるな!というポーズも出来る。

まさかとは思うけどK国のこと。軍事オプション発動する可能性も。


食料とかは買いだめ備蓄準備してもいいかもね。水とかカロリーメイトとか


ポリバケツメーカーの株でも買っておくかw

2010年4月19日月曜日

競馬場さまさまです

皐月賞もおわって当分は中山競馬場がおやすみ。
競馬場ってのは開催してないときに改修工事を集中してやるわけです。

今年もきました現場名「中山競馬場」。不景気の昨今、実にありがたいお話です。


皆様がJRAに預金したお金で、わが社はなんとかやっていけます・・・



あ、石を投げないでw

ハマグリ

先週末の大荒れの天気のせいで、茨木の方までハマグリを食べに行く計画が頓挫。ハマグリの水揚げが無いんだって。


仕方が無いんで急遽予定変更。朝は六本木で美術館巡り。夜は吾妻橋の海作に出かける。

海作、腹いっぱい食べると流石にそこそこの値段は行きますが、(二人で酒飲まないで13000円くらいでした)貝料理専門店と言うだけあって美味しかったです。オプションの一つとして抑えておくお店かもしれませんね。ちょっとぶっきらぼうな感じもしましたがwそこは下町のお店、そういうもんでしょう。また貝が食べたくなったら行くとおもいます。