2010年4月10日土曜日

中止の理由

うちは工事現場に材料を運ぶのが主な仕事です。工事現場が相手なので、雨や風、雪などで工事が中止になると、配達が中止になったりします。また、以前新宿であったうに(極端な例ですが)機械が倒れたとか事故で配達が中止になることもあります。

まあ、雨風なら予め予測が立つんですが今日の場合・・・。



電話の相手「悪い、今日配達の山留め(材料の名前)月曜にしてくれないかなあ」

いわゆるひとつのドタキャンです。もう車出ちゃってますから、空車回送料金が発生するケースです。
それでも直前キャンセルと言うのは(相手がド忘れして取り消ししてなかったのでなければ)なんか現場で問題がいきなり出ちゃったケースがほとんどです。

僕「なんかありました?」


相手「いまさっき現場(河川工事)にどざえもんがあがってさあ、工事どころじゃないんだよね。警察とかテレビとかいっぱいきてる。」


なんだかなあです。

2010年4月8日木曜日

時代はジャンクボンドだったのか

こんな記事。


金融業のいいところ?はどんな時でも一発逆転のチャンスが転がっているところだよなあ。ジャンクボンドのプロたちは笑いがとまらないんでしょう。そりゃ、巨額のボーナスを貰う人間がまたぞろでてくる。

運送業ではこうはいかないもんなあ。
風向きは変わっている。問題はイツまで続くかなんだ。いつ中国がポシャるのか。。。

2010年4月7日水曜日

ブリ「ジ」ストン

輸送の依頼でたまに「ブリヂストン」絡みの仕事が入る。

そんな時、オーダーに「ブリジストン」と書いてあることがあるのだ。相手方の商社のおねえちゃんが間違っているんだろうけれど、証券会社なら許されない(僕の上司談)。


会社名は大事にね。気になるなあ。一般社会ではどうでも良いことなんだろうか?キャノンとか。

(とんびのしごとなんて珍しいね、と言ったら通じなかった今日この頃。とんび=飛島建設は一般的ではないらしい)

90の壁

毎朝馬体重・・・体重計で自分の体重を計るのが日課の新天地さん。ところがこの4日間、90.1kgで止まってます。日曜日にジンギスカン鍋バクバクくったのが原因の気がしますがw

早くも停滞期かなあ。府中から関西へ輸送するだけで体重が激減する競走馬がうらまやしいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
痩せたら自転車買ってくれるって奥さん言ってたけど自分で自転車買って自転車通勤した方が手っ取り早そう。自転車物色中です。

2010年4月5日月曜日

悪魔に魂を売る前に

世の中には「俺は死んだら(脳死、心臓死)臓器を提供してもいいよ」ということを
予め意思表示する仕組みがあります。
生前、なんとなく「臓器提供って良い話じゃないか」と思っていても意思表示を指定なければ死んでも臓器が提供されることなく「無駄に」なってしまいます。世の中の人がもっともっと臓器提供を行う意思表示をすれば、死ななくて済む命が(あるいは飛躍的に生活が改善される人が)世の中には何万、何十万人といるのです。

臓器提供の意思表示カードを手に入れようと思った方、こちらのホームページから手にいれることが出来ます。もちろん、脳死に反対の人は心臓死の場合だけ臓器提供を希望することを選択できますし、臓器提供したい臓器を選ぶこともできます。あるいは俺は臓器提供したくないんだ!という人はそういうふうなカードを作ることもできます。

ぜひ一度ページを覗いて見てください。生命について考える切っ掛けになることを。CMじゃあ無いけれど、「あなたにもできることがあります。」
願わくばひとりでも多くの人が臓器提供を行うことでひとりでも多くの患者さんがより良い人生を送れますように。


たまには真面目な新天地でありました。

悪魔に魂を売ってでも

NHKで再生医療のテレビやってた。
特に「救世主兄弟」といって子供の病気を直すための幹細胞を採取するため、両親が別の子供を産む(しかも人工授精でたくさんの受精卵を作り、全く同じ型を持つ受精卵が選ばれ(PGD検査)出産する)という下りには考えさせられるものがあった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おくさんと寿命について話すことがあった。奥さんは「そこまでして生きたくない」派だ。
しかしぼくなら(自分が生き長らえようとまでは思わないけど)もしも家族が生きながらえるなら、世の中で倫理的に問題が有るとされる方法に手をつけるだろうと。

犯罪以外ならですけれど。移植医療に再生医療。


もしもできるなら悪魔に魂売るくらいのことをするだろうなあ。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それにつけても。
病気の人間にとっては「寿命とは金で変化する」物になりつつありますね。考えさせられます。

そのうち再放送が有るでしょう。投資家としても見る価値がある放送だったと思います。要チェック。