2010年3月12日金曜日

恐ろしい

ある人のブログ

それから

2ヶ月もたたないうちに



もはや人知を超えたとしかいいようがない。

空売りした銘柄の会社をブログに書いてもらうというサービスを始めたら相当人気が出るのではないだろうか?
書かれた会社に訴えられそうな気がするが
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考
過去の実績

2010年3月11日木曜日

面と向かってはいわないけれど

一昨日、おくさんと喧嘩した。お互い言いぶんはあるんだけど。

昨日はいろいろと話しをした。あらためて、奥さんは僕の大事な人なんだと思った。



面と向かってはなかなかいえないけれど。

「一生仲良くしてね」



もうすぐホワイトデーですね。何買ってこようかな。

低位株に面白いものが

相場がもうちょっとあったまってくると、死んだふり(というか本当に死にそうなw)低位株が動いてくるような気がする。

個人的には長谷工チョロッとひろってみた。千株単位だけど。こういうチャートの株がふっと窓を開けて上昇するようなところがボロ株トレーダーの大儲けのチャンスだと思うのだ。安いところをひろうか、抜けていくところに飛び乗るか、もちろんそもそもどの株を狙うのか?ってな問題は存在するのですが。

チャンチャンチャン。それぞれ背負うものがある

いよいよ競馬シーズンが本格化していきます。来週は桜花賞トライアル、フィリーズレビュー。昔は桜花賞の有力馬はフィリーズレビューよりも一週間早く、距離も本番と同じのチューリップ賞を目指したのですが、10数年前にチューリップ賞と、フィリーズレビュー(旧4才牝馬特別桜花賞トライアル)が一週間づつ前倒しになったことで、フィリーズレビューに回る有力馬も増えてきました。

さて今年の予定メンバーを見ると。言わずと知れた笠松の希望、ドクターコパの持ち馬ラブミーチャン。あとはハニーメロンチャンにカレンチャン。チャンがこんだけならぶのも珍しいw。

ラブミーチャンには「笠松の存亡」がかかる。個人的にはカレンチャン。話すと長いのだが・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世の中には「成績の良い厩舎」というのがある。そして注意してみていると成績の良い厩舎には必ず「エースを任される」腕利きの厩務員や調教助手がいる。新馬戦のパドック、あるいは新聞紙上のコメント欄、誰が担当者か見ればわかる。期待されている馬ならば必ずその腕利きたちが担当しているから馬券の大きな参考になるのだ。
僕が大学時代、こよなく愛した逃げ馬、エイシンバーリンやエイシンサンサンを担当した岩本助手もそのひとり。栄進牧場の期待馬の多くで勝利を得た凄腕だった。栄進の持ち馬で岩本助手が担当なら「ああ、期待の馬なんだな」と言うことがすぐわかった。たとえ初戦負けても、必ず出世して行くのだ、そういう馬は。

ところが去年、岩本助手は若くして病に倒れ60を前にこの世をさってしまった。あれだけの活躍馬を世に送りながらG1ではエイシンバーリンなど2着どまり。ついにG1をとることなく逝ってしまった。。

カレンチャンの担当調教助手はその岩本助手の息子さん。岩本助手は病床でカレンチャンの写真をみて「こいつは走ると思うよ」と語ったそうな。父の果たせなかったG1制覇と言う夢をのせて、カレンチャンは走るのです。
中京競馬場のゴール前でエイシンバーリンの単勝馬券を握りしめて「バーリン!!!!」と叫んでいた学生時代を懐かしく思い起こすのでした。
-----------------------------------------------
おまけ
フサイチセブンが地方ながら重賞制覇。近年の不況の影響からか、持ち馬の大部分を手放した関口氏ですが、父に自分の持ち馬だったフサイチペガサス(ケンタッキーダービー米G1など)をもつセブンだけは手放しませんでした。(いまは持ち馬たったの3頭ですね。最盛期には毎年100頭近く持ってたはずですが。バブル崩壊って怖いなあ)しかしながら、その馬を見る目はさすがですね。今後ダートでさらに活躍しそうです

2010年3月10日水曜日

トヨタが問題になっているけどさ。

アップルのアイチューンズで不正請求が急増していると言う関連の記事。

消費者庁が珍しく怒っているようです。

これ見てると、アップルの栄華も長くはないな。あと、2,3年持つかな。

指値の有効性高まる?逆に成り行きは(特に短期売買で)不利なのかなあ

東証の新システム導入から2ヶ月ちょい。顕著に見られるのはティック率のアップだと言う。
反応が早くなった分、どんどん値段がついて約定してしまうと言うことなのだな。

それだけ待ち伏せの指値が約定しやすくなると言うことだろう。逆に成り行きが意外に不利に約定してしまうことも増えているんだろうなあ。


システム売買をうまく運用している人間にはゆうりになっているのは(事前に予想されたことだが)間違いないだろう。ディーラーが得べかりし利益はトータルでは減ってきてるだろうなあ。

中長期、指値を利用して待ち伏せ、これが相対的に有利になっていくんだとふと思うのでした。
あるいは寄り付きに多めに買っちゃうのも長期投資家としてはありなのかもね。今までより自分の売り買いのマーケットインパクトが大きくなる可能性を考えなくてはイカンかと。