2009年9月4日金曜日

身近に感じる経済学

僕は今までせいぜい500人くらいの小さな会社を渡り歩いてきました。
小さな会社のいいところは望めば会社の中枢に居座れることですね。大企業だとこうはいかない。

さて今の会社も中小企業なので婿殿という立場を悪用して会社のお金の流れを俯瞰させてもらうことができます。うちはサービス業としてサービスの供給サイドに立っています。

経済学では需要と供給のバランスが崩れた場合にどう均衡するか、というのがいろいろ話題になります。

うちの会社の方針を見ると、需給のバランスが崩れたら「値下げではなく供給を絞る」ですね。

サービス業なので「在庫を積み上げる」ということができません。さらに、人を雇えば固定費がかかります。また、下げしても結局赤字。なら「供給を絞りこむ」イコール人を雇わないという形での人員削減に出ます。目の前の生きたモデルを見ることで経済学に対する見方が変わったような気がします。
需給が崩れた場合、値段の低下よりも供給の制限が大きく起こるというのを実感しましたね。

2009年9月3日木曜日

インフルエンザ、頭が痛いよ

表題どおり。うちは労働集約型企業なんでw。

ドライバーは40人弱。もしも10人とか罹患してしまえば活動困難になってしまうのだ。また風評被害も怖いしね。

とりあえず玄関に消毒薬。マスクもドライバーに配ったけど誰も使う気配なし(おひ


もうあとは神頼みだよなあ。
僕は万が一にもかかるわけには行かないのでずっとマスクあんど手アライグマ状態です。
空気清浄機は意味ないとも思うけれどあと加湿器くらい買っとくか。

ナブコドアとかあったら関連株で面白かっただろうになあ。飛まつ感染予防には自動ドアだよ。

商売はギブアンドテイクではないと。

今日は社長(義父)の機嫌がすこぶる悪かった。

メインのクライアントから電話が来たのだが、とても安い金額(赤字かも)で受注させられたから。


いまは景気が悪い。だからうちとしては足元を見られているわけだ。社長いわく、今回はこの値段だけど次は変わりに埋め合わせるというなら話はわかる。でもいつもこの値段じゃねーか。これじゃあ誰もついていけないよ、と。

株の世界でもそうだ。質の高い仕事をしていれば手数料が高くったって注文くれる。
逆にちゃんと注文出さないやつにサービスは来ないw
商社マンにそんなことを言うまでもないと思うんだけれど。。。


結局足元を見られないためにもうちのサービスの質を上げるしかないんだよな。堂々巡りだがすべてはここに帰結するということか。

まあ民主党政権はのむひょん政権みたいなもんだよ。

鳩山新政権と金大中ーノムヒョン政権を重ね合わせてみてしまうのは僕だけではないだろう。
アメリカとの対等関係主張や中国重視政策ってのは非常にノムヒョンドクトリンに近い。財界と距離を置くのも同じだね。自国の通貨高容認?も一緒だ。

一方でノムヒョン政権は経済というか証券市場の規制緩和に非常に力を入れてたんだが。鳩山さんがその方面に明るいとは思えないしなあ。下手するとノムヒョン以下かもね。

鳩山政権下では円高になるのでは?と予想します。その後の(もって3年でしょ)自民党政権では反動として去年に韓国で見られたような円の暴落が観測されると予言しておきます。今度80円台70円台に入るなら、円売りで海外資産を組み入れてみたいなあ。どこかいましょう。何かいましょう?

簡単に数兆円というけれど

今日は都庁に行ってきたんだが、早くも民主党政権のおかげで。。。


街路灯整備が中止になってしまうんであるw。補正予算で予算がついていたんだが、補正予算が執行凍結になったから。

やんばダムでもうちにはいってくるだろう受注が消えた。どこが落とそうと鉄骨運ぶのはいくばくかはうちに来ただろうから。

こういう業種にいると遺失利益がどんどん膨らんでいくのは避けられないだろうね~。
首筋が寒くなるよ。

2009年8月30日日曜日

km営業停止に思う

大手タクシー会社のkmが営業停止を食らった。何でも超過勤務を許していたかららしい。


たしかに超過して運転させればそれだけ疲労に伴う事故も増えるだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方で。僕の会社もそうだがドライバーには歩合給と言うものも存在する。伝え聞くところによると完全に法律を遵守するならkmの運転手の給料は正直やっていけない金額になってしまうらしい。もう少し柔軟な運用があってもしかるべきとも。


うちだって年に何回かは「厳密に言うと法に抵触するよね」という配車がありうる。しかし「すいません、渋滞で車遅れてます。でも労働基準法に引っかかるので現場は目の前ですけど10分停車して休憩します」といったらどうなるか。休憩ならまだいい。法定労働時間を越えたので今日はもう車を1mも動かせません。
こんなことをいう運送会社がいたらクライアントはどう思うだろうか。

一言で労働法違反を言うのは簡単だ。しかし立法者や行政には最低限度の現場の目線も忘れないでほしい。

NetWalker

シャープから出たNetWalker
新し物好きの新天地にてでは触れないわけにはいけないでしょう。

今までのノートパソコンと比べてここまでの小型軽量かつ低価格を実現しているのはOSに動作の重いウインドウズではなくリナックスを採用したから。OSが軽いからCPUが少々遅いけど安くて消費電力の低いチップが使える。消費電力が低いから電池が小さくて済む。結果長時間駆動ながら軽いし電池代が少ない。安くなるのだ。

ウインドウズが使えなくてもリナックスにはファイヤーフォックスという軽くて高機能なブラウザがあるのでネットには申し分ない。電子メールはサンダーバード、オフィスソフトはオープンオフィスと簡単な作業なららくらくこなせます。


まあ正直タイプPを持ってしまったので買うことはないですが・・・。
タイプPを買う前でお小遣いが少なかったら。。間違いなく買ってたでしょう。たしかにヒットする要素をたくさん持った一品です

楽しいと儲けるは別

よくこんなことを聞かれた。趣味を仕事にしていいですね


いやそのとおりだったんだがw

株の取引をやっていると、特に
ディーラーなんぞやっているとガチャガチャやりたくなるときがある、実際そうやっているとなかなか楽しいしそうやって利益を積み上げる人もいる。

しかし僕の場合はそういう取引より、じっと見てたら勝手に上がってった(あるいは下がってった)という取引でほとんど稼いできた。儲かる取引ってのは案外やってて楽しくないんである。どたばたして手に汗握る取引ってのはトータルで見れば儲からない。楽しい取引と儲かる取引は別と考えておくべき。ガチャガチャやりたい人は資金を分けてやるべきだろうね。儲ける用と遊び用と。

サラリーマンの仕事なので普段相場を見ることができなくなって久しい。でも利益は上がった。相場をはるってのはそういうことのような気がする。持ちろん、相場に貼り付ければそれに越したことはないんだろうけれど。

ない袖をフルスイング

景気は何とか持ち直している。しかしそれは捨て身の大盤振る舞いの影響であることを忘れてはいけない。民主党が政権をとればさらに財政出動に動くだろう。しかしやっぱりない袖は触れないんである。

バラまきを批判する麻生さんだが、すでに今年度はない袖をフルスイングしちゃってるんである。埋蔵金だって使い切っちゃった。来年はともかく再来年は今年みたいな使い方は絶対できないはずなんである。

いつか。長期金利が不況にもかかわらず急上昇するときがくる。最後の審判のときが。

そこであくどく儲けるつもりだがw

日記

さて今日はアパート行ってきた。ゴミ捨て場に不法投棄されたテレビと小型冷蔵庫を回収。
これはうちと付き合いのある業者さんも回収してくれないんだよなあ。仕方ないんでお金払って家電リサイクルの集積場に捨てに行くことにしよう。面倒くさいのだ。来週だな。

一ヶ月ほうっておくと草がぼうぼうだな。一部未舗装の敷地(砂利は敷き詰めてある。トラックが置けるように)があるのだが雑草の無法地帯だ。Officerさんは化学戦は体に悪いから止めようと書いていたけれど、化学戦を決意するに十分な量だったw
まあいきなり化学戦もなんなので先週トラックの車庫の雑草対策に導入した電動草刈機を投入しよう。借りる分にはいいでしょ。減るもんじゃなし。いや減るか歯が。 

一方。財布落とした。。。なにやってるんだ僕。どじな僕だが財布落とすのは生まれてはじめてである。
クレジットカードはとめたけれど。保険証とお金。何より奥様にプレゼントで買ってもらったビトンの財布。

プライスレスなのです。。。自己嫌悪

選挙

何度も書いたが、僕の祖父は「首相候補」といわれたある代議士の有力な支持者だった。いまより政治資金の規正がゆるかったその昔。相当のお金も時間も費やしただろう。自分の手で彼を総理大臣にするくらいの勢いだったらしい。なにせ祖父は強盗啓太からじきじきに接待される側だったのだ。代議士の力と彼に対する発言力がうかがい知れる。

一方でうちの母親は今でも選挙が嫌いだ。それは選挙が近づくたびに勝敗へのプレッシャーから不機嫌になる祖父の行動がもたらしたものらしい。担ぐほうもかなりの犠牲を払うのが選挙なのだ。。。本気でやっている人間にとってはそれこそ戦争らしい。田舎ならなおさらである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
うちの義父も仕事柄政治家さんとの付き合いが多い。このご時勢だからお金を出すわけには行かないけれど。まあ世間から見ればタニマチ的な部分もあるだろうね。応援している人が県知事とか国会議員になってくれればそれなりに応援した甲斐があるんだろうけれど。

うちの祖父と義父っていろんな面で行動パターンが似てるんだよなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
証券会社を辞めて国会議員になった人って何人かいるんだが僕の元同僚が前回の選挙で国会議員になった。今回はかなり厳しいらしい。当選したときは友達面できなかったけど(当選すると「友達」とか「親戚」が急増するそうなw)もしも落選したら久しぶりに連絡とって見よう。まだ負けたわけではないけれど、臥薪嘗胆。負けたその日から次の選挙に向けた戦いが始まるのだ。そういうときこそ助けが有効だろうから。

74ドルにはガラスの壁があるようだが

さて運送屋さんとしては油の価格に敏感にならざるを得ない。景気対策で株価が上がるのはいいのだが、各国がお金ジャブジャブやったおかげで原油も上がってしまうのはかなり痛い。ジョブレス原油高だ。

でWTIを観察してしまうのだがどうも74ドルに見えないけれど結構重い抵抗線があるようだ。
今の出来高ではこれを突破していくのは難しい、と思えるんだが。

去年の天井知らずに見えた上昇から来月でちょうど一年。アニバーサリーデートが有効として高値最突破なのか。それともそれとも再度の急落なのか。9月が分かれ目になることは確かと思います。

僕が張るなら?77あたりをストップロスにして空売りかな。
(良い子はトレンドを確認してから順張りしましょう。頭と尻尾はくれてやれ、です)

勝ち馬効果と判官びいき。

選挙もいよいよ明日に迫った。各種世論調査では民主党が有利なようであるが。。。

現状の選挙制度においてこのような報道がなされると、ある特徴的な投票行動が起こる。勝ち馬効果と判官びいき効果である。

人は誰しも自分の票を無駄にしたくないと思う。つまり「勝ち馬に投票したい」と思う心理が働くのである。これは特に有利とされている政党に票が集まるという効果をもたらす。
一方、日本人に限らず、劣勢とされた勢力に票を投票したくなる投票行動が一定以上あらわれることも知られている。今回のように自民劣勢が伝えられると自民に入れようと考え直す割合が相当数表れるものと予想される。民主が恐れているのもこの流れだろう。

他方、今回のようなケースでは第三位以下の勢力にはかなり厳しくなると考える。勝ち馬効果、判官びいき効果いずれの投票行動も自分への投票には結びつかず、むしろ票を吸い上げられる効果として現れるからだ。苦しい結果になるだろうね。


300こえるのは難しい気もする。。もし自民が120いかないなら、政党を維持することさえ難しいかもしれないが。。
逆に国会議員になろうと思う人なら今から自民の比例代表選挙名簿に載るべく努力するのがいいかもね。下位でも何でもいい。次回の選挙では前回のタイゾー議員の再現が期待できる。民主が今回勝ったとしても次は高確率で自民が反動勝ちするんだろうから。どうすれば候補になれるんだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当ブログは特定の政治団体を応援するものではありません。
投票に当たっては自主責任でお願いしますw

行く人来る人

うちはまあ50人くらいの中小企業だが、人のでいりがある。定年になる人もいるし、さまざまな事情で会社を辞める人もいる。(まれに首にせざるを得ないときもある)まあ歩合ディーラーほど辞めないがw

今月は家庭の事情で家業を継がざるを得なくなった人がやめた。最終日は仕事を入れてなかったのだが定時より早く出社して、自分が使っていた車をピカピカに洗って挨拶して辞めて行った。別に車を洗ったから給料をもらえるわけでもない。こういう人がやめてしまうと会社には痛手だよなあ。

一方。このご時勢、仕事はきついけどそこそこ給料を出すうちの会社。求人を出せばたくさんの人が集まる。何人か面接して採用。昨日から出社してもらうことに。車も用意して、脇に乗って仕事を教える運転手さんも決めて万全の構え。

ところが。。。待てども暮らせども来ない。電話をかけても完全無視である。いわゆるひとつのドタキャンというやつですな。
このご時勢に、とも思うが結構あるのだこれが。今年に入って3人目だ。じゃあ何日から来てくださいねって行ってお互い笑顔で採用したの初日から来ない人。
金融では考えられない話なんだが・・。(株屋は狭い業界だし)うちより良い話があったとして別で就職したとしても連絡くらいよこせよなあ。

あきれる新天地でありました。

これじゃ行く人来る人ではなくて、行く人来ない人だな。でもまあ気を取り直して別の人を採用するわが社であった。次の人は長く勤まりますように。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
定年で辞めたドライバーさんはタクシーの運転手さんになるケースが結構あります。
うちの義父やほかの社員がタクシーに乗った際「家はまだ替わってないんでしょ」といきなりドライバーに話しかけられ、元うちの運転手だった、ということが頻繁にあるそうな。