2009年5月16日土曜日

北朝鮮、ケソンの工業団地封鎖?

いろいろと強硬姿勢に出る北朝鮮。今度はケソン工業団地(北朝鮮の中の経済特区。韓国企業が進出している)の契約破棄の動きに出たようです。

もちろん本気で「出ていけ」なのか脅して土地の家賃などを引き上げたいのか、あるいは交換条件を引き出したいのか真意はまだ不明です。しかしもろ刃の剣(こんなことしたら、取引相手としては信用がた落ち。二度と北朝鮮に進出する海外企業はないもんね)まで取り出さざるを得ないところが北朝鮮の苦しいところかもしれません。

もちろんケソン撤退となれば進出企業には大きな痛手ですし、韓国政府も相応の保障をせざるを得ないでしょう。
韓国国内の世論も政府に批判的になるでしょうし(それが北の狙いなんでしょうが)
それでも韓国政府はケソンから出ていけないとみますが・・・。
これでケソンから退場したらミョンバク君もたいしたもんです。

2009年5月15日金曜日

IME2008の低能さに日本経済沈没をみる。

さて新しいPCを使う新天地。ところで最近とにかくいらつくことが多い。原因はビスタに標準搭載されているIME2008だ。こいつがとにかく馬鹿なのだ。使った感じではIME2003のほうがいらっとしなくて済むんじゃないかな?

まあいらっとくるのは最初だけ、とたかをくくっていたのだが一向に学習しない。それどころか間違って変換させてしまうとそれを「学習」して延々とおかしな候補を上げ続ける。なんでこんなことになったのか調べるとどうもIME2008はあろうことか中国で作られたらしい。マイクロソフトが日本市場を見る目というのはしょせんその程度ということなんだろう。わざわざ高い賃金をだして日本人を雇ってまでWORDを作ることもない衰退市場。これがマイクロソフトの偽らざる気持ちなんだと思う。そうでなければ、ちょっと使ってみればいかにひどいIMEかすぐわかるもん。日本人なら。そういうごく簡単なテストさえせずに商品化されてるんだもんなあ。

最近、JUSTのATOKが売上を伸ばしているとは聞いたけどさもありなん。給料で端で(変換まま)ATOKを導入することにします。さらばIME2008。(マイクロソフトの)責任者が更迭されない間はジャストシステム買いかもねw

最悪期は脱したのか?それとも偽りの回復か?

新天地さんところでは主に重機とか鉄鋼製品を運びます。

いつも書きますがこの手のブツは9月から3月にかけて動きます。4月5月はその余熱でそこそこ動きますが、基本的にくそ忙しいのは3月まで。

ところが去年末の11月12月になっても仕事は盛り上がりに書け、3月は期末の駆け込みでそこそこ忙しかったものの4月にはいると急降下。「ああー、歴史的な不況とはこういうもんか」と思ってました。去年は5月くらいまでは「余熱」でそこそこ荷動きがあったものの今年は「鉄が動かない」のが顕著なのです。

とにかく、民間の需要がない。今ある注文は道路や港湾系インフラや病院、学校。民間は新規需要(これから建設という現場への配達)が激減し、あっても引き上げ(建設が終わって資材や機械を撤収する)ばかり。
補正予算が通ればそれなりに公共事業が出てくるのでしょうが(千葉だと外環道とか動き出してます)民間が動くのは難しいか???

などと思ってたのですが最近、ぽつぽつと大手ゼネコンさまあたりが民間のビル建設に動き出した感触も出てきました。今年の出だしがあまりにもなかった分、いま動き出しただけかもわかりませんが。最悪期は脱したのか?それとも誤差の範囲かあるいは下げの前のリバウンドなのか?
投資家としても経営サイドとしても注意して見ておくところなのかもしれません。

がんばれ、か〇まとか〇みず。注文お待ちしていますw

2009年5月12日火曜日

上がっている間はつぶれない

さて乗り遅れたわけだがwどうするか?

ひとつには「ぼろ株」を買う。

ティアックとかティアックとかティアックとか(関係者の方ごめんなさい)

この手の株は全体相場が下がっていくときにつぶれる。経験則からいくと当分つぶれない(はず。というかそう思う。思いたい)
どうだろう?つぶれなければリターンは大きそうだが。。。ウォッカの単勝買うよりは分がいいと思うんだが。

とったりとられたり

この話は前も書いたかな。

うちの11トントラック(基本的に特車申請は要らない)のドライバーがある現場から帰ってきて言った。○○の現場(普段ならうちに仕事をくれる会社)ほかの会社のトレーラーが来てたよ。何で?

僕答える。ああ「××(現場の地名)でしょ?。特車が下りてないからうちには発注できないって」


建前上は特車がなければ運行できない。いままでは特車申請が出してあれば見切り発車で(違法だが)車を出すこともあった。今後はそういうことはできなくなっていくんだね。
××のように以前から行われているような大規模な工事だと、すでに特車許可を持っている会社がある。商社のほうでそういう会社に仕事を回してしまったりするのだ。後発組はおまんま食い上げである。

まあ逆に普段付き合いない会社から「△△の現場、貴方のところは特車許可持ってるんだって?」という風に仕事が入ることもあるんだが・・・。今のところ仕事がなくなる可能性のほうが大きいな。
特に××は割のよい仕事(鉄板の搬入搬出)だったんで痛い。
現状では運送の一ヶ月前には申請しないと間に合わない。特に5月はGWあったからなあ。休みの間は審査進まないから余計に時間がかかるのだ。
規制を厳しくするなら、審査の処理能力を上げてくれないと・・。建築基準法の件といい、酷土交通省の無能さが現場に負担を強いている今日この頃なのでした。

職業病

公私でいろんなところに出かけるのだが、最近こんな職業病にかかった。

「現場を確認してしまう」のであるw。

大体の場所は地図で確認してるので、ちょっと足を伸ばして見に行ってしまうのだ。
工事現場をじろじろ除きまわるおっさん。怪しいだろうなあ。

ーーーーーーーーーーーーーーー
最近では自分ところとは関係ない現場まで見てしまう。「どこの会社が運んでるんだろ?」
気になるのだ。

2009年5月11日月曜日

はるぜみ

小学校一年のとき。

「春に鳴く虫は?」

という宿題?がでました。


小学生の新天地は人と同じ答えをかくのがいやでした。



一生懸命調べて「はるぜみ」という答えを書きました。みんな「せみは夏の虫」だと思っているだろうから
違うのさ、という能書きをたれるために。

宿題は「ばってん」がついて帰ってきました。
次の日、まず先生に「春ゼミって言うのはね」という能書きをたれたのはいうまでもありませんw

やな子供だったなあ・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中学生の時、理科の先生がこういったのを今でも覚えています。

「このクラスの授業はやりにくいよ。新天地がいるからなあ」

小さなことでも揚げ足取るからですね。やな子供でした。いまはやな大人です。