2009年1月9日金曜日

ミネルバ、タイーホ。

もはや知らないものはいないネットの御宣託、韓国の「ミネルバ」が風説の流布で逮捕されました

確かに最近は「期待」にこたえてやや支離滅裂な意味不明の解説記事が多かったミネルバですがそれを捕まえてしまうところに韓国の後進国的怖さがありますね。こんなのでつかまってたら新天地なんか何百回捕まることかw。いや言論の自由ってのはやっぱり大切です。いくら調子こいていたと言っても捕まえるのはやりすぎかと。

時代の寵児が無職の親父だったというのは笑えますが。

バイオタイプP.いや心からほしいです。

ソニーが発表した新型ミニPCのタイプP。5年ほどノートパソコンを買わなかった僕だけれど、久々に「ほしい」とおもた。
いま手がけている仕事はパソコンとネットがあればどこでもできる。というか究極的には車で現場に出かけて実際に現状を確かめながら仕事をしたほうがよい。そこにこのパソコンがあれば・・・。
都庁に出かけながらデータを確認したりも便利便利。まさに持ち運べる仕事環境ができそうだ。
地図と連動したGPS機能が使えるのも(オプション)願ったりかなったり。もう心の中では買うしかないモードだ。

問題は。。。奥様にばれないようにすることとお金だな。

その前に仕事覚えないと話にならんがw


しかしこれはほしい。久々にバイオらしいバイオだと思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
確かにミニノートが5万円で買える時代、9万円は高く映る。でも軽さデザイン、そして何よりGPS。ポータブルのカーナビが5万円で売られている。GPSナビとパソコンがくっついて9万円なら納得できるでしょう。

2009年1月8日木曜日

また市川か

少年が重機オペレーターの父親を殺した事件。市川市だ。

姉葉さんの奥さんが自殺したり、千葉大出身の無職が外国人講師を殺してみたり。ものの数キロの狭い地域でよくもまあ事件が次々と。物騒だなあ。

しかし、地方は傷んでるね

僕の職場はとある地方の市のそのまたはずれにある。高速から降りて、市街地をとおってかようのだが、とにかく目に付くのは空き店舗。それもごく最近空き店舗になったらしく、工事中のところも多い。
パーマ屋、スーパー、お米屋さん、ラーメン屋、ディスカウント店。。。人気があったはずの業種でもいやおうなく不況にさらされているのが痛いほどよくわかる。僕が住んでいるところはまだ東京に近くてそれほど不況感がないけれど、関東首都圏でも少し東京から離れると相当深刻に景気が悪い感じが肌で感じられますね。

サラリーマンだけれど、会社と一蓮托生という意味では経営者側でもある新天地。景気が早くよくなることを祈るのみです。

所変われば

所変われば、意味や立場が変わります。

前の職場では「三井住友」といえばSMBCでしたが、今の職場で三井住友といえば三井住友建設です。

前の職場で三井住友建設といえば自己売買禁止になる可能性がある銘柄(失礼)ですが今の会社では三井住友といえば優良顧客様です。あたまが上がりません。


政府が道路予算を増やしたり、公共工事を増やすと前は「うーん」と考え込んでいましたが、今は「なぜ地面を掘らないんだ!」と首相官邸の前で一人デモを起こしそうな勢いです。そもそも、外環が完成すればどれだけトレーラーが楽に動けるか!!!外環道路を環境破壊だと言う人がいますが、実際に物流を行う側からすると(あるいは自分で地図を通してみればいい)外環ができればどれだけ物流が楽になって環境負担が減るか一目瞭然でっせ。
公共工事が増えさえすれば!うちの会社もっと儲かるのに!”

新天地さんは道路財源の廃止に断固反対します(キッパリ

雪は困るなあ。

さて、毎日片道30kmの道を高速道路使って自動車通勤している新天地さん。(余談ですが20数キロの高速道路はほんの10数分ですが、残りの数キロがその時間以上かかります。ばかばかしいです。)実は生まれてこのかた一度も雪道を運転したことがありません。明日は千葉でも積雪の可能性ありとか。職場(車庫)は結構人里離れているので雪かもしれません。

こうなったら!電車使うしかないなw

社長(奥様父)にばれたら、「それでも運送屋の娘婿か!」ってどやされそうですが・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まじめな話、雪が降ると現場は工事中止。当然、わが社に入っているオーダーもキャンセルが相次ぎます。奥様はいつもより早く会社に出て配車を組みなおすことに。天気には勝てない運送業なのであります。
明日、都庁まで書類出しに行くつもりだったけど、無理だよ~。特急使うかw

撤退迫られるの記事に「撤退危機」を感じる。

ダイヤモンドの記事。記事自体はまあいい。

でもその内容があまりにも薄いんである。分析も考察も何もない。あるのはただ調べなくてもわかる噂話w。それじゃあ経済記事じゃあない。

ダイヤモンドが市場から撤退するほうが早いんじゃあないか?ほんの20年前のダイヤモンドなら読みがいがあったのに。

2009年1月7日水曜日

ここにも「規制不況」の兆しが。

新人社員新天地さんは先輩(奥様のいとこだけど)に連れられて都庁にいってきました。

生まれて初めて首都高を運転した。怖かった。



ってのはさておき。トレーラーを走らせるためには「特車申請」をしなければいけない話はしました。

もちろん昔からそうだったのですが、どうも去年あたりから特車申請が殺到して、ばかばかしいことに申請してから2ヵ月半たたないと降りないのだ。今までは2週間で降りてたのに。
つまり、トレーラーを使うような土木工事は、遅くとも2ヵ月半前には手続きを開始しないと工事ができない。急遽、重機が必要な事態になっても「2ヵ月半待たないと」重機を運び込むことさえ違法な事態なのだ。

これは国土交通省が去年から特車の運用を厳格化したため。もちろん、法律上そうなっているのだから厳格化はかまわないのだが、いまやどこのお役所もリストラで人が足りない。人が足りないところに運用厳格化で申請が殺到したものだから。。。、
各社このままでは「申請なし」になし崩しにトレーラーを運用するか、工事を延期するかしかない。
後者を選択できないのは経済上どこも同じだと思うのだが・・・。


マスコミはそのうち「A社、無許可でトレーラーを運用」とか書き出すだろう。国土交通省は特車申請の規制強化に自分たちの省益(働き口の確保)を見出した見たいだからね。

恩恵を受ける業種はずばり電子認証関連と行政書士だなwこの分野は成長性高いよ。なにせ申請件数が急増してるんだから。この数ヶ月。

いすゞかなあ

今日のチャート見てたら、ディーラーなら飛びつくよなあ。

ディーラーだったら10万株単位で買いに出て最大30万株くらいはポジション取り、最後に10万株オーバーナイトにして帰宅する、そんなイメージでしょうか。こういうチャート、普通はそうは出てこないけれど、225が下がった今、そこらじゅうに落ちています。ローリスクで儲けられるから今はチャンスですね、ほんと。押し目はストロングバイで。

わらしべ長者では買えないんですけれど。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6665は647円で売れてた。われながら完璧な指値だった。(こういう「狙った」指値はホントは駄目なんだけどね。不出来の危険性と隣り合わせだから。)
寂しいんで昼休みに616円で買いをさしておいたところ買えてしまった。
もう少し下げるの待ったほうがよかったかなあ。しかしおかげで税金を考えなければ評価資産がほぼ10万円というところまで来ました。7万円の入金ではじめたわらしべ長者企画、正月も挟んでちょうど一ヶ月の運用成績はプラス40%ほど。明らかに投資環境に恵まれはしましたが、負けなければパフォーマンスはあがるという好例かとおもいます。もう少しで「大台」です。いすゞがやれればなあ。。。

腰が・・・

さて、千葉の片田舎wに通勤する新天地さん。生まれて初めて、自動車通勤しています。片道40分。といってもほとんどが高速道路なので楽なのではありますが・・・(会社支給のETCカードがあるので。恵まれています)

昨今、フィットとかヴィッツとか小型車ブームではありますが、やはり高速道路を走っていると「高性能車」のありがたみを感じます。どっからでも加速する身のこなし、ゆれの少なさ。うちのディアマンテ君は設計こそ古い車(燃費はよくないかも)ですが、高速道路を走る限りは紛れもなく高級車。さすがにうちの社長車だっただけのことはあります。三菱、いい車作れるんだけどなあ。
ーーーーーーーーーーー
が、今日帰ってきて腰に違和感。やっぱり長時間運転していると腰には来るか。そう思うと運転手さんってすごいよなあ。
ーーーーーーーーーーーー
今日は千葉県庁に書類を出しに出かけてきた。県庁の中は職員も訪問客もみんなダークスーツ。
僕も最初なのでスーツで出社しているんだけどなんだか場違いな感をもったのであった。
書類、オンラインで出せるらしいんだけれど、その環境を整えるのも僕の仕事だろうなあ。
簡単にできそうで、でも細かい問題点もありそうだ。

2009年1月6日火曜日

特車申請

さて、新天地さん、千葉の結構な片田舎に配属されました。

なぜ田舎か?トレーラーを何台も置いておくには田舎でないとだめだからです。


で、まずは特車申請というものを勉強することになりました。
特車といっても90式とかじゃあありません(わかりにくいか)

世の中ではトレーラーが普通に走っているイメージが強いと思います。しかしトレーラーというのは法令上、原則として道路を走ってはいけない車なのです。大きくて危険だし、何より重いので道路を傷めます。ある重さを超えると、重さが1.2倍になるとダメージは2倍になるそうです。

しかしそんなことをいっていては経済が成り立ちません。そこであらかじめ運送業者はお役所に車輌や荷物、使うルートについてお役所に届けを出し、認可(1年)をもらって初めて走らせることができるのです。これが特車申請というわけ。

今までは「なあなあ」だった分野らしいのですが、最近では走行中の車の重さを自動的に測る機械(およびその車のナンバーを読み取る装置)や届出の内容をデータベース化するしステム、それを連動う運用する体制が整ったということで、これからどんどん取締りが厳しくなっていくのでしょうね。
国交省の雇用確保策のような気もしますがw
以前、過積載が厳しく取りしまわれて撲滅されたように、今後はこの「特車申請」が運輸業者の悩みの種になるようです。

さて、地理が不得手な新天地さん。やっぱり悩みの種なのです。2月までには仕事を覚えないといかんのですが。

2009年1月5日月曜日

ショートカバーをきっかけにできるか?

年末年始の相場は底堅さを見せた。要するに「年末は下げるかも」とおもってポジションを落とした向きが多かったが、悪材料が出なかったので買い戻した、そんなところだろう。

日本市場の場合は休みが長かった分、ショートカバーも多めに入って相場が始まることが予想される。

問題はそれを相場反転のきっかけにできるか?過去の相場反転も往々にしてショートカバーがきっかけになることが多い。単にテクニカルな戻しなのか、腰が入っているのか?
資金の流入の仕方や出来高をしっかり見極めてポジションをどう替えるのか判断するところだと思います。

2009年1月4日日曜日

旅行あれこれ

写真のほうは暇ができたらぼちぼちアップします。たいした写真はないのですが。

今回も義父さんのご招待で行って来ました済州島。なにせ韓国旅行のプロが全力を尽くして招待してくれる旅行、今回もとても安楽で楽しい旅行でした。感謝感謝です。

朝、成田に到着すると、ハイアットのカジノの人が空港までお出迎え。お父さんとは数十年のお付き合い。何件かホテルを変わられたそうですが、いつもお父さんを接待してくれる営業の人。お父さんの要請ということでわざわざ成田まで迎えに来てくれました。
今回はエコノミーチケットだったのですが、空港での手続きは出国以外すべて彼の手配。おかげで並ばずに楽ちん通過。
向こうについてからはお父さんとは何十年の付き合いというタクシーの運転手さんがついてくれて観光から何からすべてやってくれました。この便利さは慣れてしまうと自立できなくなってしまうw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただ、、、
済州島は「数年に一度」という寒波到来。韓国のハワイと呼ばれる島なのですが「まさかの全島積雪」。
生まれてはじめてのホワイトお正月になったのでした。

実弾介入




さて帰ってまいりました。

今回の旅行のトピックスはいろいろあるのですが・・・


まあ世間一般的にはこれが一番かも 。
結婚記念にペアウォッチを買いました。
実弾による円売りウォン買い介入w。ウォン安のおかげで、並行輸入よりも安く、正規の商品を買うことができます。円売りとWON買いということで韓国経済に多大な貢献をした新天地さんちでありました。