2008年12月26日金曜日

韓国行ってきます

以前も書きましたが、奥様父におねだりしたところ、韓国(済州島)まであご足つきで連れて行ってくれることになりました。年末年始はネットにつながるところにいません。おそらく1月4日くらいには復帰できるかと思いますが、それまでネットを見れなくなっています。よろしゅうお願いします。

では、皆様よいお年を。

トヨタ、自転車に進出?


プジョーとかジープ、ポルシェやベンツBMWなんかは自社ブランドで自転車を売ってます。
まあ、ほとんど日本のメーカーのOEMなんですが。デザイン性なんかはいいのでいつかは買って見たいですけど、性能は同じ値段の専業メーカーのほうが数倍上です。

そんな中、トヨタ(=レクサス)がショールームに自転車を置いて展示しているそうです


残念ながら、発売予定はないそうです。・・・。出たら本当にほしい!!

記事では「スピードが出なさそう」と書いてあるけど、おそらくシマノ製のハブ内蔵型変速機使用でしょう。変速機を使えば小さなタイヤでも速度は出ます。そしてペダル部分の黒い物体はまず間違いなくリチウム電池。フロントハブが異様に大きいことから、モーターか発電機(あるいは両方の機能)が内蔵されていることでしょう。つまり電動アシスト自転車(レクサスなだけに「ハイブリッド自転車」か)というわけ。ひょっとすると二輪駆動かもしれないですね。

レクサスなだけにもし発売されたとしても50万円くらいしそうですが・・・。

2008年12月25日木曜日

携帯忘れた、で死亡。

ネット見てたら、火事で逃げ出した後、忘れた携帯電話を取りにいって亡くなった高校生の記事が出ていた。

実は僕の実家も一部屋が完全に焼け落ちる小火を出したことがある。
幸いにして、当時法律が変わったおかげでお寺は消火器を備え付ける義務があり、消し止めることができた。しかし、正直消せたのは「奇跡に近かった」。あとで実に来た消防の人になんで消し止められたか不思議なくらい、といわれるほど燃えていた。


(実はうちのお寺にある仏様のひとつが、「火事よけ」の因縁を持つ仏像だったのだ。江戸時代に集落が燃えるような大火災のときに、その仏像を持っていた檀家の人の家はまったく燃えなかった。これはありがたい仏像様に違いないということで我が家に安置されるようになった。ご利益あらたかなのか、わが身を守ったのかは定かではない)

やっぱり火事が起こったら逃げるに如かずなんである。

とはいえ僕だって「あーまだ持ちがあるよ!!売らなきゃ!!」とかいって火中に飛び込んで焼け死ぬような気がしますがw

偽善ですが

新天地にて関連で生じた収入をNHK歳末助け合い募金に寄付させていただきました。(今日グーグルから払い込みがあったので)小額かも知れませんが何か人の役に立ってくれるといいな。
これも日ごろの皆さんのご愛顧のおかげです。

ま、来年、もっと収入があったら完全にネコババするとしましょうw。


どうでもいい話ですが、グーグルからもらえる広告収入はドル換算です(支払いは円)。支払日の円相場で円転して払い込まれます。
あーーこんなところで為替差損をかぶるとはw。本来なら11月までの収入なんで本当はあと一割は多くもらえてしかるべきなのになあ。
逆に韓国人ブロガーはウォン建てだとかなり水増し利益になってうらまやしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
いい事したから株儲からないかな(他力本願)

おまけ。マクド〇ルドが金払ってサクラで行列偽装?

http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1230100265/l50

まあ大阪だしw

予断ですけど関西ではマクド、関東ではマックって言いますね。三重だとマックなんだけど、名張とかから高校着てるやつはマクドって言ってた。あの辺が関西と関東の分かれ目なのかも知れん。

ABCホームの社長捕まるんやね

ABCホームのもと社長、やっと逮捕されるんやね

脱税で捕まったこの社長、日本ダンス協会のタニマチとしてしられていたんだけど、その協会の名誉会長は中川○直。ABCホームがセントレックス上場を画策したときには彼の公設秘書が明証に圧力をかけたという話も出ています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみにネクストジャパンという会社がありますが、(5億割ったんで上場廃止危機ですね)この会社の筆頭株主がトップワンという会社。トップワンは元社長の兄が100%所有する会社。
ネクストジャパンが日本ダンス協会の新しいタニマチになったのは少し興味深いところです。

韓国、双竜自動車倒産へ。経済界に緊張

韓国の双竜自動車(日本で言うとダイハツとかかなあ)が事実上の倒産に向かっているようです。

韓国マニアにとっては、パク・・・他国の車をリスペクトした車を作るということで人気があったのですがw
ウリジナリティあふれる車の例

双竜は曲折を経て2004年に中国の上海汽車の傘下(株式の49%を保有)似合ったのですが、度重なる労使紛争やリストラへの抵抗に嫌気が差した上海汽車が今度の経営危機において「見放した」というのが真相のようです。
こうなると自業自得。単体でも3万人、取引先を含めるとさらに数万人規模の雇用が危機にさらされると見られ、韓国にとっては頭の痛いところでしょう。日本に与える影響は少ないでしょうが、自動車の再編(というか崩落)の第一幕として記憶されることになるかもしれません。

2008年12月23日火曜日

森さん、見直した

森元首相が、韓国の保守政治家の没5年の年忌に花を贈ったことが中央日報の紙面を飾ってた
日本語版記事

森さんは向こうでは「右翼政治家(神の国発言もあったし)」で知られる一方、有数の知韓派としても知られる。こういう何気ない行為の積み重ねが有益なんだよな。神の国はいただけないけれどw宗教行為を大事にすることそのものは大切だと思うのだ。

景気回復のために速度制限の見直しを

たしか2年前の中日新聞とかに「警察庁が車の速度制限を見直す意向」とかいう記事があった。
道路事情も車の性能も上がってきて、規制が実情に合わなくなった云々。いまやカローラだって180km出せる性能がある。(さらには国民=メーカーの要請もあるw)

記事では確か、3年程度かけて意見を聞くということなので再来年くらいには何らかの形で結論が出るんだろう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そこで。この際速度制限の緩和を前倒ししてみてはどうだろう。速度制限を緩和すれば流通の効率が上がる。車の効率があがれば、現在車に乗っていない人も車をほしがる。さらに制限速度が上がることで古い車に乗っている人や小型のベーシックカーに乗っている人が「より高性能な車」に買い換えたいと思うはずだ。

少しは景気回復の足しになると思うんである。田舎の人間は車買うくらいの金は持ってるから。必要がないから買い換えないだけで。

2008年12月22日月曜日

来週は有馬記念ですが

有馬記念、メイショウサムソンの引退レースということもあり、注目が集まります。
最近豊が勝てないとか牝馬は勝てないとかいろいろジンクスがありますが今日は本題ではありません。

注目は2歳馬の出世レース、ラジオNIKKEI賞。ラジオ短波杯3歳(二歳)ステークスと呼ばれていた昔から「出世レース」として知られるこのレース。(朝日杯の勝ち馬よりもこのレースのほうが評価が高いことが多いのです)
今年も「大物」の予感をただよわせて一頭出てきました。その名はリーチザクラウン。血統的には祖母が名馬、名種牡馬のチーフズクラウンの妹で祖母自身もG1勝ちがあります。何よりこの馬走ったらすごいんです

とにかく一見にしかず。現状ではディープインパクトよりも上かもしれません。
ストライドが大きく、巡航速度が速い。力を抜いて走っていても楽に追走できる。しかもピッチを上げるとすばらしい瞬発力、それがかなりの時間維持できる。いわゆる「化け物」といわれる条件を兼ね備えています。

なにせ、一度も「本気」では走っていないのですが、この着差です。もしもこの馬が完成した暁には?
末恐ろしいとはこのことでしょう。

車不況の後に笑うのは?

モーターデイズの記事

ここは不況の後に笑うのは「トヨタ」との結論。
僕もおおむね同じ意見。

問題はどこで買うかだが・・・。
まだ早いと見るけれど。