2008年12月20日土曜日

年末の決済確認

今年は電子化の影響で受け渡しが変則&売買停止銘柄がある。

25日(木)は5日目決済なので一応注意しておきましょう
詳しくは東証のお知らせを。

バイ停になる銘柄はそろそろ避難の売りが出てくる可能性があるので注意しておきましょう。
逆に仕込むチャンスかもしれませんがw
裁定取引ができなくなるのでイレギュラーな動きの可能性もチラッと頭に入れておいて、と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダイア建設つぶれちゃったね。ここはメ〇ード化粧品が本尊になって一相場ぶち上げたことがあるんだが今は昔か。

2008年12月19日金曜日

なんかありませんかねじゃ、仕事は見つからない

とどっかの首相がいってたそうだ。

彼に言いたい。

なんかありませんかね?と求人案内のコーナーを首相が見て回っても首相がするべき仕事は見つからないよ。

なんかずれてるんだよなあこの人。頭悪いのかな?

アップル、マッワールドから撤退。

アップルコンピューターといえば年始にジョブズが公演を行い、画期的な新製品を発表するのが常だった。それがマックワールドである。

マックワールドといっても主催はアップルではない。あくまでアップルは参加者のひとつに過ぎない。そのアップルが2009年を最後にマックワールドに出展しないことを発表した。さらには2009年、最後の出展となるマックワールドでジョブズの講演も行わないと発表したのである。
ジョブズCEOはかなり重い病状とも伝えられており、それもあるのだろうが、それにしてもの感は否めない。結局、いまや「見本市」に巨額のお金をかけて出展したとしても大きな成果が得られないという判断なのであろう。これだけIT化が進んだ世の中では、お金をかけて技術展に出展するよりも、工夫してオンラインでPRしたほうが有利。これは自動車各社がモーターショーへの出展を相次いで縮小しているのと同じ動きなのかもしれない。

幕張メッセとか。経営苦しくなる時代なのかもね。

計画示せぬ自動車各社

ホンダが「激震」の年末説明会になったのに続いてトヨタが来年の販売計画を示せず。
まあ販売計画なんていくらミクロの数字を積み上げたところで「買ってもらえない」んじゃあ無意味。
発表しないというのも経営判断だろう。

しかし目処さえ発表がないなら、付き合いのある部品会社とか販売会社は大変だろうなあ。それこそ計画が立てようがなくなる。

なんだか証券会社の経営計画を思い出す。来年の計画作れ!っていわれるんだけど(もち論所属する部署の)ディーリングの収益とか手数料収入なんて相場が開いて見なきゃあわかんないんだもんw保守的に出せば「こんな数字しか目標にならんのか!と起こられ、強気でいけば「新天地君、こんなに数字が挙がるんなら計画なんていらないんだよ」と怒られw。まあ季節が来ると憂鬱な作業のひとつではありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それにしても不況のおかげで消散したプロジェクトたち。ホンダのF1撤退、スバルとスズキのWRC撤退。日産がGTRでヨーロッパのレースに出る計画も無期限延期。

ホンダがNSX後継の開発断念(もう実車はできていたという)。日産はシルビア後継の2000ccクラスのスポーツカーを断念、インフィニティの最高機種の開発も断念(日本で言うとプレジデント。最高機種の開発断念は三菱に続くことになるね)。いかにアメリカの大型車、スポーツカーマーケットが冷え込むと予想しているか、その証左になるんだろう。

一方でトヨタは2009年に新型車投入が目白押し。2010年にかけて再びラインナップ拡充をしてくるよう。開発費も縮小しないって言ってたし。この辺、お金がなくなると開発費をダイレクトに削らざるを得ない日産たちとの違いかな。あとからやっぱり確固たる差として出てくるんだろうなあ。

2008年12月18日木曜日

グーグル、本気になったらしい

新天地にて、でも使っているグーグルの広告サービス「アドセンス」。

サイトやブログを持っている人なら気楽に利用することができ、報酬が得られるというなかなかすばらしい仕組みです。ところがいろいろ問題を抱えているというのは以前指摘したとおりです。

そのひとつが「広告収入だけを目的とした」サイトの存在。
要するに、コンテンツがあってそのページに付帯して広告を表示させるのではなく、「広告を表示すること」を主目的としたサイトです。

この手のサイトはお金を儲けることが主目的です。たとえば「株式投資」で検索してそのページに入ってみると、短い文章と証券会社の口座開設リンク、そして株関連の広告しか出てこないようなサイト。これを量産して広告収入を狙うというわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このようなサイトはSEOを駆使して検索結果の上位を狙ってきます。結果としてグーグルで検索してもそういう「役に立たない金儲け狙いだけのサイト」が上位を独占することになりかねません。そうすれば利用者はグーグルを使うことをやめてしまうかもしれません。検索しても役に立たなくなってしまうから・
またグーグルを通して広告を出稿しているほうから見ても「金儲け狙い」のサイトに広告が出てしまっても費用対効果は薄いでしょう。結果としてネット広告離れにつながるかもしれません

さらにそういうサイトが「ネット広告」を出して表示回数を増やそうとするケースもあります。
こうなると僕のような人間から見ると「うざい」という形になります。そういうサイトに広告スペースを取られることで本来表示されるべき有意義な広告が表示されなくなってしまうこともあるからです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前々から言われていた問題点だったのですが、グーグルが腰を挙げたそうです。
未確認ですが、そういう「広告だけを目的とした」サイトの保有者に対して広告出稿打ち切りの可能性を警告するメールが大量に届いているそうです。
人海戦術を駆使したのかあるいは検出ツールを開発したのかは分かりませんがなんにせよ歓迎すべきこと。
どこまで効果的に「広告主目的」のサイトを排除できるのか。
お手並み拝見というところです。

予断ですがヤフーはこういうところでまったくグーグルに追いついてない。
ヤフーの今後に疑問を感じる根拠のひとつでもあります。

宇都宮700m引きずり事故、逮捕された女性は

この事件で逮捕された女性、「シューティンスター」でレコ大新人賞を受賞した八反安未果さんの妹なんだね。


こういうとき、珍しい名前の人って損だよなあ。鈴木一郎とかだったら日本中どこにでもいるからわからないのに。

新天地さんの本名もわりかし珍しい名前なので悪いことはできないのであったw。報道されたら、すぐ本人が特定できてしまう。

松下の勝ちだね

パナがサンヨーのTOB着手に動く。値段吊り上げの思惑でGSとどう折り合いつけるか?とかかかれるけど、ここにたってはパナソニックの勝ちでしょ。

GSは自分の尻に火がついてるし、経営権を握ったら減増資する手だってあるから。完全にパナの勝ちでしょう。

なので当分サンヨーは手を出すべきではないね

2008年12月17日水曜日

八つ当たりの悪循環w

韓国にはVANKという組織があります。日本には同じような組織が無いのでわかりにくいのですが、非営利組織でインターネットを通じて韓国の主張を世界中に発信しようというものです。

こう書くと、非常に立派な組織のようですが、ようするにナショナリズム丸出しの「韓国人しか主張しない」ようなトンデモ主張を世界中に押し付ける組織とも言います。特に日本を目の敵にしていて、日本を誹謗中傷するのが組織の主目的、と言い切る日本人もいます。


さて、フィギアスケートのGPファイナルは日本の浅田選手が逆転で優勝を飾りました。韓国の金選手はSPで首位だったものの逆転されて二位。
ところが韓国のファンの間では「浅田の得点は納得できない」という声が結構あったのです。減点対象が認められなかったというわけで。特に会場が「日本企業の広告で埋め尽くされた」(現在、フィギアスケートの世界的大会の運営はロッテやマルハンなど、韓国系企業も含めた日本企業が無ければやっていけません)事から「日本が金で優勝を買った」と信じている人もいるようなのです。(うそじゃないですよ。こんな記事もありました


で、怒った?韓国人ネットユーザーが怒りの矛先を向けたのが2チャンネルw。しかもAA板だったそうです。AA板といえば韓国人を示すアイコン<丶`∀´>(ニダーといいます)発祥の地。腹いせにしてもなんだか的外れな攻撃です。

さらにこの攻撃に怒った2チャンネラが「サイバー攻撃ならVANKの仕業に違いない」というさらに的外れな見解でVANKをF5攻撃。今度はVANK関連のサイトがダウンする騒ぎになっているそうです


電気屋の対応が悪かったから発電所に放火するような真似はやめたほうがよいと思います・・・。

2008年12月16日火曜日

アメリ

昔、奥様にDVDを見せてあげた。「アメリ」だ。オドレィトトゥが主演して日本でもひそかにブームになったこの映画、奥様のお気に入りの一本だ。

さて、今日の日記は直接アメリのストーリーとは関係ない。

アメリのオープニングではいくつかストリートは関係ない話が展開される。その中のひとつに「老人が友人の葬式から帰って、アドレス帳からその友人の住所と電話番号を消す」シーンがある。なんだかものすごく物悲しいシーン。人生の無常をすごく短いシークエンスで感じさせる。。。

昨日、虎年の獅子座さんがHPを閉じる&退社されるという話が出てた。思えば結構な数のHPをひいきにしてきたけれど、とら年さんところはなかでも愛読してきたページだからとても寂しい。だんだんアドレスから巡回先が減っていくなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリ、フランスでは大ヒットして当時のシラク首相も見に行ったという佳作です。
日本ではアルバトロスが供給してなかなか話題になりました。
クリスマスに彼女とDVDを見るというとき、強力にお勧めの一本です。




アメリ我が家では何回も何回もみた。好きな映画です。
↓の話も何回かブログに書いたかな。

この映画を買い付けたバイヤーはエロ、ホラーでも有名な方ですが、脚本ができるかできないかの先物買いでこの作品を買い付け大当たりしたそうです。何でも「B級ホラー」だと思って買ったとか。(別のHな雑誌のコラムではエロドラマだと思ったとも)
謙遜なんでしょうが面白いエピソードです。

最近は大当たりの反動で?窮地にあられるそうですが、がんばってほしいところです

不法行為

野村株を100株持ってる。金額がたいしたこと無いのが救いだが、それでもプライドもかかっているので(安いプライドだが)頭が痛い。

つまり、野村が例の詐欺ファンドにかかわっていたのである。問題は自分自身がエクスポージャーを持っていたということよりも、客にそのファンドを売りとばしてしまったことだろう。

野村に悪気が無かったとしても、客から見たら野村も共同不法行為の担い手だ。当然、損害賠償の訴えを起こされるに違いない。「俺は知らなかった」といっても損害賠償の責を追う事は十分考えられる。額によっては経営が傾く可能性さえ。。。
あきらめていったん損きりかなあ。本当は月曜の段階で損きりしておくべきだったね。
結果論ではなく、わけのわからないことが起こったらオーバーバイトしない、ってのは鉄則だったか。

2008年12月15日月曜日

ウォン強いなあ

12月に入ってからのウォンは「強い」。少なからず旅行客が韓国でお金を使いまくっている影響もあるんではないだろうか。

日本の女性の購買力を馬鹿にしてはいかんのだよなあ。

何せ奥様、去年ソウルに行ったときは「100万円分」シャネルでお買い物してたし。
キモノトレーダーならぬ着物ハンターの為替への影響力を感じるのであるw
ーーーーーーーーーーーーーーー
やっぱり「お買い得に感じる」為替レートってのはそっからはオーバーシュートしにくいのではないかと。

イナバウアー????

ロイターの写真記事

これ、イナバウアーって言うのかなあ?????

一応「プロ」なんだから知ったかぶりしなきゃいいのに。
ロイターの中には原稿チェック体制が無いのだろうか・・・。

2009年はスポーツカーの年になる!はずだったw

最近車ほしいほしい病に取り付かれた新天地さん。ところがいざ自分用の車を探してみて「ツードア」の車が絶滅寸前になったことに気がつきました。自動車市場が「だめ」ということは知識として知っていましたがここまでひどいとは。全体のパイが小さくなったためにスポーツカー市場などは最低限の利益が稼げない⇒絶滅ということだったのですね。

カーグラの既刊などを読んでみてようやく整理できました。日本にはシルビアとかセリカとかインテグラ、エクリップスなどなどスポーティな2ドアの車がありました。しかしながら結局このあたりは「アメリカで売れるから」日本でも売ることができた。しかしこのような車を買う層がアメリカでも2000年を過ぎるころからRVに移ってしまい売れなくなった。追い討ちをかけるように排ガス規制が厳しくなり、それまで作っていたモデルを販売することが難しくなった。それでこの手のモデルが消えていった、と。

卵が先か鶏が先かではないですけれど、若者を車にひきつけるようなこの手の車。売れないから絶滅したのか、絶滅したから車を買う層が減ったのか。皮肉なことに絶滅したスポーティカーって中古市場では意外な人気だったりしています。だって新車買おうにも新車が無いのだもの。

でもさすがにこれではまずいと思ったのか各社ともスポーツカーの開発に急ピッチで励んでいるそうです。


来年、トヨタは富士重工に2リッタークラスの後輪駆動のスポーツカーを作らせてトヨタの販売チャンネルで売り出すといわれています。日産もシルビアの後継者的なFRを開発中といわれていますし、ホンダもS2000を引退させる代わりに「CRZ」的なものを出してくるとかこないとか。

上のクラスに目を移せばトヨタはレクサスでISのオープンクーペ、あるいはLFーAを出すそうですし、本田はNSX後継の5リッターFRを発表とか。松田はRX-7後継のうわさも。。。

問題はやはりこの景気後退でしょう。明らかにぜいたく品のスポーツカーはやっぱり売り上げが落ちます。出すべきか出さざるべきか。悩んでいる経営者も多いのでしょうか。・・・。

ソフトバンクの貸し倒れ引当金増加は気になるなあ

ソフトバンクの割賦販売に伴う貸し倒れ引当金増加の記事、13日の記事だけどこれは気にしておいたほうがいいでしょうね。

この記事が示唆することは結構多いと思う。ソフトバンクモバイルの「客質」について、もう一度考察してみる必要があるのかもね。「景気後退」だけでは片付けられない気がする。

織り込むと

先週末、日本の株価はビッグスリー破綻を織り込んだ下げ、アメリカの株価はとりあえず年内はつぶさない事を織り込んだ上げ。

週明け、どこまで戻すかなあというところですが、3%程度は上げてもいいんじゃあないかなあ。
そっから先が日本の地相場を見ていくことになるのかと思います。
ーーーーーーーーーーーー
自動車株は手出し無用の信念に変わりなし。自動車があがるなら、ほかの株はもっと上がると思う。
依然自動車株は塩漬けでいいの?と聞かれたことがあるのですが、否、というのが僕の結論です。それはそっから3分の2まで下げたいまでも変わりありません。

鉄と造船海運も同じですね。下げるのが遅かった株は戻すのも遅いでしょう。

2008年12月14日日曜日

現代自動車のジェネシス、高評価相次ぐ。

日本ではほとんど報道されていませんが、現代自動車が満を持して投入したのが「ジェネシス」です。

それまで、三菱自動車の影響を強く受けてきたヒュンダイですが、このジェネシスは一から完全に自力で開発した車。FRの大型車で、セダンとクーペがあります。仮想的はBMWの5シリーズやベンツの旧Eクラス、レクサスLSやアキュラ(レジェンド)、日産のスカイラインあたりでしょうか?特にクーペのデザインはなかなか。これがヒュンダイでは無かったら、僕も購入リストに入れていたかもw。 これが仮に日本の会社から出たら?日本でも月に数百台は売れたでしょう。
特にクーペは3.8リッターエンジンで30000ドルという安い値段ながらスペックは40000ドルのスカイラインと同等以上。注目を集めます。

この車、レクサスやアキュラの成功を後追いすることを狙ったある意味「戦略車」です。つまり、その昔、売れるけれど安い車、だった日本の車たちが、高級ブランド車を投入することでブランドイメージを変えていきました。高級車を投入することでヒュンダイも(特にアメリカ市場で)ブランドイメージをアップさせようという作戦です。


おそらくベンツやBMW,レクサス、アキュラなどを徹底的に研究して作られたであろう新型ジェネシス、アメリカの評価機関などから高い評価を受けだしています。まず、今年の10大エンジンにジェネシス登載のエンジンが入選。さらに衝突安全性(正面から)でもトップクラスの評価を受けました。
ジェネシスは日本車などに比べて高張力部材の使用を意識的に多くした(その分高価および場合によっては重く、燃費も悪くなる)そうです。意識して安全性を訴求力として優先したわけですね。

最初、レクサスが世に出たときも「ベンツのバッタモノ」というイメージがありましたが高評価に代わって言ったのはご存知のとおり。ジェネシスの評価いかんでは現代の地位もぐっと上がるかもしれません。