2008年10月25日土曜日

日韓首脳会談、上座と下座。

日本ではほとんど報道されなかったけど24日に中国で日韓首脳会談開催。

韓国の新聞にこんな記事が出てた。

「日本の国旗と韓国の国旗、それぞれの位置と首脳の立ち位置が逆になった」

どういうことかというと、最初想定した立ち位置(上座と下座)とは逆に、上座を韓国のイミョンバク大統領が日本の麻生首相に譲ったというのである。

韓国語の訳なのでよくわからないのだけど首脳が二人で並んで会見するときは「向かって左側が上座、右側が下座」で普通就任期間が長い方が上座に着くんだそうな。なので向かって左側に韓国国旗がおかれたのだが、イミョンバク大統領が上座を辞退したのだと。


今回の首脳会談の力関係を如実に表すという面もあり、さすが会社社長出身の大統領、商売時は逃がさないという感じもしました。プライドよりも実利を取りにいくというのは大事な判断かなあとも思います。プライドでは飯は食えないものね。

絶食ダイエットその2

けんかした。(原因は僕にあるんだが)

食欲がなくなったせいで雑炊半分だけの夕食。

今朝体重計に乗ってみたら、「リバウンド分」が消えて88.1キロの表示。
このままなら目標の月末87キロも何とかなりそうだ。


けんかするほうがやせるのか?・・・。
体脂肪率も下がっているから、筋肉はついているようだし。やっぱり運動(歩いてます)が一番なんだろうけどなあ。

え?体脂肪率?

内緒。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話は変わるけど、昨日フェンシングの銀メダリストさんが一般の人から質問を受けてた。

「マッチョになるには?」と問われ「ウイダーを飲んでください」

テレビを見ていて、一瞬「そうか!」と思ったけどこの人森永に就職したのねw

普段奥様に向かって「TVとかネットに簡単に影響されるんだから」
と馬鹿にする僕ですが、僕も影響されやすいのかもしれません・・。

死刑を廃止すると。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、「死刑執行を10年以上停止している国」について「事実上の死刑廃止国」と定めている。実はお隣韓国は11年以上死刑の執行を停止しており、この基準を満たした事実上の死刑廃止国にあたる。

よく知られているように、韓国の六法は旧日本の支配にあった関係上や、戦後も日本の司法制度を参考にしてきたことから、日本のそれと非常に近い面が大きかった。当然、死刑制度も日本と同じように存在する。

しかし、先々代の金大中大統領は非常に熱心なキリスト教徒であるという信教上の理由と、自らは軍事政権によって政治犯として死刑判決を受けた経験から一切の死刑執行を停止した。
また、先代のノムヒョン大統領も左派系の弁護士出身ということで死刑廃止的な立場から執行停止政策を受け継いだ。
いまのイミョンバク大統領も「死刑廃止」論者ではないが、さし当たって死刑執行を再開する意思はないようだ。また、韓国人で国連事務総長に就任した潘基文(バンギムン)事務総長も死刑廃止を求める国連決議を推進する立場にあり、「死刑廃止」を公式の意見としている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてこんな韓国ですがひとつの数字が報道されて少し話題になっています。
死刑執行停止以降、10年間で殺人事件の逮捕者が1.3倍になったんだそうです。
もちろん、経済情勢の悪化とか、外国人犯罪の増加、社会情勢の変化等々死刑の執行停止だけにその理由を求めるのは無理があります。
しかし韓国でも時折発生する大量殺人の犯人がイツもイツも話すように、自分が受けた傷を他人に与えたかった、という話を聞くとそこには「死刑がないことの気楽さ」を感じずにはいられないのは僕だけでしょうか?

なかなか難しい問題ではあるとは思うんですけどね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみに韓国での人口当たりの年間殺人発生率はアメリカ並みか、これを上回ります。
最近は年にも寄りますので一概には言えませんが日本の5倍から10倍程度といったところでしょうか。

サムソン電子、どこで買うか?

http://investing.businessweek.com/research/stocks/snapshot/snapshot.asp?symbol=SAME_pq.F
株価、これ、ウォン建てのサムソン電子の株価です。ドル換算、あるいは円換算したらもっともっとひどいことになるでしょう。きれいなきれいな放物線です。

半導体市場や、北米のテレビ市場の崩壊予測?新興市場での携帯不振予測などサムソン電子を取り巻く状況は不透明を極めます。本来なら歓迎すべき円高ウォン安もここまで急速だと好材料視することは難しいかもしれません。さらには「カリスマ経営者」の引退はサムソンの神話の終わりかもしれません。


しかし・・。

たとえ現代グループがなくなったとしてもサムソン電子がなくなることは考えずらいと思うのです。おそらく、ウォンが大きく切り返すころ、サムソン電子の株価も大きく切り返すのではないかと考えています。


日本から韓国株を買うにはとりあえず藍沢証券くらいですかね。
まだ下落の糊代はあるかもしれませんが、リスクは大きいものの為替差益と株価の値上がりを同時に狙えるという面で、年内にも大きなチャンスがあるんじゃあないかなあ?と考えています。

全力勝負する対象ではないですが、興味をもたれた方は研究してみてはいかがでしょうか。

いまさらだけどソニーの決算

ああ為替の見通しが、ユーロもドルもすげー大アマに見てるんだね。
このままの為替なら、さらに下方修正は必至になってるのか。。。。
ウォン安でLCDパネルがお買い得で調達できるとしてもちょっとつらいなあ。

逆にウオン安ということで韓国資産の評価損はどこで発生するのかも気になるな。

2000円割れは買えるとも思うけどね
「つぶれさえしなきゃ」ソニーは強くなったと思うよ。15年前より。

2008年10月24日金曜日

任せてられない

今回の妊婦さんの死亡事故、厚生労働大臣は「現状を把握し」。。。なんて言ってる。


ひょっとして今まで現状把握してなかったんかい!!!(怒


僕も何度か産婦人科の脇を通るのだが、我が家が利用している順天堂の浦安病院でさえ、産婦人科の先生が不足している(受診に制限がある)。
もし、どんな馬鹿でも、ネットを開けば、今の問題点を批判しているブログなんて星の数ほどある。まして大臣なら、足を運んでもっと状況を知っておくことができただろう。いままで知らなかった?



医者の数を減らしたのは政府の施策。その責任を都に押し付けるかのような今回の発言は正直納得できない。今回に限っては、石原都知事の肩を持ちたい。


将来的には、医学部以外の出身者に医師免許の受験資格を与えるとか、そういうアクロバティックな政策も必要になってくるのかもしれないですね

うにゃあ金まだ下がるのか

予想外れた。とまるところまで下がるんだね。これ。
リバウンドしてから下がると思ったんだけどなあ

ドル円は

まだまだ円買いに分があるね。100円がらみで円がいした人なら、半分りぐうなりして、残り半分値幅狙いで持越ししてもいいんではないだろうか。2円幅くらいでストップオーダーおけばよろし。

ウォン急落に思う。ここはウォン買いの場を探すところかな?と

かざかがウォンの取引を停止していることもあるし、事実上取引無用のウォン相場。

でも、ギャンブル覚悟なら、どっかでウォン買いに出るのはかなり妙味があると考えてる。
サムソン研究所が指摘しているように、10-12月期は原油価格の下落もあるし国際収支の黒字転換は十分に考えられるところ。ドルの流動性問題が緩和されれば(劇的でなくてもいい。少しでも緩和されてコリアプレミアムが軽減されれば)一気にウォンが戻る可能性だって十分あるかと。みんな今ウォン買うやつなんていないから需給は劇的に改善する可能性があるから。

ハイエナさんたちは「往復で」お金をむしりとることを考えていると思うのだ。

実際問題、前回の為替急落のときも戻りはかなり急激だったからね。

若築建設

特に大きく売られる感じもないね。経営不振というのは単なるうわさだったかな?

週末、月曜日はごとうび(25日は土曜日だから)で月末の支払いがある、とかの連想でそういううわさが流れたのかなあ。
まあ触らぬ神にたたりなしですね

ブログの集客力

日記ページをグーグル傘下のBloggerに移したのだが、びっくりしたことがひとつある。

今までとやっていることは同じなのに、アクセスが伸びたのだ。
もちろん、相場が動いているから、アクセス頻度が伸びるのはわかるのだが、ユニークユーザー数の増加(要するに一見さんの増加)がここ数日顕著。おそらく、グーグルのロボットが僕のホームページを拾ったのだろう。検索エンジン経由で、ブログを訪れてくれる人がここ数日1日に100人近くいる。これは今までのジオシティーズ時代にはなかったなあ。

「ブログである」ことの効果とグーグルの「集客力」には改めて恐れ入りました。
一日、100人の新規客をHPに集めようと思ったら広告費に換算すれば結構なものですぜ。年間にすれば何万円かの価値があると思う。
問題はこういうありがたいお客さんをリピーターにできるかどうか何でしょうけれど。

週末か 15時30分に注目、なのかなあ。

奥様からメールあって、〇〇建設が経営不振らしい(ソフトにいってみた)とか。1〇88かなあ。
30円台だし逆日歩高額だし、出来高少ないし(今売ったら逮捕ですぞ)とか逆に風説の流布か(あくまで経営不振ですから)とか考えないでもないけど、(間違っても空売りしたりしないように)とりあえず、当たり前だけど超低位株には手をだしちゃあいけないよ。

売って逆日歩で死んでも、踏み上げられても、あるいは事情聴取されても僕は責任取れないからねw

2008年10月23日木曜日

sony大幅下方修正だけど

正直、え?赤字じゃないのか?と思った。

関係者ではないけど、ウォッチャー筋からは「実質赤字転落でしょ」

ってな話を聞いていたから。
どうなんだろうね。

今日の韓国

韓国に、ノーベル賞の審査員が来ているそうです。朝鮮日報にインタビューが出てました。


その中で

記者「なんで日本人はバカスカ受賞するのに、韓国人は受賞できないのか?」



これ、普通の人ならなんだろう?と聞き逃すところです。
正確に翻訳しましょう

「何で日本人ばっかり受賞するんだよ。優秀なウリナラがまったく受賞できないのはおかしい。ノーベル委員会は人種的偏見があるのではないか。もしくは日本政府がロビー活動(賄賂)をだしてるんと違うのか?」


お答え。
「ノーベル賞は数十年前の業績が評価されることが多い。韓国はその時点で日本より遅れていたからではないか。ノーベル賞は一切の偏見がない。女性学者が受賞していないからといって業績が落ちる女性科学者をわざわざ選んだりはしない」


みもふたもないお答えでした。


韓国も、日本と比べることさえ忘れれば、もう少しよくなれると思うんですけどねえ。
肝心の努力(この場合は長年にわたる科学振興)をしないで、「われわれは優秀な民族なんだから日本に負けるのはおかしい。日本は経済力にまかせてズルしている」という発想を持つだけでは・・・。

気になって仕方がない

グーぐるの解析ツールを使うと、訪問した人が「どんなキーワード」を使ってじぶんのHPを検索したかがわかる。


どんなんだろうなあ?と思ってみていたら(キーワードについて知っていることを書くつもりだったのだが)

「アンリ・シャルパンティエ フィナンシェ 」

というワードで訪問した人がいる。


??????


そんな言葉を自分のHPで一回も使った記憶がないのだが。

サッカーのアンリとか、フィナンシャルとか言う言葉が引っかかったのかなあ??
そしてこの検索をかけた人は無事目的に達したのだろうか?
とても気になる。

新天地注
フィナンシェとは金塊型の焼き菓子。
フランス語で「金融家」・「金持ち」を意味する。形が金塊だから・・・。

アンリ・シャルパンティエっていうお店は知らないなあ。少し気になるのであった。

対外投資に対する、為替ヘッジの難しさ

下でちょこっと書いていて、わかりにくいかな?と思ったことがひとつ。

>5海外に対する投資に見合うヘッジ売りをドルに対してしていたのだが、対外証券の下落でオーバーヘッジ(ドルを売りすぎ)になってしまい、あわててドルを買っている。


これって、昔後輩にも説明したことがあるのだけどこういうこと。


たとえば今僕がアメリカで100ドルの株を買うとする。株は上がる自信があるんだけど、円高になる可能性も高いな、と考えたとする。円高になると、ドル建て株価が上がったとしても、円に変えるときに目減りしてしまう。
じゃあどうするか?単純に100ドル分ドルを売って円を買えばよい。

ぱっと見はこうだ。

しかしもし、100ドルで買った株が下がって80ドルになってしまったら?ヘッジすべきは80ドルなのだから20ドルについてはオーバーヘッジ(ドルの売りすぎ)なんである。20ドルについて余分にドルの変動リスクを負ってしまっていることになる。
すぐに、オーバーヘッジとなってしまった20ドル分について、円を売ってドルを買い戻す必要がある。そうでないと円安になれば、20ドル分について為替差損が余計に出てしまう。


韓国の対外投資がまさにこの状態なのだ。韓国は稼いだ外貨で対外投資を行った。しかし今まで継続的にウォン高が続いていたので対外投資に際してドル売りウォン買いの為替ヘッジを行ってきた。それが昨今の証券価格の下落で、為替ヘッジ分のドル売りがオーバーヘッジになってしまっているのだ。
これの解消のウォン売りドル買いもまた馬鹿にできないウェートをしめているみたいですね。

あるいはユーロ急落の背景にも同じような動きがあるのかもしれません。
ユーロはずっと継続してあげてきましたから。

さらに簡単に韓国ウォンの危機の背景

韓国ウォンの危機の背景

っていう日記を書いたら一日で200くらいアクセスきた。でもアクセス解析見るとみんな途中で読むのやめてどっかいってしまってるw。株やってるような人でないとわかり難い説明でしたか。

さらに簡単に書いてみる。

1金利の安さにつられて円で借金した韓国人たちが、今返済期がまとめてやってきて返済しなければいけないので円買いが殺到している。

2輸出企業が、何年も先の売上代金を、先物やオプションの形で先回りでドル売り、ウォン買いしてしまった。しかもその輸出の予約がキャンセルされる恐れまで出てきた(ドルを売りすぎてた)。なのでドルを買い戻さないといけない。

3石油高や輸出の不振、製造設備の輸入などで貿易赤字国に転落した。

4海外に対する債務が短期債務ばかりになってしまい、返済が集中している。

5海外に対する投資に見合うヘッジ売りをドルに対してしていたのだが、対外証券の下落でオーバーヘッジ(ドルを売りすぎ)になってしまい、あわててドルを買っている。

6韓国の外貨準備が、債券価格の下落などで目減りした。また無理に為替介入を行ったことで、さらに外貨準備が減ってしまった。

7日米中に助けてもらおうと思ったが、日本は竹島問題で喧嘩中で相手にせず。中国も、親米化した今の政府に不信感があり無視。アメリカ政府は自分のところが大変で、韓国まで手が回らなかった。
孤立無援とみられた韓国ウォンはみんなでボコボコにされた。

こんな感じです。

金はいったん買戻しかな

金、予想通りの下げ。720というのはぎゃんてきにきれいな数字でもあるし(360×2)いろいろ支持線もあるみたいなんで、作戦的にはいったん買戻しでよいでしょう。
株なんかよりもよっぽど素直な値動きでした。

セリーグCSは韓国シリーズ?

巨人VS中日のCS始まる。

新天地にて的には両軍にかって韓国リーグでプレイした選手が主力として活躍するのが興味深い。
ご存知のとおり、韓国野球は急速にレベルアップしている面があって、主力選手で言えば日本で活躍する選手もどんどん出てくるだろう。特に外国人選手で日本に来ても活躍する選手が出てきた。ウッズしかりグライジンガーしかり。


さて昨日は巨人がグライシンガー先発。中日戦を得意とする彼ですが、シーズン中からなぜか「イビョング」とウッズという韓国野球経験者にはめっぽう弱いのです。昨日も結果的にこの二人に打たれたホームランが勝敗に大きな影響を及ぼしました。韓国ではほとんど対戦がないはずですから、投球のどこかに韓国野球の癖とかあって、慣れられているのかもしれませんね。興味深いところです。


ちなみにグライシンガー、大のラーメン好きである一方、キムチは見るのも嫌いなんだそうです。
それで日本に来たのかは定かではありませんが。
さらには大学の専攻は「金融工学」。引退した暁には、投資家か実業家を目指すそうな。

2008年10月22日水曜日

確認

下値を再度抜く可能性は20%程度と考える(根拠なし)
こっからの下げは買い。ただし、再度安値を更新するようなら逃げるしかない。
戻りは売る。目先年内の上値は11000位を想定。この感じだと来週くらいにはもう少しあがると思うんだけど。


下がっても破産しないような買い方をすること。信用買いも信用売りもNGな場面としておこう。

二番手銘柄の連れ高を、と依然書いたけど、一番手が上がっていない状態に戻ったので、今は一番手銘柄狙いでいいだろう。借金の少ない銘柄のほうが安心かな。
前も書いたけど、鉄鋼と造船、海運だけは買わない。よかった分、回復がもっとも遅れるから。

ハイテクの取捨なんだけど。。。2年持てるなら買ってもいいんじゃないかなあ?小型よりも大型で。
僕は東芝推奨としておきます。

流動性のないような銘柄はよっぽど確信がないなら近づかないこと。



相場は柱を欲しているよね。これだ!と思ったら買いつくのもありかもしれない。
柱は「夢」のある銘柄よりもより現実感のある銘柄ということになるだろう。

なんだろうなあ。

ハンセンもか

さようなら(ToT)/~~~
下げきついなあ。

韓国株KOSPIはさらにひどいね

場中に1100ポイント割って引けは1134。5%を超える下げで年初来安値更新。値は戻したものの、市場筋によると、引け前に「公的資金」が300億円ほど、時価総額上位銘柄に的を絞って買いを入れたそうです。ここまであからさまなPKOも珍しいといいますか。当局公認の株価操作ですw

業種別では特に保険と建設は軒並み10%以上の下げ。
運送業とか鉄鋼、非鉄金属の下げもかなりきつい。7%くらいかな。PKOがなければもっと下げたでしょう。


相場解説ではアイスランド関係のサムライボンドディフォルトの恐れがユーロ急落と日本株の下げ、それが韓国市場で外人売りにつながったとか言ってるけど。。。それは言い訳にしか過ぎないような機がするなあ。


相次ぐ外資系証券会社の「韓国セル」の報告書ですが、今日はドイツ銀がアンダーパフフォームを出したそうです。後出しジャンケンもいいところですけどね

円高は進むね

こっちのほうは円高進行であってると思う。80円台を予想します。

つか、ユーロ128円台か。ひょっとして隠れファンさんは笑いが止まらない?

弱いなあ

確信があるなら、押し目買いを入れてみるところだけれど・・。

怖いなあ。でも怖いところほど儲かるともいうし。。
悩むところです。悩まない人がいれば弟子入りしたいです。

韓国ウォン急落(韓国の経済危機)の背景。

http://shintenchisintenchi.blogspot.com/2008/10/blog-post_7852.html#links
単純バージョンも用意しました↑。時間のない方はこちらをどうぞ。


最近、検索サイトを通じて訪問してくれる人が増えた。検索キーワードをみると韓国ウォンや韓国、経済危機と入力している人が多い。わざわざ来てくれた人のために、今一度僕なりになぜウォンが急落したのか書いておく。いずれも急落する前から、新天地にてで書いてあったお話。その意味では(複合要因ではあったが)起こるべくして起こった危機だ(過去ログ参照)。素人なんで細かい数字とかは書いてないけど、何が起こったかは大体わかってもらえると思う。

まず最初に韓国政府(前の大統領による)が「ウォン高」誘導(あるいは容認)を継続して行っていたこと。この時点では輸出も好調だったし、日本円のキャリートレード効果もあった。ウォンはじりじりと継続して何年にもわたって値を上げ続けた。金融緩和で土地や株の値段も上がった。(今にして思えば円キャリートレードのバブル効果もあったわけだが)まだ、ずっとウォンは上げ続けるのだと思った。前の危機から10年。人々は自分の国が脆弱であることを忘れたのだ。



この結果さまざまな事象が起こった。まず、「日本円」での借金が人気となった。日本円は金利が低い上、継続してウォン高が進むので返済すべき元本が減少する「夢の借金」に見えた。個人が小額の債務を負うだけでなく、不動産ローンや大型不動産投機、果ては中小企業の運転資金の領域でまで円建てローンが流行した。この借金のうち人気があったのは3年程度は利子の返済のみ、その後三年ほどかけて元本を分割返済するというものだったそうな。

さらに輸出企業は「輸出代金」のヘッジに乗り出す。普通、将来の輸出代金のヘッジといえば先物かオプションを使って、想定される代金の一部だけをヘッジする。100万円の輸出代金を想定すれば30万とか50万円分の先物を買ったり、コールオプションを購入する。
しかし継続してウォン高が進むと人々はどんどん楽観的になっていく。なんだ、こんなにオプションで儲かるならもっとウォンのコールオプションの量を増やそう!。かくして造船業界などは7兆円とも言われる今後数年先のバックオーダーまでフルヘッジしてしまう始末。さらにここに金融規制の緩和で悪魔が舞い降りた。「KIKO」(ノックインノックアウト)商品である。


簡単に言うとゼロコストオプションの一種。たとえば、輸出業者は将来的にウォンが値上がりが続くと考える。将来受け取る代金はドルなので、そのままでは将来的に為替で損をしてしまう。そんな場合、ドルウォンの間でウォンのコールオプションを買ってヘッジする。予想通りウォンが上がれば、コールオプションの値段も上がって儲かる(為替での損をカバーできる)。
しかし、このときコールオプションを買うのにお金がかかるのである。そこでコールを買うと同時に「プットオプションを売って」コールオプションの代金に当てる。これがゼロコストオプションの基本的な考え方。(話を簡単にするためにとても単純化して書いた)。これを銀行がパッケージした金融商品として何もわからない輸出企業に売りつけたのである。
一見「ただでコールオプションが手に入る」すばらしい商品のように見える。しかし、プットオプションを売るということは、ある一定の値段を超えてウォン安が起こると、突然巨額の支払い義務が発生するという商品だったのだ。
しかし、商品の買い手はそこまで詳しく説明されなかったり、「そんな急激なウォン安が発生するはずもない」と楽観的に考えた。あるいは「貸付の期限を延ばすから抱き合わせでKIKOを買え」と半ば銀行に脅されて購入させられた客も合ったらしい。フルヘッジどころか、売り上げの何年分もKIKOを購入する「オーバーヘッジ」企業さえあった。こうなると完全にギャンブルである。

さらにウォン高が進んだことで海外旅行などで経常黒字が急減し赤字に転落した。また韓国は輸出で稼ぐ国だがひとつ「致命的」な欠点がある。製造設備や主要部品、材料などの製造技術で日本などに劣る。また原油依存率も高いのでそれらをすべて輸入に頼っている。輸入しなければ、輸出ができないのだ。結果として日本や中東向けに史上最大級の貿易赤字を積み上げることになった。

こうして、韓国という国はからからに乾き、そこにガソリンがまかれたような状態になる。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして新しい大統領が誕生する。イミョンバク大統領だ。彼は現代建設社長を務めた経済人で、経済に強いことを売りに当選した。彼が考えたのは「ウォン安誘導で輸出増進」「前政権の外交政策を改めて対米接近、経済政策も米国依存」だった。これが今年の初めのお話・・。


しかしそうこうする内に経済は動いていた。大統領交代でじりじりウォン安が進み輸出ドライブは成功するかと思われた。ところがサブプライムローン問題の悪化などで欧米景気が不透明になっていく。「韓国の輸出って大丈夫なんか?」という見方が広がっていくのである。加えて原油や鉄鉱等の高騰などが対外収支の赤字定着を決定ずけた。まだこの段階ではウォン暴落はなさそうだったのだが、続いて起こった事件で韓国は自分で自分の死刑執行証にサインしたように思う。(ここからは僕の個人的見解。でも同じことを思った人は必ずいると思う)


いわゆる「竹島」騒動である。韓国は駐日大使を引き上げ、国際社会で声高に日本を非難するなど、日本のプライドを大きく傷つけた。投資家からみて「ああ、日本はここまで馬鹿にされた韓国の面倒を見ることはないな」と確信させるに十分だったのである。
また、中国もミョンバク大統領の「中国軽視」に不満を持った。対米重視路線に舵を切ったのだからアメリカに面倒見てもらえよ、と思ったことは想像に難くない・。さらには韓国は中国に対して行儀の悪いことを続けてきた。留学生に対する差別的扱いや、中国進出企業の悪行、とどめはオリンピックに絡んだ騒動である。中国の対韓国感情は最悪に達した(個人的見解終わり)これが8月のお話。


そして運命の9月を迎える。

そこに「9月危機説」が流れる。韓国が抱える対外債務の返済が9月に集中したんである。
債務というのは全体で見れば短期中期長期とバランスよく借りなければいけない。短期だけになると一時に返済期が来てしまい、お金をいっぺんに返すのが困難になる場合がある。よく知られるロシア危機もそうだ。

もちろん普段ならロールオーバー(借り換え)が進んでなんともなく通過しただろう。しかし、時期が悪かった。ご存知のとおり、9月以降アメリカやヨーロッパなどで金融機関の不振破綻が相次いだ。「ドル不足」が発生するのである。「資金回帰」や「アンワインド(巻き戻し)」という動きが顕在化する。つまり、今までドルをウォンに変えて投資してきた人間が、あわててウォンや韓国株を売ってドルに戻す動きに出た。一番安心できるのは手元の現金という心理、行動である。

9月危機という言葉が独り歩きを始めた。少しの売りが売りを呼ぶ。疑心暗鬼だ。
一種のパニック売りが始まる。これに対して韓国政府は外貨準備を背景に「ドル売り、ウォン買い」の為替介入を大規模に行って対抗。これで一時的にせよウォン暴落は防げたかに思えた。
しかし、大規模介入が明らかになるにつれて「それだけ大規模に介入しても、これだけしかウォンは戻らないのか」という見方が逆に広がっていく。韓国政府も無限にドル売り介入ができるわけではない。このままなら早晩、介入のためのドルが尽きるな、と。


大体、通貨の変動を一国の介入だけでとめるのは難しいのだ。自国の通貨が高くなるのを止めるのでも難しい(高くなるのを止めるのは、自分でお金をどんどん発行すればよい)のに安くなるのを止めるのはなおさらだ。(相手の国の紙幣を増やすわけにはいけないから)。もしもこの時点でアメリカや日本、中国の通貨当局が協力して「ウォン安に歯止めをかける」体制を作るとかいえばまだ状況はましだったかもしれない。中国や日本の外貨準備は韓国とは桁が違う。これが担保になるのであれば話は違っただろう。
しかし、韓国はその前に日本や中国に「喧嘩を売って」しまっていた。韓国大統領は「一人で勝手に」日中韓で協力して経済危機を乗り切ろう!とか言い出したが誰にも相手にされないのは当然であった・・・。
アドバルーンを上げれば上げるほど「ああ、そんなに苦しいんだな」という見方が増えていく。

かくして韓国が孤立無援で、もうすぐ弾切れと見られてからは早かった。下げが下げを呼ぶ。
日本円で借金をしていた人たちは、どんどん借金の額が膨らんでいく。あわてて日本円を買わないとさらに損が増える。KIKOという商品を買わされていた人も驚いた。このまま行くとびっくりするような損が出る。それを止めるにはドルを買うしかない。オーバーヘッジしていた人間も同じだ。損が雪だるま式に増えていくので再度ヘッジの量を減らすためにウォンを売る。

悪いことは重なる。韓国政府は外貨準備をアメリカの債券で運用していたのだがこれが経済混乱で値下がりしたのでは?という見方が増える。つまり、頼みの外貨準備が「減った」と観測されたのである。
またたとえば造船業界は「7兆円のバックオーダーがある」と強弁したけれど、海運市況の暴落で、今後キャンセルが相次ぐのでは?という見方も出た。もうすでにバックオーダーを当てにしてドルを借りているのに・・・。

もはや韓国政府が介入のドル売りを入れても「待ってました」と買い向かわれる始末。かくして記録的なウォンの暴落が起こったというわけなのです。
終わり。

質問等あればゲストブックのほうにどうぞ。わかる範囲でお答えしますです

ディアマンテに乗る

今日は奥様と一緒に近所のパスタやで夕ご飯。

生パスタはやっぱりおいひい。ピザまで食べておなかいっぱいとなりました。


で、帰りは僕が運転させてもらうことに。ついにディア君初運転です。
キーを差し込んでからシートベルトを締めようとすると・・・しまらない。
キーを挿すとプリテンショナーがかかるのかな。キーをはずすとあっさりシートベルトがかかりました。
さてエンジンをかけると「うぃーん」という音とともにハンドルが下がる!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なにせ今まで高級車と呼ばれるものを運転したことがないのですべてが新鮮w
エンジンをふかしながら曲がろうとするとトルクステアを感じる。これはFFだからしょうがないですね。
それとハードトップというだけあって天井がメチャ低い。いままでがRVだっただけに余計にそう感じます。

運転してみても印象は「おお高級車」静かに走り、滑らかな乗車感。アクセルを踏めばびっくりするくらい前に出ます。
ただし、ブレーキのリニア感がないなあ。この辺は設計が古い車という感じが出てしまいます。
あと大きいのでおっかなびっくり。近所のマツキヨが込んでいるときは行きたくないw
駐車するのに5分はかかりそうだ。ってか5分でとめられるのだろうか・・・。

本皮の内装、いろんな部分の自動化オプション、ホイールにタイヤ、その他もろもろお金掛かってるなー、と。
下手すると自分のとおちゃんが乗っているクラウンよりも高い車かもしれない。
なのにただでもらって乗っている自分に少し罪悪感を感じる今日この頃であった。

もう少し扱いやすいと尚いいんだけどね。

2008年10月21日火曜日

金が快調に下げていく

ゴールドの下げもきついね。

みんなが下がるしかない環境で、最後まで下げなかった銘柄。
当然、最後には下げなきゃあならんのだ。


確定された未来。こういうところで安全に儲けたいよね。

その他金融,大手不動産だったか・・・

オリックスとかなかなか派手な動き。地所なんかも迫力あったね。

金融危機ということでこの辺は売られすぎてたんやなあ。値ごろの買いとショートカバーの買いが互いに値を吊り上げるような商いだった。
日ばかりするならこういうところで上手く立ち回らなきゃあいけないんだけど。
デイトレーダーなら、この辺の銘柄群の今日の日中足をじっくり見ておく価値があるでしょうね。

ちょっと板が薄いから怖いのは怖いのだけれど。

韓国ウォン出来高急減の裏で

数日前にも書いたけど、韓国の為替市場の出来高が急減している。

なんでかな~と思ってたんやけど、今日韓国のマネートゥデイに記事が出てました。

「銀行の自己売買取引」が急減してるからなんだそうです。



というのも、乱高下が起こってから、韓国政府はスケープゴート探しを始めました。ひとつは「ドルを抱え込んで市場に放出しない輸出企業」二つ目は違法にドルを送金しようとする個人、最後が投機を目的に大口売買を繰り返す銀行、というわけだったのです。

輸出企業に対してはすでに偉い人を青瓦台に呼びつけて手持ちドルを売らせる圧力行使を慣行。違法送金に対しては取り締まり強化を期間限定で行っています。最後に、銀行に対しては、毎日自己売買のレコードを当局に提出するように命じたのです。

事実上、ディーラー個人個人の取引規模までわかるような報告体制となったため、「いけにえになりたくない」ディーラーたちは自然と手を控えます。それが流動性の低下を招き更なる出来高減少につながったというわけ。市場参加者の間では人為的な出来高の現象がかえって毎日の値動きを増大させているという批判も聞こえるのですが、「いけにえ探し」の前には大きな声にはならないようです。

できるなら、日本の中の人には他山の石としてほしいですね。「ああ、うちもやろう」とか言わない様に。

ディアマンテがやってきた。

奥様のお父さんが「プリウス」を買った。なにせ車が好きな義父なので愛車はベンツの6リッタークーペだったりするのだが、普段の足車はディアマンテも使っていた。。が、このご時勢なので燃費のいいプリウスに乗り換えることにしたんだそうな。

ディアマンテは生産最終型でまだ3年しか乗ってないやつ。我が家は10年車検の小型RV使用。
というわけで(何が)お父さんが僕にこういってくれた。「ディアマンテ乗るか?大きいけどな」
完全タダでもらってしまいました。

燃料満タンだった我が家の車。今日ついに燃料が切れたため、代わりについにディアマンテ君(通称ディア君)が我が家にやってきました。彼女が職場から連れてきたディアマンテ。今までと同じ車庫に入ったのですが「大きい」な~。排気量こそ2.5リッターですがそこは「高級車」、車の大きさは周りの車をも圧倒できます。しかもオプション満載です。タイヤもホイールも大きくてかっこいいなこれ。
明らかに我が家には分不相応ですはw。腐っても(いや腐ってないけど、三菱だから)高い車。とにかくスゲー。

こんな大きくてパワーのある車、運転していけるんだろうか?別の意味で心配になった新天地さんでありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、「エコロジー」で車を乗り換えたお父さん。
でもうちで乗るんなら、トータル石油消費量は変わらないんじゃないかとw
ふと疑問にも思うのでした。

もっとも彼女いわく、燃費を気にする前にエアコンの設定温度考えたほうが良いんじゃないか?とか。

地球に優しくないらしい、お父さんでした。

2008年10月20日月曜日

このまま足場を固めてくれれば・・・。

日経平均は堅調。

僕は今でも20%くらいは新安値をとってくるのではないかとは思ってる。でもこのまま足場を固めてくれて、そのまま反転上昇してくれたほうが、みんなの精神衛生上は良いんだろうなあ、と思ったりする。
まあ、足場を固めてくれる可能性のほうが高いと思うんだけど。これだけ個人投資家が出てきたときってのは、そこになることが経験則上は多かったからね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、こういうときに気をつけなくてはいけないのは、つい「耳障りの良い情報だけ」を無意識のうちに選択してしまうことだ。僕もそうだし、僕の母親が特にそうなのだが、最近とんと株の話で電話が来ないw
下がってるときに僕に電話すると「まだ持ってるの?早く売りなよ」といわれるのがわかってるからだ^_^;
耳障りな意見は聞きたくないんやね。

人間、こういうときにはわらをもすがりたくなる。含み損が増えているときに聴きたい言葉は「大丈夫。持っていればすぐにでも上昇するって」なんである。どんな強い人間だって毎日毎日株が下がると、つい慰めの意見を採りたくなる。逆に本来なら正鵠を射ている意見でも「いや、聞きたくない」という風になる場合がある。客観的に冷静になれば正しい判断ができる場合でさえ、含み損が判断を鈍らせるんである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

逆に「恐怖感がピークに達する」と逆に理不尽な損きりに出る場合もある。これは最後の最後にまとまって出てくる。まさにセリングクライマックスが形成されるのはこの心理によるものなのだろうが、「いや、もうだめだ。こうなってしまうくらいなら早く売ったほうが良い」と皆がいっせいに思うんである。


個人的には無意味に持ち続けて損を拡大するよりは、まだ投げて最悪でも資産を守るほうが有意義だとは思う。しかし、やっぱり冷静に判断する努力だけは怠っちゃあいけないんだよな。
逆にこういう「冷静な判断ができなくなった人」に負けないことこそ、「新天地にて」が提唱する「上手くなるんじゃなくて、自分より下手な人に勝つ」投資だと思うんである。

韓国の下げがきついなあ

韓国株、持ち直したと思ったら下げきついな。

各社のアンダーパフォームに日中当局の突き放した発言。
身から出たさびとはいえ、実力以上にぼこぼこにされているのはちょっとかわいそうにはなってきた。
日中の態度はひとえに大統領の外交的態度が原因だと思うんだけどね。

日本から見れば、竹島問題であれだけの態度をとりながら危機になったら金を出せ、(韓国が倒れれば日本だってただでは済まないのはそのとおり。だからといってその話を前面に出して援助を迫られたら誰だって「勝手にすれば」と思うだろう)では動けない。
中国から見れば前の大統領が中国よりだっただけに政権交代で親米路線に舵を切ったのが面白くない。
ダメリカが不調だからまた中国に擦り寄るという態度がプライドを傷つけないはずがないのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ただし、日本が韓国をライバルとして考えるなら、敵失に乗じるべき時やろうね。
今助けても決して感謝されないのは前回のアジア危機で実証済み(IMFにさいして日本も金を貸したが、一言も感謝されないどころか、日本が貸し剥がしをしたからIMF危機になったという説が韓国では今も固く信じられている)だし、IMF危機で日本が助けたために、サムソン電子や現代自動車、現代造船、現代建設が復活して、日本企業が得ていた利益を代替でかっさらう様になって行った。ここで息の根を止めてしまえば、日本企業も少なからぬ痛みはあるだろうけれど、10年後、将来のパイの食べ手は減る。(もちろん韓国の穴埋めは中国インドも担うだろうから、韓国の利益すべてを奪うことはできないだろうけれど。

2008年10月19日日曜日

カメラ小僧

新天地さんは繊細です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
我が家のマンションは彼女の会社の職場に近い。なので、彼女の会社の従業員さんが一組住んでいる。
そこのガキ・・・子供さんが下で遊んでいるところと出くわすことがある。

昨日も呼び止められた。「あ、カメラ小僧だ!」


一度、社員の家族旅行に連れて行ってもらったときに写真を取り捲っていたので(写真日記参照。平家の庄に行く)社員の皆さんも「あいついったい何者?怪しいカメラマン?」と思ったようだ。そもそも普段も昼間っからぶらぶらしているしなあ。
で、そこの子はすっかり僕のことをカメラ小僧と呼ぶ。

そしてさらにいった。

「〇〇(会社の人)がカメラ小僧の悪口言ってたよ」

と言い残して去っていったのだw。子供のことだから他意はないんだろうけれど。
クリーンヒットにへこんだ新天地さんでありました。
子供ってこわいよなあw