2018年3月3日土曜日

F35Bを「買う」という意味と覚悟

F35Bを「買う」という話が出ています。新天地は此処に幾つかの意味を見出します。
株には直接関係ない話かもですが、それなりに面白い話です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
F35Bはもともと、アメリカ海兵隊やイギリス軍のために作られる機体です。F35のうち、短距離離陸と垂直着陸が出来るタイプの飛行機。アメリカやイギリスが使用してきたハリヤータイプの飛行機の後継機となる機種です。
メインエンジンを下向きに可変できるとともに、機体の前方及び左右から空気を噴出させる仕組みを持ちこれを電子制御することで実戦では短距離離陸と垂直着陸を行います。
垂直離陸も可能ですが、兵装が限られたり燃料の消費が増えることなどから実戦では行いません。

F35Bは「短い滑走路」での運用ができます。
あくまで短いけど整備された空港。それは必須条件です。
またアメリカの強襲揚陸艦(大型ヘリコプターで兵員を上陸させる船)に載せたり、イギリスなどの軽空母(4万トン程度までの空母)にのせて艦載機としての運用ができます。
アメリカの強襲揚陸艦、ワスプ級。大型ヘリや上陸艇を使って敵地に兵員を送り込む。全通甲板と呼ばれるう前後方向に繋がった甲板が特徴。ここにF35Bを載せることで固定翼機を離発着させ、支援を行う。

ちなみに、アメリカの正規原子力空母を1隻作るお値段で。強襲揚陸艦が6隻作れるとか。一部の軍事評論家に言わせれば、原子力空母を作るより、強襲揚陸艦を6隻作ってそれぞれにF35Bを12機のせて運用したほうが柔軟性にも優れ、攻撃力も増す、という主張もあるそうな。
F35Bは値段は高いけど、性能的にはF35Cと遜色ないというのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本政府がF35Bを買うことにするようです。

軍事マニアは「すわ、軽空母か」と言い出しますが、それはむしろ対外宣伝でしょう。いまのいずもを軽空母に転用すると「しゃみせん」してるだけで、仮想敵国には脅威です。口だけ介入ともいえますね。でも空母転用には莫大なお金とリソースが必要となります。現実的に難しい。

むしろF35Bの導入は「短い陸上の空港」の離発着を考えていると思います。

どういうことか?「沖縄などの主力空港が敵のミサイル攻撃で失われる」
ことまで政府が真面目にかんがえているということなんだと新天地は考えます。

でなければわざわざ割高になるF35Bを買う理由がない。
僕ら国民にその(本土にミサイルが飽和攻撃で飛んでくる)覚悟があるのか??
じつは考えさせられる兵器のチョイスだと考えます。

ダッチチャレンジャーで速度オーバー。そりゃバレるわなw

235km/hで高速道路走ってて捕まった奇特な方がいるそうだ。

で、やらかした時に乗ってた車が青のダッチ SRT8チャレンジャーという車

(犯行wに使われた車ではありません)

クライスラーのこの車自体はそこそこ日本でも見かけるが、200キロオーバーで走れるのはSRTという特別仕様。日本で言えばタイプRとかそういうやつですね。

クライスラーのブランド、ダッチといえばそれまでは「バイパー」がフラッグシップだったのだが、旧式化に伴い廃盤に。そこでバイパーに変わる「マッスルカー」の長点として作られたのがこのチャレンジャーの「特別仕様車」というわけ。

僕がしる最新モデルでは6.4リッターエンジンから470馬力を発生。パワーだけならちょっと前のフェラーリとかポルシェなんて子供扱いできます。しかも中古だと結構お安い(*^^*)/
2012年以降のモデルはかなり良くなっているそうなので・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
問題は、である。

こんなまともに輸入されてない車、悪いことすればすぐ足がつくんであるw

アメ車を扱ってる店に行って顧客名簿当たればナンバー外そうと何しようとかんたんに犯人はわかるwなぜそんな簡単なことが想像できないのか???

安いとは言え数百万円の車買うことが出来る財力がありながら。。。

木を隠すなら森の中。なのである
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕の知り合いに、浮気用の携帯電話は勿論、浮気用の車使うやつが居たw
日本に数百台位しかない彼の車だと(名誉のために車種は明かさないがw)目立つんだ。

後輩の車借りたりしてるんだって(かわりに自分の車貸してあげるのでむしろ喜ばれる)

そこまでして、とも思わないでもないが、その慎重さ?がかれの成功の秘訣の一旦なんだろうな、と思ったことはある。・・・。

見習おう。(なわけないかw

2018年3月2日金曜日

ジャベリンは第二のスティンガーになるか?

アメリカがウクライナに「ジャベリン」を供与へ。

一般の人には馴染みが薄い兵器だが、アメリカ製の対戦車ミサイルシステムだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
歩兵が持ち運んで使用する、可搬性のある対戦車ミサイル。室内から発射することも出来る隠密性の高さも備える。相手にとっては「見えにくい」兵器である。

この兵器の優れたところは「バカチョン」てきな性能の良さ。

兵士を連れてきて、メーカーの人がちょこっと講習しただけで、実践的な訓練での命中率は
実に95%にのぼったという。打ちっぱなしでいい(撃ったあと誘導しなくてもミサイルが敵を判断して自分で誘導する)ので、兵士は撃ちっぱなしで全力で逃げる。なので兵員もある程度気楽である。

対戦車ミサイルとして使う時は150mの高度を飛行。目標に近づくと相手の装甲が薄い上から目標に向かって突入。まずサブ火薬が炸裂し、相手の爆発装甲を無力化した後、メインの火薬が爆発、相手に致命的なダメージを与える。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
歩兵が使う兵器としてはかなり高額の兵器だが、もしもこれで戦車を破壊できたらお釣りが来(*^^*)。
(ロシアの主力戦車は一台5億円くらいする)

物の本によれば、アメリカ軍ではコンピュータシミュレーションで訓練を行うとともに、シュミレーションで好成績を上げた人間をこのミサイルの担当者にするそうな。

使用するのは「エリート歩兵」というわけ。

ウクライナには100発単位のミサイル、50台ほどの発射装置が販売される模様。
これでウクライナが敵地に攻め込むことは難しいが、敵(ロシア)にとってはかなり厄介な防御兵器であることは間違いない。

むかしアメリカ軍が歩兵用対空ミサイル「スティンガー」をアフガンゲリラに供与したためにソ連のヘリがバカスカ落とされ、撤退のきっかけにの一つになったことがある。
今度のジャベリンもこれ以上のロシアの進行を躊躇させる効果はあるかもね。

ただ、これをやられたロシアははらわた煮えくり返るかもですが

いまここ 21000円の攻防?中


いま10時回った所。日足。こうやってみると21000円のところで買いが入ってるのがわかる。
ただし4日前までのリバウンドがあんまりだったこともあって、21000を下に抜けていくリスクも考えながらの勝負になるだろう。しょうがない。



気分的には、21000円という大気圏の壁を背にしてガンダムに戦いを挑んだシャアのザク部隊を思い出す。

大気圏突入カプセル(コムサイ)への帰還に失敗し、燃え尽きていくシャアの部下のザク。
 
クラウン(シャアの部下)「少佐ー。助けてください。減速できません。シャア少佐、助けてください。」

となるのかはたまた。w
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
燃え尽きるクラウンに対して
シャアは独り言を言う

シャア「ク、クラウン。ザクには大気圏を突破する性能は無い。気の毒だが・・・。 しかしクラウン、無駄死にではないぞ。お前が連邦軍のモビルスーツを引き付けて置いてくれたおかげで撃破することができるのだ。」


がしかしガンダムには「大気圏突入能力」があって


無事大気圏を突破。クラウンは無駄死にしたのでしたw
(もっともホワイトベースはこの大気圏突入時の戦闘により、ジオンが当時支配していた地域に降りざるを得なくなり、物語は複雑に進んでいくことになります)

腕は必要で、腕でなんとかなることも多いんだが・・。

新天地の会社は運送屋さんです。建設現場に鋼材や建設機械を運ぶ仕事です。

ふつうのルート運送のトレーラーさんより、「腕」がいいです。なにせ工場と工場の運送では「ギリギリせまい」なんて場所が少ないからです。
事故られたら困るから、工場のトレーラールートはある程度余裕をもってつくられてます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
建設現場は違うことも多いのです。土地とか周囲の道路状況によっては本当にギリギリの道幅とか場所に車を入れなければいけません。幸い我が社は腕がいいのでたすかります 。
自信をもって「うちの車が入らなければ、他のどの会社も入らないよ」と言えるからです。

今日、たまたま、ある建設現場に機械を運ぶトレーラーがあり、その先導をしてきました。(ある種のトレーラーは先導車をつけた上で夜間しか走行できない)現場はすごく広いのですがなぜか「ゲートが狭い」いくらでも広く作れるのに・・・コストが掛かるからケチったのかなあ・・。

勿論、腕のいい運転手なのでギリギリ入りました。でも数回切り替えしたので後ろに車列を作っちゃいました。。

あんなに狭いと、いつかぶつけるよ。

第一にゲート設計した人間が「現場を知らない」
一度でもトレーラーが出入りした現場を見た人間ならあんなに狭いゲートにはしないでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マージンを残すにはカネがかかる。それは仕方ない。
それにしたって、あれをゼネコンが全社的にやれば一定以上の確率で事故は起こると断言する。うち以上の腕の運転手ってそうは居ない。入れないとか事故をおこす。。

そしたら結局お金もかかるし、事故も起こる。ほんまつてんとうだとおもうんだけどね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
建設現場もその他もみんな同じ話だと思うんだけどね。

2018年2月27日火曜日

オイルダンパーだけはかわらない(んじゃないかな)

電動自動車になっていくだろう。エンジンは消えていく。
カーボンが増えるかも。金属の使用は減るかもしれない

しかし、おそらく(絶対とは言い切れないがw)タイヤは残るし、サスペンションも残るだろう。
逆に言えば、ここは改良する製品を投入していくしか差別化はできない。

しかし差別化は出来ると信じる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いままで、日系メーカーはカヤバなどの国内系の部品メーカーのダンパーを頑なに使ってきた。
国内メーカーのダンパーは「耐久性に優れる」さらに生産に際してはワガママが通りやすい。けい列のしがらみもあった。

しかしながら、性能という面では海外製品に一日の長がある。
ドイツ車や高性能オプションではドイツ系などの製品が使われる。高らかに「カヤバ製」とか歌われることはない。

ようやくここ数年で流れは変わりつつある
本田などが系列のシガラミをこえてザックスを使ってきたり、あるいは86のオプションはザックスだったり。逆に言えばカヤバなどの国内部品メーカーはこのままでは先行き怪しい。
国内部品メーカーだけに頼るなら、自動車メーカーだって苦しくなっていくだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここに来て、国内部品メーカーも危機感を感じたか高性能のダンパーの開発にではじめた。86(直近のマイナーチェンジ後)用のダンパーなどはそこそこ評判がいい。問題は時間が待ってくれるかだろう。自動車メーカーには世界中に選択肢がある。

トヨタやスバルが「おお」という乗り心地の車を出しだしたのがここ数年。それはダンパーの改良もあったようだ。加えてトヨタはレクサスが先行して「構造用接着剤」を使用。点ではなく線や面でくっつけることで数字以上に「堅牢」な車体を作ることで乗り心地やハンドリングを向上させてきている。(構造用接着剤を使っても数字上は目に見えてネジレ剛性などが上がるわけではないそうな。しかし実際に乗ってみるとあら不思議。全然別の乗りご事になるというからよくわからないw)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こっから本題。
三菱自動車は今春アウトランダーのマイナーチェンジを行うとともにエクリプスクロスを発売。この2車種、どうやらサスペンションに力を入れ、さらに構造用接着剤を使ってきた。
そしてその試乗会はかなり評判がいい。

マツダがスカイアクティブを出したり、スバルが先代モデルあたりから評判がぐっと上がって、さらに後追いで株価が上昇していった流れを想起させる。

また、三菱が示したのはたとえ電動モーター(PHEV)であってもエンジン時代に確立した駆動制御が使えるし、それを「楽しい」車として使えること。制御自体は電子制御なんでプログラムやノウハウとして使えるってことね。

ようやく良かった頃の三菱自動車が帰ってきた。そんなことが試乗会の様子から伺えます。
ゴーン効果かもね。

四季報やアナリストリポートだけを見て売買している人にはこの「大きな動き」は見えてないと思う。でもこの話、かなり大きな株価材料だと思います。
例えるなら、目一杯アクセル踏んだくらいの出来事かと。
侮るなかれ。

225はセオリー通りの戻りを試す。どこまで戻るのか?新値更新はしないと読むけど。。

225週足
 
非常にわかりやすい下ヒゲを書いて(当然、下ヒゲは下値での買いを示す)反発に転じた。短期的に見れば売られすぎたという後講釈になる。
売り方の買い戻しや値頃感からの書いで相場は戻るのだ。
 
 
 
 

日足で見ると上値下値を切り上げて「戻ってる途中というのを更に示す。
しかしながら「出来高が少ない」んだ。
出来高が少ない上昇ってことは買いが強いんではなく、ウリが少ない状態なんだな。
 
急落局面である程度のウリが出てしまったので、今はウリが少ないんだ、おそらく。その中を少ないエネルギーでリバウンドしている、そんな風景が見えてくる。

23000程度を超えてくるなら再度売りを考える。最悪、高値更新でロスカットすればいいのだ。
此処までは想定の範囲内。

高値更新してきたらごめんなさい。僕の今までの数十年の相場観が根本から間違ってるんだろう。
 
一応、直近に関して「ギャンテクニシャン」(自称)としてはこういうイメージで見てます)
 
当然、まず考えるのは去年の年末ずっと高値抵抗となった23000円はいまもかなり強い上値抵抗であり得ること。今年の高値から引いたギャンアングルは一個超えてきました。次のギャンアングルが本命の上値抵抗かなあと思ってみています。これが今週は23000円よりちょい下にある。
 
前回の急落時の出来高増加は値段が急落したことでとりあえず受給が均衡したことを示し、そこからの上昇局面で出来高が増えないことは「腰の座った買いであげているわけではない」(少なくとも今は。今週後半以降出来高がバカスカできて上昇するなら少し考え直すことになる)ことを示すと思います
 
狼が来たぞーな感じはしますが、やっぱり、長いスパンで見た時にウリ局面であると僕は勝手に信じています。
ただし、慌てて売ることはないかなと。いや慌てて売って目先の上げで踏み上げ食らう馬鹿なことだけは避けなければいけない。経験則から行けばあと2週間から4週間位は持ち合いや上昇が続くだろうと。
もしこっから急落したとしても、おそらく4週間で止まって再度そっから数週間の戻りがあるはず。
「2番天井確認」して売りポジを固めたい。新天地の頭の中はそんなのでいっぱいですw