2017年8月9日水曜日

ボート競技、しつこく

もうすぐオリンピック!ボート競技ウンチクがつづく。
 
競技用の船を「シェル」と言います。ボートの競技にはおもに二系統あります。漕手が左右2本のオールを持つ「スカル」と漕手が一本だけオールを持つ「スィープ」競技です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
写真は「シングルスカル」
漕手は左右二本のオールを使うのがスカル競技の特徴。なおこのシングルスカルがボート競技唯一の1人種目です。ある意味ではもっとも乗るのが難しい船。普段はヤジロベイのようにオールを水面につけておかないと簡単に転覆します。横波が来てもコテンと。
新天地は十回以上転覆させてます。一日三回転覆させたことある。戸塚ヨットスクールのイメージw
(ふねは二つ以上の空気室で出来ていて、一箇所穴が空いても大丈夫。
浮き輪よろしくヒックリ返っても必ず浮きます。ただ、足を船に固定してるので船がひっくり返った時にパニックになると簡単に水死できます)
 
またオールは何かに接触すると簡単に折れてしまうのですが、そうなるとこうやって浮かんでいることさえ困難になります。
新天地はオールが外れてしまい、仲間の船に救助されたこともありましたねw
 
スカル競技は、オールの持ちて(ハンドルと言います)をクロスさせるように体に引き付けて漕ぐのですが、この時右手と左手がハンドルに挟まれる事があり、手の甲と親指が傷だらけになりますw新天地はグローブを使っていましたがそれでも絆創膏だらけだったですね。
 
オールを二本持つ船で、一人乗りは「シングルスカル」。二人乗りはダブルスカル。三人乗りはありません。じゃあ4人乗りは?クアドルプルと言います。スカル競技には舵手は乗りません。船尾側の漕手の靴が左右に振れる様になっていて、それが舵につながっていて微調整するのです。
 
なお、クアドルプル(4人が左右のオールを持つ)に舵手が乗った船がありますがこれはもともと練習(コーチング)に作られた船のようで、競技があるのは日本だけ。オリジナルです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
どっちかというと、スィープ競技(オールを一本づつもつ)のほうが一般的かなあ。
二人で漕ぐ「ペア」4人で漕ぐ「フォア」、そしてもっともスピードが出るボート競技の花形「エイト」です。よく「早慶レガッタ」といってテレビ中継するメインイベントがこの「エイト」です。
スイープ競技にはコックスといって舵を切る人間が乗る「舵付き」とコックスが乗らない「舵なし」があります。ただしエイトには「舵なし」種目はありません。
 
 
写真は「エイト」
必ずコックス(舵切り)がつきます。ボート競技の花形ですが、日本では大学や実業団レベルくらいしか船を持ってないと思います。
なにせ船が「長い」こんな大きな船を漕げる練習場所もないし。
船は高いし、そもそもそれだけ部員集められないしw
 
運送屋的な話をすると、エイトの全長は「17m」あります。
一番でかいトラックが全長12mです。
屋根がけと言って、運転席の上に乗せる積み方をしてもトラックの前後、2.5mずつはみ出します。12mを超えるから当然特殊車両の許可が必要ですし、トラックの長さを一割以上超えるから別途警察に制限外の積載許可が必要です。そもそもそんな長さで安全に走れるルートは極めて限られます。少なくとも高速道路は通行不可。じゃあ一般道走るとなって、曲がれる交差点は?
そしてこんなものw運んでくれる運送屋さんがそうそう簡単に見つかるとも思えません。
日本ではそうゆう事情で極めてむつかしい競技と言えるでしょうね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
よく、カヌー競技と間違われますが、カヌーはオールを船に固定しないのに対して、ボート競技はオールを必ず船に固定しなければなりません。またカヌーは複雑な川の流れを漕いでいきますが、ボートは平らな水面をひたすら漕ぐ競技です。
 
 
ルールでは船は水中翼船でも、潜水艦でもオッケー。ただし、オールを固定する部分(クラッチ)は動かしては行けないとなっています。それだけがくくり。
最先端の素材、まあカーボンです、の使用が一般的で、日本でもお金さえ出せばF1並のカーボンモノコックの船体、カーボンのアウトリガー(オールを固定する部分)、フルカーボンの一本物のオールがてにはいります。
 
漕ぎてが座っている椅子は前後に動きます。これによって脚力をオールに伝えることが出来る。漕ぐ時の船の推進力は9割がた足の力によるものです。
またオールを水面に上げて足を曲げて体を前に出すのですが、このときも慣性の法則が働いて船は加速します。船は人漕ぎの間に二回加速するんです。
 
船の断面は「半円」状になっています。これが一番船の水中表面積が小さくなるから。しかしそれは船がヒックリ返りやすいということでもあります。(船底がV字やU字の船は復元力と言って船自体が元に戻ろうとする力が働く。しかし抵抗が大きい)
船がこけないのはみんなが上手くバランスをとってるからなんです。素人さんだけで船に乗ったら、ほぼ100%裏返しになります。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なお、船を見て支点力点作用点を示せ、というと素人の人は「オールを固定するところを支点、オールの先を作用点、手が乗っているところを力点」と答えます。
 
でも違うんです。
 
オールの先が「支点」、オールの付け根が作用点、オール持ってるところが力点なんです。
 

オールの先(ブレードと言います)をしっかり水に差し込んで固定するイメージ。
素人はブレードで水を後ろにバシャっと押し出すように漕ぎますがそれは駄目。
すっとブレードをおろしたら。そこを固定するイメージでハンドルを引き、引き終わったらオールを静かに抜く。


ボートを漕ぐのはこんなイメージ。足を限界まで折り曲げ体を思いっきり前に出してオールを水に静かに差し込みます。オールの先(ブレード)を水に固定するイメージ。そしてまず足を伸ばし、続いて背筋で腰を引き最後に腕をぐっと引いてフィニッシュ。足腰腕をいっぺんに動かすと体のたわみでロスが出るので注意。特に腕は、最初はオール(ハンドル)に引っ掛けておくイメージ。最後のフィニッシュで力を入れで腕をたたむのです。
そして静かにオールを上げ速やかに一番最初に戻ります。
なお、この足を曲げて最初にもどる際に「足で船を前(自分側)に引き寄せる」のが結構重要。自分たちの体が前に進んでいるので足を曲げる時に「慣性」で前に進んでいる漕手に引き寄せられて船が前に進むのです(加速する)。みんなのタイミングがピッタリ一致してるとすごく船が進むのですが、バラバラだと船が「減速する」のが漕いでいてもわかります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これであなたもボート通なのですw
オリンピック、目指せメダル!!
 
 

バウの特権

相場が動かないんで、しつこくボートのお話。日本ではボート競技ということが多いですかね。英語では「ローイング」(ROWING)と言います。「漕ぐ」ですねw

新天地がメインで乗っていたのが漕手が一本ずつのオールを持ち、舵手がいる「舵付きフォア」という競技。(漕手が左右日本のオールを持つ船は「スカル」と呼ばれます)

新天地は「バウ」というポジションでした。船の進行方向で言うと一番前の漕手。ただし、ボートは漕ぎては後ろ向きに座るので、座る位置から言うと「一番後ろ」に座っているようになります。

(BOW,バウ、です船の船首のことをバウと言うんですね)

バウの反意語は船尾(せんび、Stern)じゃねーのか、と高校生の僕も突っ込んだのですが、一番船尾寄りの漕ぎてはストロークと呼ばれます
 
参考図
 
ちなみに船の進行方向右側をバウサイドと言います。進行方向左側がストロークサイド。
 
決まりはないのですが、ほぼ世界共通でバウの選手が進行方向右側のオールを担当するのでこちらがバウサイド。逆にストロークの選手が進行方向左側のオールを担当するのでそっちがストロークサイド。もちろん、誰がどっちのオールを使うのかはルールに書いてないので好きにしてよろし。
 
(実際、僕のチームは僕の漕ぐ力が弱く、進行方向右側に船が曲がっていってしまうので3番とストロークを入れ替えてオールを互い違いにしないことを検討したことがあります。
 
オールの配置を「右左右左」ではなく「右左左右」に替えようと。
こうするとバウサイド(右)のオールが船の船首と船尾に位置するため、ストロークサイド(左)より漕ぐ力が弱くてもまっすぐ走りやすいのです。。ボート超マニアック知識。
 
結局、漕ぐ力は弱くてもいいから体全体でもっと大きく漕げというフォーム改造でなんとかなったんですけど。指導者大事です)
 
 
 
 
 
 
なお上の絵ではコックス(舵を取る人。またこの人の指示で漕ぐピッチが決まる。船の頭脳)は一番後ろに乗っていますが、最新の船では、バウの前に体を潜り込ませて首だけ船の上に出すようなくう空気抵抗などを意識した設計になっている船も多いです。
 
参考写真
首だけ出てるのがコックス。競技レベルが高くなってくるとこういう船が一般的になります。コックスが寝そべって乗ることで重心が下がり船が安定すること。空気抵抗が減少する事を狙っているわけです。
 
 
僕らの船は昔ながらのコックスが一番後ろに座る船でした。コックスが後ろに座ることで空気抵抗は増えますが、コックスが漕手全員を目視することが出来る(練習中は漕手に注意できるし、試合中もフォームを注意出来る利点がある。コーチングする、ということを考えるとコックスは一番後ろに座らせておきたいけど、トップレベルはそういう段階ではないということね。また万一船がひっくり返った時の安全性を考えると体を船の中にすっぽり収める構造には怖さもあるよね)
 
 
前フリ終わり
 
この前も書きましたが、誰がどのポジションがいいのか?いろいろな要素があるんです。
コックスは体重が軽くて頭が良くてリーダーシップがある人がいいでしょう。これは簡単。
 
コックスの指示は「絶対」です。じゃないと、ばらんばらんに漕ぐことになるし、最悪転覆や衝突などの危険もあります。
 
(余談ですが、オリンピックのメダリストの最年少記録は確かボート競技だったと記憶しています。要するに体重の軽い子供を漕ぎてとして載せたんですな。いまはルールで体重50キロ以下の人はおもりを付けるとか色々あったような気がします)
 
漕ぎては右利きと左利き、同じ数居るのが理想。そしてバウ、と3番をバウサイドというのですが、オールをハンドリングするのが「右手」なんです。というのも船を漕ぐ時はオールを水面に直角にしますが、オールを水面に上げるときはオールを水面に水面に水平にしないと空気抵抗でげんそくしてしまいます 。オールと反対側の手首を返してオール面の向きを変えるのでバウサイドなら右利きが有利、ストロークサイドなら左手が有利なんですね。
 
この4人のりの船の場合、2番手3番手を「エンジンペア,,エンジンルーム」などと言ったりします。2番3番にはとにかく漕力のある人間を配置。2番手が左利き、3番手が右利きが理想ですかね。バウとストロークは彼らよりパワーが落ちる人間を配置。できればストロークは左利きが理想ですが、ストロークを指して「整調」という言い方をするくらい重要な役割があります。漕ぎてはみんな進行方向とは逆側を見て座っているのですが、その全員が前の人に合わせて漕いでいる状態。ストロークが安定して漕げれば、全員それを見て安定して漕げる、というわけ。重要なポジションです。
 
そして。。。当然バウはそれらに当てはまらないメンバーがw(僕です)あまりもんです。
 
(いや全世界のバウの皆様冗談です。草野球ではライトがあんまり上手でないけど、イチローがライトを守るように、ハイレベルの世界ではバウも当然重要です。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、そんな余り物?のバウには素晴らしい特権があります。「寝れる」んです(ただし、コックスが一番後ろに居る船に限るw)
 
船に一度乗ると2時間とか3時間とか乗りっぱなしのこともざらにあります。水は積んでるけどトイレにはいけないw(どうしてもの時は全員で船着き場に全力で漕ぐw)
 
なのでれんしゅ宇宙船の上で休憩ってときもあります。この時、バウは船に背中つけて仰向けに寝れるんですw「ダメだ寝る」って言ってwこれを発見した時、てんごくだとおもいましたね。プカプカ浮かびながら見上げる青い空、白い雲。いろんな競技があるけど、こんな風に空を見上げれる競技、他にないでしょ!!!
 
他の漕ぎても一応、仰向けに離れるけど、後ろの人の靴を固定する板に当たったりして完璧ではないんだよね
 
(船の上で全員寝てる風景、たまたま通りかかって見た人には異様な光景だったろうな~)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん、これ一人乗りのシングルスカルとかでも出来ます。
 
ただし、うっかり流されたり、他の船と衝突する可能性もあるので「見張りをするコックスが居ない」ふねでやるのは絶対オススメできませんw
 
ボート部に入ろうという皆さん、バウ、おすすめです。
 
(ただし、バウはやや濡れやすいという弱点もありますがw進行方向にむかって一番前に座ってますからね)

2017年8月7日月曜日

トヨタとマツダ提携

てなニュース流れた。

トヨタが、マツダを是としたのは、トヨタがアクセラにハイブリッドを提供した時。
なんでも、「アクセラハイブリッド」を試運転した開発陣は、「やべえ、これプリウス(先代)よりぜんぜんいい」「来週、役員たちが乗ったらすぐバレるな」と感じたそうな。

マツダはブレーキを改良して「回生ブレーキ」(モーターで運動エネルギーを電気に回収しながらブレーキをかける)と普通のブレーキの連携を見直してより自然にブレーキが掛かるようになったと。

直に報告を受けたトヨタの社長は直々に広島まで出向くとその出来を確認。
で、マツダとの提携拡大(最終的に相互出資)をすすめることにしたのだとか。

「マツダ恐るべし」と。それからトヨタはマツダを高く評価するようになっていく。いかにも「もっといい車」を標榜するトヨタらしいエピソードだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方で内燃機関に注力してきたマツダには電気駆動のノウハウがない。
当然これから莫大な投資を行うよりもトヨタと組んだほうが楽という判断は合理的だろう。トヨタとしても新しいパワーユニットの供給先が広がるほうがコストが下がる。
充電方式などでも仲間が多いほうが有利だからね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あたらしい工場をアメリカで作る。次期的に考えればそこで作られる車は電気自動車もしくはプラグインハイブリッド、あるいは燃料電池車だろう。これから両者は共同開発で新しいクルマを作っていくことになる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新聞などを見ていると「トヨタは電気自動車で出遅れた」と書かれることが多いけど、これは全く間違いだと思ってる。なぜならトヨタのハイブリッド車はモーターだけでも十分に走れる性能を持ってる。バッテリーさえ安定的に調達できればすぐに走り出せる。

それどころか、モーターを使ってブレーキをかけ、速度エネルギーを電池に回収する回生ブレーキのノウハウにかけてはすでにダントツの世界一。これができないBMWなんかと比べても一目瞭然だろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その上で。

電動車は今までのエンジン車の設計思想から離れた新しいデザインに変わっていく。
さらに新しい企業の参入によってコモデティ化が進んでいくだろう。

これが今後の企業の隆盛を極めていくんだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フロントにデカイエンジンを積んだFF車。これが今の主流。電気駆動の車も今のところフロントにエンジンのかわりにモーターを一個載せただけ。(リーフやミライがそう)これが従来世代の電気駆動。今後はインホイールモーターになっていく。当然シャーシの設計も大きく変わっていくだろう。コストや性能安全性など複雑な方程式の回答を持て目ていく戦いになる
これが「海図のない公開」ということになるんだろうね

投資家としてはくどいけれどここに企業の入れ替わりを見ていくことになるんだろうけれど。。

車内販売!

新天地は亀山というところに住んでいました。
一方、母方の田舎はそこから100キロ位離れた「紀伊長島」というところにあります。
(祖父は三重県の南部で林業で大成功をおさめた人でした)

年に2回お正月と夏休み、車で帰省することが多いのですが、何度も書いたように父は高校の仕事で居なくなることもママありました。そんな時は先に母と子供、あるいは子供だけで特急南紀にのって紀伊長島に向かったのです。

この時に、車内販売で松阪駅の駅弁「あらたけの牛肉弁当」を買うのが定番でした。
牛肉弁当、亡くなった祖父が好きなお弁当で、(小さい頃に亡くなってしまったのだが)祖父が亡くなってからは買ったお弁当をまず仏壇にお供えして、それから食べるというのが定番だったのです。

いまでも新幹線の車内販売で弁当を買うとその原体験が思い出されます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地、10年ぶりに特急南紀に乗って紀伊長島まで帰ります。祖母の葬儀の時以来です。
牛肉弁当、買ってお墓に供えようかとも思ったのですがなんと南紀は車内販売廃止されたとか。

根性で松阪駅のホームで降りて、弁当買って再度
乗り込むことは可能なのか?

検討中な新天地でありますた。車内販売、好きなのになあ。いまは駅の売店で済ます人が多いのだろうな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
松阪来たなら話の種に牛肉弁当おすすめ。
僕が生まれる前から続く三重を代表するお弁当です。
(亀山来たなら、世界で唯一と言われるお茶漬けの駅弁もありまっせ。来ないだろうけどw)

あこぎな話

今日は変わったタイトルにしてみました。高校時代のボートの話をしたんで、その続きの余談。


僕らが高校時代乗っていた「かじ付きフォア」という5人乗り(漕手4人に操舵手1人)の船は「あこぎ」という名前の船でした。もう一隻、スペアの船は「あこぎ2」。

OBたちが尽力して買ってくれたふねで当時でも一艘200万円はするかなり高額な船でありました。(これとは別に一本10万円のオールが4本必要です。別途艇庫や桟橋が必要なんですから贅沢なスポーツでしたね)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「あこぎ」って、変な名前だな、「アコギな商売するな」とかのあこぎ?とみんな言います。

半分合ってて、半分違います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
津には「阿漕が浦」と呼ばれる地名があるのです。
地名から名前をとって、船の名前が「あこぎ」と名付けたというわけ。高校のボート部の伝統で地名から船の名前をつけたんですな。
あこぎなレースをしたいとか言うわけではないんですw

一方。「アコギな商売をする」の「アコギ」も実はこの地名「阿漕ヶ浦」から来てるんです。


この阿漕ヶ浦と呼ばれる一帯の海は、「伊勢神宮に備える魚を取るための神聖な場所」として地区の取り決めで「お供えを捕る以外は一切殺生禁止」(禁漁区)とされたのです。

しかしながら「禁猟区」になれば逆にそこはものすごく魚や貝などが多く取れる場所になります。
取り決めを破ってこの禁猟区で漁をする輩も居たと言うことです。
ここから転じて決まりを守らずに自分だけ利益を得るような行為を「アコギなことをする」というようになったんだと言われています。。

難関のテストで「アコギなことをする」(カタカナを漢字にしなさい)と問題が出たら「阿漕」と書けるようにしておきましょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
古今和歌六帖(古今和歌集とは違う方)に

逢ふ事を阿漕の島にひく網のたび重ならば人も知りなむ


と読まれており、平安時代にも京都の貴族にも地名や殺生禁止の場所であることが知られていたことが伺えます
(和歌の新天地解釈。どんなにコソコソ逢瀬を重ねても、禁猟区である阿漕の島で何度も網を投げていれば人に知られてしまうように、逢瀬のこともいずれは人が知ることになるであろうよ)

ってなことで「あこぎなり」というような言葉が昔からあったみたいですね。

さらに後に「世阿弥?」が阿漕ヶ浦という話を書いて演じたことで全国にこの言い回しが広まっていったとされています。

(阿漕ヶ浦。ある旅の僧が阿漕を訪れると一人の老人と出会う。色んな話をするんだが、この老人は「このあたりは禁猟区。でもある漁師が決まりを破って魚をとってしまった。それがバレると回りに簀巻にされて海に沈められたことがあった。実はその霊が自分なのだ」と語り姿を消してしまった。)

もちろん、このお話は創作で、実際には禁漁を破って殺された漁師は居ないそうですけどね。。


あこぎな話、でした。