2017年5月13日土曜日

ミラーレスカメラが完全に一眼レフを追い落とすマイルストーン。ソニーのミラーレスカメラ、α9

ソニーのα9が話題です。今まで、報道やスポーツカメラマンのカメラは、ニコンやキャノンの「一眼レフ」カメラが主流でした。そこにソニーが「ミラーレスカメラ」で対決を挑んだからです。
世の中のニュースではそんなに大きく取り上げられていません。しかしこのモデルの登場は、一眼レフカメラに対する余命宣告だと僕は思います。
一眼レフカメラはあと10年しないうちに絶滅するんじゃないかな?その余命宣告をするモデルの登場だと新天地は思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一眼レフカメラが報道やスポーツのカメラで使われてきた理由。

それは様々なレンズを付け替えて使うことで広角や望遠撮影に対応できること。
そしてミラーボックスという仕組みで写真として記録されるそのままの画像がファインダーで確認出来ること。
写真は、肉眼で見る映像とは全く違います。レンズによって遠近感が全く変わる。一眼レフならレンズによって得られる画像を(ほぼ)リアルタイムに見ながら撮影出来るのです。
(某所から拝借。一眼レフの仕組み)

一眼レフカメラは、レンズが捉えた光(絵)をミラーで上に跳ね上げ、プリズムで上下反転させてファインダーに届けます。撮影者は常に写真に映るとおりの絵を見ながら(望遠であったり、広角であったり、ピントがどこにあるか、映像の明るい暗いなど)をリアルタイムで確認しながらシャッターを切ることが出来ます。
シャッターを押すと、一眼レフカメラはミラーを上に跳ね上げ(この間、ブラックアウトと言ってファインダーは真っ黒になります)光をC-MOS(昔ならフィルム)に露光させ、写真がとれるのです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さらにオートフォーカス一眼レフカメラではミラーボックスがあるために位相差式AFといいましてピントのズレを感知してピントを合わせるオートフォーカスが使えます。
従来のポケットカメラ式などのAFでは使えない方式。これによってうごきまわるものにピントを合わせる動体予測AFが使えたりくらいところでもピントを合わせたり出来るようになりました。

だからスポーツシーンや報道でオートフォーカス一眼レフが圧倒的シェアを握っていたのです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フイルム時代は「見たままを写す」(正確には写るままを見ながら撮影する、か)一眼レフしかありえませんでした。
しかし、デジタルカメラが「ミラーレス」という画期的な仕組みを生み出すことになります。
フィルム時代は、レンズが捉えた画像を目にするためには一眼レフ(ミラーボックス)を使うしかありませんでした。
しかし、フィルムのかわりにCCDやC-MOSを使えば、その撮像素子が記録している映像を、リアルタイム(にちかいタイムラグ)で電気的に液晶(あるいは最近では有機EL))画面や液晶ファインダーに出力することで、レンズが捉えた遠近感、ピントをそのまま確認しながら撮影出来ます。いわゆるミラーレスカメラです。

ミラーボックスを使わないとなると

1ミラーボックスを作る、開発する技術力や製造能力が不要になる。
2ミラーボックスがないことで軽量化、小型化出来る
3その分のコストは安くなる
4ミラーボックスがないことで交換レンズ後端を撮像素子に近づける事ができる(特に広角レンズでせっけいの自由度が上がる)。それによってレンズも小さく出来る余地がある。
5ミラーを跳ね上げることによる「ブラックアウト」がない

いいことづくめです。

しかしながら、デメリットもあるんです
1液晶(有機EL)ファインダーは高画素が進まないと画面が荒い
2液晶ファインダーは光学ファインダーに比べると「リアルタイム」性で劣る、タイムラグが有る
3位相差AFが使えない(ため今までオートフォーカスで負けてた)
4電池の消費が大きい。

これらのデメリットのせいで、いまだスポーツの世界や連射性、見たまま写すことを重視するプロカメラマンの間ではデジタル一眼レフが主流でした。大きくて重くてもミラーボックスと光学ファインダー、そしてオートフォーカス。これらが相まって生き残ってきたのです

例えば僕が知り合いに「子供の運動会を取るためのカメラって何がいいの?」と聞かれたら、イオスキス(初心者向けデジタル一眼レフカメラ)と答えます。
オートフォーカスが一番安定してると思うから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上前置き



ソニーが出してきたのが、新しいα9(Eマウント)というわけです。9はミノルタ以来、ハイエンドモデルに使われるエースナンバー。


大きく捉えて
1ミラーレスカメラのメリットを最大限に活かしている
2ミラーレスカメラの弱点が新しい高性能デバイスによってかなり改善されている
3そしてその多くにソニーが開発したデバイス(特に積層型C-MOS)がふんだんに使われている

そしてようするに「今まで一眼レフじゃないと駄目だった報道やスポーツ、その他もろもろの厳しい環境でミラーレスカメラを使ってね」という画期的な商品ということになります

これが画期的。一部では一眼レフカメラが出来ないことも可能にしました。これによって一眼レフを捨てるカメラマンが出てくるんじゃないか?かなりたくさん。そしておそらくこの技術は時間を伴って安いエントリーモデルのミラーレスカメラにもおりてくる。
「一眼レフカメラに対する余命宣告」と感じるのはそこなのです・

ファインダーのレスポンスや見え方の綺麗さは高解像度の有機ELや高性能の半導体、そしてソニー自慢の最高性能の積層型C-MOSで解決。
さらに積層型C-MOSは電気シャッターを使っても像が歪みません。(速度の遅いC-MOSで電気シャッターを使うと像が歪む)これによって、機械式シャッターのように音はしない。(舞台撮影などでものすごく有利)。画像がブラックアウトしない。(スポーツシーンとかで有利)

小型軽量。

さらにオートフォーカスも今までの一眼レフと違う方式を使いながら一眼レフ並の高性能さを実現。

もちろん、今までの光学ファインダーには100%かなわないかもですが、電子シャッターを使うことで1秒間に24枚の連写が可能(そしてその間ブラックアウトしない)など一眼レフでは出来ない芸当もあります。こうなると、「ミラーレスのが上」ということにもなっていくのかなと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
残念ながら、キャノンのEF300mmに匹敵するような高性能望遠レンズがまだαEマウントにはありません。しかしここまでの機種を投入したからには新しい望遠レンズも続々登場してくるでしょう。

東京オリンピックまであと3年。カメラの勢力図は大きく変わるんではないか???
α9の登場はカメラの歴史においてものすごく大きな転換点であると新天地は思うのです。

それはニコンやキャノンのカメラ部門の苦闘の始まりのような気もしますがいかに。
ニコンやキャノンは未だ軸足が一眼レフにある。ソニーに出遅れたと思うのです。



2017年5月12日金曜日

ムン・ジェインという人。アホなことを言い出すが馬鹿ではない

新天地は韓国ウォッチャーです。

韓国の政治家の生まれとかは、今はネットを介して翻訳ソフトを使えば割に簡単に調べられます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新しく大統領になったムン・ジェインは韓国でもやや特殊なルーツを持ちます。

彼の両親はもともと今の北朝鮮の生まれ。朝鮮戦争の動乱のさい、韓国側に渡ってきた脱北というか避難民なのです。
ものすごく貧しい中、彼のお母さんは卵の行商などを行って子供を育て大学まで出しました。
貧富の差や独裁への反発から学生運動に身を投じるようになったのも仕方ないことかもしれません。

学生運動で逮捕されるも、父親は落胆し、面会に来なかったそうな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デモ中に催涙弾で怪我をし、それを介抱してくれて奥さんと結婚したというのですから筋金入り。

民主化運動に参加して投獄され出所。すると今度は兵役で特殊部隊に編入されます。
除隊した直後、父親は心臓発作で急死してしまうのです。

父親に自分の成功を見せられなかったムン・ジェインは一念発起します。
当時は合格率3%と今より格段に難しかった韓国の司法試験に合格して裁判官になることを目指したのです。

結果、卒一で合格。するも当時の軍事政権の学生運動への弾圧は厳しく、学生運動経験者はまとめて拘束されると言う事態が起こります。ムン・ジェインはこれに引っかかり、合格発表は拘置所の中で知ったそうな。

更に司法修習は次席で終了。本来なら希望どおり裁判官になれる成績ですが、学生運動のせいで裁判官にも検事にもなれず。一般企業にも就職できないし、大学に残って研究者になることも出来ず。

後に大統領になる盧武鉉、ノムヒョンと協同で弁護士事務所を開くしかなかったんです。
時代が時代なら今頃最高裁判所か憲法裁判所、または最高検当たりではたらいていたかもですが・・・。

2017年5月11日木曜日

ソウルその3

パルパル道路から漢江を挟んでソウルの国会議事堂を見る。
ほんと、こうやって見ると黄砂の酷さがわかるね。本来雲一つない快晴のはずなんだ。

ソウル市庁舎斜めから見る。
なんで市庁舎(日本で言えば東京都庁)がこんなデザインなのかw
夏はクーラー代すごいだろうなw

タコのお店で頼んだタコのチヂミ。絶品でした

 

 

韓国でも屋台はあります。韓国らしい食べ物あり、最近ではとにかく鶏肉が流行りらしいです。

韓国といえばとにかくコーヒーチェーンが多い。
スタバはソウル市内にはいたるところにあるので、下手にスタバを目印にしたり待ち合わせ場所にすると迷うこと請け合いw

ソウル市庁を横から見る。
南大門といえば焼けちゃった南大門が有名ですし、南大門市場が知られます。でも地名としての南大門はかなり広くて、ソウル市庁とかホテルロッテとかも地名としては南大門なんですって。
たしかに標識を見ると英語でナンデモンって書いてある。

 

某所で移したカレンダー
日曜日が一番左に来る表記は完全に日本の植民地支配の名残。
5月3日は仏様の誕生日、5月5日は日本と同じでこどもの日だそうな。

ソウルで食べた朝ごはん。向こうの人は公務員も含めて、こういうところで朝ごはん食べて働く人も多いそう。あるいは会社抜け出して食べぬくるサラリーマンも。
キムチ等は食べ放題なのが韓国流。スープもおかわり自由です。これで700円位かな(観光客が増えたせいで値上がりしたとは義父の解説)

韓国の裏通り。ドアについてる青いのは、ドアバンした時に傷を防ぐ緩衝材。日本では全く見かけませんが韓国ではけっこうポピュラー。
そして面白い?のは韓国では裏通りでは路駐オッケー?なこと。日本と違ってコインパーキングなんて全くありません。取締りとか無いそうな。
(大通りはだめでっせ)

漢江。とにかく橋が多い。もしも北が攻めてきたら、韓国軍はこの橋をすべて落として防衛するとも言われますが・・・・

高層マンションが多いですね。地震がないから立てやすいとも。
(逆に言えば直下型自身が来たら、しゃれにならんけどなあ)

 

韓国らしい、と思ったのは畑。これ半分唐辛子ですなw

 

 

クリックで拡大
パルパル道路通過中に移した「聖水大橋」
なんじゃそれ、と思った人、かんこくまにあではないですね
この橋、この先の部分で大崩落したことがあります
(1994年。)
 
 
 
市場にて。日本ではもうこんな風景無くなっちゃったよなあ。
写真家のこころをくすぐる懐かしい風景です



白菜の山が韓国らしい。飲食店の人が買ってくんでしょうか。

卵、ようやく潤沢に
出回るようになったそう。前も書いたけど、韓国の鶏卵はカラが色付き。
日本のような「白い」卵にはほとんどお目にかかれません。
 

平昌オリンピックまであと280日(5月5日当時)

ソウル市庁から北に向かうと青瓦台。そして山が見えますね。山を超えていけば北朝鮮です。
1968年には実際に北朝鮮の特殊部隊がこの山を超えて青瓦台を攻撃しようとする事件があり、永らくこの裏山は民間人の立ち入りが禁止されてきました。2006年からは観光客の立ち入りが許されるようになっています。(ただし山の中では撮影禁止。実際には止められないけど、機関銃もった兵隊はそこかしこに歩いています)

ソウル市庁の北には東亜日報。今度の韓国の首相は東亜日報出身です。その向こうには韓国最大の書店も見えます。

大韓門。ここでは一日3回、衛兵交代式を見ることが出来ます。

時間になるとこうやってわらわら人が出てきて


交代の儀式を行います
これ、暗号の確認だそう。衛兵に化けて敵が混ざってたらまずいからでしょうね。

夏は大変だろうなあ。いや冬もか(冬は氷点下だからね)

 
 

インチョンは成田と同じく遠いです。
空港まではリムジンバスが速い。何故かと言うとソウル市内にはバス専用レーンが整備されてて渋滞に巻き込まれにくいから。
余談ですが、韓国では高速道路料金が馬鹿みたいに安い。
 
なんでか?日本みたいに否かに高速道路作らないから。基幹道路は安くてももとが取れるのです。日本より韓国が「優れている」面
 
ただし田舎に行くとびっくりするほど道路の質が悪い。歩道を歩くと「平面じゃあない」w
日本なら指名停止食らいそうなできの悪い道路が田舎では多い。手抜きというか「まあこんなもんでいいだろ」ってのが韓国の「コストのやすさ」かもしれませんね。
 
ソウル徒然、終わり。

ソウルにて2 徒然に

いわゆる88(パルパル)道路?かな、移動中。空がくすんでいるのは腕が悪いんじゃなくてw中国からの黄砂とPM2.5(見えないけど)。この時のソウルは結構空気汚かったそうな。
 

中国観光客が減った分、国内からの客の誘致と日本人誘致に力をいれてるそう。韓国も休日ということで結構賑わってました。

セブンイレブン。増えました。前回来たときはこんなにはなかった。ただ、土地が高いことなどもあってか、それぞれの店舗が売り場面積狭いなあ、という印象を受けましたね。

韓国にも出来た、猫カフェw。この辺の流行に敏感?なところはさすが韓国でしょうか。

屋台で買ったたい焼き。と言っても日本のたい焼きとにてるのは形だけ。大きさは小さめ、記事はパイ生地みたいな感じでサクサクです。中身もあんこではなくアップルソースとバナナソースでした。これ、でもすごく美味しいんだ。日本人でも受けると思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
 
韓国と言うと肉食なイメージですが、海鮮もあります。ソウル中心部にある海鮮のお店。ここはタコで有名なところです。現地の人がたくさん食べに来るお店ですが、観光客もちらほら。
 

鍋です。火をかける前。さて、タコまだ動いてますw

味は韓国なので結構辛い。唐辛子の粒みたいなの噛んじゃうと「ひー」って叫ぶことになります。

食べる前に、店員さんがハサミで切ってくれます

少しパターンを変えて野菜とタコの炒め。


これもハサミで細かく切って食べます。こっちのほうが辛いかな。

 

韓国では休日ということで、燈籠まつり。(5月3日は仏様誕生日で韓国は休日です)
ここはもともと高速道路だったのですが、川にして市民の憩いの場に戻したところ。たくさん人手がでてました。

 
 

 
 

やはり流行をおいましょう、ということで今話題の「冬のソナタ」のロケ地に行ってきました。
(おい)
ナミソムと言いまして、川の中州になっているところ。
ソウル市内からは車で1時間半。なかなか日本人は行きづらい。

観光地ということでバンジージャンプやってたりします。

中洲までは船で渡ります。5分位かな。船の代金が「入園料」を兼ねています。



さて上陸しますか。
有名なメタセコイヤの並木道。悲しい恋の物語のスタートシーンで使われました。
他にも色々あったのですが、とにかく人が多くてw
 
行くなら韓国の平日の人が少ない時に行くべきですね(*^^*)ゆっくりするにはとてもいいところです。ただ、それなら国内にも(ゲフンゲフン)
 
 
 
ナムソンの近くで「タッカルビ」食べました。ここは古くからある韓屋を改装してタッカルビを食べさせてくれるお店。ナムソンの当たりはタッカルビと冷麺の一種でそば粉を使う麺が有名だそうで美味しくいただきました。これもおすすめですがなにせナムソンまで道が一本なので混むこと間違い無し。空いている平日をおすすめします。レンタカー借りて行くのが一番なんだけどなあ。
 
名物タッカルビ(鶏肉)結構辛いです。が、辛くないようにしてもらうことも可能。あ、韓国に詳しい人なら知ってるかもですが箸は鉄でできてます。韓国人は手先が起用なのですが、これは鉄の重いはしを使うためという説もあるくらいで。
 
 
冷麺の一種。この地方独特の麺でそうめんのような細さ、そば粉を使っているそうです。けっこう旨い。これはこの地方まで行かないと食えないかもね。冷麺のように弾力のある硬さはなく、日本のそばほど柔らかくない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
さて、ソウル市役所から地下鉄で20分弱。
トンチャクデロ。北側はいわゆる、「カンナム地区」。高級住宅街です(カンナム・スタイル、で有名になったカンナム地区です)。道を挟んで北側が高級住宅街で、道を越えるだけでスーパーの物価自体が違うそうな。写真を取った日は4日の夜。選挙戦真っ最中ということでこんな選挙垂れ幕が張ってありました。
候補者ごとに番号がふられているのが面白いですね。
 
ちなみに1が当選したムン・ジェイン。2は惜しくも敗れた保守系候補のファンさん。
 
で、散策したのは道を挟んで南側。こちらは雑多な住宅街、どっちかというと下町、上野みたいなところです。
 
道を挟んで南側は古くからの「いちば」があったりします。道一本でガラリと雰囲気違う。トンデモンととかと違って観光市場ではなくて現地の人が使う市場、日本人全く居ませんでした。夜遅くまであいてて雰囲気あります。こういうところこそ観光資源になりうるのにね。アマチュア写真家ならとにかくたくさんシャッターを切りたくなる、そんな場所。
 
イチゴ。安かったw思わず買うところでした。生鮮食品の店の横で服売ってたり、上野のアメ横みたいな雰囲気。時計は売ってないけどね。
 
 
 
魚売ってる横で服売ってたりします。もはやカオス。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

ソウル市役所。ソウル市は直轄市でして、日本の感覚で言うと東京都みたいなもんかな。手前の建物が古い市庁舎、いわゆる日帝残滓な建物、億のガラス張りの美術館みたいな建物が新しい庁舎です。10年前は建設中だったんですけど、いまはあたらしい庁舎に機能が移っています。
これ、壁どうやって掃除するんだろうなw

古い庁舎は老朽化で取り壊される動き(さらには日本の占領の忌まわしい思い出でもあり)もあったのですが文化価値もあるため生き残っています。

手前が良くニュースになるソウル市中心部の広場というやつ。弾劾騒動のときはここに人が溢れたそうな。この日はパク前大統領支持者による集会がひっそりと?行われていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平昌オリンピックまでのカウントダウン時計なんかも出てました。
後ろには東亜日報のビルとか韓国最大の書店のビルなんかも見えますね。
 

ちなみに、市役所の西側の道路をまっすぐ北に1,2キロ行くと青瓦台、大統領府です。今回は行かなかったので写真ありませんw。この道を振り返って南に1キロほど歩くと、数年前火災になってしまった南大門と南大門市場があります。


 
南に向かって歩くと、おおきなビルが。サムソンの旧本社。いまは社長室は新本社に
引っ越してしまいましたが、今でも多くの部門がここに機能を構えます。
ほらサムソンの旗が。
 
 
 
無事?再建された南大門
正式名称は崇礼門(スンネムン)といいます
 
もともと、城郭都市であったソウルの4つの門の一つで、風水的にはソウルを火事から守る門だったそうです。その門が放火で焼けるというのは皮肉ではありますが。。。
 
南大門市場に入っていきます。ここ市場だけど観光地化してる。それこそアメ横的なところかな。
 
南大門市場でお食事、いわゆる「庶民派」グルメ。
 
もともと、市場に買い付けに来た地方の商人さんたちが、買い物を終わった後たらふく食べてさあ帰ろうって言うのが南大門市場のお食事のルーツなんだそう。
 
なので気取らず店の軒先で食べる。店の軒先に簡単な机と椅子を並べて、ガス台でチゲ(鍋)
 

旨いんだこれが。
鍋頼むとご飯とキムチとかついてくるのでそれをご飯と混ぜてだべる。ビビンバみたいな感じ。これもまた美味しい。
 
 
鍋には辛ラーメンの麺みたいなのを突っ込んで。韓国人たくさん食べるよなあ。
 
そんなに辛くないので朝から食べれます。観光ガイドには載ってない韓国グルメ。お勧めですがここまでどうやってたどり着くかが問題かな。
 
 
 
 
気のせいかくまモンを見た気がするけど、気のせいでしょうw
 
韓国徒然でした。
 
大韓航空のラウンジから韓国を惜しむ。
ビジネス乗るの、人生で最後だろうからなあw