2015年10月23日金曜日

ドラフトと企業経営は似てるよな

ドラフト

ヤクルトの真中監督がやっちゃったドラフト会議。

つらつら見てると、注目はソフトバンクホークスと思います。
岐阜の逸材、高橋を抽選で競り勝ち、高橋含めて6人を高校生で。

「いま強いから、将来に備えた余裕ある指名ができる」
好循環といえるんでしょう。


そのほか近年のドラフトで「玄人路線を狙い過ぎじゃねえ?」と思われてきた中日が高橋をくじでソフトバンクに取られたものの、順調に高校NO1左腕、社会人NO1捕手を獲得と珍しく「王道路線」。今までとは作戦の責任者が変わった???

反対に笑っちゃいけないけど、まるで無造作に考え無しに投手をドカドカ取りに行ったのが巨人。
あれだけ打てない、しかも野手が高齢化してて一気に辞めそうなのに。即戦力もなければ将来性を考えた野手の補強なし。
もちろん、賭博三羽烏がクビになることが前提だろう。笑っちゃいけないけどね。実際問
題数が足りなくなるんだから。

やむを得ないんだけど、雨漏りしたところを慌ててガムテープで貼ってるような。
でも屋台骨から傾いているという(^_^;)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
わがDeNAは今永を指名。駒大は彼の好調とともに去年13季ぶりの神宮大会V。しかし今季は全くダメでリーグ戦で最下位争いを繰り広げた。
現在肩の調子は6割程度ということだが、3年の時に戻れれば即戦力でしょう。3年の時は上位指名が重複するのは間違いないと言われていた逸材。現に今永が投げる試合には2桁のスカウトが集結していたとか。回復に期待します。他の球団が避けたギャンブルが吉とでるか凶と出るか。



熊原も例年なら1位クラスのピッチャーでしょう。よく二巡目に残ってたなと。今年は高校生が一位に出てきたので、その分2巡目まで残っていましたね。

DeNAはソフトバンクとは対照的にとにかく「即戦力」。
可能性よりも、アマチュアで実績がある選手で固めてきました。それが結果論として正解かどうかはさておき「狙いがはっきりしてる」点が好感持てます。いままであれもこれもで狙いすぎて結局うまく言ってないですからね。DeNAはフロントがしっかりしてきたような気がする。



結局、親会社が人と金をしっかり出さないと、球団経営もうまくいかないってことですかね。

2015年10月22日木曜日

菊花賞を逃げ切ることは出来るか

今年のG1レース戦線には2頭の注目すべき「逃げ馬」が存在する。

逃げ馬というのはそもそも「脆い」ものだが、(強い馬は目標になりやすい逃げ戦法は普通取らない)今回取り上げる二頭は「逃げるのが一番強い」から逃げる「強さ」を持った逃げ馬だ。

一頭は何度も取り上げたエイシンヒカリ。今度の天皇賞では「浮気がバレた」武豊騎手が一度も成し遂げていない「逃げてのG1勝利」を目指す。前哨戦で勝利した毎日王冠1800mが適距離だとは思うのだが、あのサイレンススズカでグリグリのダントツ一番人気を背負って快調に逃げながら、骨折競走中したが「天皇賞男」の意地がなるかどうか


もう一方が17年ぶり、史上2頭めの菊花賞の逃げ切りを狙うリアファル。セイウンスカイ以来の逃げ切りを狙います。

大振りな体で逃げる姿は「レジェンドテーオー」を思い出すと言ったら年がバレるかなw
なんといっても雄大な馬体。ゼンノロブロイの良さがでた体はダートレースで鍛え上げられてパワーもスタミナも兼ね備える。この馬なら菊花賞を逃げ切っても不思議ではないのか?

馬体もピカピカで惚れ惚れします。

さてどうですかね?

K-FXに揺れる韓国国防

韓国は戦争中です。休戦はしてるけど。

そして、北朝鮮が飛行機を旧式で揃えているのに対して、韓国はF15Kを買い、F35を予約したことで一見万全に見えます。

しかし、いま持っている飛行機の多くはF5、F16のかなり古いやつで、老朽化が激しい。毎年のように墜落事故を起こし、パイロットも犠牲になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そこで、韓国はF15Kを攻撃の主力、F35を防空の主力にしつつも自主開発の戦闘機を「KーFX」として性能は劣るけど値段は安い戦闘機を数を揃えていまのF5やF16の後継にしようと考えています。
高性能の機種と値段の安い機種を揃える作戦はアメリカやロシアも取っている方法で理にかなっています。

日本もおんなじ考えですね。

ところが問題は日本と同じように「開発力」が欧米に比べて劣ること。そこで手っ取り早く今まで作ったことがないものを技術移転しようとしました。

F35をアメリカから買うにあたって複数の技術移転を条件にした、と韓国軍は主張したんで
す。しかーし、アメリカがそんな技術を簡単に外にだすことを認めず。4項目について拒否。さらに韓国軍は数カ月にわたってそのことを「隠して」いたんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
責任を問う声は野党のみならず与党からも。

結局、トカゲの尻尾きりで「報告が遅くなった」責任を問うて国防部の主席秘書官がクビ。
しかし国防長官と調達関連は不問に。

レームダック進展の一助になっていくようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
というか「金だすんだから技術は教えてくれるに決まってるニダ」って言う考えが嫌いなんだよね。
この辺のメンタリティが決定的に日本と違う。教えてもらって当たり前みたいな。

次のスマートフォンでは一つから2つに増えるもの。

iPhoneもソニーのエクスペリアも発売になった。けどやっぱり思ったよりは売れていないようだ。

実際、僕も6を持ってるけどいまだ6Sが買い換えてまで欲しいとは思えない。
みんなに十分な性能のスマホが行き渡ってきたということなんだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてそんなスマホも進化はやまない。

来年出てくる次期iPhone、エクスペリアはそれぞれある部品を複数つけてくることが噂されている。

それは「振動モーター」と「メインカメラ」

着信とかを伝える振動モーターはいまはどんなスマホにも付いているけど、モーターは一つ。モーターの先におもりがついていてこれが回転してブルブルする。

これを2つ組み合わせることでよりわかりやすく、そして不快な振動数を互いのモーターが打ち消し合わせることで「官能性の高い」振動を実現するとか。

そしてメインカメラは2つ搭載。カメラ・レンズを2つにすることで立体的な写真を撮ったり、ピントをあとから合わせられたり、あるいは背景を綺麗にぼかしたり、明暗差が激しいところで「飛ばない」写真が取れるようになるんではないかと予想されています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
モーターは日本電産か(コパルが完全子会社になったのが痛いw)カメラはCMOSまわりがソニー、手ぶれ補正がアルプス。

大穴で遮熱シートでカネカ?(ちょっと無理があるかw)

でもカネカ、炭素繊維の放熱シート、あれもっと売れるような気がする。

本当に作る?豊田合成、逆転の発想の全身エアバッグ。

さて問題

「豊田合成」、これなんて読む?

(これ、証券マンでも知らない人増えたかもしれません。僕が現役の頃は、先輩に一応「注意」されたけど、今の人は読み方気にしないよなあ。)

「とよごうせい」なのです。僕が知るかぎりではトヨタの子会社のうちでダと濁る会社は豊田合成だけになったと思う。昔は自動織機も「トヨダ」だったけど、バブル時にトヨタに変えたんだよね。ブーン=ピケンズが買い占めた頃だったか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
は、まあどうでもいい話なんですけどw

豊田合成が今度のモーターショーで変わったコンセプトカーを出してくるそうです。

こんなの


膨らんで見えるんではなくて、「ふくらんだ状態の形」なんだそうです。
なんでもこれは2030年台のモビリティだとか。近未来、超小型の移動手段としてのこういう車が出てくるときに、従来のエアバッグを車内に展開するよりも、車の外側にむかってふくらませるほうが安全性が高いと考えたか。(もちろん、車内でもエアバッグは膨らみます)
そして歩行者の安全性も当然高まる、一石二鳥でしょう。

2030年の未来なんて、永遠の先みたいな話ですけどね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タカタがこうなってしまった以上、豊田合成がもう少し評価されるときは来るんでしょうかねえ。

ディーゼルのとばっちり?でプラチナ下落

田中貴金属の店頭ではプラチナの延べ棒を買うのが流行っているそうです。

というのも、プラチナ価格が下がってるから。
プラチナ価格は中国の景気低迷とか南アフリカのランド安とかでジリジリ下がっていました。
そこに来てVWに問題発生。ディーゼルエンジンに逆風、すると触媒に使われるプラチナも需要が減ると見られて価格がズルズル下がってるんですな。


プラチナの海外価格と円建て価格。円安進行で円建てでは上昇していた国内価格も、一ドル80円時代くらいに値段まで下がってます。いかにプラチナが安くなったか?分かりますね。


あ、プラチナは中長期で買ったらダメですよ。今後数十年を見れば、内燃機関は確実にモーターに取って代わられます。インフレヘッジを考えるなら、プラチナは脆弱すぎるから。
趣味で現物買う分にはいいけど、価格はもう上がらないと考えます。消費税もかかるしなあ。

アジア初?ソウル市が公共施設の自販機での「炭酸飲料」販売を禁止へ

炭酸は「酸」です。適度に飲むと食欲増進とか、二酸化炭素による体の活性化とか良い効果がありますが、摂取のし過ぎは「骨をもろくする」(骨粗粗しょう症へ繋がるとも)言われています。
もちろん、どれくらい悪いのかはよくわからないところもあるんですけどね。
さらに炭酸は甘さを感じさせにくくする効果もあり、どうしても砂糖が多く使われる。
糖尿病に繋がるとも指摘されます。

これに動いたのが「ソウル市」です。
なんでも、韓国人の一日あたりの炭酸飲料摂取は、ある韓国の民間消費者団体によると40グラムを超えるそうで、糖尿病とかその他の健康を考えると「もはや制限した方がいい」レベルなんだとか(多分日本もおんなじようなものでしょう)。

そこで、ソウル市内の公共設備内に設置されている自販機のうち、ソウル市が直営するものについては11月から、民間業者に委託しているものについては今後随時やってくる契約更新の時から炭酸飲料について販売をしないことにすると。

その制限は徹底していて、いわゆるオロナミンC みたいな健康飲料系とかもダメ。唯一純粋な、(ペリエみたいな)炭酸水のみOKと言うもの。
更には公営(鉄道公社)のソウル地下鉄の自販機も来年から同様の措置を。ソウル市が所有するものの「民営」である「地下鉄9号線」についてもいま20%程度の販売量である炭酸飲料を10%以下にするように勧告するとか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん、韓国にある自動販売機の総数を考えれば、実に僅かな話です。

ただ、ちょっと考えさせられる話ではあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
健康問題への提起としてポジティブに「面白いなあ、ただ飲料メーカーにはマイナスだなあ」と思う点が一つ。

もう一つは、国民が「政府に放っておいて貰う権利」としての人権、というちょっとひねくれた法的論議を呼ぶ規制でもあります。

例えば「タバコをやめよう」というのは明らかに合憲合法です。科学的にタバコが健康に悪いから。
ただ、「太っているのは体に悪いから強制的に痩せさせます」という法律を作ったらどうでしょうか?

こうなると「太っていられる」権利といいますか「放っておいてくれよ」という権利がもともとあるんじゃないか?という議論が出てきます。(バカバカしい議論ですが法的にはけっこうまじめなお話。行政書士試験の過去問にも出てきます)

まあ色々考えさせられるお話でした。

2015年10月21日水曜日

ケーヒン(7251)、に意外高の予感?ホンダに直噴ターボ用部品納入と(新型シビック向け)ターボエンジン大絶賛の声。

ホンダと言えばVTEC。で、頑なにNA(ノーマルアスピレーション、自然吸気、要するにターボがついてない)のガソリンエンジンにこだわってきました。シビックSiRとか知っていますか?高回転命だったわけです。

しかし最近の世界の車はハイブリッドだったり、ディーゼルだったり、ダウンサイジングターボだったりします。ガソリンNAエンジンのクルマは時代遅れになりつつあるかな。

もちろん、ホンダは日本とアメリカではハイブリッド車を投入してますし、日本では売ってないけど欧州にはディーゼル車を売ってます。しかしここに来て日米で「ダウンサイジングターボ」を投入してきました。そしてこれが力作なのです。

2リットルターボ、1.5リットルターボ、1リットルターボがラインナップ。(と言われています。1リットルはまだ姿を見せてませんが、1.5リットルNAエンジンにとってかわるとみられています)

その三系統のターボエンジンが、既存の3リッター超から1.5リッターのNAエンジンに置き換わることになるんでしょう。

ダウンサイジングターボは、「モード燃費」(≒カタログ燃費)では数字上ハイブリッドにかなわないですし、渋滞のようなハイブリッドの得意とする場面では実燃費も結構負けます。
しかし高速道路での巡航とか、普段使いでは燃費がよく、モード燃費に比べて悪くなる比率が少ない。
ハイブリッド車はモード燃費と実燃費の差が大きいイメージ。ダウンサイジングターボはモード燃費と実燃費の差が小さい感じがしますね。

さらに最新のターボは低回転から「高トルク、フラットトルク」で運転もしやすいという特徴ありなのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホンダはヨーロッパではディーゼルを使ってはいますが、どうやらアメリカと日本の厳しい規制に対応するのは難しいと考えてディーゼルの世界展開はしていませんでした。
逆にハイブリッドはヨーロッパではウケが悪い。最高速が遅くて、その高い速度領域では燃費も良くないんで長い距離を高速で走る場面でディーゼルとか他の車に負けるんですな。

そこでホンダはアメリカから発売する次期型のシビックからメインをダウンサイジングターボにしてワールドワイドに同じエンジンを売ろうと言う作戦に変えるようです。(ハイブリッドよりはダウンサイジングターボ者のほうが値段が安い。10万キロ20万キロ越えていかなければ燃料代で逆転するのはたやすくないでしょ、という考えもあるでしょう)仕向地ごとにエンジン変えるより、どこでもバランスよく性能出るダウンサイジングターボで当面行こうと

そして、国沢さん(自動車評論家)によれば、その新型シビックのエンジンの燃費と性能の高いバランスが大絶賛されているらしいと。評論家の話なので実際に実燃費がいいんでしょう。

世界展開が決まったエンジンが評判いいと言うんですから、「数」が出る可能性高い。
これで一番儲かる銘柄は???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で、この直噴ターボに「キーデバイス」を売っているのがケーヒン(7251)です。

ターボエンジンは無理やり吸気をエンジンに押しこむ仕組み。しかも「直噴」ですのでエンジンの中に非常に細かく精密に燃料を高圧で吹き込む技術力が必要になります。簡単に「ダウンサイジングターボ」といいますが、コストはダウンサイジングできないのがこの辺りの技術的ハードルの高さ。逆に言えば部品メーカーは「儲かる」

すでに今年の5月にホンダにスロットルとか電子制御装置を納入という話がプレスリリースで出ているわけですが、今度は北米南米で生産拡大してシビックにむけて販売。しかもホンダがこれをヨーロッパでも売るというのですから、ひょっとすると(というか僕的には結構な確信をもって)数が出て行く可能性有りと。数だけでなく、採算もいいと思うよ。対抗企業少ないから。

脱ディーゼルの動きが追い風になる可能性が最も高い銘柄の一つかもしれませんね。

2015年10月20日火曜日

にょうだにょー

イカン、こんなこと言うと怒られる。真面目に尿素水なんである。

ディーゼルの排ガス規制のために、尿素水を使うんである。。どういうことか?

日本では日産ディーゼル(いまのUDトラック)が実用化。そしてこれが乗用車の世界にも降りてきている
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
窒素酸化物NOxが今問題になっているわけだがNOxは、アンモニア(NH3)に触れると窒素と水に分解されるのだ。

じゃあクルマにアンモニアを積んで排気ガスに混ぜればいいだろうって?
そう、そうしたいのはやまやまだが、アンモニアって危険な物質でもある。

濃度が高いアンモニアが目に入ると失明する。それくらい危険な物質なのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
じゃあどうするか。そこで登場するのが尿素水。排気ガスは高温になるので、そこに尿素水を噴射すると尿素が加水分解されアンモニアガスが発生。そのアンモニアガスがNOXを分解させる、と。

言葉で言うのは簡単だがm開発にはもちろんコストと時間がかかった。
使用する際はガソリンスタンドなどで尿素水を補給しておく必要もある。
(排ガス規制適合のため、尿素水が切れると、エンジンがかからなくなくしてある)

高くて大きくて重いんでトラック用だったんだけど、これから厳しくなる規制を考えると、これが乗用車でも普及していくんやろうなあ。

2015年10月19日月曜日

妄想の続き

ゴードン・マーレーは20世紀後半のF1シーンで非常に強い影響力を発揮したレーシングカー、及び自動車のデザイナーでした。「ファン・カー」として知られるF1カーは「エンジン冷却用」ファンで「エンジンを冷却するついでについでに」強制的に車体下部のに空気を吸い出してダウンフォースを得るなど、レギュレーションの隙をつく意外性に飛んだアイデアマンでもあります。大戦後すぐに生まれた、と聞いているのでもう70近いおじいさんですかね。

数々のF1マシーンの設計とともに、一般的な車マニアの間では「マクラーレンF1」のデザインで有名です。F1という名前のロードゴーイングカー。

「作れば作るほど、売れば売れるほど赤字になる」と言われたこのクルマは、自動車史に残る傑作の一つと言われています。レーシングカーバージョンがルマンを制したこのクルマ、(日本人もこの時ルマンで優勝しています)ジョージハリスンなども所有していました。また量産第一号車はアイルトン・セナが購入することになっていましたが、セナは納車の前にイモラのタンブレロで「伝説」になってしまいました。

マクラーレンF1
 
ドラバーの両脇に二人、合計3人が乗れる独特のレイアウトはまさに独創的。登場から25年経つ今も全くふるさを感じさせない優美なデザインです。なおもともとマーレーはホンダから大排気量エンジンを手に入れるつもりだったとも言われています。(ホンダが断ったとか)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
さて、ゴードンマーレー、こんな「普通は(お金の問題で)買えない」クルマを作ったとほぼ同時に「ロケット」という名前の車もデザインしています。どんなクルマかというとこんなクルマ。笑っちゃいけませんよ。
 
 
マクラーレンF1が当時最先端のカーボンモノコックシャーシにBMWの大排気量エンジンを載せたのに対し(当然驚くほど高価)、マーレイは「軽量でハンドリングに優れた」手頃な価格のクルマも作ってみたかったと。
 
マーレイは共同で「ライトカーカンパニー」というこのクルマ(=ロケット)を作って売るためだけの会社を設立し、ロケットはハンドメイドに近い規模で極少数が生産されました。
みっどし
 
こんなクルマ、公道走れるのかって?日本でも7台から10台が輸入され、ナンバーを取得していたそうです。タイヤの上にオーバーフェンダーを置くなど、ちゃんと各国の自動車法規をクリアする工夫がなされています。突飛なデザインですがそこは天才デザイナーゴードン・マーレー。抜かりはありませんね。
 
 
日本に輸入されたうちの一台は「カーグラフィック誌」の長期テスト車として記事になっていたので(確か熊倉編集長自ら記事を書いていたはず)車が好きな人ならCG誌上で記事を目にしたことがあるかもしれませんね。興味のある方はバックナンバーを探してみてください。
 
このクルマは前後に「二人乗り」で、助手は足を開いて、運転者の後ろに座り、運転手の両脇に足を置く形で乗り込みます。ある意味二人乗れる四輪の大型バイク。
 
きちんとしたトランクはないけど「細く詰め込めばクルマの両脇に小さな荷物くらい置く場所がある」そうでゴードン・マーレイは息子とフランスまでドーバー海峡をわたって旅行に行ったんだ、と語る話がCGに乗っていた記憶がありますね。
 
マーレイは軽量小型のスポーツカーを作るのもやぶさかではないはずです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヤマハはこの前発表した小型の二人乗りの「四輪車」MOTIFを発表しています
 
この車の特徴は、鋼管を使ったフレームに複合材のボディパネルを組み合わせることで軽量かつ高剛性で自由度の高いデザイン性を持つこと。そしてその仕組を出してきたのが「ゴードン・マーレイ」というわけです。
 
フレームと「ガワ」を組み合わせて軽量なシャーシを作るという発想は上記の「ロケット」に通じるかもね。。。
 
 
というわけで、モータショーで出してくるヤマハの二人乗りの小型スポーツカー?もマーレイが噛んでるスポーツカーだったりするとそれはそれはすごいマシーンということになるんですけれど 。
 
 
ヤマハとマーレイのコラボなら、「傑作」ができても不思議ではないと思うんですよね。
絶対買うw
 

ヤマハの4輪

ついに、というかようやくと言うか。ヤマハが4輪に進出します。まあ、株価にどれだけ影響があるかは微妙なんですけどね。

ホンダやスズキが4輪に進出したのとは対照的に、やまはは2輪だけを作ってきました。
全く技術がなかったわけではありません。

古くは「007に登場した」トヨタの2000GTのエンジンにヤマハ発動機が関わった話は有名です。
 
というか、そもそも2000GT自体がヤマハの持ち込み企画だったという説も。。いずれにしても当時トヨタ単独では作れなかったのが2000GTです。
 
最近では、これまたトヨタ(レクサス)の「最高価格車」LFAの「エンジン音」!のチューニングにヤマハが関わったなんて話もありました。トヨタと結びつきが強いんですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ヤマハは過去にも4輪のコンセプトカー(市販前提)を出したことがあります。マニアックですが。
 
OX99-11です。

今となっては知らない人も多いですが、ヤマハはF1.にエンジン供給をしていたことがあります。そのエンジンを「デチューン」してカーボンモノコックの車体に搭載、あたかも「公道を走れるレーシングカー」のようなクルマを作ろうとしたんです。

車のデザインは「違いの分かる男」(若い人はコーヒーのCM知らないか)、日本のレーシングカーデザインの第一人者由良拓也。
物の本によると、由良氏がそのころデザインしたマツダのレーシングカー717Cのサイドビューと似ているところがあるんだそうな。

写真は717C


ただ、車体は当時のF1マシンにアルミ製のボディをかぶせたような特殊かつお金のかかる構造。
和製「マクラーレンF1」といったようなものだったんですね。乗員は横ではなく縦に二人が乗車可能。シングルシーターに近い運転感覚を実現しています。
1994年に100万ドル(約一億円)での市販を目指しましたが時はバブル崩壊。そういう「遊び」にお金をつぎ込まれることはなく、市販は幻に消えました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、今回は(噂ですが)1000ccのエンジンを搭載した二人乗りのクルマ、と言われています。
そして事前に公開されたティーザー写真によればこういう形

はい、どう見てもミッドシップの小型スポーツカーです。

これも噂ですが、イギリスあたりに数百億円かけて工場を作るとか云々。

え?こんなスポーツカーを作るの?????いやいや・・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあ、上の写真みたいなスポーツカーが出てきたら、マニアは喜ぶけど、冷静に考えたら、そんなクルマの市場はそんなの大きくはない。数百億円の投資が取り返せるのは難しいでしょう。
上のモデルはあくまで「打ち上げ花火かな」って気はしないでもない。現実的には以前発表したモーティブの市販バージョンを作ることになるんだと思うけれど


あ、ちなみにこのクルマのデザイン会社はゴードン・マーレー。
そう、「マクラーレンF1」(下の写真)のデザイナーの会社。

そうなれば、やっぱり小型ミッドシップスポーツカーの方もマーレーの手でデザインして貰って市販してくれると。。。。

株にはあんまり関係ない話でした。
(数百億円投資するっていうんだから、少なくない影響度はあると思うけどね)