2015年5月9日土曜日

クリーンディーゼルという変数

日経に豊田とマツダの提携話が載ってる。

なんでトヨタがマツダと提携?と考えれば答えはひとつ。トヨタが持っていなくてマツダが持っているもの、それはクリーン・ディーゼル=いわゆるスカイアクティブDというやつだろう。

知っての通り、トヨタはハイブリッド戦略を推し進めてきた。そして将来は燃料電池車が主流になると踏んでる。

しかし日本で補助金付き、しかも日本では最高速度がせいぜい130kmくらい(合法かどうかは別にして)。この辺りまではハイブリッドも優位だが、欧州では補助金も違うし、最高速度はもっと高い。ハイブリッドは重い高いパワーのない車になってしまっている。

それならトルク、パワーに優れるディーゼルや燃費も向上してきたダウンサイジングターボが(数年先までは)優勢になってしまっている。

今から開発するよりも、今ある技術を「買った」ほうが安くつくと踏んだのかもしれん。
あるいはよく出来たマツダの小型車をOEMでアメリカ大陸で販売する計画もある。

そういうことなんだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
逆にマツダは内燃機関にだけ注力してきた。将来の電動機関については全くノウハウがない。
この部分でトヨタに助けてもらえれば大きいいということになる。

次のロードスターは燃料電池搭載かもね

韓国、カオス。

最近、韓国は日本の失われた「20年」の後追いに入るんじゃないかと言われたりします。

通貨高、政治的混乱、汚職、外交的失敗、少子化による経済の低迷、さらに財政悪化など。
というかすでに日本化というよりギリシャ化してたりしてw(もちろん、世界最強クラスの外貨準備がある今はまだまだ大丈夫ですが)

まあしかし、よくもこれだけ問題を抱えられるなあ、そんな感じです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
対日外交の失敗、対米対中の舵取りの失敗、対北緊張激化。これが外交の失敗。これはまあ報道されてるとおりです。

さらに政界では深刻な対立が2つ。

まずは公務員の社会保障改革の失敗に伴う政府と与党セヌリ党の対立激化。
セヌリ党はもともと大統領派と非大統領派の仲が悪かったのですが、社会保障改革が「流れた」ことで政府与党間の互いの不信感が決定的に。とくに「耳をかさない」大統領に与党側からは無力感も漂います。

野党は野党で揉め事。この前の補欠選挙で惨敗を喫した野党の指導者の間では、仲間割れが激しくなっています。
野党の「新政治民主連合」は名前の通り左派系政党が連合を組んだところなのですが(いわゆる旧盧武鉉系と非盧武鉉系、その他の同床異夢です)、寄り合い所帯だけに負けが込むと求心力が減っていきます。

バトルは8日。マスコミに公開される最高委員会会議で起きました。

まず朱昇鎔最高委員(非盧武鉉系)が「選挙の責任をとって文在寅代表(元盧武鉉大統領側近で盧武鉉元大統領の葬儀委員長も務めた)は辞任すべき」と会議で発言したところ、同じく最高委員の鄭清来氏(旧盧武鉉系)が「(選挙の責任よりも)辞任するように脅迫する幹部がいることのほうがもっと問題」と発言。怒った朱委員が席を蹴って退場する結果に。

マスコミがいる前での公の場所での罵り合いだけに収拾がつかなくなりつつ有ります。

更には
チェ・チャギュ空軍空軍参謀総長という現役国軍幹部の公費流用疑惑が発生すると、現役の空軍中佐が異例の公開辞職勧告を参謀総長に発送していたことが発覚(韓国軍始まって以来だそうな)

慶南(キョンナム)企業問題では現役の洪準杓(ホン・ジュンピョ)、慶尚南道知事(日本で言えば県知事というより「州知事」)に対して、前職の国会銀当時の違法献金について「収賄」の容疑で立件を模索する模様。現役の知事だけに身柄拘束まで行くのかどうかも注目。

更に知事は検事出身の法律家でも有り、徹底的に争う構え。現金の授受の否定はもちろん、たとえ現金をもらったところで単純な選挙違反事例であり、そうだとすれば公訴時効がキていると主張する見込み。
検察対元検察のプライドを掛けた戦いになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
見どころいっぱいの韓国にご期待ください。

2015年5月8日金曜日

「仲間はずれに焦れた?」北朝鮮が韓国船に「照準射撃」を予告

最近、韓国政府は日本サゲに忙しく、北朝鮮の相手をしてあげていませんでした。

相手にされないことにむくれたのか、久々に韓国を挑発して注目されます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国と北朝鮮の領海主張は結構異なります。なので韓国が「専有している」海域も北に言わせれば領海侵犯ということに。

そこで今回北は「領海を走る船には照準射撃(狙って打つ)」と宣言してきたのです

折しも今から漁の季節。本当に撃ってくるのか撃たないのか。
神経戦が始まります。

小選挙区=二大政党制時代の終わり??。少数政党が議席を奪う。イギリス

政治経済の勉強をした人なら、選挙制度と政党の関係を習うと思います。

比例代表だけだと、政党の数が多くなり、連立政権が常になる。
一方、小選挙区だと二大政党制になりやすい。少数政党には不利。こんなことを言われるのです。

とくにアメリカやイギリスは「小選挙区制」を単独で採用しており、二大政党政治の典型例とされてきました。
二大政党政治は、小数の意見が取り入れにくい一方、政治が安定しやすいという利点もあります。
いつも揉め事になるより、安定したほうがいいという考え方もあるわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イギリスはこれまで保守党が強く、抵抗勢力として労働党があり、それに続く政党として自由民主党(名前は自民党ですがどっちかというと中道左派かな)があります。しかし小選挙区制度をとるイギリスでは、支持率が20%近くになっても議席数は数%にとどまっていたのが現状です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが今回、少数政党ブームとも言える波がやって来ました。どんどん既存の政党候補者ではない候補者が当選を果たしたのです。

従来の政党に飽きたらない「無党派」層が積極的に非既存政党候補に投票したのです。
労働党のベテランがまさかの落選を食らうなど各地で波乱の結果が出ています。。。


小選挙区制では必ず二大政党制になる、とはいえない時代がキているのかも。
これがネット時代の選挙といえば言い過ぎなのかもしれませんが。

大型株と小型株の違い

新天地は基本大型株が好きです。

小型株というのは大型株より難しいからです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一般には出来高が膨らんでいる大型株が一番トレードに向きます。間違っても逃げやすいし、そういう株がトレンドを作るからです。

一方で小型株は値動きが大きくなりがちですが、動かない時は全く動かない。自分が買ったら高い値段をかわされて売ったら安いところを売らされる羽目になったりします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


更に一番の違いは、株集めをする人間が「上に上に」買い上げざるを得ない点。
大型株なら静かに買い集められます。株数が多いから。

しかし小型株はどんどん自分で上に買い上がらないと株数が集まらない。

大型株が相場になる時は、すでに一番初めの投資家は買い集めが終わっています。なのでゆっくろ上がり始める。

大して小型株はいきなり上がり始めますが、この時最初の投資家も買い集めが終わっていないことが多いのです
。なので最初から上昇が急になる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
売るときは逆。とっとと売ってしまわないと、小型株は「売りそびれる」です。
なので小型株は「シャープトップ」をつけやすい。天井付ける前に売るか、やばいと思ったらバンバン売りに行くしかないんです。

これが小型株と大型株の大きな違い。

東邦チタンがいきなりの上昇になってるのもそんなわけ。昨日の会は半分は実需の買いでしょう。この下部の上値を期待してどっかの期間投資家が上まで買いに行ったんです。

ジャイロセンサー

もう、10年、20年前の話ですが、新天地はヘリコプターのラジコンを買ったことが有ります。

ヘリは操縦難しい。特に離陸着陸。

このへんが、初心者向け機体なら、ちょっとレクチャーを受ければ何とか飛ばせる飛行機との違いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんな僕でも「なんとか」ヘリを飛ばすことが出来ました。秘密は当時キーエンスから発売されていた「ジャイロセンサー」でした。
これ、とにかく機体を安定させてくれるんです。少々下手でも、作りが悪くても
「飛ぶ」
これはすごいと思いましたねー。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャイロセンサー、今ではとても安くてにはいります。双葉電子や村田製作所とかが携帯向けなどに大量生産しているからです。これのお陰で携帯電話は縦横を判断してくれるんですな。
ほんの20年前はこれが高価でてにはいらなかったのです。

キャノンから出ていた「EOS5」という銀塩一眼レフカメラが有りました。カメラ単体でも10万円するハイアマチュア向け、プロもサブカメラとして使うこのカメラ。(今のEOS5デジタルとは別のカメラです)。見たところにオートフォーカスするという実に実験的なカメラでも有りました。当時としては静かなカメラだったので舞台撮影のプロに好まれたという逸話が残っています。逆に静かすぎてモデル撮影のモデルには「撮ったのかどうかわかりにくい」と不評だったとか。

基い。

このカメラは「縦横」どういうふうにカメラを構えているかをカメラが自分で判断して自動で露出を変える(普通上部分=空が明るいため)のですが、20年前ですので安いジャイロセンサーがありません。
苦肉の策で、カメラのある空間中に「銀球」が入っていて、その銀球の状態からカメラの縦横を判断していたのです。なのでカメラを振ると、なかで小さな銀球が「カラカラ」音を立てるという・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いまは5000円程度のラジコンヘリでもジャイロセンサーが入っています。あんな小さいものが飛ぶのはジャイロセンサとモーターの制御技術によるもの。センサーがなければヘリはぐるぐる回るか横転するかでしょう。いい時代になったもんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
市販のドローンが4つのプロペラを装備しているのはそれが一番安定するから。
それでもジャイロセンサーは欠かせません。

すでに関連銘柄は買われてはいます。でも本当にドローンが収益貢献するのはこれからかなあ。
ジャイロなしでは飛べないからね。

2015年5月7日木曜日

深夜食堂、韓国でリメイク

深夜番組としてはなかなかの視聴率、そして映画化もされた深夜食堂。

これ、アジアでも好評で(その放映権料も映画化の後押しになったとか)ついに韓国でリメイクが決定しました。

深夜食堂はメニューはほとんどないけど、頼まれればいろいろ作ってくれる不思議?な食堂。
日本食の良さをアジアに発信したことでも評価が高い番組です。

さてこれが韓国でリメイクされると。。。


第一話キムチチャーハン
第二話キムチチゲ
第三話キムチ(以下自粛


そんなこともないとは思うけどw

いいまつがい

先週の話だがケンタッキーダービーはアメリカンファラオが優勝。5連勝、しかも先行してきっちり差しきる競馬の安定感から、今度こそ三冠達成との話も出てる。
(アメリカの3冠は1978年のアファームド以来出ていない。余談だが、この時3冠全部二着だったのが1980年台北米最強の種牡馬アリダー。三冠馬アファームドは種馬としては鳴かず飛ばずだったですな。
また、日本で種馬として爆発的な成功を収めたサンデーサイレンスも3冠最後のレースでイージーゴーアーに敗れて(8馬身差の二着)3冠を逃しています。おそらくこの馬が最も3冠に近い馬だったと思うけど。なお、イージーゴーアーの父親は「アリダー」でした。

アリダーはイージーゴーアーはじめたくさんの強い馬を出しましたが「謎の事故」(保険金殺人ならぬ殺馬?で15歳で死亡。このことも3冠馬が生まれていない一因かもしれませぬ。

更にアメリカでは「サンデーサイレンスを日本に輸出したことで三冠馬は更に先延ばしにされた」なんていう人もいます。サンデーサイレンスがアメリカで種馬生活を送っていたらどんな馬が生まれたんでしょうね)

新天地注。サンデーサイレンスは近親に活躍馬がいない(血統的には魅力がない)とされ、当時バブルの余韻が残る日本へ10億円ほどで買われていきました。今となってはバーゲンプライス。
これだけの馬が異国に売られるのですから、マスコミは批判的論調で叩くことが多かったのですが、サンデーに関してはほとんど叩く論調はなかったと記憶しています。

一方、イージーゴーアーの方は10億円ポッチじゃ馬主側が売ってくれなかったそうです。こっちは近親に活躍馬が多く、自身の成績も有り種馬としてものすごく期待されてたんですな。イージーゴーアーも早世したことも有り活躍馬はあまり出ていませぬ)

もとい

アメリカンファラオはAmerican Pharoahという登録名です。ところが、辞書によればpharaohが正しい綴りとか。
オーナーはエジプト系だそうですが登録するときに間違って登録されたもの。
こんなこともあるんですね。(アメリカの登録は社会的にまずいものは蹴られますが、スペルミスはチェックしないそうです。例えばサダム・フセインとかテロに関する名前はダメらしいです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何回か書いたけど、有馬記念を制したダイユウサクは、馬主が友達の名前「コウサク」にちなんで「ダイコウサク」と名づけたつもり。ところが手違い?でダイユウサクと登録されてしまったんだとか。

もともと病気の友人を励ますつもりで名づけたとか聞いたこともあるけど、。。

レースを買ってみるとコウサクよりユウサクのほうがしっくり来るのは不思議な感じがします。


クラシックレースといえば、桜花賞オークスを制したスウヰイスーが有名ですね。女優高峰三枝子さんが所有したこの馬は、スイートスーとつけるように高峰さん(のおつきの人?)が調教師に電話したものの、調教師が聞き間違えてこの名前で登録されたとか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その他、有名なのではカミノフシラビとか。ふしらびって?
実は不知火(しらぬい)を間違えてフシラビと読んでしまい、そのまま登録されちゃったらしいです。

ラフフォンテースも本当はラフフォンテーヌなのを何かの拍子にスとヌが間違ったことで知られますね。はかになんかあったかなあ。

あーあ

どことはいわないけどある道路管理者の話

特車申請というのがあるんだが、普通は許可が降りないような内容でも、そこの道路を作る、治すためには更に特別に許可が降りる。

普通ならダメな申請でも、事情を考慮して仕方ないので許可は認められる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが、そのある道路管理者、今年度から許可を出す担当する人間が変わったのだが、どうやらその方が実務を全くわからないようなのだ。
包括申請はダメとか、一台一台書類作れとか。。。。納期間に合わなくてもいいならそれでどうぞ。

OVERの売り、UNDERの買い

板情報を見れるようになって久しいですね。(昔はディーラーの特権だったのだ。ディーラーと本店の営業マンしか見れなかった。平成10年ころまでは)。でもこの板情報あんまり役には立たないのです。

単純に考えると売り指値が多いと下がりそうだけど、売り板が厚くても、上がるときは上がるし、その逆も真なり。大きな玉を抱えている人は、普通は板にはあんまり晒さないしね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただ、例外もあって。。。

小型株とかで使える技ですが、(それでも気休め程度ですが)「OVERの売り」と「UNDERの買い」の継続的観察というのが有ります。板に載り切らない高い指値の売りをOVERの売り逆に低い指値の買いをUNDERの買いと言います。

売気配株数 気配値 買気配株数
-- 成行
--
135,300 OVER
 
7,400 1,175.0
 
1,900 1,174.0
 
11,900 1,173.0
 
2,100 1,172.0
 
4,400 1,171.0
 
10,600 1,170.0
 
600 1,169.0
 
  3,500 1,168.0
 
  1,166.0
  6,600
  1,165.0
4,000
  1,164.0
4,900
  1,163.0
7,400
  1,162.0
3,800
  1,161.0
9,200
  1,160.0
12,300
  1,159.0
23,500
  UNDER
260,800


上の表で言うと、1175円より上の指値売り注文はまとめて合計されて135300株と表示されています。これが「OVERの売り」。逆に1159円より下の指値買い注文はまとめて260800株と表示されています。これがUNDERの買い。

普通、経験則から言うと、OVERの売りの株数のほうがアンダーの買い株数よりも多い。
大体が2倍とか3倍とかの株数ですね。興味を持たれた方はいろんな株の板を観察してみてください。

ところが、よーく観察してると、その比率が普段とは全然違うことがあるんです。特に中小型株。

上の図は東邦チタン、普段はオーバーの売りがアンダーの買いの2,3倍くらいあります。
ところが7日は朝からアンダーの買い株数がオーバーの売り株数よりずーっと多かったんですな。(ゲストブック参照)

こういうケース、実はどっかの大口投資家が証券会社にまとまった株数の「はからい注文」(条件を提示してその条件の中で買わせる注文)を出してることがあるんです。例えば、出来高の何%まで、VWAPの何%上まで買っていい、とか、最大20万株までね、とか云々。

そして、この「はからい」を受けた証券会社が、ある程度の玉を「場に晒す」んです。なんでか理由はよくわからんけど。

はからいを出し終わるといつの間にかアンダーの買い物が消えていることが有ります。調子にのって一緒に売買してるとはしごを外される。その気配を察知するのにも使えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余談ですが、注文を場に晒すなよ、というもちろんオーダーも有ります。売り物が出てて、それを買いに行く注文以外は出すなという注文指示です。
足元というか手元を悟られたくないという人ですな。

昔(15年位前)までは今みたいにコンピューターが自動執行なんて便利なものもないので、職人芸で注文出してたんですが。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日のアンダーの買い注文を見た僕は「お?今日は買いが入るのかな?」と思いました。案の定買ってきました。憶測に過ぎませんが、高い確率でどっかの期間投資家が(外人?)証券会社にまとまった買い注文をはからい出だしたと考えます。値動きもそれを傍証しています。

こんなところにもヒントは落ちてます。まあこのへんはディーラーやってた人にわかる感覚で一般的にはあんまり役に立たんかもですが。引き出しの一つです。

東邦チタン、その後

 
東邦チタニウムの午前までの値動き。
決算と言うか2016年3月期を強気に見てきたことを今更評価して上げてきた。新天地なりにちよ気に出れば、2017年3月期は一株利益で140円位まで言っても(妄想全開)
 
安いところで買ってる人は、思いっきり引っ張るもよし。
さてどこまで行きますか。。。(新天地が気分良くなったところで相場が天井つけるのはよくあるw)


SSDについて


SSDについて書いたら以外に反響があったので書いておこう。

SSDとは要するにフラッシュメモリーを使ったもので、既存のHDDハードディスクに代わるもの。

↑写真はインテル製のSSD。一般には2.5インチベイがたの小型の製品が多い。コネクタは当然HDDと共通のもの(なのでHDDと差し替えて使える)

SSDの中身。製品によって異なるが、複数のフラッシュメモリチップを基板の上に載せている製品が多い。右下のチップはコントローラチップと思われる。


参考、HDD
HDDはこのようにがっしりとした金属のケースに収められている。開けると
kこのように金属の円盤とそれを読み込む磁気ヘッドが入っている。写真では見難いが、円盤は複数枚入っており磁気ヘッドもそれに対応した数が入る。高速で円盤を回転させデータを読み込む
。分かりにくければものすごく早く回るレコード盤だと。(もちろん針はないけど)


パソコンの記憶媒体は磁気テープ⇛フロッピー⇛ハードディスクとどんどん大容量化とスピード化が進んだ。HDDはどんどん高性能化が進んだが、それでも技術的限界に近づいている。写真のように回転ディスクを物理的にぶん回して、それを磁気ヘッドで読み込むわけだが、物理的な限度というものはそこに存在するのでスピードアップにも限度がある。

そこで登場してきたのが大容量のフラッシュメモリを、HDDの代わりに使ってデータを記録し読出するSSD。Solid State Driveなんである。一般にSSDといえばフラッシュメモリを使用したものと言っていい。物理的動作が不要で電気信号のやりとりだけなのでその分HDDよりも圧倒的に早い

フラッシュメモリは不揮発性といって電気を切ってもデータが保持されるのでデータの保存に使えるのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、電気的な信号保持なのでHDDよりもデータの保存の安全性にかけるとか、過去の製品は耐久性に問題あるとか、まだHDDに比べると記憶容量あたりの値段が高いとかの問題で完全にHDDを駆逐するには至っていない。

しかし、去年の後半辺りから出てきた製品に限って言えば、耐久性でもHDDに劣らない段階まで来ています。おそらくそのうち耐久性ではHDDを上回るでしょう。さらに小型軽量、かつHDDよりも衝撃に強いんでモバイル部門ではHDDは極近い将来に駆逐されると思います。(すでにアイパッドに代表されるタブレットではHDDは見られない)

問題はコストかな
1テラバイトのHDDが6000円で買えるのに対して、1テラバイトのSSDだと5万円くらいします。
今現在、仕事に使うPCなら1テラの半分の500メガあればまあ大丈夫だと思いますがそれでも22000円はするかな。この価格面(それでも急速に低価格化が進んでいます)が最後のネック。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかしながら。
普段PCを使う僕の経験から言えば、この20000円程度のコストアップは他の何でも補えないと思います。普通のパソコンに20000円かけても劇的にスピードアップしませんが、HDDをSSDに変えるとパソコン作業が劇的にスピードアップするからです。
PCをの立ち上げ時間、ソフトの立ち上げ時間、データ検索などビックらするほど早くなります。
一日中パソコンの前に座って作業する人なら、無条件にSSDを使うべきだと。

会社単位で考えても、20000円ちょっとのコスト投下で、生産性が向上して直ぐに元が取れるかと。。

新しいパソコンを買うなら、SSDの採用は考えて見るかちがあります。
あるいは変に安いパソコンを買うくらいなら、SSDを買ってきて交換したほうが効果あったりするかもね。

深刻なウォン高の悪影響。GM,韓国からインドへ

韓国といえば現代自動車です。一方でGMのアジア生産拠点でも有ります。
リーマン・ショックに伴う経営危機に陥って様々な株を手放したGMですが、韓国のGMデウはアジアの生産拠点として温存してきました。韓国経済新聞によれば、リーマン・ショック後もGMの「輸出」自動車の20%を韓国で生産し、ピークの2007年の生産台数は96万台に登りました。
一方でWON高に伴い、人件費などの生産コストが急上昇。これに伴う競争力低下で2014年の生産量は63万台まで低下したようです。

この数字だけを見てもGMが韓国国内の生産を他にシフトしてきたことが見て取れますが、GMは建前では韓国の生産から撤退はないとしてきました。

しかし、63万台まで落ち込んだGMデウの工場稼働率は75%を切ってきたとも言われます。
一方でGMデウがインドで巨額投資を検討していると伝わりました。話を総合すれば、せいしきはっぴょうはないものの韓国を閉鎖もしくは大きく縮小し、その分をインドでの生産、輸出で補おうとしているようにも見えます。

ちょっと良く見ておく必要があるようです。

NY、またも正念場?

狼が来た~の時間

3月の安値を下回っってくるようだと17000ドルを試すことになるし、更には16000を見に行くかも、さらにさらにそこを見るならリーマンショックあとの上昇の終わりを告げるかも、という所まで来ている。

なぜそうなるかといえば永遠につづく上昇はないから、ということに尽きるかな。
ついさいきんの事のように思えるリーマン・ショックだが、それほど時間が立ったということだ。

金利はいつかは上げなくてはいけないし、永遠につづく景気拡大局面もないし、ということか。
そして何より現状ではアジア・ヨーロッパとも(とくに中国)旺盛な消費をしてくれるセクターが今のところ見当たらないというところか。

もちろんもうはまだ、という可能性もあるが、今までみたいにガンガン強気のNYではない可能性は頭に入れておかなくてはならんだろう。

今日はオーバーナイトは様子見、ギャンブルならショートでいいんじゃないかな。今日500ドル安とかされた日には、目も当てられん。とくに5月頭は経験則的に相場は荒れる。セルインメイとも言うしね。