2015年4月4日土曜日

KTX,故障すると

日本でも新しく新幹線が開通して話題でしたが、韓国でも韓国版新幹線KTXの新路線が開通しました。

韓国ウォッチャーなら御存知の通り、韓国はTGVと新幹線のどちらかを導入しようとしましたが、技術導入に積極的なTGV(といっても旧型を騙されて買った)を導入し、それを元に独自開発の高速列車システムを開発してきました。


4月1日開通の新路線の湖南線には、新たに韓国で設計された新型モデル、新品が投入されました。(2010年就航の)韓国独自の車両です。時速300km以上出るので「日本に追いついた」んだそうです。(前振り)

そんな新型KTX,いきなり壊れましたw。走行中に先頭車両先端部側面に付いているウォッシャー液を入れるためのメンテの「扉」がパカっと開いてしまったんですね。。。


蓋が開いてます。蓋の向こうにあるのがウォッシャーのタンクかな。


そんな先頭車両の一番開いてはいけない部分が開いてしまった挙句、ネジが閉めれません。日本なら閉まらない以上、最徐行して直せるところに移動するか、もしくは運行中止でしょう。
万が一高速で走行中にこんな金属の板が外れたら大きな事故になりますからね。

でも自称先進鉄道国は違います。

まず時速300kmでは危ないので230kmに減速して運転して次の駅に向かいます。安全重視ですからしかたありません。(棒読み)

次の駅には修理する人を向かわせます。
が、残念ながら時間が足りず、修理できず。
このままでは危ない。鉄道会社は考えます。正解は???

 

 

「ガムテープをはりつける」


が正解でしたw

が、残念ながらガムテープの性能が不足したらしく、途中で剥がれるなどしたため、電車は17分遅れで終着駅までついたそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この運行に問われたKORAIL(韓国のJRみたいなもの)の関係者によれば「ウォッシャー液注入口が開いても中に1次カバーがあって、 ウォッシャー液は外に出ない」とし、「運行の遅れなどのため応急措置をして運行再開をしたし、内部規定通りに実施したので適正性には問題がない」と話しました。 

 

まあニュースになるようなことではないですよね(^^♪
JR北海道もたいがいだけど、ここには勝てないだろうな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみに、韓国の大統領はさる4月1日(新路線の開通の日)にこんなことを言ってるそうです。

「高速鉄道国産化の成果を基に、これからは年間200兆ウォン(約22兆円)に達するグローバル鉄道市場への進出を加速化すべき時期」

「湖南高速鉄道の設計と施工が国内技術で行われた事実が非常に誇らしい」

「世界最高水準の高速鉄道定時到着比率や安全運行率を記録するなど、高速鉄道先進国の位置に上り詰めた」


鉄道先進国では、部品をガムテで留めたりしませんから。w

100回謝ったっていいだろうの考えと、俺がやったんじゃないよの考え。

ホントかどうかどうか良くわからんけど、産経新聞が報道したところによれば、韓国外務省の中の人が(いわゆる「韓国に謝り疲れた」という日本の風潮に対して、「日本は加害者だから100回謝ったって・・・何回謝罪しようが関係ない」という発言をしたそうな。

結局、日本が韓国を嫌うのはここなんだよね。

いわゆる左派系の人は「謝ったら許してくれる」「韓国も経済発展したら余裕が出て仲良くなれる」

ってな考えで謝罪も行い経済協力もしてきた。


けっか韓国は豊かになったけど、彼らの頭のなかは「いまは韓国も日本と肩を並べる先進国。今こそにっくき日本に頭を避けさせよう(そして溜飲を下げよう)。っていう感じですかね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
100回謝っても関係ない、というなら、謝ろうが謝らまいが関係なくね???

謝らないほうがいいよね(^^♪って思うのは僕だけだろうか。

もっともっとこういうセリフを吐いて、世界を韓国から孤立させてくれると嬉しいんだけど

2015年4月3日金曜日

桜花賞の都市伝説

来週に迫った桜花賞。阪神競馬場で行われる桜花賞。大昔よりも番組編成の都合で一週間遅くなり4月の10日前後くらいに行われる。が、いつも満開の桜のもとで行われることが多い。

普通、桜って4月くらいに入るとすぐに散ってしまうことが多い。なのに阪神競馬場の桜は10日まで咲いていることが多い。このことから、「競馬場では特殊な園芸手段を用いて桜をもたせている」という噂があった。僕も聞いたことがある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日NHKラジオを聞いてたら、阪神競馬場の園芸科の人が電話で答えてた。

「全くなんにもやってません」

じゃあなぜ阪神競馬場の桜は「遅咲き」なのか。

競馬場の人の見解はこう。
阪神競馬場の馬場は六甲山に向かっては遮るものがない。だから「六甲おろし」をもろに受けるんだと。その為、周辺に比べると気温が低いんじゃないかと。


聞いてみればなるほどな話。それと噂が流れた理由についても話してた。数十年前に、色々やってみたことがあったんだそうな。でも結局効果がなく取りやめた。その時の話が都市伝説になったんだろうとのこと。色々なのでした。

勲章

ちょっと前に書いたけど、父が表彰されるらしい。祖父と父、親子二代で賞をもらうのは誇らしい話だが、また父の背中は遠のくねえwああいうのってテレビでしか見ないものだと思ってたけど、もらえるもんなのだねえ(まあ数千人がもらうものらしいけど。)。いやすごい確率ではあるよな。

越えられない父というのも悔しいものだ。

え?超える努力しないおまえが言うなと???


失礼しましたw

枠にハマったらイカンよね

ホンダのS660、色々言われているけど、初期受注は絶好調のようだ。いま注文してもモデルによっては年内かかるらしい。ホンダはS660の輸出を考えていないと発表したが、海外の自動車マスコミの注目も熱い。そんな楽しそうな車なら、欧米でも売れよ、ということだろう。

批判的な人は「軽自動車で200万円は高すぎる」という声が多いが、いまや軽自動車だって64馬力を稼ぎ、しかもトルクは100Nmを超える。一昔前のリッターカーより性能いいのだ。一昔前の1.3リッターの車の動力性能に比肩してる。(そして少しコンピューターをいじれば昔の1.5リッターエンジンに比肩し、燃費はもっと良い)。

それで、お金をかけたシャーシを作ったら、高くなる。それでこれだけの性能の車ができたのだから高く売ったっていいじゃない。ましてや日に40台しか作れない、専用ラインを使った少量生産の「手作り」的工業製品なのだ。

軽自動車で高い車作ったらダメ、という法律決まりはどこにもない。今まで誰もやらなかっただけ。
今回はそこにチャレンジしてすごい車ができた。数は売れないかもしれん。でも誰も作り得なかったスゴイ商品。息長く売れ続けますように。。。

海外に売るにはやはり1リッターターボあたりを積んでトレッドを拡大した「普通車」が必要になるのかね。そんな車ができれば「ロータスエリーゼ」のように10数年愛される車になると思うんだけれど。

こういう商品がもっともっと売れるくらい「日本が豊かに」なれるといいね。
セカンドカーが人生を豊かにできるような日本に。
こういう商品をどんどん世界に発信できるように。

バッカスおばさん、捕まる。買春取り締まり強化の裏で

韓国は昔はキーセンと言って春を売る商売が公然とありました。

しかし最近15年ほどの間に当局が取り締まりを厳しくしたことでこういう商売は縮小したと言われます。反面、そういう商売をしていた人の一部が日米に流れて問題になり、あるいはそういう商売をしていた人が高齢化し、地下に潜ったりしてやっぱり問題になっています。

取り締まり自体は間違いでないのですが、取り締まられる側の社会復帰がまだまだなんですね。

差別的表現を承知で言うなら、低所得層は「女の子が生まれると喜んだ」という貧しい頃の負の遺産とも言えるかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国の報道によれば、3月末、ソウルにある世界遺産、チョンミ公園一帯で売春をしていた高齢者の売春婦を当局が一斉に検挙したそうな(書類送検)。事の発端はBBC。韓国の負の部分である高齢者の売買春を取り上げた番組を放映したこと。
これに対する批判の声が警察当局に届き、警察も腰を上げたというもの。おばさんたちは「バッカスおばさん」と呼ばれていたそう。警察は地元自治体や老人会、自衛組織などと協力して一斉検挙に踏み切ったそうな。

参考バッカス
リポビタンDに似てるとか言わない。偶然です。



写真で見たとおりだけどwバッカスとは、日本で言えば「リポビタンD」みたいなもんかな。販売開始から50年を過ぎ、韓国国内で年間150億円を売り上げる、このテの商品としては韓国における「お化け」商品。(参考までに。リポビタンD発売1962年バッカス(の液体バージョン)発売1963年。
いや、別になんも言うことはないけどね(^^♪


おばさん(春を売る人)は公園であたかもバッカスを売るふりをして、別のものを売ってたと。
チョンミ公園一帯は爺さんたちが囲碁をしたりだべったりする場所になっていて、そこで需要と供給がバランスとれてたんですな。



韓国のネットでは、「ついでにバッカスおばさんも世界遺産登録したらいいのに」との声も・・・
しかし、70近くになってもそういう商売というのは考えさせられるものがありますね・・・。

日韓首脳の共通点

水と油の日韓首脳だが、共通点がひとつある。自分を批判する人間を決して許さないことだw

韓国のある教授が、韓国の外交部の圧力を受けて謹慎処分なのが話題に。

韓国政府は米中の間を上手くバランスを取ると称して「戦略的曖昧さ」という方針を取るわけだが、くだんの教授はこれを単なる決断力のなさ、として批判してきた。これがおもしろくなかった韓国政府は大学に圧力をかけて教授を謹慎させた模様。大学も補助金もらえなくなるんは痛いしね。

もちろん、当の大学側は圧力を否定する。どっかの日本のテレビ局と一緒だわなw
圧力をかける方は証拠を残さないように圧力かける。これは鉄則。言外に「わかってるよな」とやるんだから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただしこの方法はやればやるほど敵を作る。
案外崩れるときはそのへんから崩れていくのかもね。手のひら返した時は人気者も脆いものだから。

安部総理がいなくなると株が下がるんだろうから、それは痛いけどね。損ときは空売りするか。

2015年4月2日木曜日

アメリカ、慰安婦=人身売買で「手打ち」。韓国政府はしごを外される。

安部首相のアメリカ議会演説に際して「執拗に戦争責任を認めるよう」追求してきた韓国。(よく考えれば、日米外交になぜ韓国政府が口を出すのかは不明)。

慰安婦に対しても強制的に集めたことを認めるように日米に要求してきました。これに対しアメリカ政府は従前「セックススレイブ」というきつい言い方を使っていましたが最近は軟化。また安倍政権下では強制性は認めない態度でした。

ここに来て安部首相が「人身売買」という言葉を使ったことが、注目されます。つまり、「意に反して連れて来られた慰安婦が居た」と認めた一方であくまで国家として強制的に慰安婦にしたものではないとの受け止め方ができる「玉虫色」の発言です。

韓国政府はこれに対して「責任逃れだ!」という立場を示しました。

一方アメリカ政府高官はこのアベ発言を「評価」。つまりアメリカは「人身売買を認めた日本政府がそれについて遺憾の意を示すこと」で「手打ち」としたのです。韓国政府はこの件についてはこれ以上騒いでもアメリカの支援は得られない、ということでしょう。韓国は完全にはしごを外された形。

韓国政府は「外交的敗北感」を感じているでしょう。

でもそもそも「誰と何を戦ってるの?」という感じはしますけどね。
外務省は「GJ」ではありました。文案考えた人お疲れ様。

2015年3月31日火曜日

「お化粧買い」あるやなしや?

得てしてお化粧の買いを期待するとろくなことはないんだがw

お化粧が入るようなら来年度序盤は期待できるんじゃないかな。

一方で債権と為替がちょっと変調のようなきがするのが波乱要因???

嫌な感じはしないではない。横目で見ながらのトレードになるんだろう。要注意

韓国も戦闘機の自主開発、生産へゴーサイン

いわゆる、「韓国型戦闘機(KF-X)」の開発で、韓国航空宇宙産業(KAI)が「優先交渉企業」に選ばれました。KAIはロッキードマーチンと組んでおり、ロッキードはある程度の技術移転を約束している模様で今後契約条件が詰められます。KAIはすでにT50の生産で実績があることも優位に働いた模様。(ただしローッキードはステルス技術は出さないとの見方)
図はKAIが示した開発案の一例。機首部分やキャノピー、ジェットエンジンの空気取り入れ口などの形状、テーパー翼(先が細くなる翼)の形もろもろが先行するF22やF35の形をパク・・似ていて、ステルス性を意識したことが分かります。(この形状で電波を拡散させてレーダーに映りにくくしているんです。この形がレーダーに映りにくいらしいというのはすでに1985年代(F22などが開発スタート)には知られていますし、コンピューター解析すれば結局同じ形になるんでしょう。
あとは電波吸収材を貼ったり。
ただ、エンジンの噴射口が普通の丸型で可変ノズルになっていないなど、まだこのへんは開発が進んでいない、もしくは目一杯好意的に解釈すれば「隠している」ということになります。


なお、KF-XはKF16(F16の韓国向け仕様)あるいはすでに退役が進んでいるF4,F5等の代替に120機を調達する予定。10年間かけて開発し、7年間かけて生産、その後最大30年ほど使い続けるという息の長いプロジェクトになる。開発が成功すれば輸出も考えている。

韓国はすでにF15-Kを導入して配備し、F35も今後購入予定。これらの「主力戦闘機」を数でカバーする機体としてKF-Xを当てるつもりのようです。前も書きましたが、少数精鋭の強力機と、性能は少し落ちるけどその分を数でカバーする準主力機で戦力を構成するのはアメリカやロシアもとってきたオーソドックスなやり方です。一時期の日本みたいに「最新鋭のF15揃えてみました」ってのは若干異質なんですな。

言い出しっぺは金大中元大統領で、2001年に言い出した話。
その後紆余曲折がありましたが、ようやく企業体の選定まで進みました。(2008年には計画は一旦白紙化されたとも言われている。また、一時期トルコが開発費用の20%を負担して共同開発になる予定だったが、トルコがこれを翻した過去あり。韓国の戦車を買うつもりだったが、大失敗したトルコが再び戦闘機で失敗することをさけたとみられます)。


2020年台中の生産開始を念頭に入れており(韓国政府は2023年に量産に先立って先行開発機をロールアウト、2025年量産開始と言ってるが、おそらく韓国政府もそれに間に合うとは信じていない)、2050年台まで使用される見込みになっています。単座双発エンジン(もしくは単発の場合でも匹敵するような出力。現在は単発エンジンに傾きつつある模様)を想定し、現在のF16の行動半径の1.5倍、対地、対艦攻撃を含むマルチロール性、戦闘機としては高速迎撃能力と超音速巡航能力が要求されてます。

いわゆる第4世代と第5世代の間くらいの要求(4.5世代)になる感じですかね。ここが自主開発によるマイナス面です。同じお金出せばF35(第五世代)は買えますが、それでは韓国企業が育たないし、部品の調達も不安が残ると。
量産化の暁には周辺国への輸出も視野にいれています(韓国はすでに高等練習機T50やその派生型の軽攻撃機の輸出実績あり)またインドネシアとの間で輸出なり共同開発しようという動きはまだ続いています。


開発企業選定には大韓航空を中心としたグループも競っていたのですが、ここは脱落。否定はされますが「ナッツリターン」の影響がゼロだったとは言えますまい。(最初に大韓航空と組んでいたボーイングはナッツリターンと前後して自主的に「降りた」)

兎にも角にも優先交渉企業が選ばれたことで、生産まで含めると総額2兆円を超えるプロジェクトが動き出すことになります。

明らかにF35なりその他の戦闘機を買ってきたほうが安上がりですが、「自主開発、生産」を行うことで、今後20年間の経済波及効果は20兆円、30万人の雇用拡大効果を見込むとか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国マスコミが不安視しているのはやはりエンジンの自主開発とレーダーの自主開発。このへんは「門外不出」の製品アメリカ(ロッキード)から技術移転を受けるのは難しいと見られます。更にはそれなりのステルス性が求められますがどこまで可能かどうか?

そのため、結局は「ガワ」は韓国で生産するけど大事な中身は結局高い金をだして買わされるハメになるんでは?という味方も根強いんですが。。。そして輸出はうまくいかないと。

戦車も満足に作れない国に戦闘機が作れるんかいな?というツッコミもあるけどね。



2015年3月30日月曜日

八千代が買いかというと、そうでもないんだろう。。。

しつこいですけど、ホンダからS660(エスロクロクマルとよみます)が発売予定。

軽自動車だけど、200万円超えの価格、ほとんどトランクがないという実用性の低さ、軽自動車なので64馬力しか無いという不満。一方で絶賛のシャーシーの出来、高性能なのに乗り心地抜群、デザイン性の高さ、各部分の質感の良さでマニアック人気を集めているようです。
「軽規格のスーパーカー」という褒め言葉まで。また、ターボエンジンは100馬力くらいまで改造できる余地があるとかないとか。そうなると楽しいのは楽しいでしょうね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生産はホンダの協力会社八千代工業で手作りに近いとか。一日40台位しか作れないみたいですね、フル生産で。八千代工業からしたら、フル生産なのはありがたいんだけど、ものすごく貢献するかというと微妙なところ。そしてこの手の車は「行き渡ったら」ぱたっと売れ行きが落ちる可能性がある。初代NSXとかもそうでした。その後どうやってラインを維持するかとか難しい。

八千代を買うのはちょと難しいかな。

壊れたっていいじゃない。レースだもの みつお(嘘)

ホンダ、リタイヤでポイントならず。エンジンはパワーを少し絞れば完走できるが、それではレースにならない。全力で走るとまだ完走できるレベルにない。

なら、壊れるまで走る車と壊れるギリギリのセットで走る車でデーターを取りながら走るしか無い。(F1は現在、認められたテスト以外は実走してデータを集めることが原則としてできないから)
そして、エンジン改良にも制限があるが、信頼性向上のためなら改良が認められる部分もあるそうな。

ならどうせ最初は勝負にならないんだから、ぶっ壊しながらデータを集めて「信頼性向上」のためのエンジン改良を認めてもらうしか無いんだろう。
いかに色々データを得るかトライアンドエラーが続く。

壊れたっていいじゃない(というかわざと壊してんだなw)

頑張れホンダ(一応郷土愛はあるので。株は絶対買わないけど)

表彰、ジンクス

うちのとおちゃんが公務員時代の功績で表彰されるらしい。

とおちゃんの父ちゃんも学校の先生で同じような賞をもらったそうだが、どうやら父ちゃんのほうがランクが上らしい(小学校と高校の違いもあるんだそうな。小学校の校長先生のほうが数多いからね)

父ちゃん、爺ちゃんの死んだ年を越えて、ようやく自分の父を越えれたと。

僕は一生かかっても父ちゃん超えれないねーw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5月に東京まで来る用事ができたわけだが、晴れの舞台なので母もついてくるらしい。着物どれにするか父ちゃんより母ちゃんのほうが気合入ってるかw

で、問題なのは母が上京するとピンポイントで株価が急落、場合によっては暴落するというジンクスあり。
5月、12,13,14日がXデーw特に東京に泊まる13日が危ないか(^_^;)

2015年3月29日日曜日

暴落注意

いろんなジンクスがあるが、僕が持ってる強力なやつで、僕の母親が東京に来ると株が暴落するというのがある。

5月12日から3日くらい父ちゃんが表彰されるのに東京に来るので母もこっちに来る。

急落注意なのだ。
割とマジで