2014年11月15日土曜日

使わないという選択肢

サッカー日本代表勝利。

僕はサッカーは素人だが、バスケットはやってたんでそこそここの手の点取りゲームには詳しい。(どっちかというとバスケやるなら選手はダメなんでコーチやりたかった。このへんは高校でバスケの監督やってた父親の影響)

サッカーでいうところのオーバーラップという戦術がある。

一般のボールゲームでは守備的選手と攻撃的選手というポジションを作って、陣形を決めておくのが一般的。そうじゃないと一箇所に人が固まってしまって効率が悪くなる(守備では穴ができる)

しかし、ある約束事を決めておき、わざと守備的選手が走りこんで攻撃的選手の前まで出てくることで攻撃選手を一枚増やして数的優位を狙うのだ。

この時、守備選手はいつもより多くの距離を走らなければいけないし、守備の選手が前に出ることで守備が一人減る。さらに守備選手が攻撃参加するのはいいけどその選手が攻撃(パスやシュート)が下手だと、せっかくリスクとって攻めたはいいけど、点数に結びつかないなら単なる無駄走りだ。

こういう戦術が出来る守備選手は、走力があり、守備をこなしながら攻撃力もあるというある意味非常に優れた選手でないといけない。チームとしては守備選手をイチかバチかで前に出させている間は容易にボールを失ってはいけないという決まり事を決めておく。(ボールキープ力がある選手でボールを回すとか、不用意なパスをしない、最後はシュートで終わらせるようにし、シュート打ったらリバウンドに参加しない選手はすぐに下るように徹底とか云々)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日のサッカー代表では、内田選手が度々オーバーラップを見せた。

おもしろいのは、ラストパサーを務めた本田選手は内田選手のオーバーラップを知っていながらことごとく内田選手を「無視」して他のフィニッシャーにパスを供給した事。

結果だけを見れば内田選手のオーバーラップ(相当疲れるはずだ。一番後ろから一番前まで出てくるんだから。全力疾走で)は無駄に終わった。しかし昨日に関してはそれは無駄ではない。
内田選手が出てくることで相手選手は複数の人間を見る必要があり、開いたスペースに他の攻撃手が入ることで(しかも相手のディフェンスが甘くなる)点数につながったといえるから。


株もそうかもしれんね。複数の手法を予め用意しておいて、複数の手段の中から最適なものを選ぶという手順。他にも選択肢が用意されているからこそ正しい道が選べるというか。

会社経営というか、仕事でもそうかもしれん。次の一手が用意されているかいないか。うまく行ってる時は見えない「他の人間が無駄かもしれないけどやるべきことをやっている」というマネジメント。サッカーを見ながらそんなことを考えた。

「ボールは回ってこないかもしれないけど、予め決められた約束で走る」
走ることの大事さと、いつどうやって走るかと決めておくマネジメントの大事さ。
そんなことを思うのでした。

2014年11月11日火曜日

DQN返し。韓国歌手夫婦を日本が入国拒否w

2ちゃんねるなどのネットスラングでDQNという言葉がある。「ドキュン」の隠語。もともと目撃ドキュンという番組があったのだが、そこに出てくる出演者が元ヤンキーで、少なくない人物たちが非常識と思われる言動を繰り返したことから、非常識な人をドキュンと呼ぶようになった。これが転じてDQN、またはドキュソ、更に転じてDQSなどとも。。。

形容詞化もしていて、ひどい会社のことをDQN会社とか、いわゆる荒れた学校のことをDQN高校とかDQN大学と表したりもする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
近所の人や嫁姑などに非常識な仕打ちを受け、さらにそれに対してこっちも非常識手段に訴えることをDQN返しという。2ちゃんねるなどにいけば専門のスレッドが立ってたりする。いろんなまとめサイトもある。。。

自分がやったことはまずいことだが相手がやってきたんだからいいよねってなくだらない争いが見える。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、日本政府は韓国の歌手イ・スンチョルさんを羽田の入国管理局で入国拒否?した。表向きは20年ほど前の薬物事件を理由にしたようだが、そんなんこと言ってたらビートルズの何とかさんは入国できまい。イ・スンチョル氏自身も薬物事件の後日本に入国している経緯がある。

今回の拒否理由は(日本政府は認めないかも知れないが)明らかに彼が独島(竹島)でコンサートを開催したことに対する日本政府の嫌がらせ。まえ、日本の政治家が韓国に入国拒否された仕返しも含まれてるんだろう。

「調子に乗るなやボケ」

って感じなのでしょうか。

明らかに低レベルな行為ですが、そういうのも含めて統治だから。
入国管理局、政府の顔色見過ぎ(まるで韓国の政府機関みたい)とは思って危険な匂いはするけどね。

2014年11月10日月曜日

自動車評論家の徳大寺さん死去

有名自動車評論家の徳大寺さん死去

有名な話だが、徳大寺さんは間違いだらけのクルマ選び(メーカーに対して歯に衣着せぬ)を出版する際に行う際に、自動車メーカーに睨まれたらまずいということで、出版社側が配慮して「ペンネーム」を使って本を出した。

もちろんすぐに身元は割れて一旦は干された。

しかしながら出版社の一部が彼を起用したこと。さらには日本の自動車メーカー側も批判を真摯にきこうじゃないかという態度を取ったことで自動車業界においては批判的なマスコミも許されるようになった。

こと自動車マスコミに関してはいろんな批判的な意見を見ることができ、それは投資家の判断材料としても十分に役立ちうるものになった。そして批判を甘んじて受け入れた自動車業界は批判に答えて発展を遂げた。

もしもあえて苦言を呈する自動車マスコミと、なにくそと思って改良を続けるメーカーが居なければ日本社のいまがあったかどうか?


そんなことを思うのです。

その意味で彼は自動車業界の、そして投資家や証券業界にとっても大きな恩人だったといえるんではないだろうか。

合掌

ニコンのポリシー

御嶽山で被災し、ボロボロに成ったデジタル一眼レフカメラをを、ニコンが自費で修理、更には読み取れなくなったデジタルデータまでも修復して遺族に返却し話題になっている。

主要部品を破壊されてほとんど修理不可能と思われるカメラを蘇らせたニコンに素直に感動する。

ニコンのサービス部門は修理困難なボロボロの状態から何日もかけ、新品同様に蘇らせた。基盤やミラーボックス、レンズ、ファインダー破損というからほとんど新しく作ったほうが早かったかもしれない。新しく作ったのではなく「修理」したのだ。

読み取れなくなった記録媒体は、専門業者に出して修復(費用ニコン持ち)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遺族にとってはかけがえのない遺品であり、、まさに「宝物」であると思う。カメラを受け継いだ娘さんはこのカメラで幾つもの写真を撮ることだろう。

損得なし(もちろん、こういう美談になればそれはお金では買えない価値があるという話はさておき)に修理したニコンの中の人の心意気に感動するのだ。

僕は今はニコンのカメラ持ってないけど(過去は復刻版S-3黒とか持ち歩いてた)こういうエピソードも含めてブランドだと思うのだ。「僕はあのニコンを持っている」と誇りに思えるカメラ。そういうブランド。カメラはただ写真を撮るだけの為のものではない。携帯電話のカメラ機能は便利だけど、僕の中では未だ「カメラ」と携帯電話の間には越えられない一線が存在する(べき)だと思ってる。

その壁がこういう「心意気」で出来てるんじゃないかと思ったりもする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

古来、カメラは戦争や自然災害の現場で様々な映像を切り取り我々にその画を見せてきた。
振り返れば、朝鮮戦争の時にその優秀さを示して評価を高めたのがニコン。湾岸戦争で砂嵐の中で壊れることを知らずに評価を高めたのがキヤノン。

噴火という悲惨な環境の中で写真を残したのもまたニコンだったと言うわけ。壊れたカメラを蘇らせた出来事はカメラユーザーの中では「名声」としてニコンの歴史に刻まれるんだと思う。

ニコンのカメラ事業は今は逆風だけど、逆風を越えてもっともっと頑張って欲しいですね。

代襲相続(遺贈された人が、遺言した人よりも先に死んでしまった場合)できるか?

遺言でおまけ。

これは僕が大学時代に親族相続の期末テストで出た例題(多分そこそこ有名な判例の改題だと思う)なのだが。。

自営業者である被相続人Aには子供Dがいた。Aは兄弟B、及びBの息子Cと3人で自営業を営んでいた。Aは自営業に関する財産については、自分が死んだらBに遺贈する遺言を残していた。

ところが、BはAよりも先に死亡。その後遺言は書き直されないままAが死亡した。

この場合、Bの息子CはBが遺贈されることになっていた財産について代襲相続することができるかどうか論ぜよ。云々。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余談です。

法律論的には色々な説があるので意見は分かれます。法律の問題の記述式の答案は「出来る」とか「できない」が正解なのではなく、出来る根拠やできない根拠を並べてその根拠を潰す、あるいは自分の主張する根拠の良さを並べることで答案を書くことです。。

極端に言えば、判例や有力学説、あるいは少数学説のすべてを知っていて、その中から自分が主張する結論を選びその正当性と異なる説の欠点を並べることが得点になるわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかしながらこのケースについては、今現在の日本の「判例」はBの子供CはBが遺贈される事になっていた部分について権利(代襲相続)を主張できない、という結論です。このケースの場合は三人で商売やってきて、おそらくAの意志としては兄弟と甥で三人でやって来たので、この部分についてはj自分の息子Dではなく兄弟たち(BC)に残してあげよう、という気持ちがあったとは思われます。(なので意思をくんでCは代襲相続できるという有力学説も有ります)

しかしあくまで遺言には「B」に遺贈すると書いてあるのでB」がAより先に死んでしまった以上、この部分の遺言はそこで効力を失う。Bの息子Cには何ら権利は無い、というのが判例です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
色々考えると気持ちとしては、若干理不尽な気もしますが、これが判例である以上はしょうがない。(実務としては、Cに権利がないということ。答案をどう書くかはしつこいけど別の問題)
判例の結論の理屈も通っています。

じゃあこのケースはどうすればよかったかといえば、遺言作成時に(遺贈したい財産を)「自分が死んだら、Bに残す。もしも自分よりも先にBが死んでたら、Bの子供のCに残す」っていう二段構えの遺言にしておけばよかったんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これは極端な例でしょうが、もしもパーフェクトな遺言を残したいなら専門の行政書士や弁護士を通して公証人を建てて公正証書の遺言を残した方がいい、という理由はここにあります。ちょっと忘れがちな「穴」を予め塞いでおいてくれると言うわけです。遺言を専門とする行政書士や弁護士、公証人に相談すれば、そういう知識が有りますから、あなたの意図、意思をくんで漏れがないようにアドバイスしてくれるはずですから。。(あくまで、遺言や相続を得意とする専門家に頼むのがポイントですけどね)

配偶者が亡くなった場合の相続。意外に知られてないんだな。

知り合いにふと聞かれた。相続の話なんだけど。。。(個人情報なのでわざとフェイク入れてます)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その夫婦は子無しの熟年夫婦。すでに双方の両親は他界。奥さんの財産て言ってもほとんど持ち家(マンション)くらい。で、あるところで、相続対策したほうがいいよって言われたらしいんだが。。。


その夫婦の奥さんには結構年上の兄がいたのだが死別。で兄の子供が一人存命。
もしも奥さんがなくなると、奥さんの財産の4分の1は兄弟の子供(甥)に相続権が発生するけど、奥さん、マンションが財産のほとんどだから、何も手を打たないとあとで相続大変だよ?ってある場所で言われたらしいのだ。

ダンナ曰く、なんで何十年も会ったこともないような甥っ子に相続権が出てくるのと。子供いない夫婦の片方死んだら、全部残りが相続するんじゃないの?と。更に、あるいは奥さんより先に俺が死んだら、俺の兄弟にも相続権が出てくるの?と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結論から言うとある場所で言われたことが正しい。

夫婦の相続の場合、例えば奥さんが死んだとする。子供がいれば夫が2分の1を相続し残りの2分の1を子供が分けて相続する。
このパターンが有名なために、子供がいない場合には「法律上は夫婦以外に相続人が出てくるケースが有る」ことを知らない人が非常に多いのだ。

夫婦に、子供がいない場合で、夫婦の片方が死亡する。もし死亡した被相続人に親が存命なら死亡した人の親に相続権がある。例えば奥さんが死亡すると旦那さんが3分の2、奥さんの親が3分の1を分けあって相続することになる。子供がいないと夫婦以外にも相続人が出てくるのだ。

更に。子供がいなくて、親もすでに死亡していた場合。今度は死亡した被相続人に兄弟がいれば兄弟に相続権が出てくる。夫婦の内奥さんが死んで親がすでに死んでいて兄弟がいる場合。旦那さんが4分の3を相続し、残り4分の1を奥さんの兄弟で分けることになる。。。

旦那さんに聞かれたケース、夫婦で先に無くなった方に親がなくて兄弟がいれば、兄弟に4分の1の相続権が出てくるのだ。

まあこのへんまでは案外知ってる人も多いか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
じゃあ「すでに兄弟が死んでしまった場合」は???こっから先を知っている人はなかなか少ない。このへんになってくると親族相続を真面目に勉強した人くらいしか知らんだろう。行政書士だってこの辺を手がけてる人じゃないと知らん(見落とす)のではないかな?

兄弟がすでに死んでいて、その兄弟に直系卑属(子供とか孫ね)がいなければ問題無い。もう相続権者は出て来ないので奥さんが死んだら旦那さんが全部相続できる。

しかし、夫婦に子供がなく、親が死んでしまい、兄弟姉妹もすでに亡くなったが、その兄弟姉妹にに子供がいる場合(まさに僕がちょっと聞かれたケース)は違う。子供(亡くなった人から見れば甥や姪)が親(なくなった人から見ればの兄弟)の相続権を引き継ぐのだ。代襲相続という。

なので何十年も会ってない(こうなると他人みたいなものか)甥や姪に相続させてあげなければいけない、ということが発生するわけです。云々。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、ここからが自称法律に詳しい人、じゃなかった行政書士のアドバイスです。

このケースでは最も有効なのが遺言の作成でしょう。財産は全部旦那に残すようにするか、あるいは少しだけ法定相続人に残すような遺言を作るのです。。

法定相続人は法律で決められた取り分の更に半分は貰う権利を保証されているケースがあります。遺留分といいます。100万円法定相続の権利がある場合、遺言で「お前の取り分はゼロ」と書かれていても、法定相続権利の半分50万円は貰う権利があったりします。

しかしながら、兄弟姉妹(やそれを代襲相続する甥や姪)に関しては遺留分の適用がありません。法律でそうなってるから。

なので予め兄弟姉妹や、甥姪には相続させないよ、という遺言を作成しておけばいいのです。
全くゼロにするのは心苦しいのなら、気持ちだけでも残しておくことがいいかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
重要なのは、法的に完全に有効な遺言を残すこと。ベストなのは弁護士や行政書士などを通して公証人立ち会いのもとで公正証書である遺言を作ることです。

(遺言があれば、相続権者は遺留分以上の主張はできません。遺留分が無い相続人は全く相続する権利がないことになります。しかし、「その遺言が有効かどうか」を争う権利は残ります。世のかなの財産争いの中でも多くを占めるパターンといえるでしょう。)

公証人というのは裁判官などが退職した後勤める「公務員」で交渉人が作成した公正証書は裁判で闘ってもほぼ100%くつがえりません。というか公正証書があることを見せれば相手方の弁護士も諦めるでしょう。

何より、公証人が立ち会うことで「無理な」遺言を作ることを避ける事ができます。
よく子供がいて、でも全財産他に寄付する、という話を(ドラマとかで)聞きますが、遺留分を考えれば財産の半分は子供に権利が残るわけです。それならば、遺言は「半分は子供に残すが、半分は寄付する」とするのが正解。もめる余地が限りなくゼロになるから。結果的にはそのほうがスムーズに行くわけです。

あるいは、公正証書の作成時は必ず立会人がつきます。あとから、「あいつはすでにボケてたから遺言無効」とか他の相続人に騙されて遺言書いた、とか後々訴訟を起こされても立会人がついていれば、負けることはありません。
これが公正証書でない遺言だといくらでもケチのつけようがあるので、たとえ裁判で勝てたとしても長々と嫌がらせのように争われる可能性もあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

公正証書を作るのに必要なのはもろもろで20.万円くらいかな。
もしも後々もめるのが嫌ならば、こういう手段を考えるべきですね。

公正証書にするのが面倒な場合は、遺言の書き方、という本を買ってきて間違いない遺言の作成を。。。。

このへんは相続財産の金額とかによって選択肢が変わってくるんでしょうけどね。
(20万円は高いけど、本当に裁判になったら、自分が拘束される時間コストを考えれば安いもんです)

かれー臭

まあ、なんだ。オチはバレてるか。

奥さんが聞いてきた、インド料理のお店に二人で行ってきた。ふたりともそこまで調理リに詳しくないので、カレーとか色々種類のはいったセットメニューを頼む。

からさを選べるので「普通」を選ぶがそこそこスパイシー(ジャワカレー中辛くらいかな)。さすがに奥さんが美味しいと聞きつけてきただけあって。美味い。なるほどなあと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて今朝起きると。体からカレーの匂いがするw恐るべし本場のスパイス(ターメリック?)

ちょっと考えてしまう。でも美味しかったから、また行くな。


ーーーーーーー
江戸川区はインド人の人が多いことで知られています。元々インドから日本に来た顔役みたいな人が江戸川に住んだせいで、日本に行くなら江戸川区、みたいな流れがあるそうで。
そのせいもあって江戸川近辺は美味しいインド料理のお店が多いそうですにゃ。

オススメです。