2014年4月12日土曜日

まあ、空売りできないから上がるんやけど

チムニーの株価
よーしらんけど、いわゆるTOPIX組み入れ期待でばかすか上がったんでしょう。空売りできるならここは空売りしたいところです。実体以上に買われていますからね。


残念ながら、この株は信用銘柄で空売りの扱いはなし。指を加えて下げるのを見ていくことにしましょうか。もしも見事にこの株を持っている方がおられましたら、そろそろ潮時ですと。

売られる過程で売られない?株

今週最初に書いたように、世界的にモメンタム銘柄が下げています。こういう株を持っていると、ファンドの運用者は指数に勝てないので売らざるを得ない。なので下げが加速する。悪循環です。

さて、こういう株が売られる時、ディフェンシブと言われる銘柄が買われることが有ります。あるいは今なら利回りが良かったりPER,PBRで割安と言われる銘柄が買われたりすることが有ります。


というのもいわゆるファンドの多くが「資産を現金で持つ」ことを制限されていることが多いから。例えば資金の80%を株で運用しますと歌っているとします。
下がる株を売るのはいいけど、売った現金は規定でまた株にすることになるわけです。一部の株はそうすると「みんなで下がらない株を買う」動きがでて逆行高になったり、下げ幅が少なかったりするわけです。



リーマンショックの時は「ロング・ショート戦術」(割高な株を売って割安な株を買う)をとっていたファンドが、解約に備えて「泣きながら」「割高な株を買い戻し、割安な株をぶん投げる」動きを一斉に行ったために「マタ裂き」が拡大するなんていう現象が起きました。いまはモメンタム株(成長期待で割高に買われた株)を売ってディフェンシブ銘柄をそのお金で買う動きが出ているはずです。

でもこのまま「株価」が下がっていくならいずれそうやって買われたバリュー、ディフェンシブ銘柄も解約売を浴びる可能性が有りますけどね(過去日記参照)

もちろん、下げきったその場所で我々はたんまり現金を用意して本当に価値のある株を買い漁ればいいのです。それはまだ何年か先のお話。(リーマン・ショックが終息するのにも何十ヶ月かかかってます、今回の下げも同じくらい時間がかかるでしょう)

新料金プラン

ドコモが新しい料金プランを発表。話題は通話し放題のプランと家族で10ギガのデータ通信を分け合うことのできるプランになろう。

背景としては無料通話アプリの流行とデータ通信料金高杉という声。技術的にはVoLTEという技術(音声をLTE信号=パケットにして飛ばす技術)の進展が有るわけです。

単純に考えれば「電話ばっかりする。家族でドコモ。そんでもってデータ通信はそれほどはしないなあ」という人にはお得です。

でも僕のように「ドコモ回線は自分一人。結構データ通信する。友達いないから会話しない。せいぜい奥さんに」というような人間にはあまりメリット有りませぬ。

というかふざけるなという感じでしょうかw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん、いまから始まる値下げ競争の嚆矢にすぎないんでしょうが、まだまだ不満の多い話であ有りますね。出直して来い、でしょうか。

株価にはでもマイナスの影響でしょう。通信三者にとっては。これから、泥沼の戦いが始まります(♪ ビフォーアフターのてーまで)

2014年4月11日金曜日

軍事力は増強せざるを得ない、んだろうね

ヘーゲル長官が中国を訪問。中国は異例にも「戦争も辞さない」と直撃弾を飛ばした。

これに対してヘーゲル長官は真っ向からは対決せず。「アメリカの衰えを見せる格好」になってしまった。

結局、中国が狙うのは尖閣諸島ではなく沖縄の米軍基地までだろう。ここまで抑えて中国は初めて血を流した分の配当を受け取ることができる。空母もミサイルも初めて元を取ることができる。日本が目的ではない。西太平洋で覇権を握ることが目標なのだから。



おそらく、今の政権が「右傾化」と言われながらも集団的自衛権を強化し、武器輸出三原則を緩めているのは「間違いではない」。今やらなければいずれ日本は中国なりロシアなり、あるいはその他の国に軍事的圧力を受けることに成る。いまやらなきゃいかんのだ

間違いなく軍事調達額は増える。もちろん無尽蔵に増やす訳にはいかない。選択的に武器を選んで一点豪華主義での調達に成るだろう。

上手く読めば、儲かる株もあるかもね。なかなか難しいけれども。
ミサイルや空母の脅しに屈しない防衛用の武器の調達額は増えるだろう。おそらく中距離ミサイルの開発にも20年後には乗り出すと思う。1000km程度の射程を盛った地対地、もしくは数百キロ飛ぶ艦対地ミサイルとか。そういう時代がかならず来る。それが米国が衰弱していくということなのだと

ナスダックはトレンドラインを下にブレイク(数年に渡る調整の可能性示唆)

ナスダックの週足チャートです
リーマン・ショックで下げきった後金融緩和相場でここまで戻して、ついに「天井付けたかな」です。

いったん買う場所。だけれども。。。

急落続く。ここまで下げたのなら一度買い戻したり、リバウンドを狙うところだ。
しかし3月の値段まで戻ることを期待しないように。ある程度戻ったら売り逃げよう。
逃げた後戻ったとしてもそれは「非常に高いリスクの上に立つ利益」だ。

そんなものを毎回取れるわけではないから。

ヒットエンドラン。叩いたら逃げる。これが今の相場のやり方。怪我をしないように遠くから殴るイメージ。殴り合いの接近戦になってはいけない。深く入り込み過ぎないように。上澄みだけすくって逃げる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は何度も言うようにソフトバンク4000円説を唱えています。ソフトバンクストロングセル、で検索するとこのブログがトップに出てくるくらいですからw

でも。もしも

絶対相場は崩れない。もう一回相場は戻る。という信念があるなら、今日の相場の安いところでソフトバンク少しだけ買えばいい。損切りラインを決めて。相場が戻るなら、ソフトバンクも7,800円幅でリバウンドが取れるでしょうよ。

責任は全く取らないけどね。

2014年4月10日木曜日

Jテックは「セリクラ待」

Jテックといえば僕の奥さんのお母さんが夢枕に立って「この株は上がる」としたところ一ヶ月で1.5倍になったいわくつきの銘柄

ところがここんところのナスダックバブル崩壊の影響もあってか、下げが止まりませぬ。株式分割があったせいでわかりにくいですが(値段が変わってる)最高値からは3分の1以下になっています。

一体どこまで下げるんだろうという銘柄。なにせ赤字銘柄なので(バイオベンチャーなのです)読み切るのがつらいところ。しかしながら、技術力だけはある銘柄。どっかでは買ってもいいなと思ってます。
ーーーーーーーーーーーーー
チャート週足
だんだん下げ足を早めているのがわかります。順調に行けば今週中にも更に下げ足を早めて急落「セリングクライマックス」を作る可能性も。。。

1000を大きく切ってくるような急落があったら僕は買ってみようと思ってます。できれば出来高がバカスカできるような無慈悲な下げで買ってみたいですね。ここの会社、玉石混交のなかで「玉」なのは間違いないですから。いまは時代が悪いだけ。いつか大きく育つ。だってフジフィルムの子会社だから。

じっくりその下げをまちましょうか。

2014年4月9日水曜日

2015年第二次朝鮮半島勃発説

一部マニア(まあ僕です)の間では「2015年第二次朝鮮戦争勃発説」が興味深く語られています。

事の発端は真偽は不明ながら北の新しい指導者様が側近たちに対して「2015年以前に最後の決戦を行い、赤化統一を成し遂げると話してきた」と言われていることに有ります。


そのシナリオはこんな感じ。北朝鮮軍は長距離砲を使って青瓦台や国防部を集中攻撃。(そのために「無人偵察機」を使った偵察訓練を行っているのかと。この前、南の領海方面に砲撃を行った際も無人機が飛んでいたのは、おそらく無人機で着弾点を探り、より精密な砲撃を行う訓練だったのではないだろうか?)さらに空港にミサイル攻撃を繰り返し飛行機の優位を奪う。

そののちに戦車部隊(旧式だが数は有る)で電撃戦を敢行。数で劣る韓国軍は対戦車ヘリコプターで反撃に出るものの、最近大量に調達したと言われる携帯用地対空ミサイルを戦車部隊に配備して対抗。短時間で一気に首都圏を陥落させる・・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
北としては「本気では米国は介入してこないんじゃないかというよみ」があるんでないかと。

要するに「なめきっている」んですな。イエスマンしかいない国だからそうなる可能性は捨てきれないのかなと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、関連銘柄は、と(おい

2014年4月8日火曜日

ナスダック

アメリカナスダックの月足です。
4月、まだ始まったばかりですが結構な勢いで下げています。リーマンショックの後、金融緩和で一貫して上げてきました。しかしここまでPERなどが高値示唆をする局面でこの下落。経験則的には「相場が終わった可能性」を考えるべき局面といえるでしょう。こっから誰が買うの?ということです。
 
何度も言うようですが「モメンタム銘柄の終焉」この事から目をそむけてはいけません。一時的にはモメンタムからバリューへ。そして最後はもろともに下落、と。
 
はらみ足からの今月の下落。チャート的にも「下」の足。少なくても3000くらいまでの調整を覚悟する場面でしょう。あるいは・・・・。
 
急落局面のリバウンドを取りに行くのを僕は避けます。むしろ戻るたんびに売りで。トレンドラインを切ってきてから空売りでもいいと思うけど、一旦崩壊すると下げは早いと思う。上昇幅が大きかったところに金融縮小だから。

無人機

韓国で無人偵察機とみられる機体が複数見つかっている。北朝鮮は例によって犯行wを認めていないが無人機とはいえ他国に軍事的な飛行物体を飛ばすのは明らかに国際法違反であろう。

(まあ、韓国も民間団体などが北に向かって気球を飛ばしたりしたので、大きなことは言えないのかもしれんが)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
見つかった飛行機。(翼幅で2mぐらいとか)
この機体が軍事用であることは簡単に想像できる。まず色が空と雲にカモフラージュするように塗られた機体であること。(趣味の飛行機なら、むしろ見つけやすい色にするだろう)胴体が薄く作られ、胴体自信も揚力を得るブレンデッドボディ。翼はアスペクト比(翼の長さを太さで割った値。大きいと揚力が得やすい。グライダーなどが細長い翼を持つのはこのため)は比較的長く、とにかく長い航続距離を狙ったものであること。(趣味の世界ならそんなに長く滞空させる必要はないから)。そして明らかに「量産」されたことを伺わせる成型されたボディ。
北がなにをいっても犯人は韓国と敵対し、韓国の外からこの機体を飛ばし(それも量産して複数)、ピンポイントで回収(海上では水没するので、陸上で)する人間しかありえない、というわけです。全部の飛行機が落ちるとは考えにくい。3個もいっぺんに見つかったということは、おそらくもっと大量の機体が同時期に韓国に飛んできてその一部が故障などで墜落したと考えるのが妥当でしょう。

ちなみにこの機体のエンジンは日本の小川精機(非上場)謹製?と言われてますね。信頼性、燃費、汎用性整備性が買われたとのことですがw購入ルートをあたっていけば案外面白いことに成るんでしょう。当然韓日の当局も動いては居るでしょうね。

自衛隊の装備の人も今頃「日本でも同じようなの作れないか」とか上司に言われてたりしてw(あるいはすでに研究中か)

ラジコンメーカーとかが呼びつけられてたら怖いな。

2014年4月6日日曜日

キーワードはモメンタム銘柄の終焉か

新天地はソフトバンクカラ売りはです。なのでポジショントーク入ってますが、今日のこのブログは大変有用だと思っています。

それは、ITバブルの崩壊とかリーマンショックに並ぶイベントになるのかもしれません。

モメンタム銘柄の終焉です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
モメンタム銘柄はバリュー株の反対かな。期待感からいきおいよく上げてる銘柄。

バイオとかネットワーク銘柄とか。こいつらが小さな崩壊を起こし始めた。そしてこれから大きな崩壊を起こし始めていると。

このことにまだ気がついていない、もしくは気がついていても目を背けていると。


空売りしろとは言わないが、急落を拾ってもろともに沈まないように

事故

建設現場での事故と聞くとドキッとする。うちが事故するかもしれないし、うちが関係する現場で事故が発生することも極稀にだが有る。

この前、沖ノ鳥島で起きた事故。あの壊れた桟橋そのものではないが、桟橋を組み立てるのに使った鋼材の一部(まあごく一部だが)はうちの会社が工場から某港まで運んだものだ。

そしてその港で車から台船に積み込む作業をしてたオペレーターさんもどうやらお亡くなりになられたようだ。

この仕事をしていると常に事故と隣り合わせであることを考えさせられてしまう。株やっててボタン押し間違えて数十億の損害を出すことはあっても、死にはしないもんな。公平不公平と考えないではない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆様のインフラはこういう人達によって支えられています。

沖ノ鳥島(島とは言うけどただ会場に突き出た岩)についてはまたこんど書きましょうか。

奥さんの夢

昨日、奥さんがこんな夢を見たそうです。

「貴方(新天地)が笑いながら私のクビをしめて殺そうとしてきた」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夢は潜在意識を表すともいう。奥さん、僕のことをそんな目で見てたんだな。。。。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近、こんなことがあった。僕の知っている人が実のお父さんを殺してしまったのだ。そして精神鑑定の上で起訴猶予(おそらく精神病院いきだろう)

その数週間前に何回か会っていて、全く普通の会話をしていた。これでも一応精神鑑定とかかじったことが有るのだが(元法学部です)それで「責任能力なし」になるとは思えないしっかりした感じだった(たしかにいきなり泣き出したりする不安定な面はあったが、それは経済的な面から来るもんだと思ってた)

それでも結果は「責任能力なし」。人間というものは実に狭いタイトロープをわたっているようなものなのだろうかと。考えさせられるのでありました。

光景

新天地が自宅(一軒家)の地下駐車場に車を入れていると。僕が車を入れているのをまってか僕の車の目の前の道路をやたら大きな人が歩いて行きました

。外人さんみたいです。でもよく見るとちょんまげ???


なんでちょんまげ???更に良く見ます。どっかで見たような。ああ、琴欧洲か。それなら問題ないか。


。。。。。。。
なぜ琴欧洲????

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
不思議なことが起こると人間かたまります。

(奥さん談。ああ、うちのおとなり、本人はすんでないけど◯◯(有名親方)の家なんよ。遊びに来たのかな)

そういえばそんなこと言ってたような・・・・。その後野次馬いっぱいだったようです。

株券には主に2つの意味がある。

経営に関する「支配権」。企業の所有に関する持ち分。2つの意味が大きい。

例えば、株主総会においては、株数に比例して投票権が有る。それが支配に関する意味というか権利。
会社が解散するときに株数に応じてその配分を受けるし、会社が利益を上げれば株数に応じて配当金を受け取る。それが持ち分的な意味。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
古典的な会社法では、一つの会社の株については「一つの平等なものにするべき」という考え方がある。例えば、株を買いまして過半数の株式を握ったものが株の主導権を握れるのは「株式会社」としては本来当然の姿だと考える。経営権を握ろうとして株を買っていったのに、「残念、実はあなたの持っている株券の10倍の議決権が有りまして、あなたが過半数の株を買っても議決権では過半数超えないんですよ~。という仕組みがいいのか悪いのか?という話に行き着く。

そもそも、大昔は、会社を所有する人間=その会社の経営者だった。しかし、経営の才能のある人と、お金を持っている人は別々であることもある。さらには一箇所からではなく、幅広くお金を集めることはできないか?そうして生まれたのが株式会社制度。お金の出しては直接経営にかかわらないが、お金を出した比率について「経営者を選んだり方針に賛同反対したりする権利を得る」。

だったらこのお金の出しては「持ち分に応じて平等」でなければこの株式会社制度という物の信用に関わる。だから本来は議決権は平等であるべきだし、配当なども平等に受け取れるようにすべき。
これが「古典的な会社法の考え方」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方で会社の経営者の立場からは「ここでお金を集められたら更に会社が発展するのに」(経済全体から見ればそれは経済の発展に寄与する「良いこと」です。でも普通株を発行すると、経営権をその人達に握られてしまうかも。躊躇します。

米法的な会社法はここで「株主の平等」とファイナンスを柔軟に行えるようにして会社を発展させる(ひいては経済活動を活発にする)を天秤にかけて、後者の「ファイナンスの自由度をあげる」ことを選択しているんですね。

余談ですが、昔額面制度を採用していた日本では額面以下で株券を発行することはできなかったですし悪名高いMSCBを発行するにもそういう制限が有りました。いまでは「ファイナンスをしやすくするために」そういうタガが外れてボロ会社が好き勝手にできるようになっています。こういうふうに古典的な会社法のポリシーから「ファイナンスを行いやすくする」(それは既存株主にとっては不利益なことも多いのだが)のが今の会社法の流れです(世界的に)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話題のグーグル。

簡単に言うと、いままでグーグルには二種類の株がありました。普通に流通する「クラスA」と呼ばれる株式。そして創業者たちが持つ「クラスB」と呼ばれる株式。クラスBの株は同じ株数の場合、クラスAの株の10倍の議決権を持つ、と決めたのです。(アメリカの法律では完全に合法)。

株数が増えなければ、そのままでも経営権を奪われる可能性は全くゼロでした。しかしながら株数増加を伴う資本政策を行うグーグルの場合、どんどん株数が増えていくと、支配権を奪われる可能性がアルと。

具体的にはストックオプションの行使、あるいは(株式発行を伴う)株式交換による買収などです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そこでグーグルは考えました。「無議決権株を発行しよう。今後ストック・オプションや株式交換で使う株は新しい無議決権株を使えばいいや」

いま株を持ってる人に(クラスA、あるいはクラスBの株券一株について無議決権株式=クラスC一株を新たに追加します、と)つまり貴方がグーグル普通株(クラスA)を1株持っていたとしたら、新しくクラスC(無議決権株式)を一つ上げますよ、と。もちろんいきなり株数が増えるので元のクラスAの株価も半分になるし、クラスC一株をの株券は議決権がないのでクラスAのよりも議決権分安い、と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今後グーグルはクラスCの株ばかり発効するので経営権を奪われることはない。そんな仕組みが今回の騒動。問題は「そういう仕組」が株式市場をなめきった所業じゃないかということ。実際に訴訟もおきてグーグルはクラスC。が値下がりしすぎた時は補填するとなっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これをきっかけに株価下落というかITミニバブルが始めるんじゃないか?期待しながら見守っているところなのです