2014年2月1日土曜日

優待 ジャスコと高島屋のすすめ

2月は意外に優待銘柄が多い。充実してるのは小売関係かな。

おすすめは僕の奥さんが持ってる「イオン」だ。ただし、この株の場合はキャッシュバックが特殊なので期をまたいで継続的に保有する必要があるんだが・・・。

イオンの株主になるとオーナーズカードというのが2枚おくられてくる。本人用と家族用。そしてそれをイオンなどで使うとお買い物から3%から7%(ただし買い物総額半期ごとに100万円まで)がキャッシュバックされるというもの。キャッシュバックされるには次の半期まで継続して株主である必要があるので一日だけ株主になって権利を取るという事はできない。つまり半期毎に株を保有する必要があるが、100株保有で半年間で最大3万円のキャッシュバックが受けれる可能性があるというのはかなりおすすめできる。(株を一年間、100株保有し続けて年200万円の買い物をジャスコですれば6万円キャッシュバックがある計算です。いまなら14万弱で100株買えますから、ジャスコだけで食料品を買うとか、ちょっとしたものもジャスコで買うようにすればかなり効率よく資金回収ができるでしょう)

特に今、ジャスコは株が安くなっているのでお勧めです。詳しくはジャスコのホームページまで。

(さらに、イオンシネマでは映画館が安くなる上にポップコーンまたはコールドドリンクのサービス券がもらえたりそのほか細かい優待があったりします。映画好きにも実はお勧めかもしれません。優待をしゃぶり尽くせば数年で株の購入金額を回収することさえ可能かもしれませんよ)

あとは一日株主になるだけでいいダイエーも値引きが5%。ただし限度額が低め。ダイエーが近くにあるならお勧めですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小売といえば、高島屋なんかが2月決算。株の値段が高過ぎるのが欠点ですが高島屋の場合はたしか10%の割引が効くはず。一部ブランド物など除外商品が多いのが欠点ですが、こちらも高額商品をお買い上げの予定がある人には実は使い勝手の良い優待かもしれませんね。
百貨店でしか買えないもので、値切れない時。そんな時でも優待カードを使い、百貨店商品券を金券ショップで安く買ってくれば、消費税増税分なんて軽く取り戻すことができるでしょう。

ただし高島屋は最低取得金額が高いからなあ。。。この辺やり辛い面はある。


あとはやっぱり吉牛かw王道だな。

陳腐化

何度も何度も書いたけど、僕の姉は一時期CDやDVDの信号を読み取る光ピックアップという分野の特許の専門家だった。この分野はバカスカ利益を産んだし、姉が会社の利益に貢献したことは言うまでもない。

しかしいまやこの手の光学記録ディスクはPCから姿を消しつつあり、元々の音楽分野、家庭用映像分野からでさえダウンロード、ハードディスク保存という波に押され消えていこうとしている。

部下や後輩から新天地姉(仮名)さんは一体なにを(専門に)やってる人何ですか?ときかれ答えに窮したという姉に僕は「そりゃきっと昔はレコード針の専門家とかいて同じような悲哀を味わったんとちゃうの?」と。時代はどんどん移り変わるからいろいろ新しい専門分野を開拓しないとねえと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新しい幹細胞技術に、まとめてバイオ株が乱舞した。しかし考えてほしい。IPS細胞に変わりうる新技術が出てきたというニュースでなぜIPS細胞関連会社が買われるのか?新しい技術に淘汰される側の会社が。。。


というわけで来週もバイオ株が上がるようならバカスカ空売りで問題無いと思う。
ちょっと無理があると思うのだ。もちろん研究所と関係が深いと言われる会社を売るのは止めたいがw

チャートの帰結 ソフトバンク(9984)の相場終了のチャート

チャート分析をするのにはわけがあります。色んなパターンのチャートがあるわけですが、結果として「よく似た」形の値動きが非常に多く散見されるからです。「シングルトップ」な銘柄の例を上げましょうか。

チャートは去年何回かブログでも話題にしたエイベックスホールディングス7860
ずっとトレンドラインにそって上昇を続けて来ましたが、その上昇に中で最も(速い)大きな下げを記録したところ、それが天井の証でした。今までの上昇の中で最大幅の下落をした株は、通常そこから再度高値を取ってくることはないのです。もう一度上昇するためには時間や値幅を伴う調整を行って何年もかけて相場を「作りなおす必要」があります。

エイベックスが天井を付けた時。決算見込みの数字は悪くなく、いい材料と思われましたが問答無用に売り叩かれました。そう、相場が天井を付ける時はこの株を長く大量に保有してきた人間たちが最初に大量にウリに回ります。その時に少々いい決算が出たり良い材料が出ても焼け石にお湯。関係なく売られます。

逆に言えばそんな下げを起こした銘柄は、リバウンド狙いの対象になっても中長期の買いの対象にはなりませぬ。逆に、戻るたんびに前の最高値を損切り(ストップロス)にして空売りすべきなのです。繰り返します。最大の値下がりは相場上昇の初期の不安定な次期と相場が天井をつける最後に起こるのです。大幅な下げだけを理由に買うことは間違いです(テクニカル的な下げの過熱感からリバウンド狙いで短期の買いを行う場合を除く)

この「トレンドラインを反対方向に抜けることでトレンド変換」という実にシンプルでわかりやすい知識を持っているだけで他の何事も知らなくても相場で儲けることは可能です。ただしそういう株を探してくるのに手間はかかりますが。それだけにそういう株を見つけたらチャレンジする価値があります。

本題

ソフトバンク(9984)のチャート


昨日までの下げは今回の上昇の中で最も早く大きな下げとなりました。もちろん100%とはいいませんがかなりに高確率で「天井を付けた」と思われます。トレンドラインを大きく割り込んだこと。上げの期間がITバブルの大相場の時に匹敵する長さになってきたことなども天井警戒の裏付けになるでしょう

更に言えば「複数のアナリストがやけに強気になり、いまさら目標株価を上げてきたこと」も完全に天井の証wなぜなら有能なアナリストなら少なくとも僕がストロングバイなんて戯言言っている間にリポート書いていたはず。無償のブログ書きよりも半年も遅れて強気になる奴のレポートが当たるはずがない(キッパリ)
ITバブルの時もそうだったし今回もそうでしょう。

ソフトバンク、中立の見立てからストロングセルに変更、としておきます。目標株価は4000円。ただしリバウンドする場面あり。あとは自分の腕とリスク許容度と相談してね。


問題はどうやって空売りするか。ここで売るのは簡単ですが、いくらシングルトップを作ってもさすがに1,2回は反発するはず。まずは試しに少しだけ空売りして売り上がるのが常道かな。

もしも100株だけ売りたい、信念がある、というなら月曜日以降200円幅以上戻すところを見てから適当に売ればいい、そんな感じ。もちろん、新高値は抜かれないし、そこまで持ってかれても(万が一損切っても破産しない、大丈夫)という人はここで空売りしてこのまま下がるのを待つという手もあるでしょう。先輩の金言を載せておきます「絶対に下がると思った株が上がったなら喜べよ。そこで売ればいいんだ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注意新天地はブログ等に記述する銘柄について売り買いのポジションをとっていることがあります。
このブログにおいては相場の見通し予想を行っているだけで該当する銘柄の売買を推奨もしくは強制はいたしませぬ。
投資については自己責任でお願いします

2014年1月31日金曜日

何時売るか?今でしょ、ではないけれど ソフトバンクの売り場書は?

トレンドラインと言うのは実に簡単に相場の方向性を教えてくれる。難しい勉強をするよりもトレンドラインという物を知っていて、そのトレンドラインにしたがって動く銘柄をトレンドライン方向に売買するのが最も正しい。トレンドラインを割り込めばそれは相場が逆向きに動くことを示唆する。

ソフトバンクの週足

下値を結んだラインが一定の角度を持って株価を支えているのがわかるだろう。どういうわけか株価が上昇するときにこのような一定の角度のライン(=トレンドライン)にしたがって上昇し、これを切ってくると相場の向きが変わってしまう。そうでもない株もあるがそういう株のほうが多い。人は変わって銘柄が変わっても古今東西そういうものなのだ。

ソフトバンクの場合もトレンドラインを割り込んだので、ここから最高値を取ってくるのは難しいだろうなあ?というのがトレンドラインを使った相場の判定です。

問題は今日みたいに大きく売られた日に売るのはどうなのよ?という話。実際ディーラーならむしろ今日の500円割れのところは目をつぶって買うべきところだ。50円幅はオートマチックにとれたろう。3000株だったとしても15万円。片手間の条件反射としてはいい売買でしょう

理想はここから戻したところを売るのがベスト。問題は戻らないで下がっていく場合とドカンと戻してしまうケースにどう対応するか。

もう、そうなったら仕方ないと諦めるのは簡単なんだが(実際そうするしかない場合もある)
あとはどこまで損を許容できるか(売り上がるとか、玉を絞るとか)

その辺のテクニックの話はまたいずれ。どっちにしろ、まだソフトバンクを持っている人はどこで諦めるか?そういう局面になってきました。

2014年1月30日木曜日

Ζガンダム

僕は昔、30歳位の時に22歳の上司を持ったことがあります。なにせ相手は5ヶ国語喋れるオックスフォードでた外人です。

そのかれ、どうやって日本語を覚えたか?ガンダム見て覚えたんだそうです(特にΖガンダムw)

彼に限定のスクラッチモデル(秋葉原でたまたま展示販売してた)のゼータガンダムを贈ったら涙を流して喜んでました。「さすがにこれは日本でしか手に入らない」

そりゃまあそうでしょうw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕もゼータは大好き。ゼータには主人公のライバルキャラ(かなり情けないやつだが、戦いとともに成長していく)としてジェリドというキャラが出てきます。そんな彼がジャブローという基地で混乱の中(核爆弾を爆発させて味方もろとも敵を殲滅する作戦に巻きこまれた)、先を争って残り少ない輸送機に乗り込んで逃げようとします。

それまで負傷兵の面倒を見てきた彼ですが、命の危機(残り少ない椅子を巡る争い)のなかでこう言い放ちます。

「これからは自分の力で生き延びろ!運がよければ死ぬことはない」


いや、どう見ても死ぬんですけどね、見捨てられた彼らは。

ジェリドは人並みをかき分けて自分だけでも助かろうと人を押しのけて何とか輸送機に乗り込もうと必死で前を目指します。


資金供給の縮小を続けるアメリカ金融当局の姿にこの場面、このセリフを思い出しました。
つまり、アメリカが資金供給を絞ることで他に死ぬ人間が出てくるでしょう。アメリカはこう言っているんだと思うわけです。「力のないものは死ぬ(ブツブツ)」

必死で助かりたい人間たちの争いの中、殴られるは乗り遅れそうになるはの不運のジェリド


しかし、ジェリドは年下のニュータイプの女性パイロットに手を差し伸べられて幸運にも輸送機に乗り込むことができます。、そう、ガンダム名物「ダメな男をかばって死ぬ女性」、
その中でも屈指のダメンズウォーカー、マウアーさん(19)です。このダメンズウォーカーたちがガンダムの人気の一部分のような気はしますね。

さてアメリカに手を差し伸べる女神はいるのでしょうか?そしてアメリカに見捨てられた負傷兵=新興国の運命は・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
閑話休題
韓国では日本の大使が車をぶつけられる羽目になったとか。

中国のネットではこんなセリフが流れたそうです。
「出てこなければ、やられなかったのに!」

中国人、細かいところまで見ているな~
(Zの主人公、カミーユが一方的に敵機を撃墜しながら言い放ったセリフ。ゼータガンダムには大気圏突入能力があるためバリュートという一種のパラシュートを使う敵機を一方的に撃ち落とした)

中国依存のつけ

日本の話しではなく、豪州のお話です。

豪州というのは、日本からも通貨投機が多いようにここ数年は通貨高するほど好調でした。というのも親中(時には反日)的な前政権が中国と良好な関係を維持し、中国の経済成長に乗って景気拡大を行ってきたのです。しかし最近の中国経済の成長鈍化のアオリをモロに受けてか、景気も足踏み。去年に誕生した今の政権は「どうしたの?」というくらい親米、新日的になりその結果中国と距離を置くような態度を態度を取るとともに「通貨安」を歓迎するような経済の舵取りを行っています。


要するに中国に依存しすぎたんですな。これじゃあイカンと立ち位置を変え始めた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
豪州のお話ですといって書き始めましたが「うん?どっかで聞いた話だな?」そう韓国も似たような立ち位置にいます。中国様のオコボレで景気を維持してきた韓国は中国依存度が結構な水準まで来てしまっています。ここで中国が景気低迷してくれれば韓国経済は相当な打撃を受けるでしょう。日本はそこで徹底的に無視して叩くべきです。なぜなら韓国と日本は経済構造が似てる国。商売敵だから。ここで叩けば次に日本は楽になる。今まで韓国がしてきた嫌がらせのつけですから、今度こそまともに払ってもらいましょう。

戦火を交える戦いではありません。しかしそれは「戦争」ともいうべき苛烈なもの。でも日本は敵国に対してそういう厳しい態度で臨むべきだと思うのです。

今の安倍政権はそこまで見越して「韓国が日本に対して非友好的に振舞うように仕向けている」(あとで韓国切りしても「だって韓国ちゃんから喧嘩してきたんだよ」っていうために)のならそれは100%正解だと思います。サムソンウリ、パナ買いのペアトレードでかてるんちゃうかと。

自動ブレーキの話。銘柄は「目」だろうね。

自動車評論家の国沢氏のブログに日本でも自動ブレーキの安全評価を行ってそれを公開するという記事が出てた

一言で「自動ブレーキ」と片付けるけど、記事の中にあるように性能は千差万別。30キロを一キロでも超過したら全く作動しないものから、70キロの速度で走っていてもフルブレーキングをかけるものまで正確性や性能は本当に開きがある。今まではそれを一緒くたになって「プラス」に評価してきた(もちろん、30キロ以下でしか働かない簡易型でも、ついてないものに比べれば比較しようがないほど)けれど、それじゃダメで、どれだけ性能に差があるのか目に見える形ではっきりさせましょうよと。

今までは国土交通省は「なんでも自動はダメ」という固いお役所発想だったのが明らかに変わってきている。自動化は「国策」なのだ。このままでは世界のメーカーに遅れを取るという危機感がひとつ。自動化によって交通事故が減るというまっとうな理由がひとつ(日本の車全部に自動ブレーキが採用されれば交通事故死亡者は10%以上減るというのが政府の試算らしい)

国策に売りなし。今まで以上に「高性能」の自動ブレーキが必要になっていくことは間違いないだろう。(自動ブレーキ補助金とか保険金優遇とか出てくる日も近いのかもね)

そして新天地が思うには自動ブレーキはアイサイトのような「カメラ型」(夜間には弱いけれど人の判別などには優位)とレーダー型(暗いところでも使えるけど悪天候とかにまだ不利ある)の複合型になっていくのではないか。軽自動車などで盛んに使われている30キロいかで作動する「簡易型」のレーザー型のものはいわば過渡のものでここから画期的な性能向上がなければ淘汰されてしまうとみる(もちろん日進月歩の世界なのでその判断は難しいが)

とにかく「目」だ。各種センサーには未来があると思う。この辺を手がけるメーカーからは目を離してはいけない。

2014年1月29日水曜日

精神的主力株ということで兼松日産7961 こそっと上げました。

昔、名古屋に居た投資顧問のおじいさんが、何度も何度も「宮地鉄鋼」を推すのを思い出したが(壊れたテープレコーダーのようだった)新天地は当分、誰も聞いてなくても兼松日産と言い続けることにします。

20年前のあの熱かった相場よもう一度。。


さて新天地が兼松日産にこだわるのには理由がいくつかあります。
そのサイズ。株数4000万株ほどで180円以下。親会社兼松がその3分の1だかを持ってて市場には出てこない。この株ずーっとファイナンスをしてなくて株数が増えてないのです。株数が長年増えていない株ねらえというのは実はギャンも指摘するところ。そしてそういう株が何年にもわたって下値を切り上げている時。(みんながもう下がらないと思って買い始めているということ)

すでに5年にわたって下値にはサポートが入っています。 しずかに静かにこの株に強気な人々の懐に株が納められていることがわかります。



そして、ずっと赤字だった会社が黒字に変わる時。抑えられていた上値をゆっくり越えて行く時。その株は再び大きな上昇をするんではないかと。


ひとまず170円割れで上昇に転じました。このまま上がっていくなら下値を再度切り上げた形になります。

いまは辺境の株ですから、出来高も少なく、ここを注目している人間なんて数百人にも見たないかもしれません。しかし何だか(かなり気のせいかもしれませんが)引きつけられるのです。潰れたって170円(潰れませんがw)。こそっとこそっと、でも心からの強気としておきます。

今まで、自分の会社の独自技術としてやってきたジオテック(地盤改良)を同業他社にノウハウ公開することで業界標準にすることを目指しつつ、設計や部品等の販売で稼ぐ戦略に変えつつあります。これならより大きな利益を期待できるでしょう。監視カメラ事業が予想以上に伸びていることも追い風です。

責任は全く取りません。買った人が損するのは買った人の責任です。
上がったら僕の手柄です。寄付金でも送ってくださいwお待ちしています。

2014年1月28日火曜日

ネックラインを割ったら売り、なんだけど よみうりランドのチャート。

天井を付けた株、どこで空売りするのかというのは難しい問題ではある。

俗にネックラインを抜けたら売れ、というのがチャートの教科書の基本だ。
某所から勝手に転載。高値をつけた後、361で一旦反発し二番天井をつけた後再度下がってきて361円を割ってくるならそこは売る(空売りを仕掛ける場面でもあるし、買いを持っていたら投げるべき場所だと)言うのが教科書になる。

まあ抜けたと思っても、ここで踏ん張って三番天井、四番天井を作ってから下がることも多いのでここを売り抜くのは慎重であるべきなんだが(ストップロスを置けってことね。)

さて、何度もタネにして申し訳ないんだがこの株だ。

よみうりランド(そればっかりやとか言うな)
株価チャート。
 

クリックで拡大。アベノミクス相場で4月に1143円の高値をつけ、しかし反落。637円の安値を記録した後再度985円をつけたのが去年の9月のオリンピック?相場。ジリジリ下げてきて「ネックライン」である「637円」を割り込んできました。新天地はここで売り発動。637円の3%上くらいにストップロスを置いて売りっぱなしにします。故郷である400円われまで言ってくれるといい小遣いになるんだけれども。

おすすめはしません。なにせ出来高少ないから。下がったら自慢したいだけで書いていますw
みんなで売ると、みんなで踏むことになるからねえw

ただ、よみうりランドはたっぷりあった売り残がここんところの下げ局面で買い戻された一方、買い残は減るどころかジリジリ増えているというところが売りたくなる理由の一つ。高値で買ってくれた人が諦めて売ってくれるなら、故郷に帰る日も近いと言えましょう

玄海町?(の豚)すげー



ふるさと納税という物を知っている人はいると思う。好きな自治体に寄付をすると、その分税金を一部控除できるというもの。僕みたいに東京に住んでいるけど三重県に寄付してもいいかな、と思う人もいる。あるいは何の縁もゆかりもないところでも寄付を死体自治体があるっていう場合もあるだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その最初の趣旨はともかく、最近各自自体は寄付金を出してくれた人に高額のお礼商品を送るケースが多いのだ。自治体としてはどうせお金がもらえるならば、10000円もらった人に9000円のお礼を送っても1000円の収入にはなる(だから儲け)。更には特産品をおくれば宣伝にもなる。こんなに美味しいならお金出して買おうかとか思う人も当然出てくるだろう。ただで宣伝できるのだ。クチコミ効果は大きいからね。

寄付する人は税金の控除ができるので、ほしい品がもらえるなら十分に元が取れる。損するのは国税だけかなw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、奥さんのお父さんがどこから聞きつけたのか某自治体にふるさと納税を行ったのだが、豚肉が届き、それを更におすそ分けしてもらったそうな。

奥さんはそれをとんかつにして夕飯に出してくれた。(豚肉の素性を知らずに食べた)新天地は思わず唸った。「この豚肉どうしたん?凄い(一人前3,4000円するような)とんかつ屋で出てくるようなお肉やん」(新天地はとんかつマニアでもあります。何だそりゃ。とんかつというのは本来「高級」料理なのです。美味しいとんかつはステーキみたいな値段がします)

種明かしをしてくれた奥様、僕も納得。このクラスのお肉はなかなか近所のスーパーではうってないだろうからなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近、このように「バック」が多すぎる自治体の制度には本来の意味とは違うという批判も強いのですが(税金負担が贈り物に化けるのですからね)、この玄海町の贈答品は確かに唸る。
牛は各地で「美味しい銘柄牛」ってのがあるけど、豚はそこまで有名じゃあないもんなあ。確かに美味い。体の半分が豚肉で出来ている(奥様談)という僕が言うんだから間違いない。お勧めです

(ほらこうして口コミが広がっていくんだ)

放物線狙い、東電明日以降の急落待。

東京電力のチャートです
遠目に見ると、あら不思議去年の12月頭くらいからだんだん下げが加速してきて「放物線(二次曲線)」を描いているように見えませんか?株を売買している人はそれぞれ全く別の人でそれぞれが別の考えに基づいて行動(売買)しているはずなのにその集合体である株価の推移はまるで単純な方程式で書き表すことができるように単純化することがあります。まさに集団心理の不思議。人はそれぞれが己の考えに基づいて行動しているように見えて実は数式の支配を受けている、宗教的に言えばそんなところです。

経験則に従えばこの放物線はまだ続く可能性があります(まだ下げるのです。あくまで確率ですが)そしてまるで二次曲線を描き、ということは時間あたりの下げ幅は「加速」(二次曲線ですから)し出来高は膨らみます。マーケットメーク銘柄ならビッドとオファーが広がります。それが「一旦そこをつける」目印。大きな速い出来高を伴った下げを買うのは勇気が入りますが、まさにみんなが怖いから売りも出てきて下げが商いを伴って発生するというわけ。

願望込みの予測ですが東京電力はさらに下げ足を早め出来高を伴う場面が今週来週に起こると考えています。そしたらやることは一つ。ここが大底と思う、商いがバカスカできるところで買いに回るのです。ギャンブルですがw

明日明後日くらいに400円割れるような場面があればおそらくそこは買場所になるんではないかな?クズ株トレーダーは急落を待っているのです。8月26日の455円あたりを下抜けるか?このへんがさしあたっての注目点でしょうかね。

(逆に言えばもしこの株のショートを運良く持っている人がいるなら、そろそろ買い戻し体制に入るところ。そんな感じです)

ショートトラック、韓国の光と影

韓国ではスピードスケートのショートトラックが国技並の強さを持っています。世界選手権やオリンピックを制し、今回のオリンピックでもメダルを量産するものと見られています。ヒカリの部分です。

一方、開催地ロシアからは元韓国籍でロシアに帰化した「ビクトル.アン」選手(29)が出場します。スポーツ強豪国の選手が他の国に国籍を変えることは日本でもよくある話。日本にも韓国かきたアーチェリー選手が活躍しています。

アン選手が特異なのは、彼が2006年のトリノでは韓国代表として金メダル3個を獲得した「英雄」であること。(その他世界選手権で5連覇など。生ける伝説と言ってもよいでしょう)極端に言えば、水泳の某平泳ぎの選手がいきなり他の国に帰化するくらいの話でした。

その彼がなぜ祖国の国籍を捨ててロシアに国籍を変えざるを得なかったのか。それはショートトラックの世界の「派閥争い」が原因だといいます。相当ドロドロしたことがあったようでノイローゼ手前だったとか。というのもトリノを席巻したその後、彼は骨折に見舞われます。リハビリを終えた彼は国家代表への復帰を目指しますが協会は「実績よりも選考会での戦績」優先することを決め、事実上彼の復帰を妨害します。彼が復帰すると協会のエライさんたちの派閥の選手が「あぶれる」ことになるから。(アン選手は主流派閥ではなかったんですな)さらに市役所の所属チームが解散(これもドロドロが原因か)し、練習環境さえ失う寸前に。

引退間際まで追い込まれた彼に手を差し伸べたのがロシアだった(代表の確約と援助も)と言うわけです。今年に入ってヨーロッパ選手権で次々優勝するなど好調を維持。同種目でロシア初の金メダルも可能では?と言われています。

遺恨対決、こんなところにも注目が集まります。


一方で「派閥争い」で彼を追い出した男子のショートトラック韓国チーム。韓国協会としてはアン選手を外しても自分たちの選手で金メダルをとれるくらいの奢りがあったのかもしれません。

しかし、今、彼に勝てるような「エース」は結局育ちませんでした。難しいところですね。いかにも韓国らしいお話です。

ハイフライヤーよりも下値不安の少ない株を

さて相場は変調だが、こんな時はどうするべきか。答えは簡単、株を持ってないか、下がらない株を持っていればいいのだ。

いわゆる「ハイフライヤー」と呼ばれるような株はこうゆう局面では下げも大きい(かと言って空売りすると反動がでかい時もあるので怖いが)

PER,PBRがまっとうな株なら大きく下げることは少ないし、下げれば更に買えばいいんだ。こういう株を持ってればそんなには怖くない。問題はすでに最高値圏にあるような株。こういうのを多く抱えると難しくなる。そういう株はある程度外しておくべき局面だったということなんだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相場は今週が分かれ目になる。非常に難しい局面だ。持ち直すのかそうではないのか?

ホント、非常に難しい。

新天地は「幕間つなぎに興じよう」(HUNTERXHUNTERのなかに出てくる予言の中からパクってみた)兼松日産5000株買い込んだのでそっちにいます。人少ないです。寂しいです。

今年最大の仕手相場になることを祈って。ナムナム。

声優、永井さん死去

世間ではサザエさんの波平さんなんだろうが、僕にとってはやはりガンダムのナレーションの声の人だ。あのオープニングの声がなければ、ガンダムは果たしてあそこまでヒットしたのか(いやしたんだろうけどさ)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ガンダムのナレーションの声、と聞けばああ、という人も多いかもしれない。ところでその永井さん、ガンダムのTV放映の中で一人何役もこなしているのをご存知だろうか?

名前がついた役だけで20wその他難民の声などエキストラ役的なアテレコも複数。プラスナレーション。プロとは凄いものです。

コンスコンも赤鼻もデギンもドレンも、フラナガン博士もタムラもみんな永井さん。そんな時代でした。

2014年1月27日月曜日

ポジショントークのコーナー 兼松日産、ストロングバイでw(もう買ってしまったもんね、5000.だけど)

兼松日産、結構下がってきましたいま170円割れ。どうせ下がっても160円位でしょう。というのも見込みで連結利益15円ぐらいあるからです。今3月期。来年には復配してくれないかなと。

とにかくそそるのがチャート。過去三年間にわたってジリジリ下値を切り上げています。勘違いでなければ誰かが沈めていって居るのです。懐に。

日足です160われのところでは最近下げ止まってるので下げてもこの辺かと。
待ちぶせ押し目買いか、上がってくの(出来高増えるのを確認)を追っかけるか。
時間をとるか値段を取るか。いずれにしても下値は限定的で上がりだせば大きいなと

2014年1月26日日曜日

人生二番底

このまえ、車でNHKラジオをきいていたら、相棒の鑑識官役で有名になった俳優の六角精児さんが出演してた。確か午後マリだったか。

中で紹介されていたのが六角さんは六角精児バンドというのをやっていて、今度ついにCD
デビューしたとか。ミニアルバムでその中の一曲がラジオでも流れたのだが、そのタイトルが人生二番底。そう、株用語で有る二番底という言葉をつかった歌。ちょっとなぎら健壱を思わせるような歌。

投資家としては話題作りのためにもカラオケのレパートリーに一曲いれておくべき歌かも。

傾斜生産方式

政治経済をお勉強した人なら必ず習ったと思うが、戦後日本がとった経済政策の一つが傾斜配分方式である。
経済がうまく回らないのは、生産力の不足と考えた政府は、鉄鋼と石炭にお金を集中すべきと考えた。そして復興金融公庫を作り、日銀にその債権を引き受けさせ、特定の企業、業種に集中して大量の資金を提供(貸付)した。

功罪の判断は別れるところだが、有る程度は成功し、負の側面もあった。

成功したのは供給力の拡大に成功したこと。さらについていた面が二つ。
戦後討伐的な占領政策ではなく、アメリカによる支援が得られたこと(対ソ連という面が大きいだろう)そしてまだエネルギーの中心であった石炭が国内で取れたこと。石炭が取れなければ復興はなかっただろうし、10年もすれば石油への革命的シフトが起こりせきたんがいみをなさなくなっていっただろうからだ。
さらには傾斜生産すべき分野を当てた側面も大きい。

一方で政府による大量資金提供はインフレを呼び込んだ。これを抑えるためにドッジラインを導入することになる。
さらにはいわゆる昭和電工事件の引き金にもなった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今更ながら、アベノミクスというのは現代の傾斜生産方式なんだね。ただ違うのはまだ
明確には傾斜させる分野がみえてこなかったことか

しかし外遊でみせるように、防衛(トルコでの売り込み)原発、鉄道に安倍政権は積極的なようだ。この辺、もう一度投資をかんがえてもいいのかもしれないな。

当然リニア、超電導には再度目が向くと信じてますです。


一方で必ず悪性インフレの揺り戻しは来るもんだと。