2014年1月11日土曜日

ハイレゾ オーディオ沼への誘い。

新天地はオーディオマニアでもあります。

でも、うちには猫様たちがいるんでオーディオセットを置くのは無理があるかな。
スピーカーを使ったオーディオというのは、ただ置いただけではいい音はなりません。精密にセットするのはもちろん、壁の材質とか、床の硬さとかカーテンの配置までいろんな条件が音に影響をあたえます。ネコが蹴飛ばしたり爪で引っ掻いたらそれだけで数十万円が死んでしまいますからねw

そこでお勧めなのが携帯型オーディオと(できればポータブルの高性能アンプ、)インナーホンあるいはヘッドフォンの組み合わせです。これならば、セットする場所もいらないし、技術も必要ありません。どこででも音楽が聞けます。
「音の広がりとか立体感」には当然欠けますが、音を精密に聞いたり没頭して酔いしれるにはコストパフォーマンスがとても高い方法だと思います

今最も熱いポーダブルはSONYの新型ウォークマン、NW-ZX1です。ソニー社員でさえ入手が困難。グローバルに販売されるものですが現状では生産しただけ国内で飛ぶように買われていくという嬉しい誤算のスマッシュヒットになっています。
 


このモデル、ソニーストアでは74800円で売られているのですが今も品切の場合が多いのです。(ソニーもこんな高いモデルが飛ぶように売れるとは思ってなかったか)
アマゾンでは1万円の「プレミアム」がついて販売されている状態(オープン価格なので問題はないのですが・・・)待てるなら「定価」以下に下がるまで待ってもよいでしょうし、お金に困らない人は上記アマゾンからお買い上げくださいw
 
おそらく後世から見れば「あれがターニングポイントだったか」と言われる、そんな素晴らしい逸品、マイルストーンです。この製品の前では(贔屓目ですが)アイポッドを買うのがバカバカしいとさえ。
携帯プレーヤーなんてどれも一緒でしょ?そんな風に思っている人にこそ音を聞いてもらいたいウォークマン。
 
いわゆる「ハイレゾ」再生機能がついています。ハイレゾは当然メモリを食うんで現状で限界となる大容量128ギガのメモリを搭載。さらにハイレゾで録音されていない従来の圧縮音源でも、擬似的にハイレゾ音源と同じように信号を増幅して音信号をハイレゾ並みに作り出すアップコンバーターを内蔵(よくわからない方は、擬似的に音が良くなる装置と思ってください)。複数の音源回路などなどコストをかけた設計。
とにかくいまソニーが持っているポータブル技術のすべてを注ぎ込んだウォークマン史上最高傑作と言われるもの。僕も一度視聴したことがあるのですが、使っていたソニー製のヘッドフォンの良さもあってかとても携帯音源とは思えない素晴らしい音でした。おそらくアイフォンを使っている人がこれを使えば「え?」っと思えるはずです。オーディオの知識がなくても、これに性能の良いポータブルでも使えるヘッドホンをつなげるだけでだれでもが「超高解像度」の音楽が楽しめます。
 
(普通のオーディオが苦難の修行に耐えてようやく悟りを開ける宗教だとすれば、このZX-1はお布施して念仏を唱えれば成仏できるwそんな大衆宗教とさえ言えましょうか。わかりにくいかw)
 
 
さらにこのウォークマンの良さを生かすにはヘッドフォンも大事ですかね。僕はオンキョー株主なんでこんなヘッドフォンをおすすめ。
 
 



2万円以下のヘッドホンの中ではかなり評判が高い物の一つかと。マニア受けはしないみたいですが。

あるいはソニーが去年打ち出した「ハイレゾ対応」のインナーフォンもいいかも。



このモデル、普通の人から見れば「高いなあ~」というモデルですが、ソニーのインナーホンの中ではミドルレンジに当たる製品。インナホンなので外でも使えるという利点が有ります。(遮音性もかなり高いです)なので通学時にも使えるという物。
売りは「ハイレゾ対応」を謳う最新設計。(Bアーマチャとダイナミックドライバの2つを使ったいわゆるハイブリッドタイプという去年くらいから流行した最新タイプの物です)

これも試聴したことが有りますがとにかく「高解像度」。これでもか!という高解像度。ハイレゾ音源にはこれだけの音情報が詰まっているんだというのを万人に見せつけるために作ったんではないか?そんな、オーケストラの音のすべてが聞き分けられようかという緻密さをもったインナーホン(もしもこれだけの緻密さをスピーカーで出すのはお金も技術もとてつもなく必要になります)
ピアノのアタック音など、その音だけでなく倍音などの際限の豊かさに惚れ惚れします。目を閉じればボーカルの唇がそこに浮かび上がってくるような定位感。いいジャズを聴けば背中が続々するような、左右にふられるトランペットの動きまで分かりそうな(実際にはわからないけどそう錯覚するような)細やかさ。

ウォークマンと合わせれば10万円を越えてしまう事になりますが、それだけの価値は絶対にあります。携帯型音楽プレーヤーといえば「外で音楽を聞くために使うもの」と思う方が多いでしょう。しかし上記ウォークマンとこういうハイレゾ再生を可能にしたインナフォンはむしろ静かな家の中で深く椅子に腰掛け、リラックスして目を閉じて楽しむことに真価があるような気がします。何十万のスピーカーやアンプを専門知識を持つ人間がセットして鳴らすような音を何の音楽知識もなく、だだ充電してヘッドホンを繋ぐだけで聴くことができる(もちろんヘッドホンでは音の広がりとかはスピーカーに負けますけれど、その分音を緻密に精密に感じることができます。そしてもちろんそれを外に持ち出すことも可能というわけです。外に持ち出すのはもはや余録かと。

おそらく「性能が良すぎるため」に録音技術が稚拙な音源だとそのアラを感じてしまうぐらい。

株で儲けたあなた?おひとつどうですか?その後オーディオ沼という泥沼にズブズブ入っていっても知らんけど。

マツダを長期保有してはいけない理由

マツダが新高値。アナリストが指摘するようにここ数年力を入れてきたスカイアクティブテクノロジーとデザイン、そして円安効果(マツダは幸か不幸か国内生産比率が高いため円安の恩恵を受けやすい)のお陰でどかっと儲かる見通しだからだ。

特にデザインの高さ、シャーシー性能(乗り心地やハンドリングのバランス)、新しいディーゼルエンジンの評価は高い。株価がどんどん新高値を取っていくことは去年末にも予想できた。自動車雑誌の先見性は高いといえよう。アナリストなんか後手後手だもんね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で、新高値をとっている間は当然、買いで追いかけるべきだが、新天地はマツダの快進撃はそろそろだと思う。生産能力が現状でフル回転で上積みしにくいこと、そして「この車の存在」だ。

話は少し横にそれる。写真はルノーの「ルーテシア」(ヨーロッパ名クリオ)
一見すると3ドアに見えるスタイリッシュなデザインに見えるこの車。かっこいいと思いませんか?(いや主観ですが)
この車、ルノーのデザイン担当アッカーという人の手によるもの。うん?聞いたことのある名前だなと思った人、あるいは知っているよという人は車に詳しい人、あるいは研究熱心な投資家といえるでしょう。
そう、彼は2009年までマツダに在籍し、コンセプトカーなどのデザインを作ってきた人。去年一昨年辺りからマツダが市販してきたしてきた「お?かっこいいかな」と思わせるデザインの車(アクセラとか日本の車離れしてますよね)の方向性を決めてきた人と言える。

アッカーさんはもともとフォードの人でその縁でマツダに来たわけだが、フォードとマツダの間が切れたこともあって?ルノーに行ってしまった。
僕はマツダが好調な理由は彼が残したデザインコンセプトで作られた車の外形的魅力に負うところが大きいと思っている。まだその遺産は残っているが、それもテコ入れに失敗すれば続かない。

マツダをこっから長期保有するのはあまりにも危険という理由の大きな一つだと新天地は思っています。それぐらいん、デザインは大事なんだと。

2014年1月10日金曜日

おまけ 万が一wハイレゾ相場が来た時のために

現状では「ハイレゾ」で本当に関連銘柄が飛んで行くかというとまあそこは「材料」ですから深く考えては行けませんけどね。

今回の「ハイレゾ」の流れを大々的に打ち出したのはSONY。いつもソフトとハードがバラバラとか言われるソニーですが、今回はちゃんと音楽配信とウォークマン、対応ヘッドホンなどそれぞれの部門が同時に売り出しをかけています。これが去年の10月の話。

オンキョーも音楽配信を手がけていますし、もちろん対応する高品位なアンプやスピーカーなどの再生装置も手がけています。

あとはヤマハやJVCケンウッドといったところか。

自称街の法律家の逃走と犯人蔵匿のマニアックな考察(読んでも役には立たない)

新天地は大昔、法律を勉強することにしました。

授業中に教授がこんなことを言っていたことを思い出しました。
教授が弁護士やってた時の話に・・・。

「犯人の親族が犯人をかくまったばあい、刑を免除することができる」
教授が弁護士をやっている時に元同棲相手が犯人をかくまったケースで事実婚状態で親族といっしょやんか(だから刑を免除するか軽減してくれ)と争ったケースがあったそうな。そんな話から脱線して

「犯人」とはなんぞやという話に。

「この人は犯人ではない」と確信している時にその人を逃した場合は罪に問えるのか云々。少なくとも裁判が確定するまでは推定無罪だからねとか云々。

これは結構深い問題で「真犯人に限る説」(教授もそうだと思う有力学説。この中でもいろんな説があるんだ)とか「捜査中又は訴追中の者に限る説」(これが判例。試験に出ればこの説をとって答案を書くのが楽)、そのた総合的に考えろよ(一部有力説)とか。。。

そんな中で教授がいう。実務上は争う余地は殆ど無いですけれどね突き詰めていくと、逃走とか隠秘とか、意外に構成要件が複雑で(本来は)難しいんですよと。。。。


今回、「犯人」は逃げ出したわけだけど、「勾留前」だから「逃走罪」には問えないだろう。(今回のケース、検察官が請求して裁判所の「勾留通知」をもらう前に逃げた。逃走罪は勾留中、服役中に逃げ出した場合のみ適用される)
なので今回は「逃走」では現行犯ではもちろん逮捕はできないし逮捕状も請求できないはず。おそらく(自信ないけど)もう一回婦女暴行なり傷害かなんかで再度逮捕状をとったんじゃないかな。

まあ、とうそうざいはつかなくてもトンズラこいたことで情状はかなり悪くなるけれど・・・。

さらにこんなことをふと思った。犯人はどうやら元の容疑の婦女暴行を取り調べで否定していたようだ。逃走を手助けした友人にも「オレは犯人じゃない、助けてくれ」位のことは言ったのでは?(あくまで想像です)

ここでもしかして、犯人をかくまった人が「彼は犯人ではない」、だから犯人隠避には当たらない、と主張したとしても、判例に従うなら犯人蔵匿・隠避罪が成立する。一方で教授の学説に従うなら「無罪」である可能性も出てくるか。。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあこのへんは真相はよくわからないのですけどね。携帯電話は逃走中はオフにしておきましょうという教訓が残った事件でした(こら!)

四日市コンビナート。もう一つの高齢化問題

四日市コンビナートといえば喘息で知られ(裁判で有名になり、教科書には必ず乗っている)有名だと思います。原油をタンカーから積み下ろす施設があり、さらN川上から川下までの工場がズラリと並び、原油さえ持ってくればあらゆる石油製品が四日市の中だけで作ることができる、と。あるいは半導体の川上から川下までの工場も揃っているので、シリコンさえ持ってくればチップまで作ってパッケージまでできますよとか。電気だって四日市に中部電力の発電所があるから自前でまかなえますよとか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんな日本経済を支えてきたような四日市。昨日爆発事故がおきました。僕はこの問題の裏に「工場の老朽化問題」があるのではないか?そんなふうに考えています。前にも一回書いたことがあるけれど、僕は「工場が古い会社」にはあまり積極的に投資しません。老朽化は必ずあとでコスト高に帰ってくるからです。(まあボロ株買う時は古かろうがなんだろうか買うけどねw)

もちろん、四日市コンビナートは各自更新しながら活動しているとは思います。しかし、近くまで寄ってみると「結構年季入ってるよあ」と思われるパイプラインが目につく工場も有ります。これらが今だ現役で活動しているんですよね。アジアの新興国はまだこういう設備を作ったばかり。たいして日本はロートルの設備で戦っているし、新しい設備はなかなか作ることができない。こういう面が投資の足かせになる面があるんだろうなと。

新天地があんまりこういう石油化学とかの銘柄を手がけないのはそういうネガティブなイメージが多いことも理由の一つ。日本の抱えるもう一つの高齢化問題でもあると考えています。

2014年1月9日木曜日

サンシャインフォーエヴァー死亡

1988年の最優秀アメリカ芝ホースに輝いたサンシャインフォーエヴァー(父ロベルト)死亡。29才。
ブリーダーズカップターフこそ2着に敗れたものの、マンノウォーステークス(当時アメリカの芝のレースでは最高峰のレースの一つだった)を含むG1を三連勝するなど間違いなくその年のトップ芝ホースの一頭だった。

当時、バブル真っ最中だった日本の競馬界はノーザンテーストなどなどノーザンダンサー系の繁殖牝馬があふれていました。そのために逆にいままで猛威を振るったノーザンダンサー系種馬では種付けできる牝馬に制限ができてしまったのです。

そこで、ノーザンダンサーの血を持たず、ノーザンダンサーにつけて相性が良いとされたロベルト系の種牡馬がどんどん輸入されつつありました。(リアルシャダイが大成功を収めていたことが直接のきっかけかな)

その時「早田牧場」(後に倒産)はロベルトの仔であるサンシャインフォーエヴァーに目をつけ、現役中にアメリカに乗り込み譲渡交渉を行ったのです。話はまとまりかけたのだが、最終的に値段で折り合わず。(バブル真っ最中だったので足元を見られたんですな)

しかしその血統に魅力を感じた早田牧場のオーナーは諦めきれず結局、サンシャインフォーエヴァーの従兄弟で同じ父親ロベルトのブライアンズタイムを輸入することにします。ブライアンズタイムはアメリカ三冠で掲示板に載るなどそこそこの成績でしたが超一流という馬ではなく、もしもサンシャインフォーエヴァーがいなければ日本に輸入されたかどうかは疑わしいところ。


そう、あのナリタブライアン、マヤノトップガン、タニノギムレットなど数々の名馬を送り出したブライアンズタイムです。ブライアンズタイムの母親とサンシャインフォーエヴァーの母親は父が同じグロースタークということでほとんど同じ血の構成なのが魅力だったわけです。
輸入した早田牧場の期待をはるかに超える結果を出しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、「本命」だったサンシャインフォーエヴァーはアメリカで種馬になるも全く鳴かず飛ばず。その後日本に輸入されますがやはり目立った成績を上げることはできず、結局アメリカに引き取られて余生を送っていました。去年亡くなったブライアンズタイムタイムは亡くなった年も10頭以上の種付けを行っていたほどですから非情に対照的な種馬人生だったと言えるかもしれませんね。遺伝子のなせる数奇な運命なのです。

テーマは「ハイレゾ」かなあ

オンキョーとティアック。提携中の両社ですがここ最近いわゆる仕手系資金の流入が続いています。
オンキョーなんかやらかしそうな雰囲気結構ありますね

なんで買われているかというと、もともとボロ株だった上に「当分は」潰れる心配がなくなったらしいからw
そして。。

筋が打ち出している?「材料」は「ハイレゾ」という事になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハイレゾって?音響マニアの間ではもう10数年前から話題になっていた言葉。ハイレゾリューションHigh Resolutionの略です。そのまんまやなw。やくすれば高解像度(の音)という感じでしょうか。

今の音楽は0と1でできたデジタル信号によって記録されるわけですが、そのデジタル信号をより緻密に、音を精密に記録再生する規格たちのことを総称して「ハイレゾ」というわけです。
(某所より無断転載)

もともとSONYやパナソニックなんかがCDの上の規格として、スーパーオーディオCD(SACD)とかDVDオーディオなんかをやろうとしていたのが始まりだったのですが、結局CDの上位規格の光学ディスクは全く流行しませんでした。

しかし昨今の「音楽をHDDやシリコンディスクに保存する」という流れや、ハイレゾ規格の音源をネット経由でダウンロードするという仕組みの登場で一気にハイレゾ音源の普及が進み始めています。今まで、対応機種が少ないからソフトが売れない。ソフトが売れないから対応機種が出ない。差女悪循環でした。
しかし大容量のハードディスやメモリーの普及、更にブロードバンドが普及して話は変わりました。パソコンさえあれば光ケーブルでどんどんハイレゾ音源をダウンロードできるし保存できます。そこでPCにアンプとスピーカーやヘッドホンを繋げばいい音が聞けるのです。音源はSONYなどがどんどんネット経由で販売、提供をはじめています。相当、力を入れてます。今までアップルに取られてきた音楽販売を取り返す切り札にしたい思惑があるでしょう。

今のところ去年発売されたハイレゾ対応ウォークマンは入手がむづかしいほど。ヘッドホンも「ハイレゾ対応」を謳うものが高くても売れ行きを伸ばしています。

ハイレゾの音を良いアンプ、ヘッドホンやスピーカーで聞けば素人でも違いは十分にわかります。昔SONYなどが目論んだように、ハイレゾ音源を再生するのにはそれなりの設備(高くて利益も大きいアンプやスピーカー、ヘッドホン、もちろん再生装置も)が必要になります。一度ハマれば抜け出せないオーディオ沼にどんどん人を引きずり込むw音響メーカーには嬉しい話でも有ります。

ってなわけでハイレゾ音源を扱える商材を持っているオンキョーやティアック(とくにティアックは超高級オーディオブランドエソテリックを抱える)を人気化させようとしてるのかなと。

参考 オンキョウチャート
思わず買ってしまったw後は知らん。ヘッドホンが売れたところで実際に業績が回復するかは疑わしいけどそこはそれ、仕手相場だから(キッパリ)。100円まで落ちるか、600円まで大化けさせるか。

おまけ。
SONYが大々的に「ハイレゾ」を打ち出して来たのが去年の10月。「まだ」スマホにはハイレゾを対応させていませぬ。しかしすでに販売したハイレゾ対応ウオークマンはアンドロイドで動いてます。スマホにハイレゾ対応が行われる日も近いでしょう。
SONYがスマホにハイレゾ再生機能を組み込んでくると、「秘密兵器」になる可能性あり。アップルもサムチョンもこの分野だけはSONYに負けてますからね。ちょっとだけ注目しておきましょうか。今話題のハイレゾ対応のウォークマンが「すごい音を鳴らす」だけにね。SONY復活の手がかりにはなるかもしれませんね。今年の流行になっても不思議ではないと。そしてこれが流行ると株価にも少なからぬ影響を与える可能性がありますです。

株価復活はきっかけ待でしょうから。くさってもSONYな話でした。

明電舎 古電工、昭和電線

さて、明電舎チャート
去年の4月2日安値の265円、5月21日高値の414円から作られてきたトライアングルを昨日の日興証券の目標株価引き上げ(1継続500円目標らしい)で出来高を伴い一気に上に抜けてきました。トライアングルの上下幅が150円ほど有りますので500円より上ぐらいはあってもおかしくないところ。
この前の日記に書いたとおり、出来高急増は買いのサイン、短期勝負にも向くと書きましたがまさにその通りの動きでした。間違ってもこの水準で空売りなんかしたらダメですぜwきれいな大陽線。リーマン・ショック前の高値くらいまで行ってくれれば。取らぬ狸の皮算用。

うちの奥様しか買ってないのが恥ずかしい(新天地は金がなくて買えんw)

さて古電工に移ります

過去5年の週足チャートです。前の日記でも書きましたが2011年11月11日の155円、12年月5日の141円、そして去年8月19日の194円でやや形の崩れた三尊底を形成しているのがよくわかると思います。そして2010年4月の高値からそれぞれの戻り高値を結んだ下げのトレンドラインを綺麗にブレイクした後の上げ波動を形成しつつあるということでも有りますね。やや上昇ピッチが早いこと、去年の高値をつけた週足の領域に踏み入りつつ有りますので短期的には反落の恐れ有りです、もしもブログをみて買ってくれた人なら買値は240円以下でしょうから、ここはまだトレンドに従って様子見ですかね。ちょうど50ヶ月移動平均まで来ました。ここさえ抜けていってくれたら、気持ちを楽にホールドできる、そういう場所です。

さて問題は昭和電線Hでしょうか(汗)

こちらは過去10年の月足です
2009年以降50円と100円強のところで何回かレンジの底練りを続けた後、去年の10月位に出来高を伴って急伸しました。このへんで僕が買い推奨したわけですその後押しまして100円割れまで来た後、年末年始に「日本政府がアメリカ政府に対してリニア作るなら特許教えるし、5000億円政府保証で貸すよ」なんて言ったとかいう話で値を戻しています

やはり焦点は「しこり」を残す120~130円のところを抜けていけるかにかかっているのかもしれませんね。機関投資家が買いやすい古河電工はすでに上げている反面、個人が買っている昭和電線Hはまだ上がりにくい、そんなところでしょうか。

しかしながら古電工がこれだけ上がってますんで、遠からずチャンスが巡ってくるのかと。。。
ちょっと自信が揺れてるんですけどねwでもつき足で見る限りはそんなに悪くないのかな。ここ数年のレンジの上限だった100円くらいのところを支持線に反発した形だから。100円われのところを勇気持って買った人が今一番有利な状況にいるよなあ。

2014年1月8日水曜日

superjrのイトゥクの父、祖父母無理心中か?事務所は交通事故で死亡と虚偽発表し問題に。

数年前、韓国に旅行に出かけた時に(おとうさんの奢りでビジネスクラス!)だったのだが、ボクの後ろの席に座っていたのがどうやらSuperJrというアイドルグループらしかった。サインを求められたがマネージャーが丁寧にお断りしていた(本人たちはお疲れのご様子で熟睡)。

まあそれはどうでもいいのだが、リーダーのイトゥクは現在兵役中。そのお父さんと祖父母が6日になくなるという哀しい出来事が報道された。第一報は所属事務所の発表で「交通事故で亡くなった」と公式に発表された。。。

ところが。その後彼らは自宅で亡くなったらしい・・・という話が流れだし、警察が「自殺」と発表。(その後の報道から無理心中ではないか?との話しも.)

(新天地追記。その後韓国国内の報道によれば、祖父母は布団に寝かされた状況で死亡しており、無理心中であると警察関係者が語ったようです。非公式ながら無理心中をほのめかす父親の遺書がみつかったとか、父親はうつ病の通院歴があったとも複数のメディアが報道しています)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事務所側は「遺族を慮った発表」と言い訳したのですが、それならば「死因は不明」でも良かったのではないか?といろんな方面から非難が。事情が事情だけに事務所側の対応もわかるのですが・・・。

今回のケースはかなり特殊なケース。さておき、ここ数年韓国では芸能界関係者の自殺があまりにも目立ちます。その裏にはタレント自身は給料が少ないとか、女性芸能人の枕営業の横行の黒い噂とか過度の競争社会(アイドル候補生は子供の頃からレッスン漬けで、しかも成功するのは一握り。なのでそのレッスン生を養うためには成功者にも事務所は満足な給料を払えないとか・・・。

なかなか深い闇を抱えています。


新天地追記その2
だんだん情報が出てきました
自殺した父は離婚後一人で祖父母の面倒を見ていたこと。しかし祖父が痴呆症、祖母が痴呆と車いす生活となり長期に渡る介護につかれていたこと。介護が原因で父自身もうつ症状に悩まされていたこと。
祖父母を長期滞在型の介護施設に入れる直前の出来事だったようです。その他、父が経営する会社の経営が思わしくなかったことも自殺の原因になったのでは?とされているようです。この辺、韓国でも日本でも同じようなことは起こりえますね。

さらにもしもイトゥクが兵役に行っていなければ???タラレバですが韓国の兵役の問題もはらんだ話と言えそうです。

2014年1月7日火曜日

ティアック(6803)全くおすすめはしませんが、僕は買うかも。。

ティアックの急騰ぶりが話題です。
年末からノンストップの上昇。「仕手介入かな」と思わせる動き。

さてティアックという株、大きな構造改革を行いました。ご存知「CD-ROM」の読み取り装置などで一世を風靡しましたが、いまやこの手のPC向け装置はコモディティ化が進み、利益を生むどころか足手まといに。そこでティアックはギブソンを親会社にし、音響機器で立て直すことにした。
一般にはあまり知られていないかもしれないが、ティアックには「エソテリック」という高級音響ブランドが有り、技術力は非情に高く評価されている。

更には航空機向けの記憶装置の売上も順調なんだそうな。これでしばらくは「赤字」からは逃れられるし倒産の恐れもないと。そしてオンキョーとも協力関係に。。。これを手がかりにだれかがやんちゃをしようと言うんでしょう。

すでに高いので部外者立ち入り禁止なのでしょうが300円位はないかなあ???
いやいや、w。でも空売りは厳禁ですな。

2014年1月6日月曜日

富士通ストロングセル?(個人的意見です)

今日、かかりつけのある大学付属病院にいった奥様。なんでも今日から病院のシステムが新しくなったそうなのですが見事にダウンwシステムはともかく、処方箋も手書きに逆戻りだとか。アナログですですね。

奥様の「偉い」?ところはちゃんとシステム開発会社の名前を調べてきたところ。それでこそ立派な投資家だ(^^)。。

システムは富士通謹製らしい。エンジニアは正月早々大騒ぎですな。

空売り!な訳はないか。年明けから不幸な奥様でありました。

明電舎?

巷では新天地の数倍株が上手いんじゃないかという噂の奥様。テレビを見ていてこんなことを言い出しました。

明電舎って何の会社?最近よくCMみるよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そう、新天地が言う「CMをいきなり打ち出した会社は儲かり始めた(ので買い)会社か調子に乗りすぎ(なので売り)た会社だ」です。

一般消費者に近い(コンシュマー製品、食品など)のテレビCMが多いのは当たり前ですが、個人の消費者が直接取引しない会社がイメージCMなどを流し出す、あるいは張が目につくほど増えるというのはそれだけ現金資金などに余裕が出た証拠。一般向けの製品が少ない明電舎がCMを増やしだしたと慣れば注目する必要ありますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて新天地は答えます。

明電舎って住友系の古くからある名門企業なんだよ。(新天地注 白水会ではないので傍流では有ります。実質的な筆頭株主は住友電工、2位が三井住友銀行、三位がNEC)
昔から変電システムなんかで有名。最近では太陽光発電とかスマートグリッド関連銘柄になるかな。いわゆる仕手系銘柄だったこともあるんだけれど。。。(そう、まさに僕の母親が大量保有していたこともある銘柄だ)

さて、そんな明電舎、確かにCMを目にする機会が増えたような。チャートを見てみましょう。
クリックで拡大、過去三十年の月足チャート(修正済み)バブルの時の相場の天井から失われた10年の下げ。そのご業績は低迷して2002年に75円の安値。2009年の出来高急増と急騰にはもと歩合外務員だった人の資金介入があったという噂。その相場の終了した後再度下値を切り上げてきています。長期チャートで注目すべきはやはり2002年以降下値を切り上げてきていることでしょうね。そしていわゆるアベノミクスに乗ってこの1年でも下値を切り上げてきています。ここ数日の買われ方も「コツンと来たか?」と思わせるものが。PER20倍位まで買われていますので割安感はありませんが、太陽光発電、スマートグリッド、リニア関連に自動車用検査装置に電気自動車関連と「人気化させやすい」要素はもともと多い株。すでに値段が上昇しているという面でリスクは高めですが、面白いところかもしれません。ポートフォリオ候補にいれと置いてもいいですね。出来高増加には注目しておきましょう。コンスタントに一日1000万株を超えるなら短期トレードにも向くでしょうね。