2013年11月9日土曜日

南大門、今度はひび割れ・・。

「日本のにかわを使ったから」塗装が剥げてきたという韓国の国宝一号(この前再建された)南大門。今度は塗装が剥げるどころか、木材が割れてきました。。。塗装されていな部分が見えてきていることから、塗装(完成後)割れてきたことがわかります。なんでこんなことになったかというと。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地の母実家は何度も書きましたが、数十年前、三重県や和歌山では有名な材木の会社でした。(材木業界では全国的に名前が知られていたそうな)なのでたくさんの山を持っていたし、更にはたくさんの貯木場も有りました。

なぜか。木を乾燥させるためです。切った木は乾燥したり時間を置くことで強度を増し割れることが少なくなります。切ったまま売りに出したらいかんのです。でもちゃんとした貯木場で時間とお金をかけて乾燥させれば何百年と保つのが良質な木材です。新天地祖父の会社の木材はその辺の管理がしっかりされていて「あそこの会社の木を使った船は沈まない」という神話のようなものまであったとか。。手を抜いちゃダメってことですな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ひび割れした韓国の南大門。あれだけでかい建物にもかかわらず、木材に2000万円分くらいのお金しか使ってないことがわかったのです。桁が違うとまではいいませんが、僕の実家のお寺の材料費と同じくらい?どれだけケチったのかとw。しかも工事を前任の大統領の任期中に終わらせるために完成を急いだ結果、柱となる木をきちんと乾燥させないうちに工事を行っちゃったんですなw。お陰で一年もしないうちにひび割れ発生。もしもこれが住宅なら欠陥住宅で訴えられるレベルだと。。これが国宝修復工事だからなあ。韓国の建設会社に工事を頼む人の気がしれん。

伝統的工法で色が剥がれてしまったというのはまだ理解ができるけど、木材が割れてしまったというのは伝統もクソもない話だから。それとも韓国では木造住宅の技術も失われたんだろうか???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本の宮大工さんに相談すれば・・・。いや、そうなったら「伊勢神宮の作り方は韓国が元祖とか言い出しそうだな」

グッドデザイン大賞該当なし

ちょっと話題になった今年のグッドデザイン大賞。

グッドデザインというのは旧通産省が始めた賞で、単に具体的なプロダクトのデザインにとどまらず、抽象的なコンセプトや、ソフトなどにも賞が与えられる。対象はその中からただひとつ選ばれるもので大変な名誉と言えましょう。

以前僕が買ったブリヂストンの自転車、トランジットカーボン
が後でグッドデザイン大賞に選ばれた時はブリヂストン美術館にまで展示してあってグループ会社を上げて大喜びという感じでした。デザイナーも誇らしかったでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、今年のグッドデザイン。

「グーグル・アース」が最多得票を獲得し、グーグルアースがグッドデザイン大賞を受賞するかに思われました。しかし、この賞を最終的に与える政府は「本年度対象該当なし」の異例の判断。
表向きは大賞に値するプロダクト等がなかった、ということに。。

しかし

韓国問題ウオッチャーにはその理由がすぐに分かります。そう、「独島」問題です。

というのも、グーグルは竹島については韓日どちらの所有権かという問題には踏み込まず。日本語版には「竹島」そして「リアンクール岩礁」と併記。(リアンクール岩礁とは日韓どっちにも肩入れしない人が面倒なので用いる呼称)。韓国版では「独島」と表記しています。また日本海についても一部原語版では「東海」(韓国が主張)と入れたり、北方4島や魚釣島もんだいでも日本の主張を聞き入れてはいません。

政府としては「グーグルアースの自治体使用禁止令」を出した手前も有り、グーグルアースに大賞をを出すわけにはいかないというわけ。度量が狭いといえばそれまで。ただし、気に食わない相手を褒めることもないか(なめられるもんな)というのもたしかに。

グーグルも、嫌われている相手に賞をもらおうと申請するなんてセンスが無いといえばそれまでだが。

2013年11月6日水曜日

広さを目指した。


ホンダが新型オデッセイを発表。いわゆる「震災後」のホンダの新車は神がかっているというか、震災や洪水という危機感をバネにそれまでよりもいい車を産んできている。その流れからの全く新しい車。これがどう評価されるのか?オデッセイという車名ながらコンセプトを結構大きく変えてきた。ちょっとうんちくを述べたい。コンセプトを変えるにあたってこれは、という技術も投入されている。



3回くらい書いたけど、オデッセイと言うミニバンは90年台に三菱自動車に買収される(本当の状況だった)という噂まで流れたホンダを救った名車だった。それまで、RVを持っていなかったホンダの製品戦略を見事に埋めた車だった。その後のミニバンブームを生み出した画期的な車だった。

いままで7人、8人乗車の車といえば運動性能や乗り心地を犠牲にした車が多かった中で、オデッセイは重心や車高を低く抑え、まるでセダンに近い乗用感覚や運転性能、スポーティなデザインを前に出して大ヒットとなった。月産4000台(これだって初動の大目に見た数字)で売りだしたところが年間12万台以上をコンスタントに売る主力車種になったのだ。
写真は初代オデッセイ(1994年発売)ミニバンながらそれまでの多人数乗車のクルマよりも低い車高(全高1645mm)とアコードの基本設計を流用した高い運動性能、スライドドアの非採用など当時としては思い切った車だった。



おまけの話としては、オデッセイは工場の天井の絡みから(アコードと同じ生産ラインに載せるための制約)、あれ以上の高さの車を量産するのが難しく、結果として「車高の低い」デザインになった面があったとか。瓢箪から駒ですな。スライドドアを採用しなかったのも同じ理由かららしい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その「低くて乗用車ライクな運動性能」(サスペンションもミニバンとしては比較的体積が必要となるタイプ)を売りにしてきたオデッセイだが、最新型ではガラリと変えてきた。象徴的なのがこの写真だろう。

 



新型オデッセイ、2013年10月発売。全高は最大で1715mmとアップし、更に床面の超薄型化で天地方向のスペースを拡大。スライドドアを採用し全長も拡大することでより世間一般で言う「ミニバン」に近づけてきた。さらにサスペンションもフロントはマクファーソン・ストラット、リヤは従前の(性能は優れるが、スペースが犠牲になる)ダブルウイッシュボーンサスを捨て、性能は落ちるけれど空間を広く使えるストラットサスペンションを使ってきた。サス自体は「安く仕上がる」効果もあるだろう。。燃料タンクも薄型化。つめる燃料は少なくなったが燃費改善で航続距離は維持している。

つまり世間一般の(見かけは)普通のミニバンに振ってきたのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん、見た目は背の高い大きめなミニバン(おかしな日本語だな)だけど、この車の売りはサスの形を変えてでも実現した広いスペース。それを実現する極限まで「薄く」低くなった底面でしょう。ここまで低くなれば子どもやお年寄りのいる家庭でもかなり重宝するでしょう。子供なら中で立って着替えできるくらいの広さが有ります。またプライドを捨てて?採用したスライドドアもこの車を考えるユーザーには

そしてサスペンション形状変更で失った乗り心地や運動性能を補うべくホンダが使ってきたのがザックス社製の振幅感応ダンパー。簡単に言うと細かな振動にはゆるやかに上下し、ハンドルを切った時のように大きな力を継続して受けるとぐっと力を込めて踏ん張る、そんなダンパー。これで乗り心地と運動性能を確保してきている。


最近、ドイツ御三家に日本車が負けているのはシャーシーの基本性能もさることながら、ショックアブソーバーにお金をかけていなかったり、開発力が低いせいなんじゃないかとふと思ったりするのだ。日本では燃費という目に見えるものばかりを追い過ぎて、目には見えない(でも本質的には失ってはいけないはずの)乗り心地を忘れてしまったのでは???

日本のショック開発会社は主観的ながらザックスにかなり引き離されてしまったように感じる。
このままではジリ貧になるかと。「切り札」として投入されるような優秀ショックアブゾーバーを出してくるまではこのへんの業界は「セル」でいいような・・。逆に出てきたら買いかもしれんね。

2013年11月5日火曜日

今を取るか未来をとるか

楽天、星野監督が見事に日本一。やはり褒められてしかるべきだろう。

優勝したのにケチをつけるんだが、星野監督は「今」を取りに行った。未来は取りに行ってない。(その時はその時考えるんだろう)

田中の連投、その他先発ピッチャーのスクランブル待機。これはその人達を考えれば確実に選手寿命を縮める。(人間の筋細胞は休息によってしか回復しない。筋肉を使った後は数日間休めなければ傷んで回復しないのだ)。

ムリに使われた選手たちは選手寿命が減ることはあっても増えることはない。しかし代わりに日本一という称号を手に入れた。星野監督は先に4勝したほうが勝ちというルールに則ってこのルールの中で最も勝率が高くなる選手起用をした。しかしそれは確実に選手を痛めつけることもわかってはいる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かつて中日の落合監督(当時)は自分のチームから日本代表チームに選手を出すことを嫌った。選手が痛むことを知ってた。選手は「個人事業主」だから守ってやらねばと。その前に長嶋監督に向かって各チーム2人まで、という条件を守らせたのも落合監督だった。もちろん、優勝を目指すけれど、選手を大事にする監督だった。

落合監督はハードな練習で知られるけど、それは選手の寿命を少しでも長くしてあげるためということでもあった。練習でしかレベルは上がらないし維持できないし、一定のレベルに達しない選手は年末にクビになるからだ。その他ベテラン選手に様々なフォーム改造アドバイスを行ったがそれは主要な部分で選手寿命を伸ばすためだったという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
勝つためなら手段を選ばないというのもひとつ。(落合監督だって勝つためには「非情な采配」を取ることも多かった)。しかし一方では個人個人を思いやることもひとつ。難しいなあと思うのです。

翻訳ソフトは「逆バベルの塔」なんだろう。

あ、これ前にも書いたか。

日韓関係や日中関係が悪化している。この理由の一つに翻訳ソフトやインターネットの普及があると思っている。これは僕だけではないと思う。。

翻訳ソフトというのはバベルの塔の話を思い出させる。

(新天地注。人々は天まで届くバベルの塔を築き一ヶ所に住もうとしたが、これを快く思わなかった神は、人々が違う言語を話すようにしてしまった。これによって混乱した人々は、その言語ごとに世界中に散らばって住むようになったとさ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今は世界中のネット言論を翻訳ソフトを通じである程度の意味を理解するようになってきた。特に中国語や韓国語は日本語と親和性が高くすぐに韓国の新聞の論調をしることができる。

結果、韓国の新聞が韓国国民の耳障りが良い主張をすればそれは数分後には日本国民には耳障りの悪い話となって拡散する。(逆もしかり)

それじゃあお互いに環状が好転するわけはないわなw。こうして悪意の連鎖は続いていく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
対策はとりようがない。これはもうそういうもんだと変数として理解しないとね。

三菱自動車に足りないもの

トヨタの社長は「もっといい車を作ろう」でそれなりに(いやかなり)成果を上げた。
ホンダは自信と洪水に見まわれながら、「火事場の馬鹿力」で急激に力を回復している。
スバルはアメリカでバカスカ拡大中だ。

もちろん、そこにはリーマンショックやもろもろのトラブル以来、臥薪嘗胆で頑張ってきた各社の追い込まれた時の力があったのだろうが、見落としてはいけないのは販売網なんだと思う。

もともとトヨタは特に国内の販売網には定評がある。ホンダもアメリカでは強いし、ここ数年の小型車向け店舗の再構築には目を瞠るものがある。スバルもアメリカでのディーラー網構築で成功したからこそ今の台数があるんだろう。

一方日本車がヨーロッパでさっぱりなのは明らかに販売網だろうね。ここは現代自動車グループを見習う必要性があるんじゃないんだろうか???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて三菱自動車。

PHEVを出してきたことで「出し抜く」チャンスを与えられたと思う。一方で「同じく車」を売っているはずの軽自動車で日産と差はかなりある。要するに販売力が弱すぎるのだ。数の問題もあるのかもしれないが「販売員の質」の差があるんじゃないだろうか?

僕でもそう思うのだ。三菱の上層部もそこには気がついているだろう。

ホンダはこれではいかんと思って2年ほどかけて立て直したようだ。三菱自動車にそれができるか?できるなら株価はどかっとあげる余地があると思う。これだけダメなwのにこれだけの利益を挙げれる体制にまでに戻しているからだ。

空売り規制の緩和

空売り規制が一部緩和される。というのもいわゆる裸の空売りと言うのはやっぱり規制が残るのでちゃんと株を借りてきたり、あるいは信用貸借制度を利用した売りに関して規制が緩和されるというわけ。

今までディーラー(自己売買)は現物株の売りに関してはアップティックルールというのに縛られていたんでガンガン株数を空売りしていくことは不可能に近かったのだが、これが値段規制がなくなることでどんどん下値をつけることは可能になる。

(ただし、いわゆる「新規売り現物買」ルールは残ると思う(ゴメン正確には未確認w)、自己の資金枠という縛りは残るはず。自己は貸借制度を利用してもその日のうちに「返済買い」を行うことはできないと当局に通達されている。手続き上「裸の空売り」と同じになるからだ。で、信用新規売り、現物買い、翌日渡し株という手続きをとることになるんだと思う。つまり、自己が例えば一億円分の株の空売りと買戻しを行うと、オーバーナイトの枠で、一億の信用売の保証金でざっと3000万円、買戻しを現物買で行うのでまるまる一億円、合わせて1億三千万円必要になる。だからディーラーは売りから入ってどんどん回転売買するということはできないのだ。これが買いからならディーラーには差金決済の制限がないので何度でも何度でも買ったり売ったりできる。)

一般客についても50単位ルールがなくなるわけで、これは大口客にとっては大きいだろう。まあいきなり大きく売ってくるとも思えないんだが。逆に仕手株なんかは踏み上げにつながる誘いこみがやりやすくなる面もあるけどね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今まで以上に売り崩されるような場面は増えるかもしれんね。特にラージ30のような銘柄とか225に関与率の高い銘柄を戦略的に空売りしてくる場面は増えるかもしれん。トータルで見れば、客に入っていた利益の自己部門への利益移転はさけられないかもしれんね。特に僕のような空売りを好きな人間から見れば、自己が売れないところをドカドカ売っていたのが自己も売れるようになるのは痛いだろう。(ホント痛いw)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空売り規制がなければ、今もディーラーやってたと思う。そう思うとフクザツな気分だ。
しかし、空売り規制をやめた、というこの事ひとつとっても今の政権には「株を理解している人間が居る」という証なんだと。これを導入したバカよりは緩和した人間のほうがよっぽど頭がいい。

いい車の定義

僕は今のところトヨタの株には若干懐疑的(利益が低いというわけではないが、自動車の乗り心地とか総合性能でドイツ勢にまだ追いつかないし、株価が高めだと思うから)だがだからといってやっぱりあの社長は認めないわけにはいけないんだろう。


さてそんなトヨタの社長は「いい車を作ろう」(呼びかけ型だね)が口癖なのは知られているが、この前、新入社員にこんなふうに質問されてこう答えたそうな。

新入社員
「社長はいい車を作ろうとおっしゃいますが、社長のいういい車っていうのはどういう車ですか?」

社長(少し考えてから)
「いい車、じゃない。もっといい車、だ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
非常に示唆に富んだ話なのかなと。うんちくたれると長くなるんでこのへんで。

2013年11月4日月曜日

モーターショーに見る今更ながら株の材料になりそうな話。

といっても、アナリストが書かないようなヒネタ視線から。

ダイハツのKOPENは外装がプラスティックで換装可能。
つまり、今までもバンパーやリアのテールゲートなどにプラスティックを使うモデルはあったが、今後は外装全般に鉄ではなくプラが使えるようになるということ。軽量化やデザインの自由度upの可能性、そして成形関連銘柄に恩恵が出てくるかも。

前も書いたけど、三菱自動車は時期パジエロのスタディモデルを含めて充電可能なハイブリッドというか、電気自動車だけどエンジンで充電もできるPHEVを出してきた。この路線は注目すべしと思ってる。

スズキなど二輪車に力を入れてきた。
二輪車の復権なるか?

スバルはレボークを投入。日本専用車を出す心意気は買うけど、。。。又新しいアイサイトにも注目が集まるだろう。

日産が隠し球で出してくることが一部報道されたのが、フェアレディZのしたのレンジになるFRスポーツカー。86やBRZみたいなおっさんにしか売れない車は作らないとまで豪語したらしいのでよう注目でしょう。株価にはえいきょうないけどね。

トヨタはレクサスにダウンサイジングターボのコンセプトを出してくるとか。久々のターボ採用ということになるね。





2013年11月3日日曜日

もうそう「ぼくのかんがえたたいちゅうせんりゃく」

ネットとか見ると、非常に幼稚に「ぼくのかんがえるさいきょうの⚪️⚪️」みたいな組み合わせの書き込みがよくある。
サッカーなら闘莉王使えとか、野球なら今こそのむらかんとくだろとか。
軍事板なら自衛隊はどこどこの国の何とかさえ輸入すれば最強とか。

かく言う僕も、そういう妄想はきらいじゃないw
ーーーーーーーーーーーーーー
今日は僕の考える対中ふうじこめせんりゃく。

まず軍事はどうか?
これは物量で負けるし、こっちにも死者が出る。
やめよう。

経済封鎖?金もかかるし出来っこない。ヨーロッパからの資金の流入は続く。

ならば?

ベタな方法だが、他人同士を争わせて疲弊させるのが一番だろう。
アメリカは昔、アフガンゲリラに手を貸してソビエトに対抗した。
ちゅうごくはいま、韓国と日本を争わせて漁夫の利をえている。

ならば、日本は中国と争う人間に手を貸せばいいんじゃないか?

地方で反共産党運動を起こすように。。。少数民族でも宗教団体でも、あるいは悪魔でも。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
なおこのせんりゃく、万が一にも成功すると、やっぱり大混乱から日本を混乱に巻き込む可能性もw

しかし僕でさえ考え付くこと。いずれ誰かがやりそうな気がするのです。
頭の何処かにはその可能性を片隅に。