2013年10月18日金曜日

今度は「中国のせい」来ました

ギャラクシーS4を販売したサムソン電子。ところがドイツでは新しいS4が「電池が膨らむ」いわゆる妊娠ですな、あるいは「爆発する」騒ぎが頻発しているんだそうな。

これをうけてサムソンSDI(サムソン電子の関連会社で電池などを手がける)の社長が「サムソン電子には中国製のバッテリーを使うなと言ったのに」と発言。間接的に問題は中国製バッテリーにある、とグループとしての責任転嫁とも取れる発言をして一部で話題になっています。

もちろん、サムソン電子側は軽々にはそんな話はしませんが(そもそも一方的に中国製バッテリーに問題があったとしても、製品の販売会社としてサムソン電子にも責任は有ります)サムスングループ会社の経営トップの発言だけに論議を呼びそうです。

ミサイル防衛は誰のため?韓国のケース

アメリカが開発するミサイル防衛システム。

誤解を恐れずに書くならばミサイル防衛システムは、敵のミサイルを感知するレーダー、その情報をやりとりする情報システム、それを迎撃する対空ミサイルでできています。(レーザーで迎撃とかはまだ研究段階なのでここは置いておきます)

そして迎撃する迎撃ミサイルは今のところ三種類。SM-3,THAADミサイル、(パトリオット)PAC3です。
簡単にいえば、宇宙空間に向けて上昇中あるいは宇宙空間を慣性飛行している敵ミサイルを迎撃するイージス艦載型のSM-3(迎撃高度は将来配備される次期モデルで最大500キロ)、大気圏に再突入しようとするミサイルを主に大気圏外で迎撃するTHAADミサイル(迎撃高度は75キロ)、そしてそれらが撃ち漏らしたミサイルを大気圏内で迎撃するPAC3(迎撃高度30キロ)と役割分担が有ります。どの方法が優れているというよりもそれぞれの段階で迎撃することでより全体としてうち漏らしを減らそうという「システム」なわけです。

日本はアメリカのこのMDシステムに「加入」しアメリカと協力してミサイルを迎撃する仕組みを作ろうとしています。集団的自衛権の行使の流れはこんなところにも現れています。「アメリカを狙ったミサイル」でも集団的自衛権の行使がなければ日本の自衛隊は迎撃することができませんね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話がそれました。北朝鮮の弾道ミサイルの脅威にさらされる韓国でもミサイル防衛は必要だろうというのが政府の考え方です。またアメリカ防衛産業としてはぜひたくさんアメリカの対空ミサイルを買って欲しいし、アメリカ政府としてはもしも日米が構築しているミサイル防衛網(MD)に韓国が加わるならばより緻密な防空網が築ける(迎撃確率が上がる)ので大歓迎です。

ところが・・・・。

韓国は「韓国独自のミサイル防衛網は構築するがアメリカ(そして日本とももちろんw)のMDには加入しない」と言い続けています。最終段階である大気圏内でのPAC3による迎撃システムを韓国国内だけで(アメリカや日本の防空情報に頼らずに韓国独自で)構築する韓国型防空システムを作る、というのが今の政権の方針なのです。アメリカが要請する、韓国国内でのミサイルレーダーの設置も拒否するし、SM-3やTHAADミサイルの購入や設置は行わないと。

韓国の軍関係者が「SM-3買うかも」「いやSM-3は射程距離長すぎるからTHAADかな」と漏らしたところ、野党からは「アメリカのMDに加入する布石じゃないのか」と「徹底追求」する騒ぎになっています。

火消しに躍起になった韓国軍は大臣が「PAC3の導入以外に考えていない」公式声明を出さざるを得なくなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表向きはSM-3やTHAADは、北朝鮮の、弾道ミサイルとしては射程が短いノドンやテポドンミサイルに対応するには性能が過剰だし、お金もかかる。(もしも韓国がアメリカのMDに完全参加するなら数千億円のお金が必要になると言われているそうです)また艦載型のSM-3を配備するならイージス艦ということになります。しかし比較的イージス艦の多いアメリカや日本(将来八隻)と違ってイージス艦が少ない韓国では(3隻のみ)では、ミサイル防衛のためにイージス艦を使うと、本来の艦隊防衛(防空任務)を行う船が足りなくなる。

しかし・・・。本来はミサイル防衛は緻密な敵ミサイルの監視回析、情報共有、そして多段階での迎撃ミサイルがあって初めて効率的なのです。お金がかかるかもしれませんが複数の種類のミサイルを所有してアメリカのMDに加入するのが最も効果があるのは間違いありません。お金がかかったとしても。現に日本はそうしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なぜ韓国がそうしないか???それは中国様の反発を心から恐れているからです。もしも韓国がアメリカのMDに加入するとしたら(加入しないとしてもSM-3やTHAADミサイルを配備すれば)それは中国の弾道ミサイルを迎撃できる「壁」が新たに存在することになります。中国にとっては自分の最大の強みを消されることになるから。「防御するのはこっちの勝手だろ」と思います。しかしもしも防御される側から見れば、「一方的にミサイル攻撃の的になる」恐怖でも有ります。打たれたら打ち返す、という恐怖の均衡が崩れるわけですから・・・・・・・・・・・・。

本来、北朝鮮から身を守る、というのが国防の基本原則のはず。しかしそれよりも優先される中国様の顔色。(北の脅迫の声よりも、同盟国アメリカの声よりも中国の顔色が最優先)。こんなところにもアメリカに背を向けて中国にあゆみよろうとしている今の韓国の複雑な立ち位置がかいま見えるのです。。。

(韓国としては経済成長で、もはや昔のアメリカに隷属した韓国ではない、あるいは台頭する中国に一方的に敵対するには問題がある、と考えているんでしょうね。利害で動くのはしょうがない部分はあります。しかしそんな韓国を「利害だけで動く国は信用出来ないよなあ」と見ている国があることには気づいていないんでしょうが)
------------------------------------------------
新天地追記
韓国国内には「MD加入」とアメリカの戦時統制権返還の延期(もともと韓国側が統制権を返せと言い出した(でアメリカはウンといった))がセットになっている「ビッグディール」説もあります。アメリカ軍が引き続き戦争の責任を持つ代わりにMDに加入しろと取引してきたという説です。
MD否定にはこういう取引説を否定したい思惑があることも確かなようです。

「不良品」に揺れる韓国

最新鋭の原子力発電所2機が完成、&発電開始一年延期に追い込まれそうな韓国。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国では今年、原発の不正部品使用が明らかになり、ブラックアウト(送電の一部停止)寸前まで追いやられたと言われています。日本の去年よりも危なかったとか。一部スーパー、ホテルも冷房を極限まで絞ったために熱中症患者が多く出たそうな。

そんな韓国の建設中の原発でまたもや不正発覚。数十キロメートルに及ぶ電源ケーブルが要求性能を満たさないものであったことが発覚したのです。いま慌てて新しいケーブル納入業者を選んでいますが、発電と送電開始は1年以上遅れるとか。当てにしていた新鋭原発のつまづきのせいで来年も更に苦しい電力需要見込みになりそうです。

韓国の現政権も原発依存から天然ガス重視に切り替えるとか切り替えないとか。資源争奪戦争になるかもしれませんね。また韓国の原発輸出ビジネスにとっては間違いなくマイナス材料です。

来年、韓国旅行に行くなら夏は避けましょう。日本の節電より熱いらしいですから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国軍では「新型軍服」(防水性に優れ蒸れない、というウリ文句だった)の「つかえねー」(蒸れるし動きにくいし、又に汗はたまるし)に続いて「戦車部隊の使っているリュックの防水性がひどすぎる」事態が発覚。歌われる性能とは異なり、物の五分で中が水浸しになってしまったそうな。

そもそも性能試験やったんかい?というレベルのお粗末さですが・・・。売ってしまえば後は知らん。韓国らしい商売のやり方です。

最初からユニクロに頼んだほうが良かったのでは?日本人は思ったりします。

2013年10月17日木曜日

「つうほうすますた」

ってよく2ちゃんねるなんかでは書いてある。株の世界では、証券取引等監視委員会に通報するのが一番簡単だろう。

証券会社にいればSECは畏怖の対象かもしれんが、捜査機関としては優秀で結構なお仕事の量をされている。かく言う僕も何度も通報させてもらい、実際にマスコミに出るような事件になったものもある(まあ僕以外の通報も入っていたんだろうが)

というのもその昔、ある証券会社で売買審査室長などという名前は大層なお仕事をしていたために、お客さんから怪しげな相談の電話が結構かかってきたのだ。
要するにその証券会社のお客さんが、(別会社の)怪しげなセールスから売り込み受けたんだけどどうなんですか?といいながら未上場株券の上場話などの相談の電話をしてくると。

もちろん、当たり障りのない範囲で「それはやめておいたほうがいいですよ」と話をし、でも時間を取られて腹立つからそういうけしからん案件はかたっぱしからSECに通報したのだ。通報した途端にその会社のHPが消えるケースがあったりと調査機関の素早さにはなかなか侮れんものがあるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
群栄化学の見せ玉?悪質だと思うんで昼休みに超久々に通報しておいた。あの値下げ値上げの繰り返しはイカンよ、放置したら。

注文を受ける証券会社の売買審査がまともなら、普通はスクリーニングに引っかかる程度の目立った価格変更だと思うけどなあ(下がってくると約定しないように値下げ、上がってくると煽るように値上げ。もちろんできるだけ約定させないように、他人に上を買わせるように)

アルファロメオ4c


イタリアのアルファロメオから注目の「手に入るスーパーカー」4cが発売される。

スーパーカーと言ってもフェラーリやランボルギーニのようにV10とかV12の大排気量マルチシリンダーエンジンを搭載したモンスターではない。エンジンは1750ccの4気筒ターボ付きエンジンという「ダウンサイジング」エンジンをミッドシップに搭載して後輪を駆動。
(市販のエンジンの改良版なのでコストもある程度抑えられる)

この車が注目されるのはシャーシーを「カーボンモノコック」(そう、レーシングカー等と同じ軽くて強度がある、でも超高価な)作りで作ったところにある。しかもプリプレグといってカーボンモノコックでも最もお金と手間がかかる製法。全長は4mを切る。小型スポーツカーだ。
今までもイタリア製のフェラーリやランボルギーニなどの超高額な車がカーボンモノコックで作られることはあった。これは価格が高い車だから少量生産でも十分にペイできたという面がある。

カーボンモノコックは一体成型する工程が複雑で専用の大型の機械が必要。ある意味「手作り」な作業も必要で今のところ量産車には向いてなかった。

ところが4cは基本モデルなら日本でも700万円を切るという「手に入れられる」価格で登場する。つまりやり方によってはすでに鉄やアルミではなく、カーボングラファイトで量産車を作れる時代が来たということだ。。

これは画期的な出来事だと思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
残念なのはこれが日本メーカーがやったことではないということかな。
日本のメーカーこそこういう車を作ってみせるべきだと思うんだが。

4c,心からほしいです。株で儲けて買いましょうね。実用性は確かにかなーり低いんだけれども。

契約仮再婚

韓国日報に載ってた話

韓国で日本と同じように「離婚」の数が増え(もともと韓国は儒教やキリスト教の影響で離婚が少なかったが、近年価値観の多様化から離婚が増え続けている)、それに伴い「再婚」するカップルも増えている。

もちろん、なかなか出会いが少ない人は「結婚相談サービス」に入ることになる。韓国では再婚の人をターゲットにしたサービスも多いんだそうな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方で
一度離婚した人にとっては、当然失敗を繰り返したくないという思いから、再婚に踏み切れないケースも多い。また正確の違いや習慣の違いが原因で離婚するのではないか?そんな懸念が再婚を妨げてしまうというのだ。

そこで韓国で急に増えてきたのが
「契約再婚」だ。

アメリカや日本でも結婚の前に「契約」を結ぶケースが増えているという。(日本なら)予め離婚した場合などのお金や親権の行方を公正証書にしておいて、裁判でもめるのを防ごうというもの。(公正証書を作っておけば、それは裁判の確定判決と同じ効力がある)


韓国の「契約再婚」は「本当に再婚する前に」お試し同棲してみましょうよ、というもの。お試し同居期間中のいろいろな取り決め(お金とか住居とか、あるいはお試し期間の長さそのものも)をサービスのコーディネーターがが相談して取り決めてまず同居してみる。そして「大丈夫だな」となったら実際に籍を入れて再婚すればいい、というもの。

相談費用は10万円ほどだそうだが、一週間で50組のカップルが利用するなど人気は上々。日本にも同じような仕組みが出てくるかもしれませんね。
行政書士的には結婚相談所当たりと組めば面白いビジネスになりそうなお金の匂いを感じるんですがw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみに記事によれば、韓国でも離婚者同志のカップルが「籍を入れない」事実婚となるケースが増えているんだそうです。その理由の多くが「再度わかれることになるかもわからないから(離婚を避けるために)籍を入れない」というものだとか。

が、籍を入れた場合に比べると事実再婚カップルの「相談」(まあ別れ話ですな)に至るケースは籍を入れているカップルに比べると倍近いとか。

要するに、離婚を恐れて籍を入れないケースではやはり籍を入れた正式再婚のケースよりも失敗する場合が多くなる、と。籍を入れるという行為にはそれなりに破局を防ぐ効果があるというわけです。

作品の舞台

大学時代、国文学の単位を取得したのだが、その時の教授が芥川龍之介を研究分野にしている人だった。もうお亡くなりになったのだが。

芥川龍之介の小説には、古典から題材をとったものも多い(芋粥とか歯車とか)。これに対して「物語の独創性にかける」なんていう批判もあるそうなのだ。つまり「一からプロットを作った作品に比べれば、すでにある舞台(古典)を再利用して描かれた芥川作品はいわば手抜きじゃないの?と」

でも当然だからといって芥川作品の価値が落ちるわけではない。芥川の小説は題材、舞台こそ古典を使っているがそこに描かれた真理や機敏、虚無その他もろもろに価値が有るのだろうから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
映画「そして父になる」が元の種本の作者周辺ともめているらしい。

もちろん、題材となった話があるわけで、そこは大事にしなくてはイカンよな。
だからといって映画の価値が落ちるとまでは思わないのだけど。。。

2013年10月15日火曜日

ティーパーティ

政治経済を高校で習った人なら「ボストン茶会事件」というアメリカの政治事件を習ったと思う。アメリカがまだイギリスの支配下にあった頃、イギリスの課税が重すぎるとして(イギリスがアメリカ本土の紅茶輸入に大きな関税をかけたんですな)イギリスインド会社の船の紅茶を大量に港に遺棄した事件。これはアメリカ独立の象徴的な事件になっていく。

(港に捨てられた紅茶をみて「ボストンで茶会を開いた」と冗談を言い合ったことが「茶会」と訳されることになったらしい)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、現在共和党を支える一部の保守ポピュラリズム(小さな政府の急進的な信奉者グループとでもいいましょうか)をティーパーティと呼ぶ。オバマ政権は金融機関や自動車産業に多額の救済基金をつぎ込み、オバマケアと呼ばれる社会保障制度を実現しようとした。いっぽうでそれは税金や国のお金の仕様の増大につながる。

伝統的に「小さな政府」(国は必要最小限になるべき)と唱える新しい保守系右派の人々は「ティーパーティ」と呼ばれ、前回の会員議員選挙での共和党躍進のちからになった。これは多分にオバマに対するアンチテーゼの声を集約したからとも言える。

(ティーパーティ、のTEAはTaxed Enough Already税金はもうたくさんだ、の頭文字でもあるんだそうな)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまり、モーゲージ・ローンの破綻は無理してお金借りて返せなくなった人達自身が悪いんだろうと。なんでそんな奴のためになんで税金払わなければいけないんだよ。これに対抗してシカゴティーパーティを起こそうよ。

そんな主張から始まった草の根運動は次第に数々の「集票能力のある」地方組織を共和党内に産み、共和党自信も無視できない勢力になっている。彼らはオバマ大統領に対して強く出ると、共和党上層部も無碍にはできなくなってきている。それがいまのにっちもさっちもいかない状況を生んでいるんですな。。。。、

燃料電池と水素

いま、燃料電池車として話題になっているシステムでは「水素」を利用したものが多い。というのも水素は燃料電池で発電する過程で「水」しか生まれない。温暖化の元になる二酸化炭素を発生しない、あるいは窒素酸化物や黒煙などを発生しない、非常にクリーンなシステムであるといえる。

問題は如何に水素を安全に高効率に(やすいコストでとも言える)持ち運ぶか。現状では圧縮するにしても結構なエネルギーが必要になる。それをためておく貯蔵庫のコストも。


一方。水素は原油を精製する時にも発生し、現在は燃やしたり捨てたりしている。これを利用できれば非常に環境にやさしいということにもなる。捨てているものを使う(もちろん純粋な水素を取り出すのに精製プラントが必要になるが)のだからコストが安くなる可能性がある。(現状ではまだ大規模な精製プラントが燃料電池車の燃料として水素を生み出すとしてもガソリンに大きく燃費で負けている)

これはプラント業界(特に千代建)にとっても新しい挑戦、未来の収益分野。また、石油業界にとっても非常に大きな立地になりうる。
電気自動車が普及しても石油業界に恩恵は無いが、水素で動く車がもしも一般化すればそれはガソリンに変わって石油業界を潤す可能性がある、と。

あるいは水を電気分解すれば水素と酸素を取り出せる。原発の夜間の余剰電力を使って水素を取り出せば・・・ってな考えも会ったのだが、今の日本の現状では難しいかもね。コストもかかるし。

時を経て

今日は役に立たない話(え?いつも立たないって?)

昨日は奥様と豊洲に出かけた。というのも、豊洲のIHIビルで「スペースボール」という全天型のスクリーンに映像を映し出すイベントをやっていて、それを見に行ったのだ。

これはこれで楽しく、またIHIのビルの常設展示も面白かったのだがそれは本題ではない。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
豊洲のまちを歩くと、今まさに建築ラッシュ。今まで草ぼうぼうだった土地もフェンスで囲まれ今まさに建築が始まろうという感じ。「田舎」だった豊洲も急速に高層ビル化していくのだろう。オリンピックで作っているわけではないが、オリンピックが更にこの流れを加速するのも間違いない。大きな土地から隙間の土地まで残された地面は確実にアスファルトとコンクリートで覆われていく。

思えば子供の頃Qレシオとか訳の分からない呪文を唱えながら東京ガスとかIHIの株を買い上げた。(なんのことだかわからない人は「ウォーターフロント相場」とでも検索してみてほしい)。実際にはまだ開発が進まない土地に価値を見出して実態以上に株価を買い上げたのだ。全員参加で。

あれからすでに30年。現実世界は30年かかってようやく「相場の中身」を実現しようとしている。相場は30年先の話でも盛り上がるのだ。85年にウォーターフロント相場で夢見た、草ぼうぼうの不毛の土地が新しい都会に生まれ変わっていく近未来。西から東へのシフト。空想で夢見た「バビロンプロジェクト」ほど大規模ではないけどさ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

思えば当時「超電導相場」なんてのもやった。今から思うとなんと意味のない相場だったかと思うが、30年の時を経て、ついに超電導が陽の目を見ようとしているところまで来た。豊洲の槌音を聞きながら思うのだ。人の時間の悠久の流れを。テーマは必ず蘇る、と。

アメリカさえ立ち直ればなんだが・・・。

というポジショントークでしたw