2013年5月25日土曜日

225チャート(H25年5月24日まで)

金曜日(H25年5月24日まで)の日足。

長期上昇のあとの出来高を伴った包み足。その後、ハラミ足。昨日も書き込みましたが、月曜日、金曜日の始値よりも高く始まって、しかも金曜の始値と終値の間で終わったり、あるいは金曜日の終値を下回るような動きになると、「需給は完全に下向き」であることを確認する非常に弱い足となります。(戻りをつっかけてみて、そこでは売りが優勢なのを確認することになるから。パニックの売りでなく、戻ったら売ろうという実需の売りだから)

月曜に即売りではない(戻す局面はありうる)とは思いますが、木曜日の値段を超えるためには、日柄もしくは値幅を伴った調整が必要となると考えます。あるいは「相場が終わった」可能性もゼロではないのかなと(最悪のことも考える)。


もちろん、相場のはじめ、金余り相場なんだからバカスカ上げ直す可能性も十分ありますが(1985年以降のバブル相場参照。問答無用の相場も過去にはある)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
買いたい弱気です。とりあえず。


FSK  次期主力支援軽自動車を考える。

新天地はディアマンテという車に乗っています。昔義父が社長車として使っていた車。排気量2.5リッターのこの車は初心者新天地には十分なパワー。しかもおそらくフルオプション仕様のこの車、ナルディのハンドルとか電動パワーシートその他もろもろ超快適なのですがいかんせん10年以上前の設計の車。プリウスならりったー20キロは実際に走るこの時代にリッター6キロ台しか走りませぬ。今度の車検で廃車になる予定なのです。


車がなくなるので今後は僕が、奥さんが今乗っている軽自動車を使わせてもらう。どうせ通勤は片道20分位だし。

奥さんの車をどうするかだな。
さて、義父にも相談しました。

「こういう時代だから。(大きな車じゃなくて)新しい軽自動車買え。遠くに行くときは、俺のベンツお前らにやるからそれ使え」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ベンツの話はこの前しました。問題は奥さんに買ってもらう軽自動車です。。。

もちろん、安いのに越したことはありません。お金を出すのも奥さんだし、奥さんが乗る車、奥さんの趣味で買えばいいのだろうけれど。。。


しかし、新天地はここ最近出てきた新型車たちのしのぎを削る高性能化競争を投資家目線で眺めて来ました。できれば其のへんから選びたい。
さらに奥様は用事で首都高速を使うことがあります。出来ればそれなりに加速する昨今のターボ付きモデルに乗って貰いたい。それなら合流も安心だから。

スズキのワゴンRか、ダイハツのマイナーチェンジした「ムーブ」か・・・。カタログを眺めていた新天地ですが・・・。

ところが。我が家は地下駐車場なのですが、入り口のゲートの関係で「ハイトワゴン」は入らない((泣))・・・。意外な盲点が。。。(今のEKワゴンでギリギリの高さなのです)最近話題の、自転車が積めるようなスーパーハイトワゴンどころかワゴンRクラスの車でもダメか。。。、家建てた当時はセダンが当たり前の時代だったんだろうなあ。


この分だと、フルモデルチェンジする新型のEKワゴンも車庫に入らない可能性がある。。。

古いモデルはこの際除外(燃費が悪いから)と考えるとほぼ三択か。

ダイハツのミライース
スズキのアルトエコ
最後にホンダのNーONE
ミラもアルトもそれぞれいい車だし、燃費ももはやプリウスに遜色ないけど、ターボモデルが無いのが欠点。僕が買うならエヌワン(しかも僕のふるさとの近く鈴鹿で作られてる。部品は僕が生まれた町亀山の町工場でもたくさん作られて本田に納入されてる)かなあ。

ただ、奥さん、本田の車はあんまり好きじゃあない見たい。エヌワンはプレミアムを謳う分、値段も少し高めなのも不利な点か。

2013年5月24日金曜日

包み足、ハラミ足、かぶせ線。三連コンボの

チャートの画は某所から無断転載

すこし複雑なローソク足(どこがや)解説。

長期の上昇のあと、値幅をともなった包み足。翌日値幅が少ないはらみ足(前日の足よりも短い足)が出たあと翌日に「かぶせ線」(過去日記参照)が出る場合。

非常に強力な売りサインとなります。

日経平均、今のところ長期の上昇のあと、値幅の伴った包み足、翌日の値幅の少ないはらみ足までは示現しそうな感じ。

このまま金曜日が終わって、もしも月曜に今日の終値か始値の高い方よりも小高く始まりながら、しかしだれてきた場合。おもいっきり売りサインです(かなり強力な。ノストラダムスくらいの。え?微妙だなって?)。諦めましょう。2ヶ月くらい調整する可能性も・・・。(最悪相場は終わりかも)

下がってくれたほうが新天地はわかりやすいですけどね。

要するに大幅安だから割安感からみんなが買いに出るものの売りが強いために値幅が出ない(はらみ足になる)翌日、更に会に出てみるもののやっぱり売りが強くて「かぶせ線」になってしまう。

需給の悪さがこういうローソク足になって現れるという形。ましてや長期の上昇の後となると。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
月曜日にこんな足が出たらどうするか?

迷ってる玉は諦めて売る。ローソク足を知っている人間が知らない人間に行使できる特権です。

もう持ってないよ?空売りすんのは嫌だし。

そんな人には。

ボラティリティが高すぎるので、有効かどうかわかりませんが、プット・オプションを買いたてするというギャンブルも案外有効かもしれません。僕なら馬券買ったつもりで数万円分くらい買っても面白いかなと。。。、捨てるつもりでね。

ボラがあるのでコールを売りまくるという手段もあるかもしれませんが、そんなことはしないようにw今回大儲けできてもいつかは損するから。(そんなヘマはしねーっていう上手い人はこんなトコロ見てないだろうし)

トレンドフォローが原則だが。

新天地はギャンの信者です。

ギャンはこう言います。メイントレンドにつけ。メイントレンドに従うこそが儲かる最高の手段だ。

つまり、短期的な売買を繰り返すのではなく、例えば去年後半から相場は一直線に上昇トレンドを描いて来ましたから、相場の中で出来高、売買高の多い銘柄を選んで、トレンドが続く限りずっと持っているのが一番だと。(そこで稼いでおくべきなのです

しかーし。トレンドがわかんない時は?


それは、ある程度のレンジを想定して逆張り的に短期的に売買するしか無い(結局相場が上手くないとと儲からないけどね)

大きく上がったら売り、大きく下がったところで買い、利食いは短めにするしか。そうすればトレンドを見誤ってもプラスになる(場合が増える)。それでも損が続いたら相場を降りる。トレンドを確信できるところまで待つ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地は急落があるかもなあ、とはどこかで思ってましたポジションを軽くしたらそっからさらにバカスカ上がりましたが(大泣)。加えて思ったより馬鹿でかい下げが来てしまいました。トレンドに自信が持てなくなってしまいました。

歴史的値幅で急落したので、今日か来週は「リバウンド狙い」の短期売買で勝負したいところ。ただしそっから更にすぐ再高値更新していくかというと疑問かなあ??


本当に上手いプレーヤーはリバウンド局面だけ勝負して、また何年も眠りにつく。そんなプレーヤーかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
え?最高値近辺で買ってしまった株はどうしたらいいかって?

買いが間違ってたんだからどっかでは売るべきです。分からない株を買ってしまったのが間違っているのだから。一般的には急速に戻す場面があるでしょうから、欲をかかずに損切るのが正しいかもしれません。

結果論で、売った値段よりも高い値段になってしまってもくよくよしない。そもそも買いが間違っているのだから、売り方を反省してもしょうがない。それよりもなぜそこで買ったのか、考えなおすことのほうが将来に利益に繋がるから(と僕も先輩に言われたことがある)

上手いディーラーでも昨日は大損こいたディーラーも居る。でも上手い人は一昨日までにしこたま儲けているし、更に今日と来週のリバウンド相場では荒稼ぎする。

ほんとうにうまいディーラーは昨日一日で何千万も儲けてたりするかもしれんが。(先物なんかは特にね)

包み足(225チャート)

包み足。ああ知ってるよ、プロゴルファー猿でしょ。

それは旗づつみ。

違う。

某所から無断で転載。前日のローソク足の値幅を次の日の値幅が超える形でローソク足ができるケース。上昇相場なら陰線、下降相場なら陽線ができた時。これを包み足と言いまして「相場の転換を(比較的)強く示唆する足です」
もちろん、包み足が出たからといって相場が必ず転換するわけではないのですが、非常に強いとレンドが続いてきた時にこの足が出ると、少なくとも短期的には「一旦おしまい」のことも多く、歴史的大天井や大底でも出来高を伴って発生していることも確かです

5月23日までの日経平均225現物の日足
絵に描いたような包み足です。しかも出来高を伴っていますし、長い長いトレンドの後の包み足。頭のなかには「一旦相場が終わった可能性」は入れておかないといけないでしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただしこれだけの値幅(下落)が出たあと。

短期的には大きなリバウンドが今日かもしくは来週初めには起こります。そこでは短期勝負ですがちょっと小遣い稼ぎたいですね。

また「長期投資で欲しい株がある」ひとには今日はチャンスでしょう。僕なら、ソフトバンクとか「信念があるなら」買うチャンスでしょう。これは絶対上がるんだ!と思っていた株を大量に仕込めるチャンス、長期投資の人は舌なめずりして待つのも良かろうと。

最近買っちまったよ、という株は頭を冷やして売るか買うかの判断を。ただ値動きの良さにつられて買っただけなら、買った時が間違っていた可能性があります。

繰り返しますが下がっても喜べる(信念を持って買い増しできる)株を。
ボラは上がっているので自分が抱えきれない評価損は諦めることも大事かもしれません。結果論で後悔することとパニックで損をすることだけは避けたい局面です。

そもそも本来なら昨日ショートしているか、あるいはポジションが軽くなっていなければいけない局面ですから。(結果論ですって?結果だけがすべての世界です。自己矛盾ですが)

歴史的な値幅は、相場の天井か底で発生する(by Gann)

ギャンはチャートを過去何百年にもわたって調べたことでも知られます。そのギャンが著作の中でなんどか同じ事を書き記しています。

「重要な(大きな)相場の上下動は相場の始まり(底値圏)と終(天井圏)で発生する」

つまり普通、大きな上げたり下げたりという値動きは、その相場が始まったばかりの時か、相場が終わるときのみ発生する、と。トレンドのど真ん中ではトレンドに逆らった値動きは発生しにくいと。

逆に言えば大きな上昇、大きな下降を示す値動き(まさに昨日までの上昇と昨日の急降下もそうですな)が発生した相場は「まだ相場は若い」か逆に「もうそろそろ相場は終わりですよん」のどちらかだというのだ。

さてどっちなんでしょうねえ~。どっちでもいいように、やや逆張りスタイル、短期的にいつでも降りられる時間軸で勝負したいですかね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
振り返れば、「ブラック・マンデー」の時は日本市場が下げの悪循環を「止めて」世界が急反発した。

今日僕がやるなら、昨日急落している225銘柄で出来高が大きいやつ。安いところをかってリバウンドを狙いたい。もしも今日も大幅安で終わるなら?すこし買い持ちにしてみたい。

え?損したらって?

其のために昨日まで稼いできて、かつポジションをゼロにしたんですがな。

ここが勝負どころ。儲かるかどうかじゃなくて、楽しいかどうかだ。(キッパリ)
(ギャンブルは依存性があります。程々に)

下がってもさらに買えるくらいの気持ちで。(くれぐれも破綻しかねない311の地震のあとの値動きとか911のあとの値動き、あるいはブラックマンデーの後の値動きは参考になるかもね。

ブラックマンデーのときと状況は似ているかもしれん。日本発の下げという意味で今回はやや特殊だが。ただ欧米株が再高値更新、日本株は金融緩和局面でまだ上昇途上と思われていたところ、っていうところはブラックマンデー当時と似ているかなと。

「個人的見解」というずるさ(半島気質かな)

中央日報の原爆記事、さすがに日本政府も大使館を通して厳重な抗議を行いましたね。

中央日報の返事はこうです
>「コラムの内容は、担当論説委員個人の見解と主張で、会社の公式の立場ではない」

論説委員といえば、其の新聞を代表する人間の一人。其の論説委員が記名記事を書き、それを編集部が容認して初めて紙面に載るわけです。論説委員個人の見解ならこのコラムは論説委員の個人的見解であり、中央日報の見解とはことなる場合がありますとか書いとくべきです。

そんな言い訳が通じるわけがないとは思いますが。。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんかここに朝鮮半島のメンタリティを感じるのです。

「悪いのは北朝鮮であって、韓国は悪くない」そんな風に振る舞う韓国。そもそも「お前らの民族性のせいでアジアに騒ぎを振りまいとるんと違うの?政治体制のせいだけじゃあないやろ、と。


そもそも韓国は今でこそ民主主義ずらしてますが、1985年くらいまでバリバリの軍事独裁国家だったことを自分でもすっかり忘れている。北も南もろくでもない国家同志だったことを。。。

第二次世界大戦では自分も敗戦国だったのに、いかにも占領されていた戦勝国として振る舞い、朝鮮戦争では被害ずら、ベトナム戦争で非道の限りを尽くしながら沈黙。

日本の悪口を世界中で言いまくる国。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
でも朝鮮半島を愛してますけどねw

2013年5月23日木曜日

変えないという選択。

先週のオークス、武兄弟の弟、幸四郎ジョッキーが勝った。

幸四郎ジョッキーは最近絶不調が続いていて騎乗数、勝鞍ともに減っていた、一昨年などはたしか二桁いかなかったのではないか、勝鞍が。

しかし、それでも辛抱強く起用してきたのが先週のオークスを勝ったメイショウマンボの松本オーナー。周囲からは他のジョッキーに変えたほうが良いと言われたようだが、信じて起用しつづけ勝利に結びつけた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週のダービーでは兄の武豊ジョッキーがキズナに騎乗する。生産したノースヒルマネジメントのオーナーはバブル以前からの古い馬主で武騎手にも縁が深い。

ノースヒルズの最高傑作、とデビュー前から評判だったキズナは阪神大震災の後に名付けられた。文字通り「キズナ」を持った馬か。佐藤哲三騎手の落馬負傷で武豊に騎乗が回ってきたものの、二戦続けて負け。しかしオーナーサイドはそのまま武豊騎手に手綱を預け続ける。

毎日杯、京都新聞杯、と裏街道ながらステップレースを圧勝。父ディープインパクト、姉ファレノプシスの手綱をとった武豊がダービーだけはとれていないノースヒルズに念願のダービートロフィーをもたらせるか?

変えないという選択肢をとりつづける関係者のロマンに、文字通りキズナを感じるのです。

アコード現象。 来ないかなあw

年寄りにしか通じないかもしれないが、むかし「シーマ現象」というのが巻き起こったことがある。世の中、バブリはじめて当時日産の最高級車だった「シーマ」という車がバカスカ売れたのだ。社長さんから、近くの農家のおっちゃんまで、車買うならシーマでしょ、と。


今度のアコードは大きすぎるけど、燃費が画期的にいいい。そして大きくて豪華。いままで、燃費を気にしてプリウス買ってた人が、クラウンに乗り換えてる。アコードだってあのとんでもないトルクと凄い燃費を知れば大ヒットしても不思議ではない。


もしかしてアコード現象が起きたら???


本田ではなく黒田精工買うんでっせ、と。(ここは僕のふるさとにも協力工場があるんだよね。親しみが大きい。)

九州ダンディさんにご指摘いただいたように黒田精工が今週動意づいています。さて動くかねえ。。

韓国と中国がサッカーをすると・・・。。(どっちが悪質かはいいますまい)

いまアジアクラブチーム選手権の決勝トーナメントが開催されています。

韓国ではソウルでFCソウルと中国・北京国安が対決。FCソウルが3-1で勝ちました。ところが試合後・・・・。


北京チームのロッカールームで凄まじい音が鳴り響いていたそうな。北京が引き上げたあと、施設関係者がロッカールームに入ってみると・・・・
その他、木製の壁に穴が開くなど動物が暴れたような惨状だったとかw。しかも北京チームは何事もなかったように、何も言わずに出て行った後。中国らしく?「よくやったと」とかわけの分からない声もあるものの、中国の恥さらしと中国国内でも批判されているそう。サッカー連盟も警告とか出すかもしれませんね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もっとも中国の方にも不満点はあるんですよ。不可解にも?中国チームに退場者が二人も出たんです。判定に不服だったのですかねえ???

同情する点が1つだけあるんです。それは・・・。

この日、審判を務めたのは、グループステージの「韓国の」水原三星対柏戦で水原に不可解な4本のPKを与えたイランのモフセン・トーキー氏。

え?何を言いたいかって???

別にw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どっかの半島では、試合とは勝つものではなく買うものなのかもしれませんね。

チャートがハマる、最近の相場

チャートが意味を持つのは、人間心理を示しているからなんだと思います。

もしも、相場参加者が全員チャートをみて判断してたら、チャート通りには行かないと思う。ああ、このチャートは!!といって商いが一方通行になるから。チャートを見ていない人間が多いからこそ、チャートは機能するんだと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今の相場。そこらじゅうで株の話をする人が増えたこと。上昇幅、売買代金、そのたもろもろの事情から、「あんまり株をやったことのない個人」「日本株にあんまり詳しくない外国人」の参加者がどんどん流入しているんだと思います。

でなければ最近の「噂で買われて、事実発表で大幅高」なんておかしな動きは説明できない。

逆にそういう人が多いからか「バイイングクライマックス」的なローソク足がそこかしこに見られてしかもうまくハマる。明らかにおかしなド高値まで買ってしまう参加者が多いんだな。僕らには真似できないような。

出来高が多い限り、スイングトレードや日計り商いのチャンスは有るでしょう。ただしトレンドだけは(個別株のね)は見誤らないように。

売りの急所「かぶせ線」。三菱自動車(7211)の株価がつけた天井の場合(H25年5月22日)

新天地が新人だった頃、場立ちをしながら先輩のディーラーの手伝いをしてた。

先輩が相場観で目一杯オーバーナイトした株が次の日、買い気配から始まる。

新天地はさすがだなあ、と思いながら、先輩に言った。
「いくら儲かるかわかんないですね。どこまで上がるんですか?」

先輩は言った。

「バカ。寄り付きすぐに高値だよ。多分。ドテン(買い方が一転して売りに回ること、又は其の逆)空売りするんだよ、こういう時は。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
状況を説明すると、前日その株は出来高を伴って大幅高(長い陽線)。次の日、買い気配で大きな窓を開けて相場が始まった。
そういう時は空売りの急所になる可能性があるっていうんである。もしも窓を開けて始まってその株が下がってきて、株価が前日比マイナスになるなら上の図にあるかぶせ線になる。。出来高伴って大幅高(長い陽線をひいた)した次の日に出てくるかぶせ線は中長期続いた相場の大転換の可能性の強い足だと。。。

ちなみに何の銘柄か忘れたけど、その株は先輩の言うように寄り付きが高値。持ちの利食いと空売りで先輩はその日楽に200マン以上稼いでたっけ。(ディーリングシステムが無い時代なのでくらいとしか覚えてないよな)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、去年末から新天地にて、のメイン推奨銘柄だった三菱自動車。あとから見れば明らかに「筋」が存在し(優先株を転換した奴がイルんだろう)、そいつらが持ち株を売り払うために相場を仕掛けました。5月21日に日産との軽自動車合弁生産の立ち上げというイベントなどをきっかけに買いの仕掛け。調子に乗った提灯筋が買い上がり大幅高します。乖離率、上昇率、出来高その他もろもろ、まさに「すっ高値」を示唆する危険なチャートの翌日。

22日に窓を開けて始まった株価は、買いが続かず、下降し始めます。そしてマイナスに転じる。では日足、日中足をそれぞれ見てみましょう。
日足↑
日中足↑
輩が教えてくれたように、大幅高した次の日に窓を開けてスタート。しかし買いは売りに押され続け、マイナスに転じます。まさにかぶせ線。売りの急所!

売り屋にとってはまさに絶好の稼ぎどころ。寄り付き近辺で売って、我慢出来れば前引けまでほうっておくだけで30円近い値幅を得られます。もし新天地の現役時代だったら空売り枠1億円あったとしてまずは1000マンくらい使う、5万株売り、で前場で買い戻し、その間1,2回買い戻しや売り増しを入れるかな、と言った感じでしょうか。最悪でも100万円からうまくハマれば300万円コースです。

なんなら、何株が空売りのままオーバーナイトしたって良い。月末に向けてちょっとした
勝負どころです。

買い方から見れば、ちょっと急速にやりすぎたかな?という感じ。かえって売りそこねたかもしれませんね
\\\\\\\\\\\\\\\\

新天地は三菱自動車強力推奨だったわけですが、「セル」に変更しておきます。当分、高値を更新することはありますまい。

2013年5月22日水曜日

日本の中華のレベルが上がる。かも。

最近中国では、贅沢禁止ということで北京とか中心に高級料理のお店の経営がすごく苦しんだそうな。料理人の就職も厳しいとか。

それで涙を飲んで海外に出て行く人が増えたとか。日本も景気は良いわけで、今後中華料理の美味しいお店が増えたりして・・・。

高値圏での三角保ち合い。天井形成の可能性。サムソン電子、暴落しる、の希望的観測。

 
 
三角保ち合いというチャートがある。これが相場上昇の最後に現れる時がある。
(ちなみに「トライアングルフォーメーション」で外人にも通じた。)

チャートは韓国サムソン電子(クリックで拡大)↓
 

まず最高値まで上昇した所で、大口の利食いが続く。(13年1月を天井に売られている)しかし、大きな値幅が出れば値頃感から買いが上回り反発する(2月頃に一度反発)。反発するのだが、前回売り損なった人も含めて「前の高値よりもしたの値段なら売れるだろう」ということで次の天井は低くなる。(3月頭までの戻り)再度下げに転じるが、再びリバウンド狙いの買いが入る。しかも前下がったところよりも上値でなら買えるだろう、ということで安値は前の下げよりも高いところにきまる。

こうして大きな出来高と激しい値動き、そこで利幅を取ろうとする動きと、株を売り払おうとする動き。作用しあってだんだん値幅が小さくなっていく。あたかも三角形を描くように。これが三角保ち合いだ。

この三角形の頂点まで来ると、一般的に株価は上下どちらかに大きく動く。三角保ち合いになっていた需給関係が壊れて持ちあわなくなるのだ。

最高値圏で発生した時は多くの場合最後の天井になることが多い。値段を保って売り払おうとしていた流れが壊れて、値段構わずに売りに出て行く場合が多いのだ。

新天地はここがサムソンの高値と信じて疑わない。こっから下げに入ってくれれば韓国の金融システム(サムソン電子は韓国の時価総額一割とか2割とかを占めるらしい)ごと奈落の底に沈む可能性がある。失われる10年に向かって。

(根拠はないけど、アップルという巨大顧客を訴訟問題で失ったこと、アップルという「同業者」が先んじて天井をつけて急落していること、WON高という逆風、にほんという競争相手の出現、大きな利益をあげたスマホ市場がそろそろ飽和すること、などから今の利益が最後の最高益になるという読み。というか希望的観測やな)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん、日本の会社も巻き込まれるところはあるかもよ。いいことばかりだけではない。

サムソンを売ったお金が日本に流れるのが理想なんだが。。。

出遅れ株は出遅れたままのことも多い

以前、相場には四種類(ギャンによる)あると書いた

先行、順行、遅行、逆光かぶだ。

ところでこんだけ相場よくても上がりの鈍い株がある。そういう株、たしかにいいんだが「上がってないから」というだけでかうのはやめよう。

上がらないには上がらないだけの理由があるのだ。

他の(同じ業態)株が上がっているからこれは割安、とかなんでもいいから理由付けのある株を。

こういうちょっと手詰まり感が出てくるような相場ではそれが大事なのかもしれん。

再掲も含めて。ハイブリッド。

ハイブリッドと一口に言うけど。

ハイブリッドは一石二鳥ならぬ三も四も狙った機構だった。

まず。
減速する時に発電機を使って電気としてエネルギーを回収する

モーターにはトルク(起動力)があるため、相方であるエンジンについては熱効率はいいけど、単独で使用するにはトルクが少ないエンジンを使用することができる。(トヨタではアトキンソンサイクルエンジンを使用)

モーター単独で運転できる時間を作ることで、エンジンが動いている時間を減らし、無駄な燃料の消費を減らす。また、モーターは速度が遅い時には静かでしかもトルクが有るため快適に動かせる


もちろん、バッテリーやモーター、それを使うためのミッションを組み込むことによるコスト高、重量増、などのマイナス面があるわけですが、それを補うだけの効率向上と、補助金などの追い風でプリウスがこれだけ流行したわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トヨタは独自の技術で「モーター」と「エンジン」を両立させることで高性能を生み出しました。

これに対して本田なんかは今まで、モーターはあくまで「補助」。エンジンが動力の主でありmモーターはほんの少し手助けしたりするだけ。コストは安い反面、大きな燃費向上はありませんでした。モーター単独で動く時間が無い、あるいは少なかったからです。しかもモーター最大の特徴であるゼロ回転から最大トルクを発揮できる(出足鋭い)ことがうまく使えなかったから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここでさらn新しいタイプのハイブリッドが登場します。エンジンよりもモーターの出力を上げ、エンジンはあくまで「充電用」に使うという発想のハイブリッドカーです。モーターは電気自動車のように単独で車を動かせる程の大きさパワーをもたせます。現状では電気自動車は重くて高い、充電に時間がかかる電池を必要とします。そこで電池を小さめにし、コストと重量を削ります。代わりにエンジンを積んでそれを充電用に使おうというのです。こうすれば充電時間は要らないし、コストも重量も100%電気自動車に比べて有利になる。また、エンジンは普通の自動車と違い、ある一定の回転数、トルクに焦点を当てて設計できるので熱効率が良い。

こうすることでモーター特有の低回転域では凄いトルク、静か、スムーズという利点を最大限に生かした自動車ができます。(反面100キロを超えるような速度域では加速も落ちるし、燃費も悪化する)。足りない部分はエンジンを駆動軸に直結することで高速域でのデメリットを補おうと。エンジンが直接駆動に使われるのはあくまで「例外」というわけです。(モーターがエンジンをアシストするのではなく、エンジンがモーターをアシストするわけです)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三菱自動車がこのタイプのプラグインハイブリッド、アウトランダーを出して来ました。リコールの落とし穴がありましたが本来もっと売れるはず。本田はアコードハイブリッドでこのタイプをまもなく売り出します。スズキも年内にはスイフトで出してくるかな???

ハイブリッドにおける「モーター」と「エンジン」の比率逆転。車はどんどん「モーター」で動くようになっていく、その決定的な転換点を迎えようとしているんだと僕は思います。
今までは電池が注目を集めました。これからはモーターやその周辺、あるいはトランスミッション当たりまで注目が広がっていくんでは?と。そして静かにエンジンの(そしてエンジンを作っている会社の)死が始まるんだと思います。

過去、優良株だったノーリツ鋼機(写真プリンター)が写真のデジタル化によってとんでもない安値まで下がったように。エンジン関係の株を保有するのだけは避けたい。とくにエンジン比率が高い部品メーカー。

そして世界の会社が「モーターならあそこだな」という会社が出てくるはず。
例えば・・・。三菱のプラグインハイブリッドのモーターなんかはいいですなあ。。。


とか言うなら明電舎買っとけよなあ、俺。(まだ買ってません)。ここは太陽光だけじゃないよ。

2013年5月20日月曜日

広島長崎の原爆は神罰。中央日報の社説(コラム)が一部で波紋

韓国の中央日報(日本語版にも記事が来ました)が「原爆は日本が受けた神罰」という社説を掲載して一部で波紋。(韓国中央日報は韓国の主要三大保守系新聞の一角です。保守系といっても、もともとサムソン財閥の流れを組み、日本の日経新聞と提携しているなど、経済に強く、保守系色も弱め。要するに本来比較的まともな新聞です)

御存知の通り、安部首相はなぜか?w韓国では極右政治家として知られ、何を言ってもやっても極右扱い。なので韓国の新聞もヒートアップが進みます。なぜか?アホだから。


ブルーインパルスの731号機に総理大臣が乗った写真が「(旧日本軍の)731部隊を肯定している」っていうかなり無理があるいちゃもんで火病中なのです。
曲芸飛行に使う練習機の番号にいちゃもん付けられてもなあ・・・。センシティブなのは理解できなくはないけどね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
それにしても何万人もの民間人が犠牲になった空襲について
>歴史には代表的な神の懲罰が2つある。第2次世界大戦が終結に向かった1945年2月、ドイツのドレスデンが火に焼けた。6カ月後に日本の広島と長崎に原子爆弾が落ちた。

っていう文章はまともな教育を受けた、ましてやマスコミの人間が書く文章じゃあ無いよなあ。特に何重にも校閲がある世界に公開される新聞の社説でなあ。。。。てか、書いた方も問題だけど、チェックしなかった編集部の責任のほうが問題ある。かの新聞社では「全く問題ないと思っている」のか。(´・ω・`)


日本政府は中央日報に厳重に抗議すべきなんでしょう。(アホらしくて関わりたくないという気持ちはわかるけど、放置すれば調子に乗る。)叩ける時は徹底的に叩く。初歩の初歩なのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国では「原爆で多数の朝鮮半島出身者が犠牲になったこと」を教えてないのかねえ。韓国国内にも被害者団体があったと思うが・・・。


その社説の記者はこうも書く
>彼(新天地注 安部総理のこと)の行動は彼の自由だ。だが、神にも自由がある。丸太(731部隊の犠牲者)の寃魂がまだ解けていなかったと、それで日本に対する懲罰が足りないと判断するのも神の自由だろう。

キム・ジン論説委員・政治専門記者



韓国人は付き合いきれないなあ、と神が判断するのも神の自由だろう

新天地

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
てか、最後は神頼みなのが半島気質だよなあw決して自分では何とかしない。


そもそも、朝鮮戦争は神の懲罰、とか懲罰が足りないから早く第二次朝鮮戦争が起こればいいのに、とか逆に書かれたらどう思うのか?

彼には己の欲せざることは人に施す事なかれ、という孔子の逸話を贈ろう。儒教の国なんだろうからさ。

ノーリツ鋼機

ノーリツ鋼機がきょう大幅高。ふーん?な話かもしれんが僕には少し嬉しい。

ノーリツ鋼機は写真を趣味にしたことがある人なら必ず一度はお世話になる。業務用プリンター、つまりカメラ屋さんとかで一枚10円とかで「現像」される写真。それを「印刷」するデジタルプリンターを作っている会社。

個々の製品はシェアも高く、一時期の低価格プリント競争に乗って業績を伸ばし、株価も「値がさ株」だった。いわゆる中小型優良株だった。

しかし世の中のデジカメが普及し、プリントも家でこなしたり、そもそもプリントしない(PCで保存したりネットにアップして終わりにする時代)こともあり業績は悪化。嘘のように株価は下がった。誰もが終わった会社だと思った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
でもただでは終わらない。最近は医療用遠隔診断システムとかあるいは全然本業と関係ないMAを連発。どないするねん?と思ってたが業績戻ってきたのだ。

これは本当に凄いこと。いままで「変わろう」として変われずに消えていった会社がどれだけあるか。


今後もうまくいくのかよくわからんけど、称賛されていいと思うなあ、もっともっと。

トラックメーカー様 。メインテナンス性について。

新天地は元マック信者です。2年に一度はマックを買ってました。

過去使った中で、一番好きなマックはパワーマックG3。(新天地訂正。G4でした)

取っ手がデザインの一部として作りこまれた女性的なフォルム。iMac以降のトランスルーセントと言われた透き通った素材をつかった統一感のある姿。今思えばアップル復活への助走を象徴する製品でした。というかそれみてアップル株買わなければいけないよなあ。


さて、回線がG4専用設計?だったシネマディスプレイ(写真左。22インチ液晶は50万円した)とともに「ああ、こんなアタリマエのことがなぜPC(ウインドウズパソコン)ではできないか!」と思ったことが2つありました。その機敏を知れば「やっぱりアップルだよなあ」と思ったんもんです。

一つはディスプレイのスイッチを入れればマック本体の電源も入ったこと。(いまでも机の下においたウインドウズPCのスイッチをわざわざ入れるごとに「馬鹿馬鹿しい」と思う。アップルが10年前にできたことを他のPC。メーカーたちはまだできない)

もう一つは本体のケースがドライバー等の工具を使わなくてもレバーを引くだけで簡単に開け閉めでき、しかもパカっと開ければ、HDDやメモリに簡単にアクセスできたのです。今でこそ、工具を使わずに中にアクセスできるPCケースも出て来ましたが、元祖はまさにアップル。アクセスできるならとことんアクセスしやすく、というアップルの設計の妙を感じたものです。


え?パソコンなんてめったに開けるものじゃあ無いだろうって?でも開けることもあるもの。なら予め設計で考慮する。それがジョナサン・アイブとかジョブスのアップルの設計思想だったと思います。筐体の配線とか空気の流れなんかも実によく考えて整理されて美しく作られていますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてはなしはかわります。

今やほとんどメインテナンスフリーの国産乗用車。ところが営業用の大型トラックは違います。一日何百キロ、それも毎日、重い大きな材料を積んで使用される大型トラックは定期的にメンテナンスすることがかかせません。色んな所を場所によっては毎日、あるい週とか月単位で点検して使用しないと壊れてしまいます。それもプロドライバーの大事な仕事です。故障させたら配達先などにすごく大きな迷惑をかけるし、路上で止まったら危険だし。

昨日も運転手がバッテリーに蒸留水を継ぎ足してました。普通、大型トラックには馬鹿でかいバッテリーが2台載せてあります。乗用車ならバッテリーなんて定期的にガソリンスタンドで替えてもらうくらいのものですが、トラックだと2,3ヶ月に一回は蒸留水をたさないとバッテリーあがりをしてしまいます。また、バッテリーが古くなってくると「強化液」というのを適量足してあげないと行けません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが。

大型トラックというのは荷台の下辺りにバッテリーがつまれているのですが、これが荷台のすぐ下につまれていてがっちり固定されています。地面からの高さをとるために、荷台のすぐ下に固定されているので、アクセスがとても不便。作業をするには中腰になって覗きこんだあと、手だけ突っ込んで作業しなければいけませぬ。

バッテリー液がどのくらいあるのか中腰になって確認するのも一苦労。バッテリー液を入れる蓋も、工具を使わないとしっかり固定できないのでプライヤー等で開け閉めするのですが、見えないところに手を突っ込んで悪戦苦闘。(うっかりコードに触れようものなら火花が散る危険もあります)

ようやく蓋を開けたと思ったらまたスポイトをもって手を突っ込んで微妙な量をいれる。(入れ過ぎたらやっぱり使えなくなる)バッテリーはいくつの部屋にわかれていて、それを何回も繰り返すわけです。わずか数百とか数十CCとかの水を足すだけで小一時間、中腰の面倒くさい労働を強いられる。。。。そりゃあ毎日の作業じゃあないけど、もっと簡単にできても良いんじゃない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんなことはメーカーもとっくにわかっているはず。なぜもっとメンテナンス性に考慮した設計ができないか。例えばバッテリーがワンタッチで引き出せるとか。あるいはバッテリーの蓋だって工具なしでワンタッチで簡単に開け閉めでき(しかも確実に固定できる)るようにできないのか?そもそもバッテリーの搭載位置は他にないのか???

もちろん、トラックというのはハードに使われるから、そういう変な機構を付けて故障の原因になるのを避けたいと思うのかもしれない。あるいは3ヶ月に一回くらい1時間の労働くらい文句を言わずにやれや、というのかもしれない。コストもかかるしね。あるいはバッテリーを引き出すと、コードも伸びるし、高圧電流を使うから危ないよ、とか。

もろもろの理由はあるのかもしれないが一つ言えるのは、現状はアクセス性が悪いために、ドライバーが「不必要に?」労働を強いられているし、過去何十年もトラックのバッテリーの積載方法は全く改善されていないということだ。メーカーの不作為によって。

不満はただ、バッテリーの搭載方法だけじゃあない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
例えばここ一年の軽自動車業界。ハイテン鋼の使用から始まった軽量化(燃費向上)から回生エネルギーの再生とか驚くべき勢いで進化が止まらない。安全装備も半端ない勢いで進みだした。衝突軽減ブレーキとか横滑り防止装置、カーテンエアバック等々、10年前は高級車の謳い文句だったものが軽自動車にバンバン普及する勢いだ。パノラマモニタ(上から見たような画像を合成して表示する)ものまで付けられようとしている。

一方でバス・トラックメーカーはどうか?本来走行距離が大きな業務用車こそもっと軽量化や安全装備の充実に力を入れるべきではないか?一部小型トラックでハイブリッド化が進んだりしているが、主力のディーゼルエンジンに関してはパワーも燃費も進化した感じがしない。安全装備が充実した話も聞かない。もちろん、排ガスは規制があるからどんどん綺麗になっているんだろうが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨今の免許行政(大型免許が取りにくくなった)あるいは少子高齢化や、きつい現場を避ける風潮などからドライバーの高齢化が顕著な時代。トラックメーカー、特に日本のメーカーはもっともっと「理想に向かって」車を発展させていないとおかしいはず。きつい作業は減らせるなら少しでも減らしたい。注意力が落ちる高齢者ドライバーを考えればもっと運転支援装置を充実させたい。


台数が出ないから開発にお金が回せない?なら技術を買ってくればいいじゃん、と思うだけ。

運送会社に籍をおく、一投資家としてトラックメーカーの開発者と経営者に猛省をして貰いたいのだ。今のままじゃあアジアのメーカーに淘汰されて行くと思う。今のままなら。

おそらく、改善すべきなのに全く手が付いてがついてないところが多分たくさん埋もれているんだと思う。車も会社も。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おまけ。これはどんな製品、業界も同じかもしれませんね。「なるほど」とおもう事を継続してできるメーカーほど生き残る可能性が高くなっていく。そういう「気付き」をどんどんできる会社の株こそ上がっていくのかもしれません。