2013年3月16日土曜日

東急

新天地の母方のおじいさんは、木材や公共事業関連で財を築きました。

特に東急とはつながりが強かったらしく、強盗なんとかと呼ばれた人とは向こうから接待をうけるような立場だったとか。東急線からみのお仕事もおおかったそうな。。。

そんな仕事のうちの一つ、東横線の渋谷駅が移転。渋谷駅の一部にはいまでもおじいさんの会社が納入した資材とか入っていると思うと、寂しいような。。。
爺ちゃんも一枚かんだえき、数十年たって孫の務める会社が移転のお手伝いをしたと思うと感慨深いものが。おじいさん、あなたは偉かった。

建設からみのお仕事の良いところは、長い間形が残るということですねえ。株ではこれがない。チャート書いてもwだれみみやしねーし。

下っ端の孫は思うわけです。

2013年3月15日金曜日

紙媒体。そして新聞の流通革命?の兆しを見る。

新天地、iPadをかってから大幅に変わったことがある。漫画を大量にかったのだ。いわゆる電子書籍だ。このまえなんがJINを全冊かってしまった。

これ、コミックで買ってたら家がいっぱいになってしまうwそれがiPadなら体積は増えない。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某所で読んだのだが、新聞各社はいまの大型工場の輪転機で大量に印刷する方法を止め、比較的大規模の販売店単位でデジタル印刷機をおき、その地域ごとに印刷することも考えているらしい。物流コストをかんがえればソッチのほうがいいんではにかと。あるいは地域ごとの紙面構成なんてのもそのほうが柔軟に管理できるのではないかと。

デジタル印刷だから一部一部数字を変えたりもできる。例えば宝くじのような数字をつけて当たり付きの紙面を作ったりもできる。広告だって織り込んだなかの数字を変えたりして当たり付き広告なんてこともできるように。細かいことだがアイデアはいくつかあるわな。
許されるなら、顧客属性によって(もちろん客の許可を得ることが大前提だろうが)折込チラシや広告を差し替えるなんて芸当さえ可能になるかもしれない。予め親子世帯とわかっていればファミリー向け広告を入れるとか、独身ならそういう人向けの広告を入れるとか・・・。

そういう
派生的出来事がなかったとしても、もしも実現すればなかなか画期的な流通革命、印刷のダウンサイジングな話だ。いっぽうで急速に紙媒体離れが進んでいく現状で、それがどれほど必要性のある話なのか?(時すでに遅しではないのか)それもすこし悩んでしまう新天地。。。

何はともあれ、本当にこの話が進むなら、その小型プリンターを作るメーカーの株、印刷に必要なインクとかを作るメーカーにはインパクト大きいでっせ。あと輪転機を打ってきたメーカーにはシャレにならない話ではありましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
似たような話で。
まだ写真機がデジタル化する間際。写真の現像は小型のデジタル印刷機が急速に普及し10円プリントとか流行った。お店毎にいんさつする「ダウンサイジング」がおこったのだ。現像ではなく「印刷」になったのだ。その辺りでノーリツ鋼機なんかは業績を伸ばした。ただ、デジカメの普及でそういう需要も急激に減った。現像するという事自体が減っていったのだ。

新聞業界でもそういうことが起こるのかなあ?と。。。。紙面の完全デジタル化が早いのか、そうではないのか。。。

相場NYは強いが理由はない

NY強い。こういう時は理屈以上に上がっていくもんだが、もちろん理屈は無いんで止まったら下げるのも早い


要するに踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊らにゃソンソン、という状態だ。

しかし本当にアホくさくなったら怪我しないようにとんずらする準備だけは忘れてはならない。
そういう相場だ(わかるかなあこのニュアンス)

雷が聞こえたら、雨は降っていなくても一目散に家に帰る。雷はまだ聞こえていないようだが耳はすまして。

羽田

新天地、最近羽田空港に毎週通っている・・・。
というのも羽田空港の工事の輸送を受けることが増えているのだ。国際線ターミナル拡張工事とかがつづく。

羽田空港内の道路の一部、名前は都道や国道でも、その一部が羽田空港(国土交通省の航空部)管理になる。ややこしい話だが「道路法」(国土交通省の国道事務所(地方整備局)、あるいは都道府県や市町村などの管理)の対象外になるのだ。

一般の人にとっては「ふーん、それで」な話だと思うが、特車を走らせる方にとっては面倒なのだ。
羽田の中にトレーラーを走らすには「羽田空港長」の通行許可を得る必要がある(実際に審査するのは国土交通省の航空部)。普通の特車許可とは別にわざわざ羽田空港に行って許可を得なくてはいけない。(郵送という手もあるんだが、打ち合わせしたほうが絶対無難。)

(似たような話では例えばレインボーブリッジの一般道路部分は港湾道路といって港湾事務所の管理になる。さらにややこしいことにレインボーブリッジの有料道路部分は当然首都高管理。また最近できたゲートブリッジも管理者は東京の港湾事務所だ)



例えば千葉方面から国道357を通り、新木場からゲートブリッジを通って羽田空港にトレーラーを走らせようとすると「国道事務所」(あるいは東京都か千葉県など)、東京の港湾事務所、そして羽田空港のそれぞれ三箇所に別々の特車通行申請を出さなくてはいけない。工事現場ごとに・・・。国道事務所はネットを通じてオンライン申請すればいいが、港湾事務所と羽田空港はオンライン申請ができない。出向くとなると提出するだけで半日仕事だ。遠くから荷物を持ってくる業者とか行政書士は大変だよなあ・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こういう、明らかに縦割り行政の非効率性が経済の足かせになっているような気がするんだよなあ。(その一方でこのわかりにくさのお陰で行政書士がお金をもらえる余地が出てくるといいますか・・・。)一般の人はそもそも港湾事務所の場所とか、羽田空港の特車通行許可を出す窓口がどこにあるかさえ(極端な話、その窓口がどこにあるかどこに聞いたら教えてもらえるかさえ)わかんないもんなあ。僕だって最初はどこに行ったらいいかわかんなかったもん。だから堂々と金とって許可をもらう余地が出てくるわけだが。

運送屋としては面倒な話だ。
TPPでアメリカが圧力かけてくれないだろうか?トレーラーの非関税障壁だとか言って。くれないか。

それにしても羽田空港は工事にお金かけているよ。成田空港は相対的にはどんどん寂れていく方向なのか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おまけ
羽田空港内の羽田空港管理道路は「羽田空港に用事がない」特殊車両の通行許可が出ることはない。羽田空港の航空荷物を運ぶか、あるいは羽田空港内の工事のために入る車両であるか、許可申請の際に示して通行許可を得る必要がある。また通称「アクセス道路」と呼ばれるトンネル部分はほぼどんな理由があろうと特車の通行許可をえることはできない。これを知っている人は意外に少ない。

環八から357方面に抜けるのに羽田空港管理道路を通っているトレーラー(とくに海上コンテナ)をよく見かけるが、ほとんど違法に通行(許可なし通行)しているとおもわれる。許可申請そのものが通らないんだから。もしも本気で取締を行ったら、他の道路で大渋滞が発生する可能性があるが。。。

おまけその2
一方港湾道路を通る場合は、とくに港湾道路内に用事がなくても通行許可を得ることはできる(昔はできなかったんだ)。ただし先に港湾道路以外の道路の特車申請をしておく必要が有る。さらに通行許可の期間が一年とか2年(期間は重量、寸法によって変わる)ではなく、「3月末まで」になることにも注意が必要だろう。なので今の時期、3月末で切れる特車許可を延長するため港湾事務所は混む。(審査も時間がかかる)注意が必要なのだ。

以上、行政書士のための特車豆知識でした(ほんとうに役に立たんなw)

2013年3月14日木曜日

旭日旗

旭日旗。
こういうやつです。これ、最近韓国ではナチスのハーケンクロイツと一緒だ、という訳の解らん理論が横行しています。話せば長くなるのですが・・・・。

日本体操チームのレオタードが旭日旗を連想させて政治的だから使用を差し止めるべきだ!!と韓国国会で真面目に議論されたのは記憶にあたらしいところ。

で、この旭日旗に関わると、韓国では活動できなくなるそうです。アジアツアーを予定していたきゃりーぱみゅぱみゅが韓国でのコンサートを中止したのも、この問題のせいとか。

問題の写真↓

ツイッターの年賀の挨拶ですかね。これが旭日旗を連想させるので韓国で問題になりw公演中止に追い込まれたそうです。


これが問題になるなら、これも問題だろ、と言うわけで最近流れているのがこの写真。
韓国の大統領の父親だっけ?(この人も大統領)の日本軍時代の写真。そっくりだというわけです。韓国人のお腹のやらかい所をつく写真。複雑な日韓関係を表す騒ぎなのかもしれません。

2013年3月13日水曜日

医療格差

自分の経験から

今回、新天地はある病気のために短期間入院しました。

新天地が手術を受けた病院はこの治療の先駆者であり、20年まえからおなじ手術を週数例程度行なっており、それ以来の累積成績は5年後も大丈夫な確率というのが95%以上。2000年から2005年にかけて行われた手術では更に成績は向上しており、2013年現在ではさらに成績向上が見込まれる、と。
二次感染もなかった今、僕のケースでは失敗の可能性はゼロに近くなったといえるかもしれません。
いろいろな病院の公表された成功例等を調べましたが、僕が行った病院の成功率は頭ひとつ抜けて良好であることもわかりました。


加えて僕の条件、ケースはその他もろもろの条件を加味すると、他の病院では手術を避けることもある面倒くさいものだと・・・。ぼくのケースに限って言えば、僕が手術を受けた病院で手がける年間手術数が「世界で」もっとも多いんだそうです。。

ぼくの行った病院は10年前に出た術前術後の新薬を使った治療ノウハウを持っているから普通に手術に踏み切れるし、五年後の治療結果も良好だけど、そうでない他の病院では二の足を踏むこともあると。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
同じ大学病院といっても得意分野があるし、統計としてみたら手術の成功不成功は「数字」として歴然と差が出てくる。当たり前の話なんですけど、忘れていることもある話なんですね。
やはりからだにメスを入れることになるならば、徹底して治療機関を選ぶようにしなければイカンなあ。心からかんじた新天地なのでありました。

2013年3月11日月曜日

5年有効期間の青い免許証の盲点。

新天地は行政書士で運送屋です(しつこい)

こんな話が話題になりました。ある運転手さんの免許はブルー(ゴールドではない)なのに5年有効なのです。それ間違いじゃあないの?と。

間違いではありません。今は免許更新時に過去五年間の違反が軽微なもの(駐車違反とか)が一回のみの人は、更新すると青の免許証でも運転免許の有効期間5年になるんです。みんな意外にこれを知らん。(ゴールド免許制度が導入された当初は、過去五年内に軽微違反以上を一回でもすると更新時に三年しか有効期間が取れなかった。その後法改正で過去五年内に一回だけ軽微違反の人は「青」免許だけど5年有効の免許更新の仕組みが導入された)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゴールドじゃないのに有効期間が5年もらえるならお得だよね~。そうお得です。ただ、実はこれに一個だけ死角、盲点がありまして・・・。

それは保険のゴールド免許割引です。例えば更新時に「ブルー」だけど5年有効の免許を手に入れた場合は五年間はゴールド免許割引を受けられません。
しかし、例えば軽微な違反を2回以上起こしたために青で三年間有効の免許をえて、次の三年後の更新時にはゴールド免許になった人はその時点からゴールド免許割引の適用を受けることが可能になります。一回違反の人より、2回違反の人のほうが有利になる可能性があるというのは、なんだか不公平な気もしますが、豆知識ということで・・・。


行政書士新天地の、「役に立たない無駄豆知識のコーナー」でした。

体力

新天地、先月末に退院してから2週間になります。完全に傷はふさがり、抜糸も済みました。血液検査尿検査を行ったところ、安定していて問題なし。痛みはまだ残りますがようやく腹筋で起き上がれるまでにはなりました。(起き上がるのがこんなに大変な作業だとは)
(ちなみにお医者さんいわくマラソンと格闘技は禁止(さいしょからやらんけどw)ラグビーなど激しい接触を伴うスポーツもやめたほうがいいらしい。自転車も、ダウンヒルみたいな激しい衝撃がある可能性があるのは避けたほうがいいでしょうね、だって。)

さて、未だ体力は全然回復しておらず。立ち上がり、トイレいって戻ってくるだけで息が切れます。二階に上がるのもふーふー言いながらw。
新天地、手術前は減量のためにエアロバイクのロングライド(軽めとはいえ一日2時間くらいこぐ時も)を繰り返してたので相当体力ついてたのです。週4回の筋トレで筋肉もついてきてたし。その貯金があってこの体たらく。もしも手術前に運動してなかったら今より相当ひどいことになっていたのでしょうか??

動くと息が切れるけど、でも動かないと体力は回復しない。結局は「歩け歩け」からリハビリするしか無いのでしょう。まだ歩くと傷に響くので、両手でお腹を抑えながら「妊婦さんみたい」と笑われつつ、昼休みにお散歩することにいたしましょうか。エアロバイクもまた一番負荷を軽い状態にしてこぐこのごろです。

実は昨日うっかり、小走りしたら死ぬかと思ったw。生まれてはじめて「貧血」で倒れそうになった。しゃがみこんで事なきを得ました。(なので信号が変わりかけたら渡るの自粛するしか・・・)

心は前の健康な時のままだから、からだ「だけ」がついてこないのだ。なんだか他人のからだみたいだったりします。

一方食欲だけは回復基調。昨日は一年ぶりくらいに「パーコー麺」(とんかつが乗ったラーメン)を食べました。ダイエット中自粛していたパーコー麺、美味かった~。

油断するとあっという間に体重はリバウンドしそうなくらいです。でも手術したにもかかわらず全然減らない現在75キロの体重、あと7キロ痩せるのが最終目標だったりします。
一キロ7000カロリーとして49000カロリーw。頑張って消費しないとな。ゴールはまだ先なのです。

尊敬を受けるということ

試合に勝ったあと、マウンドに国旗を立てる国(2006年)
長時間の接戦の上、正直納得出来ない審判の判定もありながら、残念ながら試合に負けたにもかかわらず、完全アウェーの敵地の観客にマウンドに集まって頭を下げる国。観客総立ちで拍手。(この前)


その後、どちらの国が尊敬されるか?あるいはその経済効果なんて一体いくらになることか?(下世話)

台湾野球は元阪神の選手が絡む八百長などで大きく人気を落としたと聞きますが、これを機会に再び発展すると良いですね。