2013年2月2日土曜日

自動車株をやる上でのキーワード

自動車株をやる上でのキーワードをいくつか書いておきます。忘備録みたいなものです。

ダウンサイジングターボ
排気量と気筒数を減らし、エンジンを小さく、省燃費にする一方、必要なパワーはターボによって補おうとする考え方です。例えば2リッター4気筒のエンジンなら、1.3リッター3気筒のエンジンにかえて、低速トルクや最大パワーをターボで出そうという考え方。VWが大々的にやっている手法。

いいことづくめのようですが問題はコスト。エンジン開発コストもかかるし、部品コストとしてもエンジン一基あたり1万円以上かかる。決してエンジン自体は元の大きなエンジンよりもやすいとは言えないのです。直噴と組み合わせることが多いのでさらにコストが掛かります。

なのでハイブリットなどに注力してきた日本勢はこの分野で出遅れました。いま必死になって後出ししてきていますがどう出るか?

さらに軽自動車のターボエンジンが最近注目を集めます。ある意味「ダウンサイジング」を果たすこれらのエンジンが日本勢の救世主になるかどうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハイテン鋼
ハイテンション鋼材のこと。要するに今までの鋼材よりも強度が高い。しかし値段も高い。加工するにも硬いので技術力とコストがかかる。

しかしこのハイテン鋼がここ数年の車の進化を担っているのは間違いありません。強度が高いハイテン鋼を使うことで同じ強度ののくるまなら従来に比べて軽く作ることができるようになったのです。更には補強材を減らしてシャーシを作れるようになったので結果的に補強材が要らない(材料費が浮く)ので車を安く製造できるケースもあります。第三のエコカーと呼ばれるクルマたちはまさにこのハイテン鋼の恩恵のもとに作られているというわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カーボン素材
炭素繊維のこと。ゴルフをやる人ならシャフトに使われているやつです。金属よりもはるかに軽く強度も高い。レーシングカーや競技用の自転車、ボート、その他もろもろの高性能機材はおしなべてカーボンでできています。ボーイング787が軽くて燃費がいいももカーボンを使っているから。

ではなぜ一般の車に使われていないのか?それはコストが高かったから。更には製造装置が大きいし・・・。しかしフェラーリやランボルギーニといった特殊な車はもちろん、一部チューニングカーなどにはすでにボンネットやルーフ部分に採用する動きがあります。

夢の素材とされていたカーボンですが10年以内に爆発的に自動車に普及する可能性があると思います。もしもそうなればカーボン関係の株は暴騰。カーボンで車を作るにはそれなりのお金と開発が必要なわけで乗り遅れた会社は見るも無残になると思います。それは(競技用の)自転車メーカーの盛衰をみれば明らかです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リチウム空気電池
空気中の酸素を正極活物質とするリチウム電池。空気中に無尽蔵に存在する酸素を電池の一部に利用することから、同じ重量の電池ならリチウムイオン電池の数倍の容量を得ることが出切る夢の電池。今、日産のリーフが満充電で130kmほど走れるが、それを当てはめれば楽に500km以上一回の充電で走れることになり、電気自動車の欠点である航続距離の短さは直ちに解消されることになる。

もちろん、実用化にはまだ課題は多いが、これが実用化されれば一気に電気自動車の普及が進むだろう。つまりリチウム空気電池の実用化によって様々な産業が淘汰される可能性も・・・。
ガソリンスタンドなんて絶滅するかも。。。トラックが軽油入れる以外は。エンジンを作っているメーカーもどうなるか。変わった所ではブレーキ作っている会社だって危ないかもね。そしてリチウム空気電池の登場は「燃料電池車」の敗北を意味するんだろう、多分。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いろんな部品の電動化とエネルギー回生装置
最近、自動車から「油圧部品」が消えています。油圧装置は常にエンジンからのエネルギー供給が必要です。しかし電池+モーターなら「動かすとき」だけしかエネルギーを必要としません。結果的に燃費が良くなるのです。最近の車はパワステがみんな電動式。新車で油圧パワステの車は少数派です。さらにその電力を生み出す元はいままでエンジンでした。しかし最近は「エネルギー回生」という考え方が流行りだしています。つまり。ブレーキを踏むと、駆動系と発電機か直結し、その時に電池を充電しようというのです。こうすることでエンジンパワーも有効に使えてパワーのある運転が行えるし、エネルギーロスも少ない。更にはブレーキパッドの長寿命化なんて効果もあります。一方で制御にはそれなりの技術が必要ですし、バッテリーも大型化、特殊化してコストも掛かります。しかしこの流れは止められないでしょうね。

油圧部品の会社、これからも苦しいだろうなあ。一方で小型モーターの未来は明るい、か?
マブチとかサーボとかどうなんだろうねえ。

はなしは少し変わるけど、日産はステアリングバイワイヤ(ハンドル操作は電気信号だけ、タイヤの向きを変えるのは100%サーボモーター)なんて出してきます。乗り心地は大幅に良くなるだろうけど、運転がつまらなくなるような。

2013年2月1日金曜日

逆行、先行、順行、遅行

さて相場はそれなりの上昇を見せているのだが、こういう局面こそ株には4つのタイプが有ることを認識しなければいけない。
相場が動くとみんないっぺんに動いているように感じるがその実実は「4つのタイプ」の株があるのだ

例えば逆行株。これは相場が相場が上昇してるのに下げる株。米で言うところのアップルとかだ。今まで下げの相場で一人頑張ってきたような株が、相場とかに関係なく下げる。日本なら任天堂とかもそうかなあ。こういう株を上昇相場で買っても当然儲けられない。

例えば先行株
相場上昇の初期にはまず証券株、続いて銀行株が買われることが多い。なんで?と聞かれてもそういうものなのだ。今回の相場は円安好感相場だったので輸出株もそうだった。今の相場で言えば1月のはじめくらいまではこの手の先行株を持っている物の勝ち。新天地が証券株や自動車株を「相場が上がるかも」という疑心暗鬼の中で推奨したのはそういう理由。
さて先行株は早く上がる分、相場上昇の中で頭打ちになる株も多い。ただし中には相場上昇のなかで本命銘柄としてながく上昇し続けるものもある。
つまりまずは飛び乗ることが大事。しかしそれをどこで売るかはなかなか難しいものもある。一定利益を生んだらある程度はリグう、と僕が書くのはそういう麺に対応することもある。

そして相場は順行株に移っていく。その相場を体現するような主力株が現れる。テーマ性をもった銘柄といっても良いかもしれない。IT相場で富士通とかソフトバンクとか光通信がそうだったように連日売買代金首位、あるいはその近辺にとどまりながら全員参加で上げていく。2005年くらいの海運相場とか原発を材料に買った東芝とかそういう銘柄の相場。そういうのをイメージしてほしい。

そして相場の末期には「遅行株」かもてはやされる。だいたい小型株だ。なぜなら相場はすでに末期に入っており、おおきなかぶを持ち上げるエネルギーがない。相場は新興銘柄や小型株に移っていく。この手の銘柄は軽いので一気に値を飛ばすこともあるがそもそもそこが浅い銘柄と相場になるので「シャープトップ」を作りやすい。得てして225などの主力指数が先に相場の天井を付けて、何ヶ月かおくれて新興市場が天井をつけるのがあるのはこういう理由だ。

いまは先行株の幾つかが息をつきはじめた頃かなあ、と思う。次にやるべきはテーマ性のある銘柄をじっくり買うことなんではないかと。その意味でカーボン、電気自動車この辺りは買っておくに足る銘柄群と思うのだが。あとファブレット関連ね。自動車は先行株だったのでこっからは明暗が別れる可能性もあると考えて慎重に選別しよう。僕はホンダ派。三重県出身だし応援も込めて。
金融は証券から銀行にいったかな。銀行株が見にディーリング相場で相場の柱になる可能性も十分にあるぞと。足は早いだろうけどね。あと薬品の一角にも一応注意しておくか。

2013年1月31日木曜日

サイト紹介「オールアバウト」のゲーム関連サイト

奥さんが任天堂3DSLLを買った。のでそれについていろいろ見てたら、ALLABOUTのゲーム関連の記事を載せているサイト発見。
新天地、ここは読んでなかった。

投資家ならブックマークしておくべきサイトですね。欲をいえばもう少し頻繁に更新して欲しいか。投資家向けとしては情報が「後出し」になってしまうのもまあしょうがないところですが(もともと投資家向けに速報性を重視して書いた記事ではないから)、よく読んでいけばこのサイトが核心をついた記事で構成されていることに気がつくでしょう。

読んでいて「なるほどなあ」と思うことばかりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いま、ゲームコンソールはスマホと単価の安いゲームに押されてひどい状態です。しかしそれだけに株価も安いといえるでしょう。「復活する」なら大きな上昇場面を作る可能性が十分あります。XboxやPSの新型機の噂も聞こえて来ましたしね。

年単位での投資を考える人ならこの辺りの動向を探るという意味からも抑えておくべきサイトだと僕は思います。こんな良い文章がただで読めるなんて。。。

ミサイル発射

相模屋の「ズゴック豆腐」(鍋用)


写真コンテストがあったそうなのですが・・・。

優秀賞
人参と春雨?でミサイル発射を表現しているそうです。

手までついてますね。。

なんともはや

2013年1月28日月曜日

SONY,6月にエクスペリアの「ファブレット」を発売か?コードネームはTogari?

ソニー今度発売する新型「Z」はクアッドコアCPU、5インチ、フルハイビジョンの液晶を使って来ました。このスペックは現時点ではトップレベルですが、他の各社もこのレベルの製品をフラッグシップとして出してきます。もはやスペック的には横並び。競争を勝ち抜くために各社とも新しい基軸を模索し始めています。

そこで注目されるのが先日話した「ファブレット」。サムソンのギャラクシーノートシリーズが実質的に市場を開拓した、5インチを更に超える液晶を搭載したモデルです。今年下半期にはサムソンがギャラクシーノート3を投入するでしょうし、ハーウェイはアセンドメートという6.1インチのモデルをCESで発表。4月以降順次世界販売を始めると思われます。

そしてここに来てソニーが開発中といわれるコードネーム「Togari」といわれるファブレットの噂が聞こえて来ました。
(新天地注 「とがり」は戸狩温泉から着ているそうな。エクスペリアZも「YUGA」と呼ばれてましたが由加温泉ホから来てるんでしょうね。ソニーが「日本発」を意識したネーミングをしていることが伺えます)


(写真は開発中のプロトの部品?とされるもの。フェイクにしてはよく出来過ぎてます。おそらく本物でしょう。期待を込めてw)

6.44インチの液晶???。ここまで来るとギリギリ片手で持てる、というレベルで操作は両手が必要かもしれません。まあ会話には使えるし毎日持ち運べるという視点からはタブレットいらず、ノートPCの役割をある程度置き換えていく可能性もあります。

今のところは「変わり種」扱い、あくまで主力ハイエンドは5インチクラスの液晶モデルというのが業界の見方ですが、携帯電話端末が通話から情報端末としての機能に移っていく現状を見ればむしろこちらが本命になっていくんじゃあないか?と個人的には思うのです。
これは去年、韓国(釜山)で道行く人がみんな「ギャラクシーノート」を使っているのをみた僕の予想です。携帯の未来はいまや日本ではなく韓国に見ることができると。

もしもこの「占い」が当たるなら大きな液晶(出来れば省電力)と大きな電池、この2つを揃えられるところ、調達して使いこなせるところが来年度の勝者になる可能性が・・・。それはつまり大きなシェア変動のきっかけ、ひいては株で儲けるチャンスになるような気がするのです。

(逆に言えばこういう「ファブレット」を出さないところは競争から脱落するんじゃあないかと。アップルあたりは来年度4.5インチ超えの新型5Sを準備しているそうですが、それが発売される頃にはハイエンドの主戦場はさらに大きな液晶にうつっているかも)。

まあ結論として出たら間違い無く買うな、これ。音楽ビジネスなんかもCD時代から続いた音声中心の時代からついにオーディオ&ビジュアルこそ主流になる時代が来たんではないかと。映像を持ち運ぶ時代。更にはしつこいけど携帯関連のコンテンツ・ビジネスには再度チャンスが来ると思う。去年僕がぼこぼこに売り叩いたソーシャル関連にもビジネスチャンスが膨らむ可能性が。

世界中の人が「情報画面」を持ち歩く時代がこんどこそきたのだと。それはiPhoneの登場を上回るインパクトを与えるような気もするのだ。

  • コードネーム: Togari
  • OS: Android 4.2 Jelly Bean or 5.0 Key Lime Pie
  • CPU: Qualcomm Snapdragon Quad-core processor 2.3GHz
  • GPU: Adreno 330
  • RAM: 3GB
  • ROM: 32GB
  • ディスプレイ: 6.44インチ JDI ディスプレイ
  • 解像度: 1920×1080 Full-HD
  • カメラ: 13MP(背面 Exmor RS) LED フラッシュ付 2MP(前面 Exmor R)
  • ネットワーク: LTE / W-CDMA / GSM
  • バッテリー: Li-Poly 3500mAh

  •