2013年1月26日土曜日

リチウム空気電池

自動車評論家の国沢光宏氏のサイトにBMWとトヨタの提携の話がのってました。

電池が肝だと。

(余談ですがこのサイトは投資家なら毎日必見。株のネタにもあふれた良いサイトだと思います。こことCGカーセンサー  自動車リサーチとかは必見ですね。
もちろんただ読むだけではなく、そこからどう株のネタをひねり出すかが大事なのですが。ただ「これはいい車だ」という話が出てきたら要注目。とくに業績悪い会社を救う可能性がある場合は。スバルの最近の絶好調ぶりはこれらのサイトの評判を見ていれば、業績が悪い間にも判断できたしホンダの軽自動車の快進撃とおそらくこれからアメリカで急激に売上を伸ばすであろうホンダの2013年新型車の現段階での評判もいまわかる。へんな株の世界のアナリストの意見を聞くよりもよっぽど役に立ちます)

というわけでソニー系とNEC系(日産の電気自動車をやってるところですな)の電池合併話も出てましたが、おそらくリチウム空気電池を制するものが車も航空機も制する。

トヨタのBMWへの接近は裏を返せばパナソニック、旧サンヨーの凋落を表してるか???
これは深読みかなあ。


何はともあれ飛行機の油圧制御から電気+モーターへの流れはもう止められないもの。それは787のトラブルが合ったとしても変わらない。油圧装置をモーターに変えれば高度な制御ができ更に燃費も良くなる。整備もやりやすい面がある。

自動車もここまで環境規制が厳しい以上、電動化の流れは止まらない。日産がついにハンドリングバイワイヤ(ハンドルは単なる入力装置になり、タイヤはサーボモーターが動かす)時代。車もやがて「電気のお化け」になる時代が来る。

10年先を考えれば実用に耐える容量を実現できるのはリチウム空気電池だけ。ここを制する株を抱えた人間が運用競争で勝てると思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
え?リチウム空気電池の実用化なんてずっと先の話だって?

リチウムイオン電池もそんなことを言われていましたがソニー・エナジー・テックが実用化してから普及するまではあっという間でした。リチウム空気電池もおそらく予想よりも早く実現されるような気がします。それは自動車におけるガソリンエンジンのように世界を大きく変える実用化になるんだと思うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
くどいですが電池とカーボン素材と新エネルギー関連株。10年20年を考えて投資(その時に資産を数十倍にしたいと思うなら)ならこの辺りは絶対に欠かすことのできない業界だと僕は思っています。自分の選んだそれらの銘柄は安くで買い集めたいですね。いつかそれらは世界を変えるはずです。

相場師ギャンは「テクニカル」ばかり注目されますが、他にもこんなことを言っています。今後主力株になるであろう株を研究せよ。これは1910年台に書かれたギャンの話。

今は鉄道株が主力だが、今後は化学、自動車、航空産業が主力になる。鉄道株を売り、これら新しい産業の株を買うべきなのだ、と。

ギャンは幅広い相場を過去に遡って値段を調べ、手書きでチャートを書くことによって「主力産業」の株価は主力になっていく時に最も大きな上昇を見せることを知っていたのです。だから常に次の時代の主力になる業界や銘柄を選んで投資を行うことを方針にしていたというわけです。

僕は充電池と炭素繊維こそがそれら新しい主力株だと信じて疑わないですね。

プチプチ、全国で義務化すべきだ

さてこの冬の省エネ対策として窓ガラス周りの遮熱に勤しんでいる新天地。

玄関に遮熱カーテンを引いたのに続いて、雪だるまさん推奨の「プチプチをガラスに貼る」を早速実行してみました。ホームセンターに行くと「水で貼れる」プチプチが売ってるのね。簡単簡単。

試しに普段奥さんと過ごしている仏間(テレビとか食卓を置いている)のガラス窓(というか外にも出れるような大きなサッシ)に貼りました。昨日の夜暖房を切って、今日の朝(暖房をきって7時間ほど経過)降りてきたら、おお、まだぬくもり残ってる!!

うちの場合はガラス窓にプラスして障子があるというすこし変わった構造なので、効果が高まるのかもしれないが、はっきりと体感できるレベル。変な省エネよりもよほどコストパフォーマンス高い。もちろん元は取れるだろうし、何より朝起きがけに暖房が聞いていない状態での「寒さ」が軽減されるのは大きいかと。暖房代を節約することで日本の経常赤字削減にも貢献するという、経済にも地球にも優しいこの商品。国は補助金出してでも窓ガラスにプチプチシートを貼らせるべきだw

というわけで新天地はプチプチシートをストロングバイとします。
問題は見かけだけだよなあ。。。うちみたいに普段は障子かけてある家は全く問題ないんだけどさ。丸いプチプチよりも横に棒状に空気の層があるシートとかのほうが見栄えは少しだけ良いかもしれん。

あと、鉄線入りの防犯ガラスはガラスが割れることがある(熱の関係で)らしいので注意がひつようだそうな。

本当におすすめなので物欲のコーナーにも載せておこうかな。
玄関の遮熱カーテンとプチプチシート、これはヒットだったんじゃあないかなあと。株のおすすめよりもw

2013年1月22日火曜日

建設というお仕事

世の中には「ゼネコン」という会社があります。建設現場に行けば◯◯建設などと誇らしげに書いてあります。

ではそこで働くひとのどれくらいがそのゼネコンの人だと思いますか?小さい現場だと所長一人だけ。(まあ代理人はいますが)ほとんどが下請け、孫請けの社員なのです。

運送は更にそこの下請けなわけですな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日揮の事件でそんなことに思いを馳せた。我々の暮らしはそんな人々によって支えられています。

2013年1月21日月曜日

カーテン

と、言ってもアガサクリスティーではなく(解らないか)。

省エネを研究してたら(うちは暖房の電気代だけで万を超えてしまうのだ)「玄関は大型冷房機のようなもの」という記事を見つけた。というのも玄関というのはガラスや金属製のドアでできていて外界の冷気を取り込みやすい。ここを断熱することで室内の暖房効率はかなり違う、んだそうな。

でどうするか?遮温性の高いカーテンを付けるだけ。カーテンそのものにも遮熱性があるし、カーテンとドアの間の空間(空気)も外気との熱交換を妨げると。
カーテンを付けるというと面倒くさいイメージだが、いわゆる突っ張り棒を使うと簡単に。(イオンに行ったら、そのものずばりカーテンを付ける用の突っ張り棒が売ってた)。

うちは廊下と玄関がつながっている構造なので、廊下の出口にカーテンを付けることにした。

早速つけてみた。今日も朝はやく会社に行こうと玄関を出るためにカーテンを開けてみると・・・

おおー冷気が全然ちがう。どれくらい経済効果があるかは分からないが馬鹿にはできんな。5000円弱の出費だったかこれならワンシーズンで元が取れるのではないか。そのほかうちには出窓があってそこにも遮熱性のあるカーテンをかければかなり違う気がする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あとは廊下のフローリング床面にカーペットなりひくと実感として違うらしい。試してみよう。