2012年8月11日土曜日

次世代に迷惑をかけないために?こんなダイエットをしています

消費増税決定。これは今までの20年、お金を借りて贅沢を行なってきたこと、そして少子化に手を打てなかったことによる、どうしようもない選択だと思うのです。ここで税金をあげなければ、後世代はさらに負担が増します。子や孫に後ろ指刺されないために(いやすでに後ろ指さされるくらい悪化している国家財政はさておき)頑張ってお金を稼いで使って財政を少しでも健全化するのが後世への僕らの勤めなんだと思う。

野田総理がいみじくも言ったように増税分は社会保障に使われます。中でも医療費は高齢化に伴って増え続けることになります。これを少しでも抑えていくことも大事なことなんだろうかと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて新天地。医者に言われたこともあり減量中です。176cmの身長を持つ僕は一番太っていた時に92キロほどありました。今年の7月6日にお医者さんに言われた目標体重が来年2月の手術までに73キロ。その時点の体重が86キロほど。今朝の体重は82.7キロだったので一ヶ月に3キロ強のペースで落ち始めています。

体重が落ちるとあら不思議。血圧が目に見えて落ちました。そのせいか頭痛が嘘のように消えました。やっぱりデブって体にわるいんだなw今更ながら「予防医学」といいますか、適正体重に向けて努力することの大事さに気付かされます。こうすれば(全国みんなが適正体重になれば)社会保障費もある程度少なくなるんではないかと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地のダイエットは運動プラス食事制限(といってもそれほどはきつくない)と薬物(いや合法なやつです)服用。これで順調に落ちています。こんなことをやってますということで参考に。

運動は昼休みの散歩(いわゆる早歩きというやつです)30分。最近は慣れてきたので足首と手首に軽めのウェイトをつけています。個人的に大事だなと思ったのは靴選びと着替えの用意。特に靴は奥さんにナイキの高いトレーニングシューズをかってもらったのを使っているのですが、足にぴったりフィットした靴を使わないと足首を痛めます。デブだからw。
それと着替えをきちんと変えることで不快感が全然違います。あとおすすめはうちわ。うちわを持って歩くことで涼しさもあるでしょう。個人的には以前紹介した「空調服」なんぞ強力おすすめ。あれはいいですよ。少し気恥ずかしいけど。

夜は家に帰ってから食後にエアロバイク30分から一時間。負荷を低めにして心拍数を測り運動します。最初は負荷が高いと筋肉痛になって続かないから。筋力が上がってきたら負荷を上げればよいでしょう。(負荷を色々選べることが自転車運動のメリットの一つです)。とにかく一定時間以上の運動を週一回の休みをおいて毎日継続して続ける、これがポイントのようです。体が痛いから今日は休み、とかだと続かない。テレビを見ながら、家族と会話しながらできる強度で毎日続ける、と。

バイコロビクス(自転車運動を使った有酸素運動)ではよく言われるのですが、心拍数を(220-年齢)✕60~65くらいに保つとよいそうです。まあ中年だと90くらいから始めるのが良いのでしょうか。
エアロバイクには心拍計がついているものもありますし、腕時計型の心拍計(数千円からあります)を使うのも効果的。運動中の心拍数を知ることで運動強度も知ることができるのでダイエットの効率が上がります。つい頑張って力いっぱい漕いだりしますが、有酸素運動による脂肪消費には力いっぱい短時間(力尽きちゃう)よりもそこそこの運動を長時間のほうが意味があります。

運動をするときにはお馴染みヴァームを飲んでいます。やっぱり、これを使うのと使わないのでは大きく違うなと。統計を取れば確実に数字に出てくる、そんな感じ。その他ファンケルのマルチビタミンとDHCのカルニチン、を服用。これは気休めみたいなものですかねえ。薬物?で一番お金をかけているのが「肥満の薬」防風通聖散。確かに脂肪の減りを助ける効果があるようです。ただし、ただ飲んでいるだけでは効果は薄いのかなあ、と。ある程度カロリーを減らして運動を行なって初めて効果が上乗せできると。そんな感じでしょうか?

食事はとにかく大体のカロリーを一日1200から1500くらいにするように。極端なダイエットを心がける必要は無いですが、やはり食い過ぎなことが僕の体重増の原因だったのかなと。ご飯のおかわりは絶対しない、朝昼などはカロリーメイトとかカロリーがきっちり計算できるものでカロリーのリミットを計算。ご飯にはマンナンヒカリというやつを混ぜてもらってカロリーカットしています。これだけだと精神的に参るので?週一くらいは外食なり少し多めに食べてもいいかな、という気持ちで。お菓子を食べるときは必ずカロリーを見てから食べる。お菓子は週に200カロリーまで、位なら良いという意見を参考にしていますw。甘いものゼロだとどっかで躓きそうで。あとゼロカロリーのゼリーなんかも食べますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんなの全部は無理だよ、という人には。(実際、全部やると結構お金がかかります)

一番効果があるのがエアロバイク(1万円から二万円くらいの)を買ってきて心拍数を図りながら一日30分から1時間ほど漕ぎ続ける、というのが良いかと思います。(あるいは朝と晩に分けてこぐか)ヴァームを運動の数分前に飲んでからやるのが効果的でしょう。いろいろ運動手段を考えましたが、天候や温度に左右されずに行えて体を痛めにくく、非常に効果が高いということでエアロバイクはとても良い選択枝と思います。
エアロバイクは場所をとる、というデメリットがありますが雨が降ったらできないウォーキングなんかに比べるとエアコンの効いた部屋でできるエアロバイクに大きなメリットがあるかと。怪我をしにくいのも利点です(体重がハンドルとサドルに分散するので膝や足首を痛めにくい)。怪我すると続かないですからね。
あと思ったのですが一番安い(1万円を来るような)エアロバイクよりも少しだけ奮発して良いのを買ったほうが毎日こいでて不満が出ないみたい。僕の買った奴は店でみた一番安い奴よりもしっかり作ってあって安定性もよく、何より心拍計がついているので重宝しています。

毎日、時間を測って30分以上続けること(日曜は休みにすることで「超回復」を図ることも大事かも)。体重という数字が目に見えて落ち始めますので、株価チャートよろしく何かに記録していくとモチベーションがたかまる気がします

さて、休み中に食べ過ぎてリバウンドしないようにしないとw

2012年8月9日木曜日

韓日サッカー対決の注目選手

韓国チーム、鍵をにぎると思われる選手は夜逃げFことパクチュヨン選手「モンキー」、キ・ソンヨン、あとは日本でもお馴染み前セレッソのキム・ボギョンでしょうか?

朴主永選手はオーバーエイジ枠で出場した、2010アジア大会準決勝で決定機にシュートを打たず「おしゃれヒールパス」を繰り出し、結局それも原因で試合を落とし優勝=後輩たちみんなの兵役免除を逃したという傷があります(結局アジア大会は大学生主体の日本が優勝。決勝に進んでいたら一線級選手を揃えていた韓国が勝てたともいわれています)。
しかも彼自身はモナコの市民権を取得し、そのことで事実上韓国の兵役義務から(脱法的に)逃げていたことが判明。国民の怒りを買いました。
今回そのような逆風にもかかわらずオーバーエイジ枠で呼ばれたのはその高い得点能力を買われたから。昨シーズンはほとんど一軍でプレーしていないとはいえ腐ってもアーセナルの選手。
兵役逃れ問題で激しいバッシングを受けたチュヨン選手は、現在A代表からは「追放された」形。それでもオリンピック代表に呼ばれたのは彼の力を必要としているから。彼自身も後輩たちの兵役免除の機会を自らのまずいプレーで壊してしまったことを帳消しにするために恥を偲び、マスコミを集めたお詫び会見まで開いてオリンピック代表に帰って来ました。彼は兵役の絡みで一年のうちに韓国に滞在できる日数が限られます(一定以上滞在すると、兵役の義務が発生する)また、ほぼアーセナルを戦力外扱いのため、自身の契約先を探さなければいけない身です。それでも責任を果たすために自分のことは全て投げ打ち、日本の甲府に頭をさげてトレーニング場所を貸してもらいオリンピックに備えてきました。いまだ
大活躍とは言いがたいチュヨン選手。この一戦に人生のすべてをかけていると言っても過言では無いでしょう。


キ・ソンヨンは中村選手で有名なセルティックの選手。中村選手がいなくなったあとセルティックで活躍しています。彼の持ち味はフリーキックやミドルシュート。一方で守備が弱く(いわゆるザルとも言う)足が遅く、最近はセルティックでも戦力外扱いです。しかしその攻撃力と若さからイングランドから引き合いが来ている(韓国マスコミによる)とされマンUなどでも移籍の噂があります。
彼の場合は極端な日本嫌いで有名。日本に対して「猿の真似」をしたことで非難を浴びたこともあります。もしも日本戦で特点をした場合は再び日本を馬鹿にするパフォーマンスをすると思われ(誤審に絡めて柔道パフォーマンスか。)その点でも注目ですw。僕が心から嫌いな選手でもあります。いわゆるクズです。

得点可能性で純粋に注目するのはキムボギョン。セレッソでも活躍した実力は折り紙つき。イングランド2部に移籍してしまいましたが今後のステップアップのためにも活躍して世界に名を売っておきたいところでしょう。かれはおそらく将来的にはトップチームで活躍する選手でしょう。

試合は土曜の朝三時くらいから。韓国選手のゴールパフォーマンスにも注目wです。(時節柄、「独島は韓国のもの」くらいはやってくれませんかね。)

2012年8月6日月曜日

ピラミッド

日本、金メダルは少ない。批判的な声も多い。

でもメダルは増えた。金メダルが少ない原因は調べていくべきだし、柔道みたいな極端な不信のチームはやり方を変える必要があるんだろう。でもメダルが増えているんなら方向性は間違っていないんじゃないか?


銀や銅メダルをとれる選手、上位入賞できる選手を複数育てるところから一位をとれる選手が出てくると思うのだ。それはまるでピラミッドのように。底辺を広げる、そこに建造物を建てるようにして頂点を目指す。

会社経営も同じような気がする。

自尊心対決、2分の1の確率

オリンピックサッカー、韓国がイギリスをPK戦で下して、予想外?のベスト4進出。

日本対スペインの時も思ったけれど、欧米勢はアジア勢を舐め過ぎでは?イギリスは韓国のことを全く研究してなかったように思います。少し下調べをしていれば、あそこからミドルシュート(韓国の先制点)が飛んでくることをわかっていたはずですが(というか、今の韓国チーム(エースのパク・ジュヨンが絶不調)にはセットプレーか、適当ミドル、ロングシュートしか特点手段が無い。防げたのでは無いかと。

今回、日本チームなら、あそこから強いミドルシュートを打てる選手があまりいないようでうね。でも今回の勧告チームには日本のような緻密なパス能力やペナルティエリアでの決定力は無いかわり、中距離、長距離のシュートを得意とするキック力の強い選手が中盤に何人かいます。それぞれ得手不得手があるわけです。

何はともあれ、韓国も日本もベスト4。今後決勝か、3位決定戦で相まみえる確率は「2分の1」というわけです。

もしも3位決定戦であたったら?銅メダル獲得で「兵役免除」がかかる韓国は、「兵役免除ドーピング」で能力3割り増しまちがいなし(苦笑)。というのも、20台での兵役2年があると無いのでは、彼らにとって2年以上の意味があります。海外のサッカーチームにとっては、二年使えない期間があるということは、高額な移籍料を払って選手を取るには「リスクが高い」ということ。転売する際も高値がつかないということ。

韓国国内リーグはJリーグよりも給料が安いし。韓国サッカー選手としては海外=ヨーロッパにいけるなら是が非でも行きたい。それには兵役免除は普通の人のそれよりも格段に大きなものなのです。

例えば同じ能力の日本選手と韓国選手がいたとする。日本選手ならヨーロッパリーグと契約できる場合でも、兵役が済んでない韓国選手なら、「移籍できない」か、もしくは「移籍料や給料が極端に安くなる」。あるいは望むチームよりもレベルが低いチームしか移籍できないとか。
移籍できたとしても選手としての短い全盛期を2年兵役で棒に振ることになる。兵役を終えたところで、元の力が戻るとも言えない・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
準決勝でブラジルに韓国が勝つのは難しいでしょう(絶対では無いですけど)。高い確率で3位決定戦に回ります。
そうすれば韓国は三位決定戦で死にものぐるいで戦ってくるはず。過去の経験から行くと相手チームに相当けが人が出るはずです。出来れば、韓国とはやりたくないですね。若い選手たちはこれからが勝負。実際、オリンピックの活躍で何人かは海外チームの興味を引いたり、評価を高めたりしています。将来も大事なこと。メダルもさることながら、怪我だけは気をつけて欲しいですね。

日本が勝てば韓国がどんな言い訳をするのか?あるいは日本が負ければどんな自尊心爆発を見せるのか?韓国ウォッチャーとしては少し楽しみではあるんですけれども。

NEX-7KとDSC-RX100


ソニーのミラーレスカメラの最高機種、αNEX-7Kを買った。といっても奥さんが・・。

カメラに詳しい人なら、カメラマニアの僕が買うならともかく、なぜカメラ初心者?の奥さんが?と思うかもしれない。というのもソニー(ミノルタ以来)のαの「7」番台のカメラといえばハイアマチュア向けの高性能機種だ。9番台が最高位機種になるのがお約束だが、9番台が不在(現在もそうだ)の場合は7番台が最高位機種を務めることも多い。

でなぜこんな高性能機種を?というのも、奥さんが猫写真に目覚めたのだ。で、その条件を満たすカメラはある程度軽くて、AFが早くて高画質で連写が効く奴。奥さんの行きつけの美容師さんのおすすめがNEXー7だったというわけ。僕もその意見に賛同。というか、もともと僕が欲しいカメラだったわけですが。

αの7番台のカメラは高性能機種だけど、初心者にもとっつきやすいように「電源入れてシャッター押すだけ」でも良い写真が取れるように作ってあるしね。プログラムモードとかよくできているから。
これが高性能機種でもEOS-1シリーズやニコンのD4のようなプロ用機種だと、ある程度の知識がないと(まあそんなに複雑な話ではないけれどf値やシャッター速度やISOとか色味とか)性能を引き出すことは難しい。重いし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
電気屋さんに行ったらメーカーの販売応援員の人に言われた。いやあ、ソニーもやっとカメラメーカーらしくなって来ましたよ。このNEX-7はお勧めできます。そのセリフ、姉夫婦に伝えておきますw
もっと画質とか、誰にでも使えるけれど、使い込もうと思ったらものすごく奥が深い操作性とかそのへんを説明したほうがいいと思うけどなあ。とか思いつつ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人的には、ソニーから出たハイエンドコンパクトカメラ、サイバーショットDSC-RX100が欲しいんですが・・・。ファインダーが無いのだけは不満ですが、もとリコーのGRデジタル使用者としては、まさにGRデジタルキラーなんで無いかと。小さくてかなり高画質。旅カメラとしてはこれ以上の機種はないように思います。世間で流れている作例を見ると、おおーこれは結構綺麗だなあ、と。実物触ってきたけれど、あの画質であのサイズや大きさというのはびっくり。C-MOSを自作できるソニーだからこそ作れた一品といえるのでは?。というのも、このC-MOS、普通のコンパクトカメラの4倍くらいの面積がある、1型という特殊なサイズ。一眼レフ用のフォーサーズやAPS-Cに比べると小さいけれど、普通のコンパクトように比べればかなり高性能なものなのです。これをコンパクトカメラに押し込んだ。

操作性もレンズ鏡胴のリングで焦点距離や絞りなどをコントロールする電子リングがグッド。それ、どっかのパクリ、に思われるんでしょうが、そもそも僕の記憶に間違いなければ、回して操作するという電子リングの特許って、もともとソニーの特許なのですよね(極楽だ~というビデオのCMをお覚えている人はいるでしょうか?)うまく自社技術を使っている商品かと。こういうの見るとクソニーだってまだまだ捨てたもんじゃあ無いなと。

願わくばあともう少し値段が下がればなあ。

買う素振りを見せたら、奥さんに言われた。「少しお金が入ったらすぐ無駄使いするんだから」
黙ってこっそり買おうw。
というかその前にバイオが死にそうなのだが・・・。