2012年3月24日土曜日

86が夢見る世界。それは2.0みたいなもの?

トヨタから「86」スバルからはBRZとして発売されたスポーツカー。これがなかなか好調な予約だそうな。もちろん、大トヨタからすればたいした台数ではないかもしれないけれど、巷間伝えられるようにトヨタの社長直轄のプロジェクトといっても良いほど力の入った車のようです。

それはスバルにしかない水平対抗エンジンという技術を最大限生かし(低重心で振動も少ない)そしてスバル単独ではできなかったFRという新しいプラットフォームの開発。これらによってそれはそれはいい車ができたようです。ウインウインの開発成功のようですし、スバルはこのトラの子エンジンとプラットフォームを使って別のもっと売れる車を作ることも可能かもしれません。
エンジンについてはロータスが買いたい、なんて噂話もあるくらいで。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてこの車、「いじる」ことが前提になっているんですね。シートやエアロパーツはもちろんのことロールバーなどをつけることなども考慮して設計されているとか。それはトヨタが「86」とネーミング下ことにも現れています。

もともと、自動車メーカーは改造されることを嫌ってきました。しかしイニシャルDで有名になったレビントレノ(通称86と呼ばれます)はユーザーによって改造され、さまざまな外部メーカーがさまざまな部品を出すことで「名車」と呼ばれるようになりました。

以前web2.0なんて言葉がありましたが、車メーカーが作るんではなく、ユーザーに動いてもらうことがブランドをつくり、文化を創り、あるいはそれが果実になって自動車メーカにも寄与すると。そんな狙いを感じるんですね。車が好きと言うトヨタの社長の戦略を感じます。
少し前の社長は車が嫌いみたいだったですからね。

今度でた86もそんな車になって欲しい、車にあこがれる文化を創ることで日本でももっと車を売りたい、車離れを防ぎたい。トヨタは発売前から外部のアフターパーツメーカーなどにも積極的に情報を流していたみたいですし(一部では発売前の車を有償で譲渡していたか?)「共存共栄」を打ち出しているようにも見えます。これは日産がGTRで打ち出した「改造は基本的に認めない」とは真逆な方法論。巨人トヨタがこういう戦略を打ち出したことは注目すべきファクターなんだと僕は思います。

さて86、これが車離れを抑えたり、あるいは周辺の業界を潤すことができるのか?
直接トヨタにインパクトを与えないまでも、それは他の銘柄で収益をあげるキッカケになるような気がするのです。

個人的にはスバルのBRZ、絶対欲しい。スバルの株も押したら買おうと。

人は城、人は石垣、人は堀

武田信玄といえば、「風林火山」の旗印で知られる。何でも幼い頃、父親にどちらかと言うと疎んじられていた信玄は。孫子を読みふけって知識を蓄え、後に無敵と言われた騎馬軍団を組織したのだと。

というのは後世によって作られた話らしく、風林火山の旗印と言うのはどうやら本当はなかったかも知れないらしい。

また、信玄といえば信長とか秀吉とは違い、いわゆる天守閣を持つような城を作らなかったとされている。もちろん、そういう後世に文化的に残るようないわゆるお城を作らなかっただけで、軍事的に意味のある砦はいくつも作っているし、自分の居したところも軍事的には城といえただろうと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
長々と話したけれど、信玄は城を作らなかった理由として「人は城、人は石垣、人は堀」と述べたという。つまり、城を作ることにお金をかけるよりも、人材や組織、軍隊を整えるほうに力を注いだほうがためになると。

まあ、どうやらこれも後世の作り話みたいですけどね。前述のように信玄は「城」と言うものを意識しなかったんじゃあないかと。それは信玄が出た時代が少し早い時代だったから。もう20年遅く生まれていたら信玄だっていわゆるお城を作ったと思うし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話がさらに長くなった。運送会社に入って思うことは、運送会社とは本当に、人が会社、人が石垣、人が掘、だなと。いい会社に慣れるかなれないかは設備にももちろん依存するけれど運転手さんに依存する部分が如何に多いか。
そして最初からいい運転手だけを集めることなんて不可能なんだから、いかにいい運転手さんになってもらう仕組みを作れるかが会社の価値を上げることになるかと。これは事務所の能力が問われるなあ。

さて、最近運転手の募集難である。前にも書いたけれどこれは国の政策のせいでもある。大型免許の取得がこれほど難しくなってしまった今、あと10年で物流コストはビックリするほど上がらざるを得ないだろうね。少なくともトラック輸送において。

人が雇えない会社の株を買うことはばかばかしいと思うのか。あるいは売り手市場になれば運送会社の業績は上がるのか?どっちなんだろうなあと考え込む今日この頃です。

一方で運送のユーザーには馬鹿にできない負担になるかと。
そしてこんなばかばかしい(トラック輸送を国策で維持しようとしない国)所からは出て行こう、という製造業脱出に拍車をかける一要因ではあるでしょうね。今からわかりきった未来だけれど、だれも手をつけようとしない未来。運送業においてもそれは存在します。
だれかこのことをやってくれる政治家はいないものか・・・。
------------------------------------------------------------
なんでこんなことを書いたかと言うと、相互リンクしてもらっているぐっちさんのHPにこんな本の紹介が出てたから。国民にとんでもない富をもたらす資源(でもそれはいずれ枯渇することもわかっていた資源)を持ちながら無駄使いと無意味な海外投資を行い、再び原始時代なみの極貧に後戻りした国。
それは「人口」という資源を失いつつある日本にも当てはまる。将来が見えているのに何も使用としない国。 
やっぱり、運送業の株は買っちゃあダメだな。国策がそうなんだから。

私服 制服 雌伏

昨日テレビを見てたら、「私服を廃止して制服を取り入れた学校」をテレビでやっていた。今の一年生から制服を義務化したところ、義務化されていない2,3年生まで制服を着るようになってしまい、私服派は少数なんだとか。意見を聞いていると「みんなと違う」ことを恐れる心理を見て取れる。

自分はその昔制服のない、服装が100%自由の高校に通っていたので、(羽織袴と下駄のみ禁止)ぎゃくに高校生の制服に違和感があるんだよなあ。自分たちの校風としては自由、自主独立と言うのがあり、「私服」というのはその象徴であったのかもしれない。僕も私服と言うのが高校を選んだ動機のひとつだったかも。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
制服にはもちろん効用がある。僕の会社だって社長も含めて事務職も運転手も制服着用だ。私服にするなんてことは考えられない。対外的なイメージ統一もあるし、皆が同じ服装をすることで意識の統一、連帯感が生まれることはいまさら言うまでもない。とても便利な「ツール」である。

しかし、昨日の制服を採用した高校の校長先生の話を聞いていると、あまりにも管理する側の「ツール」としての制服の効用が協調されているような気がして。
高校と言うレベルで考えるなら、制服というツール(管理する側から見て)がなくても連帯感を保てる人間を学校は生産する努力をすべきなのではないか?と。ツールを使ってはじめてやっとまとまるような集団を生産されても生産現場としてはレベルが上がっていかないんだと・・・・。子供は管理の中では人材は雌伏してしまうんではないかと?

最初から、便利なツールを使って調教してしまうとその人間の器が小さくなる気がするんだよね。これは今の管理者側からの勝手な視点か?それとも管理されるということが大嫌いなぼくの勝手な視点だろうか?
個人的には人に連帯感を強要されるなんて真っ平だけれど。人と違うのがいやだから制服にする、といってた昨日のテレビに出ていた高校生はそこに気づくときが来るだろうか。
-------------------------------
なんていうか。制服っていうのはスパイクシューズみたいなもんか。下手するとドーピングか。それくらい強い力があるようなものの気がする。それを子供のときから、とくにその効用を意識してツールとして使わせると、伸びしろがなくなるような気がするんだ。小さなときから道具に頼ってたら本当の能力はつかないし、能力のある人間をセレクションすることができないような。

それはなんだか、学年的には背の高い子供を集めたサッカーチームが、子供のときは強いけれど大人になったら勝負にならないような。基礎学力だけしかない子供からは天才が生まれないような。

自分で言ってて何をいいたいのかよくわからんけれど。「気づき」の機会を奪っているような・・・。

2012年3月23日金曜日

カレーライスはどこで食べる?

新天地はカレーライスが大好きです。おこちゃまだから。その昔、神保町にたむろしていた頃とか、明治大学生だったキャバ嬢と週2で同伴してた頃はあのあたりのカレーやさんでバクバクカレーを食べていたものです。なのでカレーには少しうるさい。

さてこの前奥さんと新宿くんだりまで出かけました。で、中村屋のカレーを二人で食べたんですね。いわゆる外で食べるシャバシャバ系の高いカレー。おいしゅうございました。

ここで奥さんから意外なカミングアウトが。奥さん、カレーライスを外食で食べるのは生まれてはじめてだったんだそうな。何でもカレーライスは家で食べるもので外で食べるものじゃないんだそうな。どうやら僕がそうめんや冷麦をわざわざ外では食べないのと同じらしい。

人それぞれ、いろんなバックボーンがあるなあ。

久々にボンディやエチオピアのカレーが食べたいなあ。(奥さんにはカレーを食べるために行列に並ぶなんて感覚はわからないだろうなあw)

2012年3月21日水曜日

ソーシャルゲームの強さと問題点(投資家から見ての)

あるところで「何でグリーとかモバゲーが叩かれるの?」という質問を受けたので。

出会い系云々は別にして、その課金制度(の一部)について一応書いておきます。

というかリンクですが

この「ガチャ」と言う仕組み(投資家なら知っていなければいけない基礎知識ですね)。とにかく良くできている。一番最初に考え付いた人は天才だと思う。これがこの手のソーシャルゲームをして最強の利益習得マシーンにさせたのかと。だから利益が上がったし、株価もバカスカ上がった。前も書いたけれど、僕はそれを否定するものではないし、株価が安かったなら買い推奨しただろう。実際、過去にはDeNAを買いと書いたこともある。


しかしリンク先の解説にもあるように、お金を集めすぎるのだ。この仕組みでは。そうすると社会的制約も受けることになるだろうし、今までのビジネスモデルがガンガン金を稼ぐ、成長すると考えてつけられた最高値は高すぎるということだろうと。だから空売りしてみた。チャートもそう考えたひとが多いことを物語っている。

なんにせよゲーム業界はこの爆発力が多き過ぎる武器の扱いを考え直さないといけないんだろうね。まったく使わないのでは儲からない。無制限に使うのでは問題がありすぎる、と。

専門職の悲哀

世の中には「PK専門」のゴールキーパーがいるそうな。もちろん本人が望んでいるわけではないけれど、レギュラーにはなれないけれど、レギュラーのキーパーよりもPKに強ければどうしても「PK」専門になってしまう。

さて日本の香川選手が所属するドルトムントと戦った相手チームのフュルト(ドイツ2部だそうです)。このチームにもPK戦を得意とするキーパーがいるらしく、延長の最終盤にキーパー交代。背番号16のキーパーがPK戦に備えます。

交代後、ロスタイムもあとわずか。最後のワンプレーでドルトムントのギュンドアン選手が放ったシュートは・・・。

今日はこのキーパーと関係者、ねれないでしょうね

復興、ある程度は話し合いで決まるんだろう

復興、これから進むわけだが、こと仮設材に関しては熾烈な競争は起こらないと思う。というのも各社「物がない」からだ。地震直後、仮設材の団体は「この場所はこの会社」というような取り決めをしてくれと言う類の要望書を国に出したと遠くで聞いた。って言うかそうでないと各社対応し切れんはずだから。つまりある程度の受注は各社規模に合わせて入るのかなと。ただし、そんなに「美味しい」案件ではあるまい。遠いし。

それをどう生かすのかは各社の能力しだしだし、それを見抜く能力は投資家には問われるわけだが。
関東のヤードを見る限り、思ったよりもまだ出ていってないようだけれども。河川改修なんかはもう少し注文が来てもいいように思うんだけれどなあ。政治空転の余波か。

持ってない、でも持たないと

機関投資家ってのは不自由な面がある。自分の意思とは関係なく銘柄を取捨しなければいけないからだ。
たとえばオリンパス騒動のときにも書いたけれど、急落時にあの株が「本来の価値よりも下がった」とたとえ思っても「コンプライアンス」という足かせから買えなかった機関投資家は多いだろう。逆に持ってた機関投資家のなかには安値をつけるところで問答無用で売らされた機関投資家も多いだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
他方。機関投資家は指数と言うベンチマークに追われている。その昔ソフトバンクとか光通信がバブッた時。あんな怪しい銘柄wを組み入れてなかった機関投資家にとって、時価総額の大きい(指数寄与率の大きい)それらの銘柄たちがどんどん上昇していくと、それらの銘柄を「持ってない」と言うことは指数と言うベンチマークに見放されるということでもあった。持っていない機関投資家は「高いよ」と思いつつも上昇を続ける限り組み入れざるを得ない。だから余計にわけのわからない値段まで上がっていく。そんな循環があのITバブルを生む背景の一つだったことも確かだろう。

僕は昨今のグリーとかの相場もそういう側面があったと思っている。だからあの銘柄は「売り」。バリエーションから高く買われすぎたあの手の銘柄は、今度はどんどん外していかなければ機関投資家はベンチマークに負けてしまう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方。東電買って見た。「まともな」機関投資家はとっくの昔に売り払ったと思う。でもたとえ腐っても結構な大型株なのだ。犯罪を犯したわけではない。政府が出資するならそれは「つぶれない」事も意味するかもしれない。
金余りの今、一度上がりだせば指数への寄与度もゼロではない銘柄。買わざるを得ないプレーヤーもゼロではないような気がするんだが・・・。「つぶれなきゃ」ね。

光学から電子補正へ

ちょっと前にも書きましたが、カメラの話。「ストロボがいらないカメラの話」で思い出した。

日本語では「写真」って書きます。真実を映す。でも今は実は違ったりします。
-------------------------------------------------
映像を記録するには「レンズ」が必要です。ところでこのレンズ、非常に色々な制約をクリアしなければいけません。たとえば「ピント」でありあるいは「収差」と呼ばれるものです。

色収差と呼ばれるもの。これは光線の波長が色によって違うために像を結ぼうとすると色がにじむもの。あるいはあるいは歪曲収差と呼ばれる、形が崩れてしまう現象。
今までこれらの収差を如何に出さないレンズを設計し製造できるか?これがカメラメーカーの至上命題でした。高価な蛍石や特殊なガラス、非球面レンズと呼ばれる特殊な加工を施したくさんの枚数のレンズを組み合わせる「工学的な技術力」(設計から製造までを含めて)が大事だったのです。日本メーカーだけが事実上市場を支配できた理由がここにもありました。またこれらを出さないレンズはどうしても重くて高価でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが。ここ2,3年で出てきたデジカメは違います。実は最近のデジタルカメラ(除く「一眼レフ」タイプ)のレンズは、特に小型のコンパクトデジカメのレンズは、上で書いた色収差や歪曲収差が出まくりのレンズがどんどん出てきたのです。え?そんなカメラ役に立たない?でもそんなカメラでも出てくる映像はすばらしいものばかりです。

それはなぜか?たとえば歪曲収差が出まくりのレンズの映像でも、あらかじめこのレンズはこれだけ像がゆがむから、これだけゆがみを直せば綺麗な像になる、という計算をカメラ自身がリアルタイムで行うことで、綺麗な映像を記録することができるからです。(つまり、そのレンズが記録する本来の映像データと、僕たちが目にする映像データはまったく別物なのです)極端な話まるで魚眼レンズでとった用にゆがんだ像を結ぶ低性能のレンズであったとしても、リアルタイムに像を「普通の映像」に変換し記録することでレンズ設計を追求しなくてもよくなったのです。
今まではそんな処理をカメラが行うことは難しかったのですが高性能チップの登場とその普及によって可能になりました。
今では「光学的」に像がゆがまない「高性能な」レンズを使うよりも、「光学的には」像がゆがんでしまうレンズを使ってもそれをカメラの中で「電子的に補正する」ほうがカメラを安上がりで小型軽量化できるようになったと言うわけです。

今までは一眼レフカメラはフイルムを使っていましたし、ファインダーは撮影用のレンズと直結していたから、撮影者はレンズが結ぶ像を生の状態で直接見ていました。だから像がゆがんでしまうようなレンズを使うことはもってのほかだったわけです。
しかし「ミラーレス」と呼ばれるカメラやコンパクトデジカメは違います。コストや重量増から逃れるためにもともとの像はゆがんでいるのが前提。ゆがんだ像をCCDなりC-MOSが受光し、それをコンピューターが処理して液晶なり有機ELに「正しい映像」としてリアルタイムで復元しそれを撮影者は見ていると。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
未来のカメラはもはやレンズさえなくなっていくのかも。何らかのスキャン情報を記録し、それを映像として処理できる技術。そういう発想ならストロボはなくなっていくんでしょう。

え?それが株と何の関係があるかって?

つまり先行するカメラメーカーあるいはレンズ専業メーカーにとっては後発メーカーに追い上げられる余地が高まったといえるのかもしれません。高性能のレンズを作れなくても高性能の電子補正の仕組みを使えるところが勝者になる時代。今までの光学勝負ならキャノンやニコンに勝てるメーカーは絶対に現れなかったでしょう。しかし今ではたとえばサムソンやLGが勝負できる電子勝負の時代。

あるいはタムロン。これに変われる会社は現れなかったでしょう。しかし電子補正と言うのはカメラとレンズが協調しなければいけない仕組み。これをうまくできなければあのトップ企業もうまくいきますまい。

あるいはミラーレスに出遅れたキャノン。エトセトラエトセトラ・・・。

競技用自転車の世界ではカーボンホイールが常識になっていくわけですが

こんなのも出ました。
自転車の世界ではフレームはもちろん、ホイールもカーボンが当たり前、というかそうじゃなきゃ勝てない世界。

トラックもホイールのカーボン化が進めば燃費改善に役立つはずなんだが。いかんせんまだ高いからなあカーボンの製品。
どこが低価格で安定供給できるようになるのか?熾烈な戦いとともに勝った所の株価は馬鹿みたいに上がるんでしょうも。ここは嗅覚を鋭くして注視しておきましょう。

今のところは日機装あたりなわけですが、ここを出し抜くようなところが出てくるかどうか
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6376.T&ct=z&t=ay&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,s&a=v

今のところはレンジの下で株を集めたいですね。2006年の高値を抜くような相場を期待しています。