2011年9月10日土曜日

クイズ番組に思う

昨日、奥さんと一緒にテレビを見てた。高校生クイズを見てたんだが・・・・。

いやあ難しい問題ばかりでしたねw。いつかパネルクイズ25にでるのが夢の新天地でしたが、最後の一時間ばかり見てて、わかった問題は2個だけ。進学校のクイズ研究会って怖いよw
-----------------------------------
でもなあ。ってすこし思ったのです。こういう番組って、視聴者にも答えを考えさせたり解く過程を見せたりするのが本来じゃあないの?ただ、知識が多い人たちを集めて答えさせて「凄いですねえ」って。それで良いのか??? 見世物小屋で面白いのか?と。

たとえば、問題の中に「宇宙の大きさを答えよ」って問題があったけど、放映はただ答えさせて終わり。
なぜそういう答えになるのか、どういう計算をしているのかとかはまったく無し。視聴者はそんなこと知る必要は無いよ、ただ凄い人たちの「芸」を見てね、という製作者側の手抜きというか。。。
もちろん「尺」はあるでしょ。でも番組の最後、異様に引っ張るw時間稼ぎの時間を少し削ればどうにでもなるんじゃあないかと・

(ビッグバン以来、宇宙は光の速さで球状に拡大してるから(この知識を問うているわけです)、球形の体積の公式に当てはめて4/3π×(光の速さ×宇宙誕生からの時間)の三乗だよね、という話。光の秒速は知ってるから(これは中学で習う)、それに60秒かけて(分速が出る)60分かけて(時速がでる)24時間(日速が出る)かけて365日かけて(年速が出る)130億年だかかければ半径がでて・・・。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あんまり難しいと視聴者は参加できない。凄いもの見ているだけじゃあ刺激にはなれてしまう。「参加」しなきゃあ面白くなくなっていくし廃れていくような気がする。

なんだか、面白くないから廃れていく株式市場と似ているような・・・。違うのかなあ

昔話。「ハイテク新日本」

今の若い人は知らないかもしれないが、「新日本証券」という会社があった。(いまの新光証券の片割れ)

この会社、短時間だが自己売買部門で荒稼ぎしたことがある。もう20年近く前の話だが、当時は国内の証券会社では珍しかった裁定取引などを利用してバカスカ稼いだのだ。人呼んで「ハイテク新日本」。


いまおもえばPCの能力だってたいしたこと無い時代。今から見れば「ハイテク?~」という無いようだったそうだが、それでも白兵戦相手にはすばらしい効力を発揮した。しかし、周りも同じような仕組みを整えるとあっという間に埋没してしまった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いや別に意味は無いんだけどさ。最近のディーラー「絶滅相場」をみてなんとなく思い出した。

三重の過疎化。日本の過疎化。

くどいようですが、新天地は三重県の出身です。

父親はシャープの工場で有名になった、ローソクの町、亀山出身。母親は熊野古道の出発地とも言われる紀伊長島。その間をとって?新天地は松阪で生まれました。

亀山は三重の北西部に位置しています。正直、びっくりされるほどの田舎ではありますが、案外雇用は安定しています。名古屋と大阪の丁度間にあるこの地域、四日市、鈴鹿(ホンダですね)が近くにあり、案外企業立地に向いているからなんです。企業誘致にも熱心だったですし。

一方、津から南の地域では三重の衰えは顕著です。伊勢や鳥羽といった観光地はあるものの凄い魅力的?と聞かれると。農林水産業はどんどん廃れていく感じ。それは人口ピラミッドを見ればもう悲惨なものです。(尾鷲市=三重南部最大の都市。)
高校生や大学生になると「出て行って」しまうのです。このうち何人が帰ってくれることやら。


そんな地域が水害にあいました。正直、元のインフラを復元できるのか?そんな体力が残っているようには感じないのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まるで日本の将来を縮図にして出してしまったような。
日本はこうならないために、もっと人口構成を変える手を打っていくべきだと投資家として思うんですけどね。。。
民主党には懐疑的ですが、子供手当てのポリシーは間違ってない気がするけどなあ。。

あとは移民政策くらいしか。

JAP18




フジテレビのドラマのワンシーンが一部で話題。


JAPはもちろん日本人の蔑称。じゃあ18は?韓国語では「シッパル」ということでふぁ○くゆ~という隠語だったりする。

たんなる偶然かって?


このドラマの製作陣には韓国語が堪能な人が複数いるそうでw(製作スタッフが別の件でブログで明かしている)。多分、故意なんだろうなあ。(放映日は「反韓流でも」当日だったそうで)



フジテレビがんばるなあ。一歩も引かない。

2011年9月8日木曜日

首になりかけてたw

新天地は行きがかり上、「小口」のお金の金庫を預かっています。ETCが使えない有料道路のお金とか、こまごましたお金が必要なので、20万円くらいの入った小口金庫の責任者なのです。

さて問題が。どうやら経理処理場、10万円以上の計算が合わない事態が発生したんですね。
それを聞いた会社の偉い人たちは「新天地なんて首だ」って相当怒っていたそうな。


数字が合って無いのはボクが入社する前の話なんだそうですけれど。。。
まあ使い込むとかじゃあなくて、単純に計算ミスかなんかなんだろうなあ。


いっそのこと首にしてくれたほうがきらくになれたのに。
どうやって食っていくかは別にして。

2011年9月7日水曜日

らーめん



なんだこれは?って。市川市は行徳にあるラーメン屋さんの看板。
店の名前は、お店には書いてなかった。ネットで調べると「宗家元祖一条流がんこ11代目」と言うんだそうです。。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


つまり、おくさんが「おいしいラーメンたべたいなあ」ということで、前から噂にはきいていた「がんこ」の行徳のお店へ行ったと言うわけ。

ラーメン好きなら「がんこ」系で知られる有名なおみせらしいが、傍目にはそういう有名なお店には見えず。看板も「骨」の看板だけで・・・。7,8席のカウンターだけの小さなお店。でもお客さんはひっきりなし。繁盛店なんですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
塩ラーメンを食べました。味は「うまい」。なるほど有名なおみせなわけです。

すーぷ、少し塩辛い気がするけど、これは我が家が薄い味になれたこともあるんでしょう。さらに味の濃さは注文すれば変えてくれるとか。
丁寧に作られたスープは透明感が凄い。これだけ透明で、だしの味が凄い。多分、スープ作るのに凄い手間かけてるんだろうなあ。(作っているところを見たわけでは無いけれど、なぜ丁寧だってわかるのか?。それは本当においしいだしは沸騰させないように作るから、手間隙が凄くかかるのです。そうじゃないとこういう「透明なスープ」にはならない。どっかにエグミとか雑味が残るし色も「にごる」。
もちろん、そういうにごりも雑味も残っているスープでおいしいお店もたくさんあります。あるいは、そりゃあコスト面を言えば単純にダブルスープで安く大量にスープを作れるし簡単にラーメン屋は開けるけれど、それはやっぱり「丁寧に作った」スープではないのとぼくは思ったりもするのです。)

麺は自家製麺だそうで。材料にコストをかけようと思えば、もっと高い麺もあるんだろうけれど、これはこれでやっぱり旨い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
難をいえばすこし量が少ないか。そのためか?おにぎり持込可だそうなw。初めて見た。。。

ここはたぶん、何回でもいくなあ。お勧めなのです。
場所はここ。わかりにくいですが、上にある「骨」の絵の看板が目印です。駐車場がすこしはなれたコインパーキングとかしかないのが難点かなあ。

名刺

いまさらながら、名刺を発注した。





知り合いの人が、独立して「名刺」も作るというので、ご祝儀ではないけれど、作ってもらうことにした。





もちろん、「行政書士」の名刺。がんばって稼ぐようにしなきゃあ。目指せ奥さんの年収越え。


いつまでも奥さんのすねかじりではなあw。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ついでに司法書士のテキストもいまさらながら。


再来年までにはなんとか受かろう。目指せ「先生」w

サッカーは素人ですが

サッカー、やっぱり本田選手の穴は大きいなあ。
というのも本田選手がいないから、トップ下にいままで使ってなかった選手を入れなきゃあいかん。

柏木選手を入れてみたら、機能しないってんで香川を真ん中にすると、左サイドが縦にボールがつながらない。香川を右サイドにして岡崎を左に入れると、右サイドはパスがつながるようになるけれど、やっぱり左サイドが縦につながらない。

昨日みたいに長谷部を前に上げると、失点する(あーあ)

いっそのこと、トップ下なしで3-4-3のほうが。長友もいないんだし(まさに素人考え)w

人数こそ違え、バスケもサッカーもハンドボールも最後は一緒。どっからせめるのか。ゴールに近いところにどうやってボールを運ぶのか。しかもそれが守備陣形と表裏一体なところが。。

株でも一緒ですね。自分の得意な形にどうやって持ち込むのか。勝負どころはいつか。そして勝負すべきときに自分の時間や体調、肝心の軍資金を用意してあるか。

そこまで考えなくても、おもうか、そこまで考えて勝負している人間と勝負しなきゃあ行かんのねととおもうのか。あなた自身のプレイスタイルやライフスタイル、投資とはあなたにとってどういうものなのかという問題でもあります。

2011年9月5日月曜日

山が

よくクイズなどでも出題されるが、日本でもっとも年間降水量が多いのが三重県の尾鷲市である。

新天地は松阪市生まれだが、母方は尾鷲に近い紀伊長島というところからでた。母方の祖父はいわゆる山師というか政商といいますか、一代で財を成し、とうじ三重県南部では三番目の富豪と言われたそうな。

さて、尾鷲は手作りの洋傘も有名なのだが、尾鷲や熊野で作られるその高級傘は特別に骨が多いことで知られる。それだけ雨が強くおおく降るのだ。

南向きの斜面と豊富な降水量に支えられてかの地は昔から造林業の盛んな地域として知られる。またよく言われるようにかの山から流れ出る川の水は日本一きれいな清流となり、栄養分を含んだ流れは伊勢湾などに流れ込み水産業をも支えてきた。。。

ブログで何回も書いたように、いまのボクが浪人して大学でてのうのうと行政書士でございといられるのも、造林で材をなした祖父のお陰は大である。翻ればその雨こそがボクを育てたとさえいえるのかもしれない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その祖父が持っていた山の辺りが記録的な豪雨に襲われた。ボクが子供のころに従兄弟たちと遊びにいった山や周辺の村々が水に流された映像がテレビで流れる。非常に複雑な、本当に心が痛む。

ボーナスのつかってなかったのこり、カメラを買わずに義捐金に回すことにした。
もしもこのページをご愛顧くださっている方で、賛同くださる方がいらっしゃいましたら。

100円でも1000円でも義捐金をお願いできたら。

世間様は地震の義捐金疲れで、三重や和歌山の水害までは手が廻らないかもとおもいます。
でもふしてお願いするしだいです。

まだ窓口はできていないようです。出来次第ここでも書かせていただきます。
よろしくお願いします。