2011年7月30日土曜日

韓国ネタもうひとつ

韓国ネタをもうひとつ

30年近く大きな事故が無く、落ちない航空会社として知られてきたアシアナ航空。それがこの前乗員二名を乗せたアシアナの貨物機が墜落し、乗員2名が行方不明となる事故が起こったのです。

事故原因が不明。一部報道では危険物質を積んでいたという話や「リチウムイオン電池」が発火原因とか言う噂が。しかしそんなこといったら世界中で航空機が燃えてしまうわけでどうやら事故原因はまだわからないようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが。意外な事実が判明しました。事故機のパイロットが一ヶ月前に2億円以上の死亡保険金に加入していたというのです。もちろん、高収入のお仕事ですから、死亡保険金が高いのは納得ですが、タイミングがあまりにも・・・。当局も関心をもって慎重に捜査を進めています。

バグつぶし 事前につぶす 経験でつぶす

中国の高速鉄道の事故。結局、ソフトの問題(おそらくある条件が重なったときに現れる複数の問題)が原因なんだろう。ちょっと誤発注問題を思い出した。

どっかの証券会社が起こした誤発注の問題は、発注ミスを許した体制にも問題があったが、さらに問題になったのは発注を「取り消せない」状態になったこと。寄り付き前だからどんな値段でも注文が入った。ところが、9時を廻って売り気配となり、そこで基準値段ができてしまったことで、この基準値段以外の値段で発注された注文は訂正も取り消しもできない「イレギュラー」な注文扱いになってしまい、そのまま売り気配のまま取引が執行されることになった。

あらかじめ、取引システムはいろんな模擬商いを行って不具合がでないかチェックをする。しかし当時、このような「始めての商い」で基準値段が存在せず、かつ取引スタート後は基準値段が存在するという想定のテストは無かった。そもそも商いがスタートすれば基準値段外の注文は約定するか失効するかどちらかだという考えがあった。しかし実際には売り気配(あるいは買い気配)で商いが成立しないケースもあると。。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
想定外と片付けるのは簡単。でもそれも想定してプログラムは組まれなければいけない。
中国の新幹線のケースはこれに当てはまるんだろう。正常に動いているときにそれを管制するプログラムは簡単にできる。問題は変な関数がかかわるとき。できる限り安全に確実にコントロールするプログラムやシステム。どんなお仕事にも当てはまる話ではあるとおもうのだ。

経験に学ぶのでは間に合わないのだ。あらかじめそういうケースを想定してつぶしておかなければ。愚者は経験にのみ学ぶという。経験は高いコストを伴うものなのに。

2011年7月28日木曜日

フジテレビ、ストロングセルで

半分冗談で、半分まじめで。 株価はこんなん。

実際、下降トレンドをたどっても僕は驚かないし、これだけマイナスイメージをもたれたことにスポンサーも「おや」っておもうとおもうよ。実際ボクだってこうやって書いてる。投資家にもいいイメージは無いんだし。ボディーブローのようにきいてくるだろうかと。

はんりゅうに頼るということは、すでに製作能力が無いという自白でもあるしね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10万円を割り込んだら、え???っていう値段まで下がる可能性はあると思う。当たったら褒めて。

電通も売りだとおもうけど、こいつはもう安いからなあw

星周り 回りはお金持ち すねを・・・。

新天地は貧乏です(こればっかりやw

昨日も、奥様に住民税を払ってもらいました。(うちの会社は、住民税は天引きしなくて、自分で納めるスタイルなのです)。奥様は(ボクは)年に60万円のおこずかい&そのほかにも収入あるんだから自分で納めなさい、と申しておりましたがまあそこはそれw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相変わらず、新天地は貧乏ですが、周りはみんな(世間的に見れば)お金持ちという状況が続きます。どうやら新天地は「大器晩成」で「周りはみんな凄く裕福で、おかげでボクもとりあえず食べるのには困らない」という不思議な星の元に生まれているようです。

もっとも、「自称○○(仮称)かわいそう」が最近口癖の奥さんはこう歌います。(中島みゆきの「涙 Maid in tears」の替え歌で)

男運が~悪かあ~た~♪あんな貧乏~いやしないものお~♪


ほっとけw。体重が減らないボクとは対照的に奥さんのすねはかじられて細くなる一方だそうです。


宝くじでも買ってくるか。当たったら黙って一人でこそこそ使うんだ。
(って言ったら、あなたのことだからお金が入ってきたらすぐに使うからすぐばれるだって。見透かされ取ります)

長生き 孤独 奥さんの言い分

新天地はダイエット中です。が、なかなか停滞期です。。。。


ある日奥さんに向かってこういってみました。

「おくさんのために、ダイエットしてるんだい」


奥様は言いました。
「何言ってるの。やせたら、長生きできる。長生きしたら(奥様が死んだあと)好き勝手できるんだよ。ってことは自分のためにダイエットしてるんだから。私(奥様)が死んだら遺産で自分でキャバクラ作って、好きなだけ入り浸れば良いんだから」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いったい・・・w。そりゃまあ、風俗営業の届出は本職だけどさ(一応行政書士の新天地でありました)。

でもこの前従兄弟がキャバクラのオーナーになってたから、完全に後追いだからなあ。。
(するなって)

2011年7月27日水曜日

ソウル、水没

韓国では一晩で400mmというなかなか壮絶な雨が降ったりして大変なことに。

ソウルって見かけは日本並みに発展していますが(道路なんかは日本以上です)でも致命的に欠けているのが治水対策。日本でさえ(地下に穴掘って大量に水を逃がしてます)ゲリラ雨が来たら大変なことになるのに、何にも対策がないソウルがどうなるかは・・・。

一面の海状態だそうです。 まあ、ソウルは東京都心部と違って思いのほかアップダウンがきつい地形なので、被害は低地部分に集中するんですけどね。

義理の父は今週もソウルに出かけているのですが、帰ってこれるのだろうか???


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いま、竹島問題で韓国の対日感情は悪化しつつあります。気をつけたほうが良いかもしれませんね。為念。

お盆はボクもソウルに出かけるけれど♪
板門店楽しみやなあ

なんだか気になる「はんりゅう」ブーム

新天地にて、は韓国をマッタリ観察するサイトです。

日本でも少し話題になりましたが、ある俳優さんが「もうフジテレビは見ない」とブログで書いて賛否両論なんだそうです。確かに「Kpopは韓国だけでやれ」ってのは問題発言ですが、明らかに韓国の番組だけを垂れ流す(深夜とかCSならそれでもありだとはおもいますけれど)ってのは「免許制」で保護されている地上波のやることではないですよね。テレビ局には文化や人を育てる責任があるのだから。

不景気だからしょうがない?ならやめてしまえと。あれだけ保護された業態は無いのだから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はんりゅうにはいろんな側面があります。韓国政府の官民一体となった輸出政策。韓国国内だけでは市場が小さいからです。一年かけて日本語を覚えさせて日本で売るほうが、韓国に集中して売るよりも利益が大きい。そして日本のプロダクションやテレビ局などにとっても、映像もアイドルも「出来合い」を買ってくるだけだから値段も安くかえる。地方局がアニメの再放送をする感覚で番組を買って流し、地方局は売れなくなったタレントさんを安く使う感覚でキー局が韓国からタレントさんをあさってくる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方で韓国では「日本人の劣等感(韓国のアイドルが日本のテレビ甲斐を「制圧」したから)反感を生んでいるのだ」という論調が見えますね。かの人たちはなぜ世界中で自分たちが嫌われるのかを良くわかっていないようです。商品を売る側なのに、商品を買う側の人間を見下すようなことを言い出したらそりゃあ嫌われると。

それは違うよ、と教えてあげたところで、彼らは外国人に自分たちの欠点や間違いを指摘されることを極端に嫌いますからね。放っておくしかないでしょう。真の有人を持たない韓国のかわいそうな一面でもあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
テレビ局やでん○うとかにとってははんりゅうは利益率の高い、リスクの少ないビジネスモデル。当分は続くんでしょう。しかしそんなことをしていては結局ジリ貧だと気がつくのにどれだけかかることやら。

2011年7月25日月曜日

カンナオート

最近、車雑誌をよく読む新天地。車関係の銘柄が増えてしまうなw


前々関係ない話だが世の中には「カンナオート」という名前の自動車部品販売店とか自動車屋さんが結構あるらしい。複雑な気分なんだろうな。

炭酸水ダイエット

最近、ダイエットが停滞気味なんで少し追加アイテム。

炭酸水だ。

たまたま奥様が炭酸水を買ってきたので思い出したのだが、炭酸水を運動時に飲むとダイエットに効果があるそうな・・。というわけでゲップしながらお仕事中なのさw

ありえない~でも、ありえる~

不謹慎を承知で表題を書いてみた(って元ネタがわかる人がどれだけいるか)。

中国の新幹線の話である。どうやら、同じ路線に違う会社の電車が乗り入れていて事故ったという話らしい。日本で言うなら、地下鉄に東急線やらJRが乗り入れしているけれど、それの運行管理がうまくいかなかったってことか。本来なら先行しているはずの電車が、後から来るはずの電車(これが「落雷」で止まっていたと主張するほう)の後ろから追突したって言うんだからもうわけがわからない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事故って言うのはいろんな原因が掛け算のように合わさって起こる。話を総合すると

1 この路線は複数の会社(管理者)が乗り入れていてダイヤ管理に問題があった
2 なぜか先行すべき列車が後ろから来るはずの電車よりも後ろにいた
3 落雷(主催者発表による)で電車が停止していた
4 同じ区間に異なる列車が侵入しない仕組みがあるはずだが作動しなかった

どれかひとつの要因でも排除できていれば、事故のリスクは大きく減っただろう。(逆に言えばそういうファクターがひとつでも残っていれば、事故の可能性は残るわけだが)あまりにも事故の誘発要因が多すぎる。おおすぎることも問題だし、それを把握さえできていないことも問題だろう。こういうのが「ノウハウ」なわけなんだが、もう誰も教えてくれないしね(教えたら独自技術だって言い張るんだもの)。自分がやったこと(天につばはいた)のおかげでこれからも苦労することにはなるでしょう


さて、わが国も(あるいは自分たちの個別の環境でも)「中国だから」と笑ってみるようなまねはまったく良くありません。犠牲となった人たちのためにも、この事故の分析を良く行って、こういう自己要因をあらゆる場面から取り除くようにしないといけませんね。他山の石としなければ。

時代 帰らぬもの レスペクト

奥さんと一緒にジブリの「コクリコ坂から」を見に行った。「懐かしさ、郷愁」なんだかそんなものが思い起こされる。子供つれもいっぱいいたけれど、明らかにこの映画はアラフォー以上の世代が昔を懐かしむために見る映画だとおもう。(ああ、高校時代はよかったよなあ、たまに「エスケープ」も許された。)

子供には向かないから大ヒットはしないだろうな・・。でもボクは大好きな映画です。帰れぬ昔を思い起こすような。。 甘酸っぱいというか(死語)戻れるならあのころに戻りたい。戻れないから映画に逃避するわけですが。


深読みかもしれませんが(深読みでしょう)、ある部分ではジブリを支えてくれた人たち(マスコミといいましょうか)や徳間書店への感謝なのかもしれません(明らかに徳間書店の社長さんがモデルとおもわれる人がでてきて、重要なせりふを吐く)。あるいは最後の理事長のせりふとは違う道を行くクリエーターたちへの異論かも。
さらにはある部分は反戦映画なのかも知れませぬ。

ひとつの映画の形を借りて実はこそっと個人的なメッセージが少しづつ隠してあるようにも思いました。