2018年7月7日土曜日

ホン・ミョンボ(元韓国代表監督、元ベルマーレ、レイソル所属)がチクリ。

今回のワールドカップ、韓国の放送局は韓国のレジェンド的な元スター選手をそれぞれ解説に招きました。

イ・ヨンピョ氏(元トットナム、ドルトムントなど)(KBS)、アン・ジョンファン氏(もとペルージャ、メッツなど)(MBC)、パク・チソン氏(元マンU)(SBS)です。

この三人、現役を引退したあとは悠々自適と言うか解説者なんですね。
そして図らずも今回、韓国協会にたいして批判的な言動を取りました。まあ予選敗退なんだから当然です。「ジュニア選手の育成システムなど、サッカー環境の改善」を訴えたんです。
まあそうなりますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これに対して、ちょっとチクリと言ったのがホンミョンボです。日本でもおなじみのホン・ミョンボはロンドンオリンピックの監督として銅メダルを獲得。前回ブラジル大会では急遽A代表監督が回ってきたものの、1分2敗に終わる。(当初は監督留任とされたものの、スッタモンダした挙げ句「情実選手起用」や「負けたあとの会食笑いすぎ」などで世論が悪化しクビ)

最近は韓国のフットボール協会専務理事に就任しています。いわば「与党側」の人間ですね。
好き放題にいわれてカチンと来たんでしょう。

「3人は、韓国サッカーで恩恵を受けた人たちだ。 韓国サッカーが直面する困難を経験してみるといいだろう。必ず現場を経験した方がいい。コーチ、監督などの経験を経たあとに解説者として活動すれば、さらにいい解説ができると思う」

要するに現場の苦労も知らんくせにガタガタぬかすな、というわけです。これもごもっともw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かんこくのサッカーファンとしては、ホン・ミョンボに批判的かな。
耳を傾けて、もっと改革を進めなくては、という感じです。

一方で「批判を恐れて誰も口にできないことをよく言った」という声も出ています。「誰かが言うべきだった」とね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レイソル時代、助っ人選手ながら、折々の場面で「焼き肉集会」を自腹で開いて選手同士の結束を図ったりしたリーダーシップで知られます。
もと代表チームのチームメートとして「お前らももっと韓国サッカーに直接的に貢献しろよ」って言いたくなる気持ちもわからんではないですね(*^^*)

0 件のコメント: