2018年7月5日木曜日

おまけ。新天地がイーバイクを買うなら。。。

下のブログでイーバイクの記事を書きました。もし興味を持たれた方がいるなら。

新天地がボーナスつぎ込んで愛車を買うならこんなイーバイク。ちょっと載せておきます。

1ビアンキ ルッカE

おしゃれなカラーリングはイタリアの名門ビアンキのワークスカラー。チェレステといいます。かって故パンターニ選手がジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスを同一年度に制覇するという「ダブルツール」を成し遂げたのもビアンキの自転車とこの「チェレステ」カラーでした。
ホイールまで専用のチェレステカラーで塗られてますね。

ビアンキはヨーロッパでは「クロスバイク」のイーバイクも人気なのですが、日本市場ではタイヤが小さくて取り回しがしやすい小径タイヤの自転車が売れると見込んでこのルッカEを5月に発売してきました。おしゃれな外観は都会で使うにも、スーツで使うにも良いでしょう

電動ユニットはボッシュ製。日本の放棄に合わせて出力が調整されています。ただしボッシュでは、法規は守りつつ、できる限り力強くて自然なアシストを実現したとのこと。

都市部の狭い道でも取り回しが効くし、大型の車に積んでリゾートに持ってくなんて使い方も比較的しやすいかな。
もちろん競技用メーカーが真面目に作った小径車なので、走行性能もかなり良いと思われます。
その分値段は高いけどね。
27万8000円(税抜)

2コラテック E-POWER X VERT 650B

ドイツのメーカーコラテックのフラッグシップなイーバイク、E-POWER X VERT 650Bです。
マウンテンバイクのような見た目は伊達ではなく、高性能フロントサスペンションとアルミフレームで車体を構成。標準は自慢のスリックタイヤがついてきますが、タイヤを履き替えればそのまま林道などを走破できる本格的なMTBです。
林道は上りがかなり体力的に辛いわけですがそんなときでも電動アシストがあれば老若男女が楽しめるというわけ。母国ドイツではかなりの大ヒットになっているそう。
値段はかなり高いですが、性能は折り紙付き。昔はかなり自転車で山道を走り回ったけど、という人もこれなら大丈夫と言ってかっていく人が多いそう。
39万8000円(税抜き) これは、個人が買えるような競技用モデルと価格的に競合する値段ですね。

3ヤマハ/YPJ-C
電動アシスト自転車といえば国内ではヤマハですかね。
いわゆる「クロスバイク」型のアシスト自転車です。
コンポーネントを自社で作れる強みを活かした設計でうまくまとめています。
通勤通学に使いつつ、休みの日にはちょっと遠出したいなんて人にはおすすめ。
185000円(税抜き) まあすこしお安いかなw。アシストする距離がやや少なめことに注意。その分、平坦路ならアシスト無しでも快適に走れる性能はあります。
 
そのほかパナソニックもMTBタイプを出してますし、ヤマハはロードバイクタイプもラインナップ。
ガリガリまで軽量化された自転車よりも坂道を後押ししてくれるイーバイクのほうが中年には優しいと思うので、競技に出ないのであればこっちがメインの選択肢になっていくのかなと。どこにでも行けるという「移動手段」としての強みが出てきます。
 
高いけどw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
番外
アシスト規制がかなりゆるい欧州では時速80キロ出せるイーバイクなんてのも存在します
 
写真は自動車メーカーのアウディが実際に数量限定で発売したイーバイク、ヴェルターゼです。
カーボンモノコックが多用された車体。約3馬力のモーター(原付バイクで6馬力くらい)を使って最高時速80キロが可能とかw
 
残念ながら日本では法的には原付バイクになってしまうのでナンバー取ったり方向指示器つけたり改造しないと乗れませぬw値段はやく240万円なり。w残念ながら売り切れ。買うこともできませぬ。 


0 件のコメント: