2018年6月2日土曜日

日本の競馬の血統地図を変えるかも知れない馬。モズアスコット。

明日の安田記念スワーブリチャードが一番人気。

だが、ここのところガリレオの話ばっかり書いている新天地にて、ではガリレオの後継種牡馬の一人、フランケル産駒であるモズアスコットに注目。

海外でうまれ、日本に輸入された彼は数少ないフランケル産駒。フランケルは14戦14勝。常に圧勝を繰り返し21世紀最強とも言われる馬です。
日本ではフランケルの祖父であるサドラーズウエルズ系の馬はほとんど成功しておらず、(唯一テイエムオペラオーくらいかな)その影響でガリレオの産駒も種牡馬として導入後されてきませんでした。
しかし、フランケルはサドラーズウェルズの血を引く馬としては異例的にスピードが勝っており、日本に合いそうなのです。去年、牝馬の産駒であるソウルスターリングがオークスを制したこともその考えを裏付けています。
ーーーーーーーーーーーーー
モズアスコットはフランケルのスピードを明らかに受け継いでいます。
このまま日本でフランケルの血を広げていく、そんな指名を背負って生まれて来たのだと。

ここを勝つべき、というか勝たねばならぬのです


0 件のコメント: