2018年6月8日金曜日

モレイラ騎手、日本の騎手免許受験へ。

香港のトップジョッキー、モレイラ騎手が日本の騎手免許を受験するようです。

日本は「国際化」を旗印に海外で免許を持っている騎手に試験の門戸を開いてきました。
デムーロやルメールと行った世界的にも群を抜いて秀でた騎手が日本で騎乗しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、そんな騎手免許ですが、香港で騎乗する「マジックマン」モレイラ騎手が香港での騎乗から日本に主戦場を移すべく、試験の準備をしているそうです。

香港競馬では3年連続リーディングトップ。日本で短期騎乗したときには騎乗機会7連勝という離れ業。世界を股にかけて活躍する彼は日本馬との相性もよくヴィブロスやモーリスで海外のG1を取っています。

ブラジル出身の彼はシンガポールに移籍してから名前を知られるようになります。
(ちなみに、かれはブラジルで子供の頃裸馬にのってバランス感覚を磨いたといいます)

移籍二年目から4年連続でリーディングジョッキーに。更には年間200勝を達成。一日8勝を記録するなど「マジックマン」の異名を取ります。
シンガポールでは「とにかくモレイラから買え」とまで言われていました。

香港に移籍すると年間145勝の新記録を達成。さらには香港でも一日8勝を記録。香港では「雷神」の異名をとります。

2015年には札幌で行われたWASJ(世界の騎手を招待して4レースのポイントで争う)で優勝。
上述の騎乗機会7連勝を達成した来日時には、勝率3割超を記録。54回騎乗して29連対!!!!。(連対率驚異の54%!!です)。間違いなく日本のレースにうまく適応できる騎手です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
免許をとれれば、また外国人勝利数が増えるでしょうね。とにかく上手い。
モレイラ本人も言っていますが、一度騎乗するとそのコースの特徴をすぐに捉えてレースに活かす事ができるジョッキー。
ふだんダートレースに乗ってないにもかかわらず、日本のダートレースにいきなり乗ってきて簡単に勝ってしまうところが「マジックマン」たるところでしょうね。

シンガポールや香港に移籍したときもすぐに勝ち始めましたし、日本に短期免許で来たときもすぐにポコスカ勝ちました。

ドバイなどでテン乗りしたときも高い勝率を誇っています。

一度彼の騎乗を見てもらえれば、素人でも完全に素晴らしさがわかります。とにかく全くぶれない下半身。それを含めて美しい騎乗フォーム。
ここぞというときに追い出す勝負のうまさ。そして負い比べになったら負けない勝負強さ。

モレイラ旋風が起きるんでしょうねー。日本人ジョッキーには辛い時代ですが、これが国際化でもあります。ファンとしては世界最高峰の騎乗が間近で見れるという素晴らしいことでもあるんd得すけどね。

モレイラ、デムーロ、ルメール。これだけの才能が日本国内でいつでも見れる。
数年前には考えられなかった素晴らしい話ではあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
F1でいえばセナとかプロスト、マンセルがいつも日本でレースに出てる、そんなイメージですからねえ


0 件のコメント: