2018年6月13日水曜日

アメリカ「太陽政策」?

アメリカと上朝鮮の会談終了。

終わってみたらなんの譲歩も引き出せなかったという会談だが、トランプはどさくさに紛れて「米韓軍事演習やらない」という「爆弾」をしれっと紛れ込ませた。

これ、考えようによっては上朝鮮とアメリカ「ウインウイン」の「太陽政策」なんだろうね。
トランプとしては費用削減、北としては目障りな戦略兵器(と暗殺作戦)からすこし遠ざかる結果に。

そして敗者は韓国と日本ということになるね。それだけ防衛コストがアメリカから転嫁されるんだ。
ただしそれは左派の韓国政権からすれば将来の戦作権(現状では朝鮮戦争再開時は韓国はアメリカ=国連軍の支配下に入る決まり)の奪還とアメリカ軍の撤収という「望んだ結果」につながることでもある。客観的には馬鹿かお前ら、という話ではあるが。

そして日本は好むと好まざると自ら不沈空母となって防衛の最前線に立たされる。
これはもう仕方がない話なんだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あ、防衛関連の株買っちゃだめですぜ。
どうせトランプは「武器はアメリカから直接買え」って言ってくるんだから。

日本の防衛株も昨日死んだんだ。

0 件のコメント: