2018年5月5日土曜日

NYダウはバークシャーの買いに安心感を示したものの・・・。


NYダウ日足。(クリックで拡大)

一昨日の下ヒゲ、昨日の陽線で一旦は上昇したように見える。

しかしながら目下の天井からの急落以来、戻りの値段がだんだん低くなっていることは注目して置くべきだろう。つまりそれだけ「やれやれ」という戻り売り圧力が高まっているということ。ここから新高値更新と言うにはかなり難しいということだと僕は思ってる。

NYダウについては戻りを観察しながら、ショート継続に変更無し。
逆に戻り高値つけてくるようならすこし様子を見ないといけないかもだが。。

この水準から買ったとしたら一体どこで売るんだよ?という話。
環境は1月より悪化してるのだけは間違いないわけで。
---------------------------------------------------
バークシャーがAppleを「買い増した」ということは絶対解せない。
なんか深い理由があるのか???

解せない。

0 件のコメント: