2018年5月11日金曜日

ブラストワンピース

今日のお題はブラストワンピース。

この前書いた大竹厩舎がダービーに送り出す駿馬です。

 


この馬、いわゆるダービーの裏街道(弥生賞とか東京スポーツ杯みたいな、有力な馬がステップレースとするレース以外のレースを使うこと)の毎日杯まで無敗の三連勝できた馬です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この馬、インタビューを見るとそこまで期待されていなかったよう。

ダートの馬と思っていたけど、とりあえず芝のレースで使ってみた。

その新馬戦は5番人気。大竹調教師は後に「一回使ってからかな」(一度レースに出して慣れさせて殻が勝負)と思っていたそう。



ところがレースに行くと直線で前が塞がる不利な展開から外に持ち出すとラスト3ハロン(600m)33秒3というかなりのスピードで差し切って快勝してしまったのです。

前が壁になって無理に外に持ち出して坂のある府中で2歳の段階で33秒前半のスピードが出る馬はそうそういません。たまたま騎乗を依頼された池添騎手がレース後ものすごく興奮していた、と。(デビュー戦で5番人気にしかならないような馬だと思って引き受けたら、ものすごい強い勝ち方をしたのだから当然かも知れません)

さて、圧勝したこの新馬戦。
じつはこのレースで負けた馬たち、次のレース、あるいは次の次のレースでほとんどが未勝利勝ち。しかも馬によっては大差で・・。じつはけっこうレベルの高いレースメンバーだったんです。

続くゆきやなぎ賞は2番人気。するとここでもブラストワンピースは実力を発揮して圧勝。

そして迎えた毎日杯

1番枠からスタートしたワンピース。好スタートから3番手につけます。そして直線に入って先頭に立つとそのまま追撃を振り切り勝利。一瞬詰められる場面もありましたが最後はまたスピードアップしてゆうゆう振り切りました。2着が「ギベオン」。ギベオンはこの後NHKマイルカップでかなり僅差の2着。そのギベオンの追撃をゆうゆうと振り切ったブラストワンピースは「G1勝ち負けできる能力」かもと思われるわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
毎日杯のあと、放牧、帰厩後3週間トレーニングしてぶっつけでダービーに向かいます。

さてこの馬の血統を見ると、ツルマルの文字が。ツルマルといえば、引退した橋口調教師と同郷宮崎の馬主さん。ツルマルミマタオーなど橋口厩舎が預託先でした。ツルマルの先代オーナーはすでになく、亡くなった後は奥様が馬主を引き受けられていましたが、橋口調教師が引退されてからは馬主を辞めているみたいですね。

そして橋口調教師と言えばレッツゴーターキンで天皇賞。天皇賞を制したのが大竹調教師の父大崎ジョッキー。人の縁を感じる血統でもあります。

ダービー2勝の父が輝いた部隊にたどり着くまで「20年かかった」という大竹調教師。

父の恩人も関わった縁ある血統でダービー初制覇に臨みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
母系が「人と人のロマンある血統」なら父ハービンジャーは「三振も多い大振りのホームランバッター」でしょうか?

ハービンジャーが世界に名を知られたのがラストランとなったキングジョージでの勝利。実に11馬身もの大差をつけての勝利でした。コースレコードで制したこのレースが評価されての日本への導入だったわけですが、正直このレース以外の勝ち方がすごかったわけではなく。。。
値段も数億円と「安かった」ともいわれています。2400mでしかいい成績がない、奥手の晩生血統というイメージもあったでしょう。

初年度産駒、二年目の産駒は正直期待はずれだったですし、勝率もそんなに高くありません。
しかし3年目産駒からはモズカッチャン、ペルシアンナイト、ディアドラといきなり3頭のG1ホースを排出。4年目産駒はブラストワンピース以外に目立った馬はいませんが、ワンピースがホームラン級の大当たりのような気がします(*^^*)

0 件のコメント: