2018年4月28日土曜日

グラスVSスペシャル。有馬の死闘



スペシャルウィーク死す。僕的には1999年の有馬記念が印象に残ります。
とにかく豪華な出走メンバー。グラスワンダーにテイエムオペラオー。ナリタトップロード。名牝ファレノプシス。ステイゴールド。その他シンボリインディとかメジロブライトとか。年度代表馬とか殿堂入りするような馬が沢山出ていた戦いでした。

グラスワンダーが抜け出す。大外では直線に向いてスペシャルの武豊がステッキを抜きます。
まるで刀を抜くように大きなアクション。ジョッキーの見せ場。

こうやって最後まで足を貯めに貯めた3番の武豊スペシャルウィークが鬼気迫る足でつっこんでくるのです。ゴール前、上半身を投げ出すように体を前に出す武豊とスペシャルウィーク。

スタンドに帰ってくる際、グラスの的場は「負けたかな」という表情。対するスペシャルウィーク武豊は勝利を確信したかのようなガッツポーズも見せます。。僅差となった勝敗は写真判定になりました。しかし長い長い判定の結果は・・・・。


レース後の武豊の「ウソだろ・・・」はとても印象に残ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このレース、競馬の神様、大川慶次郎が最後に「予想した」レースでもありました。

テレビの中継中、井崎さんに有馬記念の勝ち馬予想を聞かれた大川さんは勝った馬を見事的中させます。
ただ、大川さんはレースを見ることなく、病死されています。。。

もっとも僅差となった有馬記念でした。

0 件のコメント: