2018年3月28日水曜日

225は「安倍存続」と判断したように見えるが

27日の相場は大幅反発。自己不在の中、配当の再投資や安いから買ってみるとか日銀出動とかあったようだ。証人喚問で「政治家の改竄への関与」が否定されたことでこれ以上問題拡大は無い、と判断した面もあろう。

新天地はまだ総辞職リスクは残っていると考える。

本来なら、自民党内で安倍おろしが吹き荒れるような案件だからだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
というわけで、リバウンド狙いで結構225を買ってきたけどそろそろ「まさか」に備えて225ロングは減らし気味に。逆に上がった時はしっかりショートを作る意識をもって。

繰り返しになるけどドカーンと上がった時に買わされる、ドドーンと下がった時に売らされる、というアホな局面だけは避けたい。

確実に「これはとれる」と思ったところをスパンスパンととっていきたい。
相場の上下動が増えるのは、長らくの上昇相場が終わり、下げに向かう局面ではよく見られる、とギャンは言っているのだから。

0 件のコメント: