2018年2月15日木曜日

おもてなし、だいなし。

韓国のショートトラックは「お家芸」です。

昔から強い。今大会もメダルを期待されています。

ところが。女子500mで韓国の有力なメダル候補、チェ・ミンジョン選手がカナダのキムブタン選手とレース中に接触。(VTRを見るとチェ選手の手がキムブタン選手の膝を推している形に見える)たしかに微妙な判定ではありましたが審判団はチェ選手の反則と認定。結果として2位入選のチェ選手は失格。カナダのキムブタン選手が3位に繰り上がりになりました。

ショートトラックでは接触プレーはよくあることで、チェ選手も判定を潔く受け入れました。
ここまではよくある話です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが。

ここからが「ネット先進国コリア」
キムブタン選手のSNSは一瞬にしてハングルで埋め尽くされました。
「追いかけて殺してやる」というのはまだマシな方。ここにはかけないような脅迫が溢れ、カナダ警察が捜査に乗り出しました。

キムブタン選手は表彰式に現れたものの終始怯えた表情。表彰式では温かい拍手で迎えられたものの終始怯えた表情。そして涙を流し、ノーコメントで去っていきました。


これが「開催国」のやることか?
強く憤りを覚えますね。

日本も2020年に同じようなことを起こさないように他山の石としたいですね
わざわざ立候補して、みんなにえらんでもらってはるばる遠くの国まで来てプレーする選手をこんな思いをさせて追い返すなんて。あってなならないことなんですね。

0 件のコメント: