2018年1月29日月曜日

アステラスのスーグラ、売り上げ伸びる?

糖尿病の治療にはインシュリンが使われてきました。これはおおきな進歩だったですね。
ただ、インシュリンは注射の必要があるので、軽度の患者さんには面倒だし。。

最近は糖尿病の「飲み薬」も増えてきています。

新天地がずっと注目してるのはアステラスの「スーグラ」。いわゆるSGLT2阻害薬と言われるお薬。簡単に言うと食事でとった糖をむりやり尿に流し込んでしまおうという。
薬で糖質カットダイエットを行おう、というと語弊があるか。

現在は比較的若く(40代とか)で、病歴が短い患者に向けて投与されているようです。
面白いのは「体重減少」の「副作用」、血圧定価の副作用があること。

ある意味「痩せ薬」なんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあ体重が1,2キロ落ちる、とかいう話だし筋肉も落ちる可能性があるらしいですが。。。

今度から1型糖尿病にも使われるようになるそう。
100億程度の売上だそうですが、新天地的にはもっと売上伸びても不思議ではないなあ。でもアステラスにとってはそれほど比率大きくないか、とか。。

ちょっと気になるお薬です。

0 件のコメント: