2017年12月7日木曜日

あと、今週は銅の価格とかも波乱含み

5日、ロンドンで銅の先物価格が大きく下げました(4%のさげ。これは今年最大の下げです。
また一ヶ月で7%ほど下げたことになります。)

(チャートはCOMEXの銅先物日足。クリックで拡大)

6日の日本株の下げにも実は影を落としています。

きっかけはいわゆる倉庫在庫の積み上がり。予想外に在庫が増えてたんです。
これを受けて「中国での銅実需がおもったよりも減速している」という判断がされたというわけ。
とくに電力部門への投資が大きく減少しているんでは?とか色々。

大きな下げでありましたが、本当に中国で実需が減少しているなら、銅の下げはこの程度ではすまないでしょう。

また問題は銅自体の下げにとどまらず、中国の経済自体の変調を映している可能性が大きくあります。「チャイナショック再び?」そんな期待

不安もありますね。


ベアな人(僕です)が注目するのもここです。
日本ではまだあまりおおきく報道されていませんが、銅の価格の下落はNANDの下げと同様にアジアや中国の大きな変調の兆しの可能性があります。またいわゆる資源輸出国、特に銅に依存する国家にとってはシャレにならないでしょうね。

注目しておくべき事柄だと思います

0 件のコメント: