2017年12月25日月曜日

武豊の意地と言うか想いというか。

有馬記念は武豊が騎乗するキタサンブラックが優勝。武豊はこれで有馬記念3勝目。
天皇賞とか勝ちまくっている武豊にしては「意外に少ない」。なにせ数ある名馬で有馬記念に参戦している武豊なのに。

これは諸説あっておそらく、有馬記念に出てくる名馬でも、シーズン最終戦は疲れていて負けることもある、なのかもしれんね。

一方で、有馬記念3勝は、伝説の奇跡のオグリキャップ復活のテン乗り(一度だけ騎乗すること)での引退レース、ディープインパクトの引退レース(その前年はグリグリの一番人気で敗北)、そしてキタサンブラックは去年負けて今年一着で引退。

すべて引退レースに華を添えたということでイカにも武豊らしい、か。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一般的にはあんまり話題にならなかったけど、今年の有馬記念の日、武豊は有馬記念以外のすべてのレースの騎乗を断って有馬記念の一レース、一発にかけた。本拠地の関西を離れてわざわざ中山まで出かけて、にも関わらず有馬記念以外の騎乗をすべて断ったんである。おそらく、武豊の競馬人生でも初めてではないか。他の騎手でも殆ど聞いたことない。むしろ頼み込んで他のレース煮物乗りたい、というのが通常ではないか?

武豊ほどのジョッキーが「空いている」なら多くの関係者が騎乗を依頼するだろう。しかし武豊はそれをあえてすべて断って(断るのだって頭を下げなければいけないんだ)有馬記念のただ一鞍に備えた。
本来、当日のレースに騎乗することで「ああ今日はここが走りやすそう」とか芝の状態を知ることも出来る。実際いままで武豊はそうしてきた。先日の天皇賞だって、レースに乗ったことで馬場状態を把握し勝利につなげた。

しかし。今回はあえてそれをせずに本番に備えた。

今年、武豊は怪我をして、ずーっとコンビを組んできた馬を「降ろされる」という屈辱も味わった

母親にも騎乗し、手塩にかけてG1戦線を戦ってきた馬を「降ろされた」のだ。
先代の伊藤雄二調教師の頃からの縁の深い馬を。
武豊にも思うところはあったろう。怪我があって万全な体調ではなかったのかもしれん。
そこで有馬記念は体力を温存し、集中する方針にしたのだろう。異例中の異例な臨戦。

一方、北島オーナーは一度武豊に騎乗を依頼してからはすべてを任せ、今回も武豊にすべてを託した。騎手冥利に尽きると行っても良いのではないか。
自分なら「一回しか乗らない」ジョッキーに一番人気の馬を任せるのは躊躇されるお話だと思うのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
キタサンブラックは年齢とともにスタートでやや遅れる悪癖も見せたが、今回は完璧なスタートで飛び出るとまずスローにペースを落としペースを支配すると向正面からジリジリペースアップ。ラスト600メートルで一番の足を使って一旦引き離しそのままロングスパートに持ち込むという「長くいい足を使える」この馬ならではの長所を活かし切って圧勝した。

大げさでなく「1m1mを大事に乗った」武豊の完璧な騎乗だったと思う。

勝負に浪花節は似合う。少しでも勝率を高めようとドライに騎手を変更するのも競馬なら、「これと決めたなら」どっしり構えてすべてを任せる男意気も競馬だと思うのだ
だからこそ、中山競馬場に10万人も集まったのだ。

中山競馬場の10万人って言ったら、府中競馬場の20万人超えとかそういう人口密度でっせ。w
昨日の電車はこんでただろうなあ\(^o^)

年末のレースで10万人も集めてしまう競馬なんて世界中どこ探してもないもんね。

0 件のコメント: