2017年11月3日金曜日

おさらい、電気自動車などで10年で起こること。

自動運転や電気自動車への加速が進みます。株価も変動があります。

これ、前提条件とします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんども書くように、似たようなことがおきたのが銀塩カメラからデジタルカメラに変わっていったときのカメラ業界です。
当初、デジタルカメラでは銀塩カメラのような詳細さは得られない、と言われましたが20年ほど経過した今では、銀塩フイルムを遥かに凌駕したデジタルカメラが市場に出回っています。

まずフィルムメーカーが姿を消しました。一度はデジカメに参入したカメラメーカーの一部が体力がついて行けずにカメラ産業から撤退しました。
非常に高度な技術を必要とするために従来のカメラメーカーが歯が立たなくなったのです。
また、デジカメの登場は、従来、必要であったものを「不必要にした」面もあります。

C-MOSが出てくることで「一眼レフ」の必要性がなくなりつつあります。接眼部と受像部を光学的に分けなくても良くなったのです。もう数年で一眼レフ部分の技術はなくなっていくでしょう。レンズも電気信号をいじることで平面性や収差の厳密性がなくても写真が映るようになりました。電子部品が光学部品を追いやっていく可能性があります。
「精密な光学」「精密な部品」の一部は「不要」になったのです。当然、そういう部品を作っていた会社、部門は仕事を失った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おそらく、電池の進展具合を見ると、2030年台にはもうガソリン車は電気自動車に全く歯が立たなくなっているだろうな、というのが僕の見解です。
自動車業界でも「不要に」なるメーカー、部門が出てくるでしょう。しかもその時間敵猶予はおそらく10年かそこら。そんな株を抱えたら悲劇ですね。

カメラの世界では、コニカや富士フイルムは全力でフイルム以外の分野に経営資源を移し、会社としてはなんとか生き延びました。ミノルタもソニーにカメラ部門を引き渡し、コニカとくっついて会社として生きていく道を選んだのです。こうしてしか生き延びれなかった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、おさらいです。で、しつこいですが業界の動きを僕なりに予想しておきます。

まず、当然、「エンジンが消えます」。エンジン関係の製造部門も消えていくんです。
吸排気の部品メーカー、ターボ作ってるメーカー。エンジン本体を作っているメーカー。触媒とかもそうか。(すでにプラチナなどは価格低下してますね)
すべて2030年にむかって消えていきます。(まあ会社は富士写真よろしく業態変換して生き残るかもですが)
逆にモーター作っているところが出てくるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今の自動車の暖房はエンジンの熱を使ってます。そういう部品も消える、かわりにヒートポンプ式のエアコンは伸びる。(リーフもそうです)

エンジンという一箇所から駆動力を配分する方式から、インホイールモーターといってホイールのすぐ近くにモーターを配置するのが主流になると思ってます。
トランスミッションが消える、あるいは大きく構造が変わる。既存のメーカーは消えるか大きく先行者利益を失う。

ブレーキも、回生ブレーキが主流になり、ディスクブレーキやドラムブレーキはいらない、あるいは容量の少ない安いもので済むようになる。とうぜんメーカーにとっては大打撃
しかし考えようによっては、モーター制御技術に進出し、ブレーキや駆動の制御まで乗り出す部品メーカーが出てきそうな。「ブレーキメーカー」ではなく「タイヤ制御メーカー」のようなものが出てくるのかもしれません。ブレーキメーカーも潰れたくなければそういう総合メーカーを目指していくのかもしれませんね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
変わったところでは、エンジン音が静かになるぶん、ロードノイズや風切音がうるさく聞こえる、んだそうです。各社ともそれを静かにさせる研究に余念がない。防音材や音波を逆位相でだして音を消す装置なんてのがこれから伸びるかも。。。


そのた、自動車用ガラスは、航空機がそうであるようにポリカに代わるでしょう。
鉄がカーボンになっていくのもまえからしつこく言う話。あるいはプラスチックの外装が当たり前になるかも。バンパーに使われてるような素材が外装全てに使われるそんなイメージです。

電気自動車とは関係ないけど、各社が国産以外のショックアブゾーバを使う動きが気になります。ショーワとか大丈夫なんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
妄想ですが・・・。
日立、松下につづいておそらくソニーが大々的に自動車分野に出てくるでしょう。
ニュースにはなってないけど、ソニーは間違いなく自動車分野でお金を稼ぐ意思が強いと見ています。でないと、C-MOS余っちゃうし、人工知能とかでただ飯食わせてる技術者がやっぱり無駄になる。


アイボが作れるんだから自動運転技術くらい出してくるんではないかとw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


0 件のコメント: