2017年10月30日月曜日

武豊、魔法の騎乗で天皇賞秋7勝目

キタサンブラックが天皇賞秋を勝利。
天皇賞(春秋合わせて)3勝は史上二回目(テイエムオペラオー以来)、天皇賞春秋連覇は6頭目かな?(この辺うろ覚え)

武豊にとっては天皇賞秋7勝目。まさに「盾男」の面目躍如といったところでしょう。

 
スタートに注目

4枠7番のキタサンブラックはまさかの出遅れ。東京の芝2000メートルはスタートしてすぐに2コーナーに入ります。その為、出遅れるとポジションが取りづらい非常に難しいレース。出遅れなくてもごちゃつくレースです。(過去に武豊もメジロマックイーンで斜行を取られて一着入線しながら膠着の憂き目にあっている)

しかしこの日のレース、武豊には作戦がありました。雨がふっていて馬場は内側があれている。みんなコースロスがあったとしても馬場が比較的荒れていない外側を通るに違いない。でもキタサンブラックは重馬場が得意なのであえて馬場の悪い内側を通ったほうがトータルでは有利、と。

果たして武豊はキタサンブラックを内側にエスコート。3コーナー4コーナーを距離ロスなく回ってきたキタサンブラックは直線では2番手にいつの間にかジャンプアップ。そのまま異次元のロングスパートに入ると、宝塚記念の覇者、サトノクラウンを根性の差でねじ伏せました。ホント最後は精神力の差でしたね馬が気を抜いたらそこまでだったでしょう。キタサンブラックの強さの発露でしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
キタサンブラックはディープインパクトの兄のブラックタイドの子供になります。
ブラックタイドは競走成績では弟に遥かに及びませんでしたし、種牡馬成績も弟のほうが断然優れています。しかし、産駒のキタサンブラックの獲得賞金はそのディープインパクトをも超えました。ほんとうにすごい馬を出しましたね。。

引退まであと2戦。ほぼ手中にした競馬殿堂入り、そしてもう一つ二つ勝って再度の年度代表馬を取りたい、そんなところでしょうか。

0 件のコメント: