2017年9月30日土曜日

カメラの付いたドローンでレース。

最近、F1の人気がオチてるそうだが、レースってのは見るのもやるのも楽しいもんだ。

新天地は下手くそだが、ラジコンカーのレースにハマってたことがある。
僕がハマってた頃は1/10サイズとよばれる、オフロードラジコンが一番人気だったかな。

アラフォーの人には「ドッグファイター」とかマイティフロッグ、トマホークなんていうとわかりやすいかもしれない。

 
僕が持っていたドッグファイターと同型の車。僕に「デファレンシャルギア」、「ワンウェイクラッチによる4WD制御」「スタビライザー」「モノショック」「オイルダンパーの仕組み」「ダブルウィッシュボーンサスペンション」「ウイングの効果」などなど、車の仕組みを実地体験させてくれた名車でもありました。
今でもその知識が役に立つ(自動車部品株の投資とかで)こと多い。ラジコンカーって子供の教育の一環として導入してもいいんじゃないかとおもうくらいです 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、ラジコンレースやってた子供なら一度は思ったことがあるはず。「ラジコンカーにカメラがついてて、それを見ながらレースができればなあ」まあ20年、30年前は不可能な夢だった。
 
しかしいまや携帯デバイスに動画撮影カメラや通信機能が乗る時代。そして小型ドローンができてきた。そう、ラジコンカーどころか空飛ぶドローンにカメラを載せて競技することも全然問題がない時代なのだ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ラジコンカーでも知られる「京商」なんかはすでにカメラ付きの「ドローン」を売り出してるし、そのうちドローン世界選手権なんてのが開かれて人気コンテンツになる時代なんじゃないかな?と思ってる。
 
関連銘柄は双葉電子、なんて言ったら殴られそうだがw
 

0 件のコメント: