2017年8月9日水曜日

バウの特権

相場が動かないんで、しつこくボートのお話。日本ではボート競技ということが多いですかね。英語では「ローイング」(ROWING)と言います。「漕ぐ」ですねw

新天地がメインで乗っていたのが漕手が一本ずつのオールを持ち、舵手がいる「舵付きフォア」という競技。(漕手が左右日本のオールを持つ船は「スカル」と呼ばれます)

新天地は「バウ」というポジションでした。船の進行方向で言うと一番前の漕手。ただし、ボートは漕ぎては後ろ向きに座るので、座る位置から言うと「一番後ろ」に座っているようになります。

(BOW,バウ、です船の船首のことをバウと言うんですね)

バウの反意語は船尾(せんび、Stern)じゃねーのか、と高校生の僕も突っ込んだのですが、一番船尾寄りの漕ぎてはストロークと呼ばれます
 
参考図
 
ちなみに船の進行方向右側をバウサイドと言います。進行方向左側がストロークサイド。
 
決まりはないのですが、ほぼ世界共通でバウの選手が進行方向右側のオールを担当するのでこちらがバウサイド。逆にストロークの選手が進行方向左側のオールを担当するのでそっちがストロークサイド。もちろん、誰がどっちのオールを使うのかはルールに書いてないので好きにしてよろし。
 
(実際、僕のチームは僕の漕ぐ力が弱く、進行方向右側に船が曲がっていってしまうので3番とストロークを入れ替えてオールを互い違いにしないことを検討したことがあります。
 
オールの配置を「右左右左」ではなく「右左左右」に替えようと。
こうするとバウサイド(右)のオールが船の船首と船尾に位置するため、ストロークサイド(左)より漕ぐ力が弱くてもまっすぐ走りやすいのです。。ボート超マニアック知識。
 
結局、漕ぐ力は弱くてもいいから体全体でもっと大きく漕げというフォーム改造でなんとかなったんですけど。指導者大事です)
 
 
 
 
 
 
なお上の絵ではコックス(舵を取る人。またこの人の指示で漕ぐピッチが決まる。船の頭脳)は一番後ろに乗っていますが、最新の船では、バウの前に体を潜り込ませて首だけ船の上に出すようなくう空気抵抗などを意識した設計になっている船も多いです。
 
参考写真
首だけ出てるのがコックス。競技レベルが高くなってくるとこういう船が一般的になります。コックスが寝そべって乗ることで重心が下がり船が安定すること。空気抵抗が減少する事を狙っているわけです。
 
 
僕らの船は昔ながらのコックスが一番後ろに座る船でした。コックスが後ろに座ることで空気抵抗は増えますが、コックスが漕手全員を目視することが出来る(練習中は漕手に注意できるし、試合中もフォームを注意出来る利点がある。コーチングする、ということを考えるとコックスは一番後ろに座らせておきたいけど、トップレベルはそういう段階ではないということね。また万一船がひっくり返った時の安全性を考えると体を船の中にすっぽり収める構造には怖さもあるよね)
 
 
前フリ終わり
 
この前も書きましたが、誰がどのポジションがいいのか?いろいろな要素があるんです。
コックスは体重が軽くて頭が良くてリーダーシップがある人がいいでしょう。これは簡単。
 
コックスの指示は「絶対」です。じゃないと、ばらんばらんに漕ぐことになるし、最悪転覆や衝突などの危険もあります。
 
(余談ですが、オリンピックのメダリストの最年少記録は確かボート競技だったと記憶しています。要するに体重の軽い子供を漕ぎてとして載せたんですな。いまはルールで体重50キロ以下の人はおもりを付けるとか色々あったような気がします)
 
漕ぎては右利きと左利き、同じ数居るのが理想。そしてバウ、と3番をバウサイドというのですが、オールをハンドリングするのが「右手」なんです。というのも船を漕ぐ時はオールを水面に直角にしますが、オールを水面に上げるときはオールを水面に水面に水平にしないと空気抵抗でげんそくしてしまいます 。オールと反対側の手首を返してオール面の向きを変えるのでバウサイドなら右利きが有利、ストロークサイドなら左手が有利なんですね。
 
この4人のりの船の場合、2番手3番手を「エンジンペア,,エンジンルーム」などと言ったりします。2番3番にはとにかく漕力のある人間を配置。2番手が左利き、3番手が右利きが理想ですかね。バウとストロークは彼らよりパワーが落ちる人間を配置。できればストロークは左利きが理想ですが、ストロークを指して「整調」という言い方をするくらい重要な役割があります。漕ぎてはみんな進行方向とは逆側を見て座っているのですが、その全員が前の人に合わせて漕いでいる状態。ストロークが安定して漕げれば、全員それを見て安定して漕げる、というわけ。重要なポジションです。
 
そして。。。当然バウはそれらに当てはまらないメンバーがw(僕です)あまりもんです。
 
(いや全世界のバウの皆様冗談です。草野球ではライトがあんまり上手でないけど、イチローがライトを守るように、ハイレベルの世界ではバウも当然重要です。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、そんな余り物?のバウには素晴らしい特権があります。「寝れる」んです(ただし、コックスが一番後ろに居る船に限るw)
 
船に一度乗ると2時間とか3時間とか乗りっぱなしのこともざらにあります。水は積んでるけどトイレにはいけないw(どうしてもの時は全員で船着き場に全力で漕ぐw)
 
なのでれんしゅ宇宙船の上で休憩ってときもあります。この時、バウは船に背中つけて仰向けに寝れるんですw「ダメだ寝る」って言ってwこれを発見した時、てんごくだとおもいましたね。プカプカ浮かびながら見上げる青い空、白い雲。いろんな競技があるけど、こんな風に空を見上げれる競技、他にないでしょ!!!
 
他の漕ぎても一応、仰向けに離れるけど、後ろの人の靴を固定する板に当たったりして完璧ではないんだよね
 
(船の上で全員寝てる風景、たまたま通りかかって見た人には異様な光景だったろうな~)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん、これ一人乗りのシングルスカルとかでも出来ます。
 
ただし、うっかり流されたり、他の船と衝突する可能性もあるので「見張りをするコックスが居ない」ふねでやるのは絶対オススメできませんw
 
ボート部に入ろうという皆さん、バウ、おすすめです。
 
(ただし、バウはやや濡れやすいという弱点もありますがw進行方向にむかって一番前に座ってますからね)

0 件のコメント: