2017年8月4日金曜日

内閣改造は「終活」改造。(心から褒め言葉)

内閣改造。巷間言われているように、脱お友達、脱右傾化。左右、新旧バランス良く配置したんじゃないか。

とくに目につくのは、野田さんしかり岸田さん然り。「次」の候補者への場所を提供した事。小泉さんの処遇もそうなんだろう。(石破さんは除くw)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
横綱相撲という言葉がある。横綱は相手が仕掛けてきてもそれをガッチリ受け止めて、しかる後に力を見せて勝つ。いきなり姑息な手をつかったらいかん。
それで勝てなくなったら、潔く後進に道をゆずる。

今度の安倍改造内閣はまるでそんな気がする。次回総裁選挙に出てくる人間にポストを与えた。かかってきなさいと。何が何でも次回自分が総理に固執するわけでもない。憲法改正も一歩引いた。右派政治家優遇も止めた。まんべんなく機会を提供する。そっからは自力ですよ。
安倍さんもそろそろ総理大臣としての終活に入って来た気がする(個人的感想です)

小泉元総理に習ったのかもしれんね。ある意味では。

最初からこうしておけば、と思わないでもないけど、それはやっぱり英断だと思うのだ。。。
なかなか「自分のあと」まで考えて行動出来るトップはいないもんね。

0 件のコメント: