2017年8月22日火曜日

先を見据えるか、今を取るか。

競馬の世界、G1レース、ダービーとか天皇賞とかがみんなの話題になりますがもちろんそうじゃないレースもあります。そうじゃないレースを勝ち上がってきて、G1レースに出れるのです。

今、夏の暑い時期、G1レースで活躍するような馬はそんなに本気じゃない。せいぜい、北海道の涼しい競馬で「じっくりスタートしようかな」という馬がいるくらい。
でも。そうじゃない馬にとってはここで勝って、賞金を加算してG1の大舞台を目指すわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この前、北九州記念(芝1200mG3)が行われて武豊騎乗のダイアナヘイローが4連勝で初重賞制覇を果たしました。いわゆる「上がり馬」(調子のいい馬)。ようやく、素質が開花したと見ることも出来るでしょう。

連勝前まで3勝すべて逃げて勝ってきました。しかし、逃げれないと脆い。3歳時はオープンクラスと互角に走りながら勝てず、それどころか500万下クラスの相手にも完勝できない。

そんなダイアナヘイローでしたが「じっくり競馬を教えた」のが武豊でした。
あえて逃げず、2,3番手に控えてレース途中ではスタミナを使い切らないレースを教え込ませたのです。

結果、4連勝の最初のレースこそ「逃げて」勝ったものの、その後は「先行して押し切る」堂々のレースで勝ち上がってきました。「横綱相撲」と言っていいでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん、勝ちタイムは平凡だし、今回買った相手は必ずしも強くはない。でもかなり安定した走りを見せたのも事実。余裕があり上積みも期待できます。

めさきだけを見るなら、「逃げまくって」勝ちを狙ったでしょう。でも武豊はあえて目先を追わず「競馬を教えてきた」。

ただの勝利最優先ではないところに武豊の凄さを感じるのです。

0 件のコメント: