2017年7月1日土曜日

社員教育の重要性

自民党で失言相次ぐ。

もちろん、失言が相次ぐのは個人の資質もあるんだろうが、組織のなかでこれだけ続くとなると、組織の問題点とか責任論も考えないではない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
他社で作業員の人が指を挟んでしまうという「ヒヤリハット」(重大な事故につながりかねない、軽微な事象)の話を聞いた。

素人目には「指を挟んでしまうような」物の持ち方をしてた作業員の人が悪いのか?とも思うが、キモはそこじゃあない。

「全部の社員(あるいは作業員)にきちんとした持ち方を徹底できない管理者(会社)側が悪い」んだ。つまり教育体制、管理体制が一番問題。


あるいは先月起こった新名神高速だったかの事故(釣り上げた鉄板が外れて落下し下敷きになって人が死んだ)では、「小さな釣りフック」(鉄板はかなり大きなフックで釣らないと危ない)で鉄板を釣り上げたあと、釣り上げた鉄板の下に作業員が潜って作業中に鉄板がフックから外れて作業員が死亡した事故。

1きちんとした道具を使わずに鉄板を吊り上げるというのがありえないし、ましてや2鉄板の下に入るなんてのは絶対に有り得ない。

絶対にやってはいけない作業を2つも重ねておこるべくして起こった事故。

でもここでそういう作業をした作業員より悪いのは「そういうありえないことはしちゃ駄目」と教育してないバックオフィスのほうがもっと悪い。「そんなことはするわけない」じゃなくて「そういう事を絶対しない」ように教育しなきゃイカンのだ。
つまり一つは教育体制の問題

そしてもう一つ。「危ないと思ったらお互いにやめさせる」という組織の中の自律の仕組み。これ大事。自律作用が働かず事故に至るまでにおそらくこういう危ない状態が常態化していたんだろ。
これだけの人数いれば「鉄板を吊り上げる時は専用の器具を使う。」とか「釣り上げた荷物のしたには絶対に入ってはいけない」(本来は3m離れて作業)というのは誰かは知っていたはず。いや殆どの人は知ってる。
でも知ってる人間たちがそういう危ない作業を止めさせず黙認してやらせてた。

こういう時、まともな会社、組織なら「おいおい危ないからそういうことしちゃ駄目」とお互いにやめさせる。しかしちゃんとしてないから、他の人の危険行動を止めさせない。事故があるまで続いてしまう。。。。風通しの問題とか、そういう助言が尊重されない企業風土とか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自民党は国会議員は「個人事業主」的な感覚なんだろうね
まず組織としての「教育」がない。

そして自民党はいまは「ろくに口をきけない状態」なんだろう。「それはまずいよ」といったら干される。結局こうなると組織は自浄作用が働かなくなる。
こころでは「やめさせろ」と思ってるけど我が身可愛さに誰も何も言えない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これ、韓国ウオッチャーにはとても強く既視感がある。

ノムヒョン政権時の民主党。結局、溜まりに溜まったエネルギーが爆発して党がガラガラと崩れた。
また官僚たちはノムヒョン政権時代、面従腹背を貫き通し組織は動かなくなった。
口を出せば飛ばされる。しかし、下手にノムヒョンに可愛がられると、次の政権でやっぱり飛ばされるw(実際、検察官なんかは色々ひどい目にあった)


韓国は20年遅れで日本を追いかけてきたとよく言われた。
今は10数年遅れで日本が韓国を追いかける時代なのかもね。

産経が指を指して笑う韓国を、産経をお友達にする日本の内閣が追っかける皮肉。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

0 件のコメント: